Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

hana_cleansp

説明

hana_cleansp ユーティリティを使用して、SharePlex が HANA ターゲットへの複製を行っているシステム上の現在の複製状態を削除します。

注意:

  • hana_cleansp の効果を元に戻すことはできません。初期状態に戻さずに複製を停止するには、abort config または purge config コマンドを使用できます。
  • hana_cleansp は、複製設定のすべての HANA ターゲットシステムで実行する必要があります。
  • 複製環境を完全に削除するには、複製設定内のすべての Oracle ソースシステムで ora_cleansp ユーティリティを実行します。システムで hana_cleansp または ora_cleansp が実行されたかどうか、またいつ実行されたのかを確認するには、そのシステムの SharePlex イベントログを表示します。

hana_cleansp は、ターゲットシステムで以下の操作を実行します。

  • SharePlex スキーマ内の SHAREPLEX_OPEN_TRANS 内部テーブルと、SharePlex によってインストールされたその他のテーブルを切り詰めます(該当する場合)。
  • キューファイル、プロセスログファイル、statusdb の内容(ファイルではありません)、dump および state ディレクトリの内容、およびイベントログの 1 つのエントリ(hana_cleansp のステータスエントリ)を除くすべてのエントリを変数データディレクトリから削除します。

hana_cleansp では、以下の項目が保持されます。

  • SharePlex データベース、アカウント、およびパスワード。SharePlex テーブル内のデータのみがクリーンアップされます。
  • ユーザーが作成したファイル(たとえば paramdb)およびターゲット設定

サポートされるデータベース

サポートされるプラットフォーム上の HANA

hana_cleansp の実行

  1. HANA システム上のすべての SharePlex プロセスを停止します。
  2. そのシステムの sp_cop をシャットダウンします。
  3. 次の構文を使用して、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから hana_cleansp ユーティリティを実行します。

    hana_cleansp [-p port_number] database_name/user_name/password

    ここで、

    • port_number は、クリーンアップする SharePlex インスタンスのポート番号です。
    • database_nameSharePlex データベースの名前です。
    • user_nameSharePlex ユーザーアカウントの名前です。
    • password はそのユーザーアカウントのパスワードです。

mss_cleansp

説明

mss_cleansp ユーティリティを使用して、SQL Server システムの現在の複製状態を削除します。

注意:

  • mss_cleansp の実行は、テストおよびデモンストレーション環境では許容されますが、実稼働環境では不適切であることがほとんです。クリーンアップの効果を元に戻すことはできません。
  • mss_cleansp を実行している SharePlex インスタンスが複数のデータベースを対象にキャプチャまたは post するように設定されている場合、mss_cleansp は、そのすべてのデータベースの複製構成とサポートデータを削除します。

mss_cleansp は、ターゲットシステムで以下の操作を実行します。

  • SHAREPLEX_OPEN_TRANS 内部テーブルと、SharePlex によってインストールされたその他のテーブルを切り捨てます(該当する場合)。
  • キューファイル、プロセスログファイル、statusdb の内容(ファイルではありません)、dump および state ディレクトリの内容、およびイベントログの 1 つのエントリ(mss_cleansp のステータスエントリ)を除くすべてのエントリを変数データディレクトリから削除します。

mss_cleansp では、以下の項目が保持されます。

  • SharePlex データベース、アカウント、およびパスワード。SharePlex テーブル内のデータのみがクリーンアップされます。
  • ユーザーが作成したファイル(たとえば paramdb)およびターゲット設定

サポートされるデータベース

Windows 上の Microsoft SQL Server

mss_cleansp の実行

  1. SQL Server システム上のすべての SharePlex プロセスを停止します。
  2. そのシステムの sp_cop をシャットダウンします。
  3. 次の構文を使用して、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから mss_cleansp を実行します。

    mss_cleansp database_name/user_name/password

    ここで、

    • database_nameSharePlex データベースの名前です。
    • user_nameSharePlex ユーザーアカウントの名前です。
    • password はそのユーザーアカウントのパスワードです。

ora_cleansp

説明

ora_cleansp ユーティリティを使用して、ディアクティベート設定を含む、システム上の現在の複製状態を削除します。

注意:

  • ora_cleansp の実行は、テストおよびデモンストレーション環境では許容されますが、実稼働環境では不適切であることがほとんです。クリーンアップの影響は、元に戻すことができません。
  • ora_cleansp を実行している SharePlex インスタンスが複数のデータベースを対象にキャプチャまたは post するように設定されている場合、ora_cleansp は、そのすべてのデータベースの複製構成とサポートデータを削除します。

サポートされるデータベース

Unix、Linux、および Windows 上の Oracle

ora_cleansp のその他の代替手段

ora_cleansp を実行する前に、次の代替手段を検討します。

  • 複製を初期状態に回復せずに設定の活動を停止するには、sp_ctrl 内で abort config または purge config コマンドを使用できます。
  • 変数データディレクトリの中のファイルをパージせずに SharePlex テーブルを切り詰めるには、製品ディレクトリの bin サブディレクトリ(Unix および Linux システム)または util サブディレクトリ(Windows システム)から cleanup.sql スクリプトを実行します。
  • Unix および Linux システムでは、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから clean_vardir.sh スクリプトを実行することで、SharePlex テーブルを切り詰めずに変数データディレクトリの中のファイルをパージできます。

ora_cleansp の動作方法

ora_cleansp は、次のように 2 段階で動作して複製を最初の状態に復元します。

内部テーブルの切り詰め:最初に、ora_cleansp は、安全に切り詰めることができる SharePlex 内部テーブルを切り詰めます。SharePlex Oracle ユーザー、パスワード、またはデモンストレーションオブジェクトは削除されません。

変数データディレクトリの削除:続いて、ora_cleansp は次のコンポーネントを SharePlex 変数データディレクトリから削除します。

    • rim サブディレクトリの中のキューファイル。
    • log サブディレクトリの中のログファイル。イベントログは、ora_cleansp プロシージャの結果を反映する 1 つのエントリを保持します。
    • data サブディレクトリの中の statusdb ファイルの内容。
    • dump および state サブディレクトリの内容。
    • oos サブディレクトリ内のトランザクション(SP_OPO_SAVE_OOS_TRANSACTION パラメータが有効な場合)。

ora_cleansp は、設定ファイル、conflict-resolution ファイル、トランスフォーメーションファイル、ヒントファイル、paramdb、oramsglist ファイルなどのユーザー作成ファイルを保存します。

ora_cleansp は、設定をディアクティベートします。ora_cleansp を実行した後で複製を起動するには、設定をアクティベートする必要があります。

ora_cleansp の実行

重要!ora_cleansp は、複製を初期状態に復元するために、すべてのソースおよびターゲットシステムで実行する必要があります。システムで ora_cleansp が実行されたかどうか、またいつ実行されたのかを確認するには、そのシステムのイベントログを表示してください。

  1. SharePlex Administrator としてログオンします。
  2. [Unix および Linux のみ] SharePlex 変数データディレクトリを指し示すために SP_SYS_VARDIR 環境変数を設定します。複数の変数データディレクトリを使用して複数の sp_cop のインスタンスを実行している場合は、クリーンアップする変数データディレクトリに合わせて SP_SYS_VARDIR を設定します。

    ksh シェルの場合:

    $export SP_SYS_VARDIR=/SharePlex_vardir_absolute_path

    csh シェルの場合:

    $setenv SP_SYS_VARDIR /SharePlex_vardir_absolute_path
  3. SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから sp_ctrl を実行します。
  4. sp_cop をシャットダウンします。

    sp_ctrl> shutdown
  5. Unix および Linux システムで ps -ef | grep sp_ コマンドまたは Windows システムで SpUtil プログラムから Taskmgr を使用することで、すべての SharePlex プロセスが停止したことを確認します。
  6. Unix および Linux システムの kill -9 コマンドまたは Windows システムの KillSharePlex.bat プログラムを使用することで、すべての独立した SharePlex プロセスを kill します。
  7. [Unix および Linux のみ] まだ実行していない場合は、oratab ファイルを表示して、インスタンスの ORACLE_HOME および ORACLE_SID の値を判断します。

    $cd /etc
    $ more oratab
  8. [Unix および Linux のみ] ORACLE_HOME および ORACLE_SID 環境変数を設定します。

    ksh シェルの場合:

    $export ORACLE_HOME=[value from oratab file]
    $export ORACLE_SID=[value from oratab file]

    csh シェルの場合:

    $ setenv ORACLE_HOME [value from oratab file]
    $ setenv ORACLE_SID [value from oratab file]
  9. オペレーティングシステムのコマンドラインで、ディレクトリを SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリに変更します(これが現在の作業ディレクトリであることが前提です)。

  10. Oracle インスタンス内の SharePlex ユーザーアカウントで ora_cleansp を実行します。注:異なるユーザーとして実行する場合、ora_cleansp は SharePlex テーブルを切り詰めません。

    $ ./ora_cleansp SharePlex_username/SharePlex_password

    重要! Windows で SharePlex をデフォルトの 2100 以外のポートでインストールした場合は、-r オプションを使用してポート番号を指定します。たとえば、次のコマンドではポート番号は 9400 です。

    C:\users\splex\bin>ora_cleansp SharePlex_username/SharePlex_password -r9400

  11. この結果を確認するためにユーティリティを実行して Event Log を表示します。

    注:このユーティリティが .../save_SharePlex_version ディレクトリを削除できないことを示すエラーメッセージを生成した場合、メッセージを無視して、このディレクトリを削除できます。

ppas_cleansp

説明

pg_cleansp ユーティリティを使用して、SharePlexPostgreSQL ターゲットに複製している、システム上の現在の複製状態を削除します。

注意:

  • pg_cleansp の影響は、元に戻すことができません。初期状態に戻さずに複製を停止するには、abort config または purge config コマンドを使用できます。
  • pg_cleansp は、複製設定内のすべての PostgreSQL ターゲットシステムで実行する必要があります。
  • 複製環境を完全に削除するには、複製設定内のすべての Oracle ソースシステムで ora_cleansp ユーティリティを実行します。システムで pg_cleansp または ora_cleansp が実行されたかどうか、またいつ実行されたのかを確認するには、そのシステムの SharePlex イベントログを表示してください。

pg_cleansp は、ターゲットシステムで以下の操作を実行します。

  • SharePlex スキーマ内の SHAREPLEX_OPEN_TRANS 内部テーブルと、SharePlex によってインストールされたその他のテーブルを切り詰めます(該当する場合)。
  • キューファイル、プロセスログファイル、statusdb の内容(ファイルではありません)、dump および state ディレクトリの内容、およびイベントログの 1 つのエントリ(pg_cleansp のステータスエントリ)を除くすべてのエントリを変数データディレクトリから削除します。

pg_cleansp では、以下の項目が保持されます。

  • SharePlex データベース、アカウント、およびパスワード。SharePlex テーブル内のデータのみがクリーンアップされます。
  • ユーザーが作成したファイル(たとえば paramdb)およびターゲット設定

サポートされるデータベース

サポートされているプラットフォーム上の PostgreSQL オープンソースデータベースのすべての実装

pg_cleansp の実行

  1. PostgreSQL システムで SharePlex プロセスをすべて停止します。
  2. そのシステムで sp_cop をシャットダウンします。
  3. 次の構文を使用して、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから pg_cleansp ユーティリティを実行します。

    pg_cleansp [-p port_number] database_name/user_name/password

    ここで、

    • port_number は、クリーンアップする SharePlex インスタンスのポート番号です。
    • database_name は、SharePlex データベースの名前です。
    • user_name は、SharePlex ユーザーアカウントの名前です。
    • password は、そのユーザーアカウントのパスワードです。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating