Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

診断トレース

診断トレースについて

診断トレースは、エラー状態に関する詳細情報を取得するために使用されます。Questテクニカル・サポート担当者は、この情報をデバッグおよびトラブルシューティング目的で使用します。

トレースは、デフォルトでは無効化されています。診断情報を取得するには、関連するNetVault Backupマシンでトレースを有効にする必要があります。NetVault Backupを設定して、トレースをすぐに開始したり、サービスの再起動時に開始したりできます。また、期間を指定してトレースを自動的に開始して指定の時間で終了することもできます。

診断情報は、トレース・ファイルに書き込まれます。すべてのプロセスまたはプロセスのサブセットのトレース・ファイルを生成できます。これらのファイルは、選択したプロセスが実行されているマシンで生成されます。NetVault Backupでは、トレース・コンテナ・ディレクトリを使用して、各種セッション中に生成されたすべてのトレース・ファイルが保管されます。デフォルトでは、トレース・コンテナ・ディレクトリは、NetVault Backupインストール・ディレクトリに作成されます。デフォルト設定を変更して、コンテナ・ディレクトリの新しい場所を指定できます。トレースが有効になっている場合、セッション・ディレクトリがコンテナ・ディレクトリに作成されます。セッション中に生成されたすべてのトレース・ファイルはこのディレクトリに存在します。WebUIを使用して、各種マシンのトレース・ファイルをWebUIが実行されているローカル・マシンにダウンロードできます。

MSP管理者は、NetVault Backupサーバーとそのクライアント・マシン上で、トレースおよびトレース・フィルタを有効にしたり無効にしたりすることができます。一方、テナント管理者は、クライアント・マシンに対してのみ、トレース・フィルタを有効にしたり無効にしたりすることができます。

トレースにNetVault Backupサーバーとテナント・クライアントのマシンの診断情報が必要な場合、特定の動作のトレースを指定時間内に有効、無効にするため、MSP管理者およびテナント管理者は互いに同期する必要があります。

トレースの生成およびダウンロードが完了したら、テナント管理者はトレースをMSP管理者に提供し、MSP管理者はさらに詳細な分析や調査を行うためトレースを送信します。

トレース・フィルタの管理

NetVault Backup 11.2以降では、NetVault Backup WebUIから、NetVault Backupプロセス(コアおよびプラグイン)に対するトレース・フィルタを管理できます。[トレース・フィルタの管理]オプションを使用して、これらのプロセスのトレース設定を変更したり、割り当てたりすることができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックし、クライアントを選択します。このページから複数のクライアントを選択できます。[使用可能なトレースの参照]をクリックします。
3
[診断トレース設定]ページで、[トレース・フィルタの管理]をクリックします。
5
[トレースフィルタマッピングの編集]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

選択したプロセス

選択したNetVault Backupプロセス(コアおよびプラグイン)が表示されます。

フィルタ

下矢印をクリックして、以下のいずれかのフィルタ・オプションを選択します。

KillAll:このフィルタがプロセスに割り当てられると、プロセスはトレースを生成しません。
MessageOnly:このフィルタがプロセスに割り当てられると、プロセスはMESSAGEモジュールからのトレース・メッセージのみを生成します。他のすべてのトレース・メッセージは除外されます。

選択したプロセスに以下のトレース・フィルタ・マッピング・オプションを指定します。

フィルタの有効化:選択したプロセスに対して選択したフィルタ・オプションを有効にするには、このオプションを選択します。
強制ディスク・トレース:選択したプロセスにディスクのトレースを許可する(ディスク・トレースが無効な場合であっても)には、このオプションを選択します。
循環:循環トレースを有効にするには、このオプションを選択し、以下のフィールドで値を入力または選択します。
トレースファイルあたりの行数:循環が有効な場合のトレース・ファイルあたりの行数。トレース・ファイル内の行数がこのしきい値を超えると、トレースは次のトレース・ファイルに書き込まれます。
保持するトレース・ファイル数:循環が有効な場合に、保持するトレース・ファイル数。トレース・ファイル数がこのしきい値を超えると、最も古いトレース・ファイルが上書きされます。

トレースの有効化

診断トレースは、デフォルトでは無効化されています。問題を調査する場合、Questテクニカル・サポートから、エラー状態に関する診断情報を取得できるように関連するNetVault Backupマシンでトレースを有効にするように求められることがあります。この情報は、エラー状態の原因を特定するのに役立ちます。サーバーに対してトレースが有効になると、NetVault Backupの[ヘッダー] パネルに警告が診断として表示されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
a
[設定変更]からのNetVault Backupサーバーの場合:
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[トレースの有効化]をクリックします。
b
[設定の変更]からのNetVault Backupクライアントの場合:
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[トレースの有効化]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックし、クライアントを選択します。このページから複数のクライアントを選択できます。[診断トレース設定]ページで、[トレースの有効化]をクリックします。
[クライアント管理]ページで、[トレース・ステータス]チェック・ボックスをオンにするか、[トレースの有効化]をクリックします。
[クライアント管理]ページで、クライアントを選択して[トレースの有効化]をクリックします。
3
[トレースの有効化オプション]ドロワで、以下の設定を行います。
重要: 複数のクライアントを選択する場合、[トレースの有効化オプション]ドロワにプロセス名のリストは表示されません。[すべてのプロセス(現在のプロセスと将来起動されるプロセス)]オプションを使用するか、関連するボックスでプロセスIDのリストを指定できます。

トレースの有効化

以下のオプションの1つを選択します。

[即時]:このオプションはデフォルトで選択されています。トレースをすぐに開始するには、このオプションを使用します。
[サービス起動時]:サービス起動時にトレースを有効にするには、このオプションを選択します。
メモ: [診断トレース設定]ページの[トレースの設定]をクリックして、[トレース設定オプション]ダイアログ・ボックスの[サービスの起動時にトレースを有効化]チェック・ボックスを選択し、サービス起動時にトレースを有効にすることもできます。
[指定の時刻]:指定の時刻で自動的にトレースを開始して停止するには、このオプションを選択し、期間を指定します。
-[開始]:このチェック・ボックスを選択し、マシンでトレースを開始する日時を入力するか選択します。
-[停止]:このチェック・ボックスを選択し、マシンでトレースを停止する日時を入力するか選択します。

トレースの作成

トレース・ファイルが必要なプロセスを指定します。

[すべてのプロセス(現在のプロセスと将来起動されるプロセス)]:このオプションはデフォルトで選択されています。すべての現在のプロセスおよび新しいプロセスのトレース・ファイルを生成するには、このオプションを使用します。
[特定のプロセス]:特定のプロセスのトレース・ファイルを生成するには、このオプションを選択します。
重要: [サービス起動時]または[サービスの起動時にトレースを有効化]オプションを選択していない場合、NetVault Backupサービスを再起動すると、トレース設定は無効になります。これらのオプションが選択されている場合、すべてのプロセスでトレースが有効になります。
4
設定を適用してドロワを閉じるには、[実行]をクリックします。
Related Documents