Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

show activate

show activate コマンドは、ソースシステム上の activation 活動のステータスを表示するために使用します。さまざまなデータソースの同時 activation は、起動された順序に表示されます。

 

このコマンドは次のものを表示します。

  • 設定の名前、データソース、およびアクティベーション ID 番号、およびアクティベートされた日付と時刻。
  • SharePlex が同時に処理しているテーブルの数。この値は、(SP_OCF_THREAD_COUNT パラメータの値に基づく)activate config コマンドのデフォルトのスレッド数、またはそのコマンドの [threads=n] オプションを使用している場合にはそのオプションによって決まります。マルチスレッド activation の詳細は、「activate config」を参照してください。
  • activation が成功裡に完了した処理バッチの中のテーブル数。
  • activation が失敗した処理バッチの中のテーブル数。
  • まだ処理中の処理バッチの中のテーブルの名前。
  • SharePlex がロックを受け取るのを待機しているテーブル。値は、まだ処理中のテーブルのリストの中でテーブルの名前の横に表示されます。

次に表示されうる通知メッセージを示します。

メッセージ 理由
No current activation process.Activation is already finished.Use the show config command to view the active configuration. activation が完了しました。
No current activation process.Activation is already finished. activate config コマンドが決して発行されませんでした。
No tables to activate.

このメッセージは、アクティブ設定を最初に変更しないで、アクティブ設定が再アクティベートされたときに生成されます。show activate コマンドは、次のものをアクティベートしたときのみ出力を生成します。

  • 新しい設定
  • 新しいオブジェクトを含む編集済みの設定
   

show activate コマンドは、activation 全体が終了するまで、sp_ctrl プロンプトの制御の元にとどまります。activation が処理中に sp_ctrl で他のコマンドを発行するには、他の sp_ctrl のセッションを開きます。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: activate config、show config、view config

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
show activate

[for datasource]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
show activate オプションを使用しない場合は、すべてのアクティベーションアクティビティが表示されます。
for datasource

このオプションは、複製がシステムの複数のデータベースでアクティブなときに、特定のデータソースのアクティベーションを表示するために使用します。

このオプションなしでのデフォルトの show activate の動作では、すべてのアクティブ設定の activation プロセスが表示されます。

datasourceo.SID として表されます。ここで SID は ORACLE_SID です。

例:

sp_ctrl(sysA)> show activate for o.oraA

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

show capture

show capture コマンドは、Capture プロセスの統計を表示するために使用します。

基本コマンド

基本の show capture コマンドは、プロセスの概要(データソース、プロセスが実行中か停止中か、およびその他の基本情報など)を表示します。

詳細な統計

Capture プロセスの詳細な統計を表示するには、[detail] オプションを指定して show capture コマンドを使用します。このオプションは、詳細な統計を表示します。詳細な統計は、プロセスのパフォーマンスを評価したり、チューニングパラメータの調整が必要かどうか判断したり、問題やボトルネックを検出したりするのに役立ちます。

統計 説明
Host ローカルマシン(ソースシステム)の名前。
System time システムクロックに基づく現在の時刻。
Source ソース Oracle インスタンスの名前。
Status

Capture プロセスのステータス(実行中または停止中)。

Operations captured Capture が Read プロセスに送信した操作の数。
Since Capture の開始時刻。
Oracle current redo log Oracle が書き込んでいる REDO ログのシーケンス番号。
Capture current redo log Capture が読み込んでいる REDO ログのシーケンス番号。
Capture log offset Capture が処理しているレコードの REDO ログの場所。
Last redo record processed Capture が処理しているレコード、または Capture が現在データを複製していない場合は、最後に処理したレコード。
Capture state

実行する複製処理に関連した、プロセスの状態。以下のいずれかを指定できます。

  • INITIALIZING:Capture が起動中です。
  • WAITING:Capture は、REDO ログを読み込んで、複製が必要なレコードを待機しています。
  • WAITING FOR LOGFILE:Capture は必要なログにアクセスできない場合は、待機してから再試行するように設定されています。
  • PROCESSING:Capture は複製のために REDO ログレコードを処理しています。
  • STOPPED DUE TO MISSING ARCHIVE LOG:Capture は必要なログにアクセスできないときに停止するように設定されています。
Activation ID 関連付けられたプロセスおよびキューを識別する、設定のアクティベートの内部識別番号。
Error count Capture が起動してから Oracle エラーのためにスキップされたレコードの数。スキップされたレコードからのデータは、ターゲットデータベースに反映されません。
Operations captured Capture が起動してから、成功裡に複製のために処理した REDO レコードの数。
Transactions captured Capture が起動してからその操作を成功裡に複製したコミット済みの Oracle トランザクションの数。
Concurrent sessions 同時に処理される Oracle セッションの数。
HWM concurrent sessions Capture が起動されてから、同時 Oracle セッションの最大数。
Checkpoints performed Capture が起動してから Capture の状態を保存するためのチェックポイントの数。頻繁にチェックポイントを使用すると、システムに追加のオーバーヘッドが生成されますが、チェックポイントを頻繁に使用しない場合は、システムまたはインスタンス障害から SharePlex が回復する時間が長くかかります。デフォルトでは、Capture は 20,000 ごとにチェックポイントを行ないますが、これは SP_OCT_CHECKPOINT_FREQ パラメータで調整できます。
Total operations processed 複製のためにキャプチャされたレコードおよび設定の中にないオブジェクトのレコードを含めて、Capture が起動されてから処理されたすべての Oracle 操作および SharePlex 内部操作の数。
Total transactions completed

複製のためにキャプチャされたトランザクション、および複製設定の中にないオブジェクトのためのトランザクションを含めて、Capture が起動されてからそれが処理したコミット済みの Oracle トランザクションの数。

Total Kbytes read Capture によって起動後に処理されたデータのサイズ(キロバイト)。
Redo records in progress Capture が処理しているレコードの数。
Redo records processed 処理された REDO レコードの合計数。
Redo records ignored 設定の中のオブジェクトに関連付けられていないために Capture が無視したレコードの数。
Redo records - last HRID Capture が最後に処理した連鎖された行のヘッド行 ID。

注: RAC システムの show capture detail 出力は、ここに記述されている事項によりわずかに変化します。基本的に情報は同じですが、場合によっては異なって表示されることもあります。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: show export、show import、show post、show read

 

構文
基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
show capture

[detail] [for datasource]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
show capture
  • Capture プロセスの状態およびキャプチャされた操作のサマリを表示します。
  • detail

    Capture のパフォーマンスのチューニングと問題の診断に役立つ詳細な統計を表示します。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show capture detail

    for datasource

    このオプションは、特定のデータソースに関してのみ Capture 統計を表示します。

    datasourceo.SID として表されます。ここで SID は ORACLE_SID です。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show capture for o.oraA

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    show config

    show config コマンドは、アクティブ設定の統計を表示するために使用します。

    例:

    sp_ctrl (irvspxu14:8567)> show config

     

    Materialized Views Replicating:

    “SCOTT”.”V5_ROWID”

    Tables Replicating with Key:

    “SCOTT”.”S1TEST2” KEY:KC

    “SCOTT”.”S2TEST2” KEY:KC

    “SCOTT”.”T1TEST2” KEY:KC

    “SCOTT”.”T2TEST2” KEY:KC

    Tables Replicating with no Key:

    “TED”.”DEMO_SRC”

    “TED”.”DEMO_DEST”

    “SCOTT”.”FOOS”

     

    filename : allscott

    Datasource : o.ora920

    Activated :29-Jan-09 10:11:41

    Actid :1810

     

    Total Objects :160

    Total Objects Replicating :160

    Total Objects Not Replicating :0

    View config summary in /splex/rr/svn/var92/log/ora920_config_log

     

    Capture が起動する前にこのコマンドを実行すると、次のメッセージが表示されます。

    sp_ctrl (irvspxu14:8567)> show config

     

    Capture is not yet replicating the most recent activation

    Re-issue this command when capture’s replication is current

     

    Show Config は次の統計を表示します。

    • Config:設定の名前。
    • Datasource:複製するオブジェクトがある Oracle インスタンス。
    • Activated:設定がアクティベートされた日付と時刻。

    • Actid:設定のアクティベーション ID 番号(ほとんどの場合 Quest Software が使用します)。
    • Total Objects:設定ファイルの中のオブジェクトの数。
    • Total Objects Replicating:複製している設定ファイルの中のオブジェクトの数。
    • Total Objects Not Replicating:アクティベーションが失敗したために複製されない設定の中のオブジェクトの数。
    • 複製中でプライマリキーまたは一意のキーを持つテーブル、複製中でキーのないテーブル、および複製中ではないテーブルの一覧です。

    設定の中のオブジェクトの詳細は、SID_config_log を表示してください。ここで SID は、インスタンスの ORACLE_SID です。SharePlex は、activation 結果およびエラーメッセージをこのファイルに印字します。このファイルは、SharePlex 変数データディレクトリの中の log サブディレクトリにあります。

    ログファイルの例を以下に示します。

    File Name :wild

    Datasource :ora920

    Activated :29-Jan-09 10:11:41

    Actid :1810

     

    Total Objects :9

    Total Objects Replicating :9

    Total Objects Not Replicating :0

     

    Objects Replicating:

    "SCOTT"."SRC_TEST1"

    "SCOTT"."SRC_TEST2"

    "SCOTT"."SS2_TEST1"

    "SCOTT"."SRC_TEST3"

    "SCOTT"."SRC_TEST4"

    "SCOTT"."SS2_TEST2"

    "SCOTT"."SRC_TEST5"

    "SCOTT"."SRC_TEST6"

    "SCOTT"."SS2_TEST3"

     

    Objects Not Replicating:

    注:統計を表示するために数秒またはそれ以上かかることがあります。

    使用法:

    サポートされるターゲット: すべて
    権限レベル: Viewer (3)
    発行先: source system
    関連コマンド: activate config、show activate、view config、verify config

    構文

    基本コマンド リモートオプション
    show config filename

    [ on host |

    on host:portnumber |

    on login/password@host |

    on login/password@host:portnumber ]

    構文の説明

    コンポーネント 説明
    filename

    統計を表示する設定の名前。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show config sales

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    show encryption key

    show encryption key コマンドを使用して、SharePlex によって使用されている AES 暗号化キーを表示します。SharePlex 暗号化を設定する手順の詳細については、『SharePlex 管理ガイド』の「ネットワーク上でのデータの暗号化」を参照してください。

    使用法:

    サポートされるターゲット: すべて
    権限レベル: Operator (2)
    発行先: ソースシステム
    関連コマンド: create encryption keyset encryption keyreset encryption key

    構文

    基本コマンド リモートオプション
    show encryption key

    [ on host |

    on host:portnumber |

    on login/password@host |

    on login/password@host:portnumber ]

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    Related Documents

    The document was helpful.

    Select Rating

    I easily found the information I needed.

    Select Rating