Chat now with support
サポートとのチャット

DR Series DR4300 - オーナーズマニュアル

Dell DR4300 システム概要 技術仕様 システムの初期セットアップと設定 プレオペレーティングシステム管理アプリケーション
プレオペレーティングシステムアプリケーションを管理するためのオプション セットアップユーティリティ
セットアップユーティリティの表示 セットアップユーティリティ詳細 System BIOS(システム BIOS) iDRAC 設定ユーティリティ デバイス設定
Dell Lifecycle Controller 起動マネージャ PXE 起動
システムコンポーネントの取り付けと取り外し
安全にお使いいただくために システム内部の作業を始める前に システム内部の作業を終えた後に 推奨ツール 前面ベゼル(オプション) システムカバー 冷却エアフローカバー 冷却ファン 冷却ファンアセンブリ システムメモリ プロセッサとヒートシンク PCIe カードホルダ ケーブル固定ブラケット 内蔵ストレージコントローラカード 拡張カードと拡張カードライザー 内蔵デュアル SD モジュール(オプション) ネットワークドーターカード 内蔵 USB メモリキー(オプション) システムバッテリ 電源装置ユニット(PSU) システム基板 Trusted Platform Module ハードドライブ ハードドライブバックプレーン SD vFlash カード(オプション) コントロールパネルアセンブリ
システム診断プログラムの使用 ジャンパとコネクタ システムのトラブルシューティング
システム起動エラーのトラブルシューティング 外部接続のトラブルシューティング ビデオサブシステムのトラブルシューティング USB デバイスのトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(USB XML 設定)のトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(ノートブック接続)のトラブルシューティング シリアル I/O デバイスのトラブルシューティング NIC のトラブルシューティング システムが濡れた場合のトラブルシューティング システムが損傷した場合のトラブルシューティング システムバッテリーのトラブルシューティング 電源装置ユニットのトラブルシューティング 冷却問題のトラブルシューティング 冷却ファンのトラブルシューティング システムメモリのトラブルシューティング 内蔵 USB キーのトラブルシューティング SD カードのトラブルシューティング 光学ドライブのトラブルシューティング テープバックアップユニットのトラブルシューティング ハードドライブのトラブルシューティング ストレージコントローラのトラブルシューティング 拡張カードのトラブルシューティング プロセッサのトラブルシューティング システムメッセージ
困ったときは

お使いの Dell DR4300 システムは、Intel Xeon E5-2660 v3 プロセッサ最大 2 個、DIMM 最大 24 個、および 3.5 インチハードドライブ 12 台と、オペレーティングシステム用にオプションの背面アクセスが可能な 2.5 インチハードドライブを 2 台サポートする 2U ラックサーバーです。

前面パネルの機能とインジケータ

前面パネルの機能とインジケータ

前面パネルは、電源ボタン、NMI ボタン、システム識別タグ、システム識別ボタン、USB ポート、および VGA ポートなどのサーバーの前面で利用できる機能へのアクセスを提供します。診断 LED または LCD パネルは、前面パネルに分かりやすく配置されています。ホットスワップ対応のハードドライブは、前面パネルからアクセス可能です。

図 1. Dell DR4300 システムの前面パネルの機能とインジケータ

この図は、DellDR4300 の前面パネル機能とインジケータを示しています。

2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.

表 1. 前面パネルの機能とインジケータ

アイテム 1 は、前面パネルと背面パネルのシステム識別ボタンです。ラック内の特定のシステムの位置を確認するために使用できます。これらのボタンの 1 つを押すと、前面の LCD パネルと背面のシステムステータスインジケータは、ボタンの 1 つがもう一度押されるまで点滅します。ボタンを押すと、システム識別のオンとオフが切り替わります。POST 中にシステムの反応が停止した場合は、システム識別ボタンを 5 秒以上押し続けて BIOS プログレスモードに入ります。iDRAC をリセットするには(F2 iDRAC セットアップで無効に設定されていない場合)、ボタンを 15 秒以上長押しします。アイテム 2 は電源ボタンです。システムの電源ステータスを知ることができます。システム電源がオンの時に、電源インジケータは点灯します。電源ボタンはシステムへの電源出力を制御します。アイテム 3 は NMI ボタンです。特定のオペレーティングシステム実行中の、ソフトウェアエラーおよびデバイスドライバエラーのトラブルシューティングに使用されます。このボタンはペーパークリップの端を使って押すことができます。認定を受けたサポート担当者によって指示された場合、またはオペレーティングシステムのマニュアルで指示されている場合にのみ、このボタンを使用してください。アイテム 4 は情報タグです。サービスタグ、NIC、MAC アドレスなどのシステム情報を必要に応じて記録できる引き出し式のラベルパネルになっています。アイテム 5 はハードドライブを示しています。最大 12 台のホットスワップ対応 3.5 インチハードドライブを搭載できます。アイテム 6 は USB 管理ポート /iDRAC ダイレクトポートです。USB 管理ポートは、通常の USB ポートとして機能したり、iDRAC ダイレクト機能へのアクセスを提供したりできます。詳細については、Dell.com/idracmanuals にある『Integrated Dell Remote Access Controller User’s Guide』(Integrated Dell Remote Access Controller ユーザーズガイド)を参照してください。USB 管理ポートは USB 3.0 対応です。アイテム 8 はクイック同期です。クイック同期を有効にしたシステムであることを示します。クイック同期機能はオプションであり、クイック同期ベゼルが必要です。この機能は、モバイルデバイスを使用してシステムを管理することができます。この機能を使用すると、ハードウェア / ファームウェアの一覧や、システムのトラブルシューティングに使用できる様々なシステムレベルの診断 / エラー情報を集約できます。詳細については、Dell.com/idracmanualsDell.com/idracmanuals にある『Integrated Dell Remote Access Controller User’s Guide』(Integrated Dell Remote Access Controller ユーザーズガイド)を参照してください。

アイテム

インジケータ、ボタン、またはコネクタ

アイコン

説明

1

システム識別ボタン

システム識別アイコン

ラック内の特定のシステムの位置を確認することができます。識別ボタンは、前面および背面のパネルにあります。

システム識別ボタンを押してシステム ID のオン / オフを切り替えます。

2

電源ボタン

電源オンインジケータアイコン

システムの電源ステータスを知ることができます。システム電源がオンの時に、電源インジケータは点灯します。電源ボタンはシステムへの電源出力を制御します。

3

NMI ボタン

NMI アイコン

特定の OS 実行中の、ソフトウェアエラーおよびデバイスドライバエラーのトラブルシューティングが可能です。このボタンはペーパークリップの端を使って押すことができます。

4

情報タグ

参照用のサービスタグ、NIC、MAC アドレスなどのシステム情報を含みます。情報タグは引き出し式のラベルパネルです。

5

ハードドライブ

最大 12 台のホットスワップ対応の 3.5 インチハードドライブ。

6

USB 管理ポート/iDRAC ダイレクト

USB 管理ポート /iDRAC ダイレクトポートアイコン

USB 管理ポートは USB 2.0 対応です。USB デバイスをシステムに接続できるようにしたり、iDRAC ダイレクト機能へのアクセスを提供したりします。詳細については、Dell.com/idracmanuals にある『Integrated Dell Remote Access Controller User’s Guide』(Integrated Dell Remote Access Controller ユーザーズガイド)を参照してください。

7

ビデオコネクタ

ビデオコネクタアイコン

ディスプレイをシステムに接続するときに使用します。

8

Quick Sync(オプション)

Quick Sync を有効にしたシステムであることを示します。Quick Sync 機能は、オプションであり、Quick Sync ベゼルが必要です。この機能は、モバイルデバイスを使用してシステムを管理することができます。この機能を使用すると、ハードウェア / ファームウェアの一覧や、システムのトラブルシューティングに使用できる様々なシステムレベルの診断 / エラー情報を集約できます。詳細については、Dell.com/idracmanuals の『Integrated Dell Remote Access Controller User’s Guide』(Integrated Dell Remote Access Controller ユーザーズガイド)を参照してください。

背面パネルの機能

背面パネルの機能

背面パネルは、システム識別ボタン、電源ソケット、ケーブル管理アームコネクタ、iDRAC ストレージメディア、NIC ポート、USB ポート、および VGA ポートなど、サーバーの背面で使用可能な機能へのアクセスを提供します。大半の拡張カードポートには、背面パネルからアクセスすることができます。ホットスワップ対応電源装置ユニット、および取り付けられている場合は背面アクセス可能なハードドライブも、背面パネルからアクセスすることができます。

図 2. 背面パネルの機能

この図は、Dell DR4300 システムの背面パネル機能を示しています。

システム識別ボタン
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.

表 2. 背面パネルの機能

アイテム 1 は、前面および背面パネルにあるシステム識別ボタンで、ラック内の特定のシステムの位置を確認するために使用できます。これらのボタンの 1 つを押すと、前面の LCD パネルと背面のシステムステータスインジケータが、ボタンの 1 つをもう一度押すまで点滅を続けます。このボタンを押してシステム識別のオン / オフを切り替えます。POST 中にシステムの反応が停止した場合は、システム識別ボタンを 5 秒以上押し続けて BIOS プログレスモードに入ります。iDRAC をリセットするには(F2 iDRAC セットアップで無効に設定されていない場合 )、ボタンを 15 秒以上長押しします。アイテム 2 はシステム識別コネクタです。オプションのケーブルマネージメントアームを通して、オプションのシステムステータスインジケータアセンブリを接続することができます。アイテム 3 はiDRAC 8 Enterprise ポートです。これは専用の管理ポートで、お使いのシステムに iDRAC8 Enterprise ライセンスがインストールされている場合に限り、使用できます。アイテム 4 は Pcle 拡張カードスロットで、3 枚のロープロファイル PCle 拡張カードを接続することができます。アイテム 5 はシリアルコネクタで、シリアルデバイスをシステムに接続することができます。アイテム 6 はビデオコネクタで、VGA ディスプレイをシステムに接続できます。アイテム 7 は USB ポート(2)で、USB デバイスをシステムに接続できます。ポートは USB 3.0 対応です。アイテム 8 は PCIe 拡張カードスロットで、最大 4 枚のフルハイト 3/4 レングスの PCIe 拡張カードを接続できます。アイテム 9 はイーサネットコネクタ(4)で、4 個の内蔵 10/100/1000 Mbps NIC コネクタまたは 4 個の内蔵コネクタ、および 2 個の内蔵 10/100/1000 Mbps NIC コネクタ、2 個の内蔵 100 Mbps/1 Gbps/10 Gbps SFP+ コネクタがあります。アイテム 10 および 11 は、電源装置ユニット(PSU 1 および PSU 2)で、1100 W AC PSU をサポートします。アイテム 12 は、vFlash メディアカードを挿入できる SD vFlash カードスロットです。アイテム 13 は、最大 2 台のホットスワップ対応 2.5 インチハードドライブを取り付けることができる背面ハードドライブスロットです。

アイテム

インジケータ、ボタン、またはコネクタ

アイコン

説明

1

システム識別ボタン

システム識別アイコン

前面パネルと背面パネルの識別ボタンは、ラック内の特定のシステムの位置を確認するために使用します。

ボタンを押してシステム識別(ID)のオン / オフを切り替えます。

POST 中にシステムの反応が停止した場合は、システム識別ボタンを 5 秒以上押し続けて BIOS プログレスモードに入ります。

iDRAC をリセットするには(F2 iDRAC セットアップで無効に設定されていない場合)、ボタンを 15 秒以上長押しします。

2

システム識別コネクタ

オプションのケーブルマネージメントアームを通して、オプションのシステムステータスインジケータアセンブリを接続します。

3

iDRAC8 Enterprise ポート

iDRAC アイコン

専用の管理ポートです。

4

ハーフハイト PCIe 拡張カードスロット(3)

ハーフハイト PCI Express 拡張カードを 3 枚まで接続することができます。

5

シリアルコネクタ

シリアルコネクタアイコン

シリアルデバイスをシステムに接続できます。

6

ビデオコネクタ

ビデオコネクタアイコン

VGA ディスプレイをシステムに接続できます。

7

USB ポート(2)

USB 3.0 コネクタアイコン

USB デバイスをシステムに接続できます。ポートは USB 3.0 対応です。

8

フルハイト PCIe 拡張カードスロット(3)

フルハイト PCI Express 拡張カードを 3 枚まで接続することができます。

9

イーサネットコネクタ(4)

イーサネットコネクタアイコン

4 個の内蔵 10/100/1000 Mbps ネットワークインターフェイスカード(NIC)コネクタ

または

以下を含む内部コネクタ 4 個:

10

電源装置ユニット(PSU1)

11

電源装置ユニット(PSU2)

前面パネルの診断インジケータ

前面パネルの診断インジケータ

NIC インジケータコード
電源装置ユニットインジケータコード
iDRAC ダイレクト LED インジケータコード
Quick Sync インジケータコード
お使いのシステムのサービスタグの位置

表 3. 診断インジケータ

アイコン

説明

状態

対応処置

ヘルスインジケータのアイコン

ヘルスインジケータ

システムが良好な状態である場合は、インジケータが青色に点灯します。

不要。

インジケータが橙色に点滅します。

特定の問題については、システムイベントログまたはシステムメッセージを確認してください。エラーメッセージの詳細については、Dell.com/openmanagemanuals > OpenManage software の『Dell Event and Error Messages Reference Guide』(デルイベントおよびエラーメッセージリファレンスガイド)を参照してください。

メモリの構成が無効であることが原因で、POST プロセスがビデオ出力なしで中断されます。「困ったときは」の項を参照してください。

ハードドライブインジケータのアイコン

ハードドライブインジケータ

ハードドライブのエラーが発生している場合、インジケータは橙色に点滅します。

エラーが発生しているハードドライブを特定するには、システムイベントログを確認してください。適切なオンライン Diagnostics(診断)テストを実行します。システムを再起動し、内蔵された Diagnostics(診断)(ePSA)を実行します。ハードドライブが RAID アレイで構成されている場合は、システムを再起動し、ホストアダプタ設定ユーティリティプログラムを起動します。

電気インジケータのアイコン

電気インジケータ

システムに電気的なエラー(例えば、電圧の異常、電源装置ユニット(PSU)や電圧レギュレータの障害など)が発生している場合、インジケータは橙色に点滅します。

特定の問題については、システムイベントログまたはシステムメッセージを確認してください。PSU に問題がある場合は、PSU の LED をチェックして、PSU を取り付け直します。問題が解決しない場合は、「困ったときは」の項を参照してください。

温度インジケータのアイコン

温度インジケータ

システムに温度に関するエラー(例えば、周囲温度が許容範囲を超えている、またはファンの故障など)が発生している場合、インジケータが橙色に点滅します。

次の状態が発生していないことを確認してください。

システムカバー、冷却用エアフローカバー、EMI フィラーパネル、メモリモジュールのダミー、または背面フィラーブラケットが取り外されている。

「困ったときは」の項を参照してください。

メモリインジケータのアイコン

メモリインジケータ

メモリエラーが発生すると、このインジケータが橙色に点滅します。

障害が発生したメモリの位置については、システムイベントログまたはシステムメッセージをチェックしてください。メモリモジュールを取り付けなおします。問題が解決しない場合は、「困ったときは」の項を参照してください。

セルフ・サービス・ツール
ナレッジベース
通知および警告
製品別サポート
ソフトウェアのダウンロード
技術文書
ユーザーフォーラム
ビデオチュートリアル
お問い合わせ
ライセンスアシスタンス の取得
Technical Support
すべて表示
関連ドキュメント