Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

SharePlex データベースアカウントの変更

アクティブな複製環境の変更 > SharePlex データベースアカウントの変更

SharePlex データベースアカウントでは、ユーザー名(スキーマまたはデータベース)、パスワード、またはその両方を変更できます。データベースアカウントは、SharePlex のインストール中に確立されています。次の手順を正しい順序で実行することで、アクティブな複製設定を保持できます。

サポートされるデータベース

すべての SharePlex サポートデータベース

手順

この手順では、データベース内の SharePlex ユーザーアカウントのユーザーアカウント名およびパスワードを変更します。このユーザーアカウントは、複製作業の実行時に SharePlex プロセスがデータベースへの接続に使用するアカウントです。

重要! 複数の変数データディレクトリを使用する場合は、変更するディレクトリごとに、この手順を実行する必要があります。

  1. (Unix および Linux のみ)複数の変数データディレクトリを使用する場合は、アカウント名またはパスワードを変更する SharePlex インスタンスの変数データディレクトリを指し示す環境変数をエクスポートします。

    ksh シェルの場合:

    export SP_SYS_VARDIR=/full_path_of_variable-data_directory

    csh シェルの場合:

    setenv SP_SYS_VARDIR /full_path_of_variable-data_directory

  2. パスワードを変更するシステムで sp_ctrl を実行します。
  3. アカウント情報を変更するシステム上の SharePlex プロセスを停止します。たとえば、ソースデータベースの SharePlex アカウントを変更する場合は、Capture および Read を停止します。ターゲットデータベースのアカウントを変更する場合は、Post を停止します。

    sp_ctrl> stop service

  4. この SharePlex インスタンスのすべての SharePlex レプリケーションプロセスが停止していることを確認します。

    sp_ctrl> status

  5. DBA ユーザーとしてデータベースにログインし、SharePlex アカウント名およびパスワードを新しいものに変更します。重要!SharePlex オブジェクトを削除しないでください。
  6. アカウント名を変更した場合は、すべての SharePlex データベースオブジェクトを古いアカウントから新しいアカウントにコピーします。

    注: 特定の複製が適切に再開されるまで、古いアカウントと SharePlex オブジェクトをバックアップとして保持します。

  7. sp_crtl で、次のコマンドを実行して、SharePlex 内部レコードのアカウント名およびパスワードを変更します。

    ユーザーアカウントを変更するには

    sp_ctrl> connection {o.SID | r.database} set user=username

    パスワードを変更するには

    sp_ctrl> connection {o.SID | r.database} set password=password

    ここで、

    • データベースが Oracle の場合、SID はデータベースの ORACLE_SID です。
    • database は、データベースが非 Oracle の場合、データベースの名前です(DSN ではありません)。
    • username は、新しいアカウント名です。
    • password は、新しいパスワードです。

  8. SharePlex プロセスを開始します。

    sp_ctrl> start service

複製ホストの名前または IP アドレスの変更

アクティブな複製環境の変更

この章では、SharePlex の複製がアクティブなシステムで、データベースの変更を行ったり、システムおよびソフトウェアの保守を実行したりする方法について説明します。

コンテンツ

SharePlex のポート番号の設定

アクティブな複製環境の変更 > SharePlex のポート番号の設定

SharePlex プロセスは TCP および UDP ポートを使用して、異なるシステム上で相互に通信します。SharePlex の TCP と UDP のデフォルトのポート番号は、インストール時にどちらも 2100 に設定されます。SharePlex の展開によっては、ポート番号の変更や追加が必要になる可能性があります。

ポート番号を選択する前に、次の点を確認します。

  • 複製方法で sp_cop の複数のインスタンスがシステム上に必要な場合、それぞれに一意のポート番号を設定する必要があります。「複数の SharePlex インスタンスの実行」を参照してください。
  • デフォルト以外のポートが必要な場合、TCP および UDP ポートの両方に同じ番号を使用する必要があり、また、同じ複製設定に関連するその他のすべての sp_cop インスタンスの TCP および UDP ポートにも使用する必要があります。ポートが異なっている場合、あるシステム上の sp_cop は、別のシステム上の sp_cop に接続してメッセージおよびデータの送受信ができません。
  • Windows プラットフォームでは、SharePlex は、1 システムに最大 64 個のポート番号(SharePlex インスタンス)を許可します。

サポートされるデータベース

サポートされているすべてのプラットフォーム上で SharePlex によってサポートされているすべてのデータベース

Unix および Linux システムでの SharePlex ポートの設定

Unix および Linux システムでポート番号を設定するには、SharePlex の管理者は TCP と UDP の両方のポートパラメータを SharePlex 環境に設定する必要があります。アクティブな設定がある場合は、ソースオブジェクトへのアクセスを停止して、sp_cop をシャットダウンするように指示されます。

  1. (複数の変数データディレクトリを使用している場合のみ)SP_SYS_VARDIR を export して、設定するポートの変数データディレクトリを指し示します。

    ksh シェルの場合:

    export SP_SYS_VARDIR=/full_path_of_variable-data_directory

    csh シェルの場合:

    setenv SP_SYS_VARDIR /full_path_of_variable-data_directory

  2. 次の環境変数を export します。

    ksh シェルの場合:

    export SP_COP_TPORT=port

    export SP_COP_UPORT=port

    csh シェルの場合:

    setenv SP_COP_TPORT port

    setenv SP_COP_UPORT port

    ここで、port は、新しいポート番号です。

  3. ディレクトリを SharePlex 製品ディレクトリに変更します。
  4. sp_cop および sp_ctrl を開始します。注:複数の変数データディレクトリを使用している場合、sp_cop-uport オプション付きで開始します。ここで、port はエクスポートした変数データディレクトリ用に選択したポート番号です。

    ./sp_cop [-uport] &

  5. sp_ctrl を実行します。

    ./sp_ctrl

  6. sp_ctrl 内で、次の SharePlex パラメータを設定します。

    sp_ctrl> set param SP_COP_TPORT port

    sp_ctrl> set param SP_COP_UPORT port

  7. 次の 2 つのどちらかを行います。

    • アクティブな設定がない場合は、sp_ctrlshutdown コマンドを使用して、sp_cop を停止します。次に sp_cop を起動すると、新しいポート番号が有効になります。

      メモ: アクティブな設定がない場合は、これでポート番号の設定は終了です

    • アクティブな設定がある場合は、次のステップに進みます。

    アクティブな設定のポートの設定を終了するには

  8. ソースシステムの複製オブジェクトへのアクセスを停止し、ソースシステムの sp_ctrlflush コマンドを発行してキューをクリアします。

    sp_ctrl> flush o.database_identifier

    ここで、database_identifier は、o. の後に Oracle SID、tns_alias、または PDB 名が続きます。これは、SharePlex がソースデータベースへの接続に使用したものです(データベースが通常の Oracle インスタンス、RAC、またはコンテナデータベース内の PDB であるかどうかによって異なります)。

  9. ソースシステムで、qstatus コマンドを発行して、すべてのメッセージがターゲットシステムに到達したことを確認します。

    sp_ctrl> qstatus

    export キューが空になるまでコマンドを発行し続けます。

  10. ターゲットシステムで、qstatus コマンドを発行して、すべてのメッセージがデータベースに post されたことを確認します。post キューが空になるまでコマンドを発行し続けます。
  11. ターゲットシステムで status コマンドを発行し、Post が停止したことを確認します。

    sp_ctrl> status

  12. ソースおよびターゲットシステムで SharePlex をシャットダウンします。

    sp_ctrl> shutdown

  13. ソースおよびターゲットシステムで sp_cop を開始します。注:複数の変数データディレクトリを使用している場合、sp_cop-uport オプション付きで開始します。ここで、port は export した変数データディレクトリ用に選択したポート番号です。

    ./sp_cop [-uport] &

  14. ターゲットシステムで sp_ctrl を実行します。
  15. Post プロセスを起動します。

    sp_ctrl> start post

  16. 複製オブジェクトへのユーザーアクセスを許可します。
  17. ソースおよびターゲットシステムで status コマンドを使用して、すべての SharePlex プロセスが実行中であることを確認します。

    sp_ctrl> status

Windows システムでの SharePlex ポートの設定

Windows システムでは、SharePlex のポート番号は Windows レジストリに格納されます。ポート番号を変更する必要が生じた場合、ポート番号は次の SharePlex エントリロケーションに格納されています。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432node\Quest Software\SharePlex.

  1. システムパスワードとユーザー名を使用して SharePlex Administrator として Windows にログオンします。ユーザー名は、SharePlex Admin グループに割り当てられている必要があります。
  2. SpUtils ユーティリティを実行します。
  3. SharePlex Services タブを選択します。
  4. Port で、変更するポートの SharePlex のインスタンスのポート番号を選択します。
  5. SharePlex Service Status で、Stop をクリックします。
  6. Close をクリックします。
  7. Start メニューから、Run を選択します。
  8. Run ダイアログボックスで、「regedit」を入力してレジストリエディタを開きます。
  9. レジストリエディタで、\HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432node\Quest Software\SharePlex の下の現在のポート番号を右クリックし、名前の変更 を選択します。
  10. 強調表示されたポート番号を新しい番号に置き換えます。
  11. 新しいポート番号をクリックして強調表示します。
  12. 右側のペインの 名前 列で、新しいポート番号に関連する SP_SYS_VARDIR エントリを右クリックし、変更 を選択します。
  13. 文字列の編集 ダイアログで、パスのポート番号(ポート番号のみ)を新しいポート番号に変更して、OK をクリックします。
  14. レジストリエディタを終了します。
  15. Windows エクスプローラーで、ポート番号を変更した変数データディレクトリに移動します(その名前は古いポート番号のままです)。
  16. 名前を右クリックし、名前の変更 コマンドを使用して、名前のポート番号のみを新しいポート番号に変更します。
  17. SpUtils ユーティリティを実行して、SharePlex Services タブを選択します。
  18. Port で、新しいポート番号を選択します。
  19. SharePlex Service Status で、Install をクリックして、新しいポートの SharePlex サービスを確立します。
  20. サービスがインストールされることが Current State テキストボックスに表示されたら、Start をクリックしてサービスを開始します。

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用

この章では、アプリケーションのパッチまたはアップグレードを適用する必要があり、アクティブな複製設定がある場合に従う手順について説明します。これらの手順は、Oracle データベースに適用されます。

コンテンツ
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating