Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

アクティブな複製環境の変更

アクティブな複製環境の変更

この章では、SharePlex の複製がアクティブなシステムで、データベースの変更を行ったり、システムおよびソフトウェアの保守を実行したりする方法について説明します。

コンテンツ

設定ファイルの変更

アクティブな複製環境の変更 > 設定ファイルの変更

複製環境の要素を変更する多くの手順には、SharePlex 設定ファイルの変更も含まれます。SharePlex では、すべてのユーザーがアクティブな設定ファイルを編集できないようになっています。最初に、コピーを作成する必要があります。ファイルを最初にコピーしておくと、元のファイルが再び必要になった場合や、新しいファイルに問題が発生した場合に備えて元のファイルを保持できます。ファイルを最初にコピーすることで、新しい設定ファイルをアクティベートするタイミングを制御することもできます。

元の設定をディアクティベートしないでおくと、ほとんどの場合、編集済みの設定を、元のアクティベーションよりも短時間でアクティベートできます。新しい設定のアクティベーションにより、元の設定が自動的にディアクティベートされ、SharePlex は新しいオブジェクト、変更されたオブジェクト、および削除されたオブジェクトを分析するだけで済みます。元の設定をディアクティベートしてから新しい設定をアクティベートすると、SharePlex はすべてのオブジェクトを再度分析します。

アクティブな複製設定でのテーブル指定の追加または変更

アクティブな複製環境の変更 > アクティブな複製設定でのテーブル指定の追加または変更

このセクションでは、複製がアクティブな間に、テーブル指定を追加または変更する方法について説明します。

サポートされるデータベース

Oracle ソース

すべてのターゲット

手順

ワイルドカードを使用しており、追加するオブジェクトがワイルドカード指定を満たす場合、ソースが Oracle の場合は、そのオブジェクトを設定ファイルに追加する必要はありません。ワイルドカードの条件を満たす任意の新規オブジェクトが、複製に自動的に追加されます。名前で明示的に指定する必要があるオブジェクトのみを追加します。

重要! オリジナルの設定をディアクティベートしないでください。

  1. 新しいテーブルを追加する場合は、同期された初期状態を確立するために、それらのテーブルをソースとターゲットに追加します(該当する場合は、両方の場所に投入されます)。ソーステーブルへのトランザクションアクセスは、まだ許可しないでください。
  2. sp_ctrl で、copy config コマンドを発行して、アクティブな設定ファイルのコピーを作成します。

    sp_ctrl> copy config filename to newname

    ここで、filename はアクティブなファイルの名前で、newname は新しいファイルの名前です。

  3. edit config コマンドを発行して、デフォルトのテキストエディタで新しい設定ファイルを開きます。

    sp_ctrl> edit config newname

  4. 新しいテーブルのエントリを追加するか、既存のエントリを変更します。分割レプリケーションを変更するには、「分割レプリケーションの変更」を参照してください。

  5. 設定ファイルを保存します。
  6. 新しい設定をアクティベートします。これで、元の設定がディアクティベートされます。新規または変更されたテーブルのみがアクティベートされるため、このアクティベーションは初期アクティベーションより短くなります。

    sp_ctrl> activate config newname

  7. 新しく追加されたテーブルへのアクセスを許可します。

分割レプリケーションの変更

アクティブな複製環境の変更 > 分割レプリケーションの変更

複製がアクティブな間に、水平分割レプリケーションまたは垂直分割レプリケーションの設定を変更できます。これらの手順ではアクティブな複製設定の再アクティベーションが必要ですが、SharePlex は、これらの変更に関連付けられているテーブルのみをロックします。 設定ファイルの変更の詳細については、「アクティブ設定ファイルの変更」を参照してください。

分割レプリケーションの詳細については、次を参照してください。

水平分割レプリケーションの設定

垂直分割レプリケーションの設定

サポートされるデータベース

Oracle ソース

すべてのターゲット

水平分割レプリケーションを変更するには

  1. sp_ctrl を実行します。
  2. 次のいずれかのコマンドを実行して、パーティションまたはパーティションスキームを変更します。構文およびその他の情報については、 SharePlex リファレンスガイド のアルファベット順のコマンドリストを参照してください。

    コマンド 権限レベル 説明

    add partition

    2 パーティションスキームと行パーティションを作成します。

    drop partition

    2 パーティションスキームから行パーティションを削除します。

    drop partition scheme

    2 パーティションスキームを削除します。

    modify partition

    2 パーティションスキームの行パーティションを変更します。
  3. パーティションスキームを削除した場合

    1. アクティブな設定ファイルを新しいファイルにコピーします(ただし、ディアクティベートしないでください)。

      sp_ctrl> copy config filename to newname

    2. コピーを編集して、パーティションスキームが指定されているルーティングマップを削除または変更します。

      sp_ctrl> edit config filename

  4. 新しい設定ファイルをアクティベートします。

    sp_ctrl> activate config filename

垂直分割レプリケーションを変更するには

  1. アクティブな設定ファイルのコピーを作成します(ただし、ディアクティベートしないでください)。

    sp_ctrl> copy config filename to newname

  2. コピーを編集して、適切な列パーティションを変更します。

    sp_ctrl> edit config filename

  3. 新しい設定ファイルをアクティベートします。

    sp_ctrl> activate config filename

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating