Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

verify config

verify config コマンドは、特定のアクティベーションおよび複製に関する問題を回避するための、予防手段として提供されています。これはアクティベーションをテストして、正しく完了することを確認する目的で使用されます。

verify config コマンドはテーブルとシーケンスだけを検証します。

このコマンドは以下の目的で使用できます。

  • 設定ファイル内のエントリの構文を検証する。
  • ソースオブジェクトが SharePlex によって複製でサポートされない場合に、エラーを報告する。
  • ルートに指定されているホスト名が到達不可能な場合に報告する。
  • 単一のオブジェクトに対して重複指定がある場合に報告する。
  • オブジェクト指定がスキップされることとその理由を報告する。
  • ワイルドカード指定に含まれる対象オブジェクトの一覧を表示する。

verify config コマンドがサポートしないもの

verify config コマンドは、以下の作業を行いません。

  • アクティベーション時刻の検証。
  • ターゲットオブジェクトまたはターゲット SID の検証。

アクティブ設定の中の追加または変更されたオブジェクトの検証

アクティブ設定に追加したいオブジェクトまたは変更 (ルーティングの変更など) したいオブジェクトを検証するには、アクティブ設定をコピーして変更してから、そのコピーに対して verify command を実行することをお勧めします。

分割レプリケーションで使用

Verify config コマンドは、分割レプリケーションを使用するテーブルを含む設定に使用できます。SharePlex は分割レプリケーションでの verify config の使用をサポートしていますが、パーティションまたはその定義を検証する付加機能は用意されていません。

検証結果の表示

verify config コマンドは、検証が完了するまで、sp_ctrl インターフェイスの制御を保持します。

このコマンドは、設定ファイル全体、ログエラーと重複、およびワイルドカードに該当する展開オブジェクトを読み込みます。

検証結果は sp_ctrl の画面に表示されます。以下の作業を行って、結果の詳細を表示することができます。

  • sp_ctrl で、verify config コマンドに detail オプションを指定して発行します。
  • verify config コマンドの発行後に画面に表示されるパスを使って、結果ファイルを直接参照します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: activate config、copy config、create config、edit config

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
verify config filename detail

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
filename

filename は、検証する設定の名前です。

detail

このオプションは、大きなレベルの詳細を画面に表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)> verify config myconfig detail

この例では、myconfig ファイルが検証され、上位レベルの詳細が表示されます。

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

version

version コマンドは、SharePlex ソフトウェアのバージョンナンバーを表示するために使用します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: なし

構文

基本コマンド リモートオプション
version

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

view config

view config コマンドは、アクティブまたは非アクティブな設定ファイルの内容を sp_ctrl インターフェイスの中から表示するために使用します。

これは次のときに使用します。

  • 誤って書き込まれた設定のために、activation または複製の問題が発生している疑いがあるとき。
  • どのオブジェクトが複製されているか、またルートがどのように設定されているかを知りたいとき。

 

注: 設定を編集するには、edit config コマンドを使用します。アクティブ設定は編集できません。アクティブ設定を変更するには、copy config コマンドでコピーして、そのコピーを編集します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: activate config、copy config、deactivate config、edit config、list config、remove config、rename config、verify config

構文

基本コマンド リモートオプション
view config filename

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
filename

表示する設定ファイルの名前。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

例:

sp_ctrl(sysB)> view config Sales

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

view log options

view log options コマンドは、show log コマンドのデフォルト値を表示するために使用します。

表示の例

sp_ctrl(sysA)> view log options

Log current display options:

direction = reverse

maxlines = 50

lpp = 30

これらのパラメータは、set log コマンド、または show log コマンド自体の中のオプションで変更できます。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: set log、show log

構文

基本コマンド リモートオプション
view log options

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating