Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

テープ・メディアのブランク処理

テープをブランク処理すると、そのテープ上に存在するバックアップ・データは削除または消去されます。テープからNetVault Backupヘッダーが削除され、メディア・ラベルとグループ関連付けも削除されます。テープをブランク処理すると、選択したテープ上に保管されているバックアップのインデックスがNetVaultデータベースから削除されます。

ブランク処理されたテープは、NetVault Backupが以降のバックアップを格納するために使用できるようになります。したがって、メディアのブランク処理前に、テナントのセーブセットがそのメディアに存在していないことを確認してください。

テープに格納されているデータを意図的に破棄する場合は、NetVault Backupでそのテープをブランク処理してから、専用のツールを使用してデータを確実に削除します。

次のセクションでは、テープ・メディアをブランク処理する手順について説明します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ライブラリ管理]ページで、[バルク・ブランク]をクリックして、以下のオプションを設定します。

リスト中のメディアすべて

[ブランクにできるメディア]リスト内のすべてのメディア・アイテムをブランク処理するには、このチェック・ボックスを選択します。

ブランクにできるメディア

特定のメディア・アイテムをブランク処理するには、このリストからアイテムを選択します。

連続した項目を選択するには、Shiftキーを押しながらクリックします。連続しない複数の項目を選択するには、Ctrlキーを押しながらクリックします。

パスワード

NetVault Backupサーバーのパスワードを入力します。

NetVault Backupサーバーにパスワードが設定されていない場合は、システムのrootまたは管理者パスワードを指定します。

'BLANK'を入力して要求を確認します

確認のために、このボックスに「BLANK」(大文字と小文字は区別されない)と入力します。

4
[OK]をクリックします。
1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[バルク・ブランク]をクリックします。
4
[メディアのバルク・ブランク]ダイアログ・ボックスで、以下のパラメータを設定します。
個別メディア アイテムの選択:メディア・リストから、ブランク処理する個々のメディア・アイテムを選択します。連続した項目を選択するには、Shiftキーを押しながらクリックします。連続しない複数の項目を選択するには、Ctrlキーを押しながらクリックします。
すべてのメディア・アイテムの選択:リスト内のすべてのメディア・アイテムをブランク処理するには、[リスト内のすべてのメディア]チェック・ボックスを選択します。
[パスワード]:NetVault Backupサーバーのパスワードを入力します。
「BLANK」を入力して要求を確認:バルク・ブランキングを確認するため、ボックスに「BLANK」と入力します。この文字列では、大文字と小文字は区別されません。
5
[OK]をクリックします。
1
[デバイス管理]ページからテープをブランク処理するには、次のように操作します。
a
[ナビゲーション]パネルで[デバイス管理]をクリックし、デバイスのリストで、アイコン をクリックしてテープを含むライブラリを開きます。
ドライブにテープがロードされていない場合は、[スロット]リンクまたは対応する[スロットの管理]アイコン をクリックしてスロット・ブラウザを開きます。スロットのリストから、テープがロードされているスロットを選択します。
2
[ストレージの調査]ページからテープをブランク処理するには、次のように操作します。
a
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
b
[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
3
[ブランク]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。
1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックして、テープを含むスロットをクリックします。
2
[ブランク]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。

テープ・メディアのスキャン

[スキャン]を使用すると、テープに保存されているすべてのバックアップを照会して、特定のNetVault Backupサーバーのデータベースでインデックス付けされていないバックアップをインポートできます。[スキャン]を使用して、「Foreign」テープをNetVaultデータベースにインポートすることもできます。

バックアップをデータベースにインポートするには、NetVault BackupサーバーのNetVault Backupマシン名を、バックアップを実行した元のサーバーと同じにする必要があります。テープのスキャンに要する時間は、インポートするバックアップ数およびバックアップ・インデックスのサイズによって異なります。スキャン・プロセスでは、テープのデータは読み取られず、バックアップの先頭と末尾の間がスキップされて、バックアップ・セーブセットごとにインデックスが読み取られます。

同じまたは以前のバージョンのNetVault Backupで生成されたインデックスをスキャンできます。サーバーが同じインデックス・バージョンを使用していない場合、以前のバージョンのサーバーでより新しいバージョンのNetVault Backupで生成されたインデックスはスキャンできません。インデックス・バージョンがサポートされていない場合は、インデックスはインポートされず、メッセージがログに生成されます。

ライブラリ間でテープをスワップしたり、NetVault Backupサーバーから削除したり、別のNetVault Backupサーバーによって制御されているデバイスにロードしたりすると、NetVault BackupサーバーはNetVaultデータベース内でそのテープに関する情報を見つけることができません。この場合、最初のスキャンではテープからヘッダー情報を取得し、この情報をNetVaultデータベースに追加してから、テープに「外部」とマークします。NetVault Backupは、テープを再度スキャンするまで、「外部」テープに保存されたバックアップをインポートすることはできません。

次のセクションでは、テープ・メディアをスキャンする手順について説明します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ライブラリ管理]ページで、[すべてスキャン]をクリックします(NetVault Backupがプロセスの開始に失敗する場合は、[強制スキャン]をクリックします)。
4
[デバイスのスキャン]ダイアログ・ボックスで、次のオプションを設定できます。
インポートされたバックアップ・データの保存期間:NetVaultデータベースにインポートされたバックアップ・データの保存期間を指定します。このオプションは、NetVaultデータベース内で使用可能でないバックアップのみに適用されます。
[スキャン]をクリックして、スキャン・プロセスを開始し、ダイアログ・ボックスを閉じます。
1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[スキャン]をクリックします。(NetVault Backupがプロセスの開始に失敗する場合は、[強制スキャン]をクリックします)。
4
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。
[デバイス管理]ページからテープを選択するには、次の手順に従います。
a
[ナビゲーション]パネルで[デバイス管理]をクリックし、デバイスのリストで、アイコン をクリックしてテープを含むライブラリを開きます。
ドライブにテープがロードされていない場合は、[スロット]リンクまたは対応する[スロットの管理]アイコン をクリックしてスロット・ブラウザを開きます。スロットのリストから、テープがロードされているスロットを選択します。
[ストレージの調査]ページからテープを選択するには、次の手順に従います。
a
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
b
[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
2
[スキャン]をクリックします。
3
[デバイスのスキャン]ダイアログ・ボックスで、次のオプションを設定できます。
インポートされたバックアップ・データの保存期間:NetVaultデータベースにインポートされたバックアップ・データの保存期間を指定します。このオプションは、NetVaultデータベース内で使用可能でないバックアップのみに適用されます。
[スキャン]をクリックして、スキャン・プロセスを開始し、ダイアログ・ボックスを閉じます。
1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[スキャン]をクリックします。(NetVault Backupがプロセスの開始に失敗する場合は、[強制スキャン]をクリックします)。

テープを使用不可としてマーク

メディアが損傷している、または使用に適さない場合、それを「使用不可」としてマークして、ジョブがそれを選択しないようにすることができます。このプロパティは、[テープ・メディア・アイテムの調査]ページで設定できます。メディアを使用不可に設定すると、別のメディアをテナントのユーザー・グループに割り当てる必要があります。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
3
テープを使用不可としてマークするには、[使用不可をマーク]をクリックします。
4
このプロパティを変更するには、テープを選択して[使用可能をマーク]をクリックします。

テープを読み取り専用としてマーク

テープを「読み取り専用」としてマークして、それ以上書き込まれないように保護することができます。ただし、一旦、メディアを[読み取り専用]としてマークすると、バックアップを保存する新しいメディアをテナントに割り当てる必要があります。

テープのこのプロパティを有効にする方法は2つあります。

ターゲット・セットに[メディアをバックアップ以降の書き込みから保護]オプションを設定して、バックアップ完了後のテープの書き込み保護を有効にすることができます。詳細は、「メディア共有オプションの設定」を参照してください。
または、[テープ・メディア・アイテムの調査]ページから読み取り専用プロパティを設定することもできます。手順はこのセクションで説明されています。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
3
テープを読み取り専用としてマークするには、[読み取り専用をマーク]をクリックします。
4
このプロパティを変更するには、テープを選択して[書き込み可能をマーク]をクリックします。
Related Documents