Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - インストール・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex プリインストールチェックリスト Oracle クラスタでの SharePlex のセットアップ Amazon Cloud での SharePlex のセットアップ SharePlex のダウンロード UNIX のインストールとセットアップ Windows のインストールとセットアップ セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て SharePlex 基本デモンストレーション 上級用 SharePlex デモンストレーション インストール上の問題の解決 SharePlex のアンインストール SharePlex ユーティリティ 付録 A:高度なインストーラオプション 付録 B:root としての SharePlex のインストール 付録 C:SharePlex でインストールされるアイテム

Compare および Repair の概要

複製の正常性とパフォーマンスの定期的な監視に加え、定期的にソースとターゲットのデータを比較して、すべてのデータが同期されているのを確認することが重要です。Post は、処理対象の行の非同期状態を検出しますが、隠れた非同期状態が存在する可能性もあります。このような例としては、ターゲットに適用された DML や、不完全なバックアップの復元があります。こうした状況は、非同期の行に影響を与える操作を Post が適用するまで検出されない場合があります。SharePlex の Compare および Repair 機能を使用すると、隠れた非同期状態を検出して修復できます。

SharePlex では、次のコマンドを使用して非同期データを比較および修復できます。

  • compare:個々のソーステーブルとそのターゲットテーブルを比較するか、同じスキーマ内のワイルドカードを使用した一連のテーブルを比較します。
  • compare using:ファイルからの入力を取得して、アクティブな複製設定の中のテーブルの一部またはすべてを比較します。
  • repair:個々のターゲットテーブル、または同じスキーマ内のワイルドカードを使用した一連のテーブルを修復します。
  • repair using:ファイルからの入力を取得して、アクティブな複製設定の中のテーブルの一部またはすべてを修復します。

サポートされるターゲット

Oracle

サーバおよびクライアントプロセスの概要

比較および修復コマンドは、常にソースシステムで発行されます。このコマンドは、ソースシステム上のサーバプロセスを生成し、SharePlex キューを通してメッセージを送信して、ターゲットシステム上にクライアントプロセスを生成します。

次に、サーバおよびクライアントのプロセスが、相互に通信を開始します。コマンドに含まれる構文オプションによっては、プロセスがターゲット上でマルチスレッド化される可能性があります。2 つのプロセスは、ソーステーブルとターゲットテーブルを比較し、その結果をログファイルに書き込みます。

ロックの管理方法

比較時に、SharePlex はソーステーブルに対して短時間の排他ロックを取得し、行選択の読み取りの一貫性を確保します。ターゲットシステムでは、SharePlex はターゲットテーブルの排他ロックを取得し、そのテーブルの比較中、ロックを保持します。これで、SharePlex がテーブルを処理している間にテーブルが変更されることを防ぎます。

テーブルのロック後、ソースとターゲットの両方で、行が同じ方法で読み取られ、並び替えられます。次に、行のバッチが読み込まれ、チェックサムが実行されます。チェックサムが一致した場合、別の行のバッチが同じ方法で処理されます。チェックサムが一致しない場合、プロセスは非同期になっている行を特定し、それらを修復するための SQL 文を作成します。修復コマンドが発行されると、SharePlex は行を修復します。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating