Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - インストール・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex プリインストールチェックリスト Oracle クラスタでの SharePlex のセットアップ Amazon Cloud での SharePlex のセットアップ SharePlex のダウンロード UNIX のインストールとセットアップ Windows のインストールとセットアップ セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て SharePlex 基本デモンストレーション 上級用 SharePlex デモンストレーション インストール上の問題の解決 SharePlex のアンインストール SharePlex ユーティリティ 付録 A:高度なインストーラオプション 付録 B:root としての SharePlex のインストール 付録 C:SharePlex でインストールされるアイテム

Windows での SharePlex グループの作成およびデータ入力

セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て > Windows での SharePlex グループの作成およびデータ入力

Windows では、SharePlex インストーラによって、SharePlex グループが Windows ユーザーアカウントコントロールパネルに作成されます。ユーザーをこれらのグループに割り当てるには、SharePlex のインストール後にそのコントロールパネルを使用します。

ユーザーは、sp_ctrlauthlevel コマンドを発行することによって、権限レベルを確認できます。

SharePlex 基本デモンストレーション

SharePlex 基本デモンストレーション
コンテンツ

 

この章では、sp_ctrl コマンドラインインターフェイスを使用した SharePlex の複製を示します。このデモンストレーションは、UNIX システム、Linux システムまたは Windows システムで実行できます。

警告! これらのデモンストレーションは、SharePlex ソフトウェアを紹介することを目的としています。デモンストレーションのコンポーネントはすべてこの目的のために特別に作成されており、実際の稼働環境に展開するためではありません。したがって、これらのデモンストレーションを複製を確立する基盤として使用しないでください。使用環境に複製機能を正しく実装するには、『SharePlex 管理者ガイド』を参照してください。

ヒント:デモンストレーションで使用されるコマンドの詳細については、『SharePlex リファレンスマニュアル』を参照してください。

基本デモンストレーションでは、SharePlex が 1 つのソースシステムと 1 つのターゲットシステムにインストールされていると想定しています。

学習事項

  • 設定のアクティベート方法
  • SharePlex がソースシステムからターゲットシステムへスムースに複製する方法
  • SharePlex が大量のトランザクションを速く正確に複製する方法
  • ターゲットシステムが利用できないときに SharePlex がデータをキューに入れる方法
  • ターゲットシステムが回復したときに停止ポイントから SharePlex が再開される方法
  • SharePlex がプライマリインスタンスの障害の後に回復する方法
  • SharePlex が TRUNCATE コマンドを複製する方法
  • SharePlex が同期を検証し、非同期の列を修復する方法これらのデモンストレーションを終了した後に、さらに上級の SharePlex のパフォーマンスおよび機能のデモンストレーションを含む次の章に移動できます。

このデモンストレーションで使用されるテーブル

基本デモンストレーションで使用されるテーブルは、ソーステーブルの demo_src と、ターゲットテーブルの demo_dest です。両方とも SharePlex が最初にインストールされたときに SharePlex スキーマ内にインストールされます。デモテーブルは空でインストールされています。各デモを初期状態で開始できるように、デモを開始する前のテーブルはトランケートしてください。

ソースシステム(sysA とする)のソースインスタンスから demo_src を、別のシステム、つまりターゲットシステム(sysB とする)のターゲットインスタンスにあるデモテーブル demo_dest へ複製します。

このマニュアルでは、デモテーブルの所有者を「splex」とします。これは、SharePlex Oracle ユーザーのデフォルト名です。別のユーザー名を SharePlex に割り当てた場合は、その名前を使用します。

ソースおよびターゲットインスタンスの ORACLE_SID を知っておく必要があります。UNIX および Linux システムの場合、SID は /etc ディレクトリ(Solaris プラットフォームでは /var/opt/oracle ディレクトリ)内の oratab ファイルを表示することでわかります。次のような内容が表示されます。

qa12:/qa/oracle/ora12/app/oracle/product/12.0

この例では、qa12 が ORACLE_SID です。

Wundows システムの場合、ORACLE_SID は Windows レジストリ内の Oracle エントリ内にあります。

デモテーブルの記述。
     
Column Name Data Type Null?
NAME varchar2(30)  
ADDRESS verchar2(60)  
PHONE varchar2(12)  

パート 1:SharePlex の起動

SharePlex 基本デモンストレーション > パート 1:SharePlex の起動

以下は、UNIX、Linux、および Windows システムでの SharePlex の起動手順と sp_ctrl コマンドラインインターフェイスです。ソースおよびターゲットシステムで Shareplex を起動します。

UNIX および Linux システムで SharePlex を起動するには

SharePlex の管理者(SharePlex Admin グループのメンバ)としてシステムにログオンします。

SharePlex 製品ディレクトリ(バイナリを含むディレクトリで、以下の構文では productdir 変数で表記)の bin サブディレクトリから、sp_cop および sp_ctrl を実行します。

$ cd /productdir/bin
 
$ ./sp_cop &
 
$ ./sp_ctrl

Windows システムで SharePlex を起動するには

  1. SharePlex の管理者(SharePlex Admin グループのメンバ)としてシステムにログオンします。
  2. Windows デスクトップで、SpUtils ショートカットをダブルクリックして SharePlex Utilities ダイアログボックスを開きます。
  3. SharePlex Services タブをクリックして、SharePlex Services ダイアログボックスを表示します。
  4. SharePlex Services ダイアログボックスの Port リストボックスで、SharePlex のポート番号を選択し、Start をクリックします。
  5. Current State テキストボックスにサービスが開始されたことが表示されたら、Close をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. Windows デスクトップで、sp_ctrl ショートカットをダブルクリックして、sp_ctrl コマンドプロンプトを開きます。

パート 2:設定の作成およびアクティベート

SharePlex 基本デモンストレーション > パート 2:設定の作成およびアクティベート

SharePlex は複製方法を「設定」から受け取ります。設定は、SharePlex に作業内容を指示するために、ユーザーが定義する情報です。複製する各オブジェクトグループに対して、設定ファイルを作成します。設定はソースシステム上にあり、以下の事項を定義します。

  • データソース(ソースデータベース)- 複製されるデータを含む、ソースシステム上の Oracle データベースの ORACLE_SID。
  • ソースオブジェクト - 複製されるデータを含む、ソースデータベース内のオブジェクトの名前。データベース内のテーブルのいくつか、またはすべてを複製できます。
  • 「target objects」― 「ターゲット」システム上のデータベース内にある、複製されたデータを受信するオブジェクトの名前
  • ルーティングマップ — データ転送のためのルート。これには、ターゲットシステム、いずれかの中間システム、およびターゲットデータベースの ORACLE_SID が含まれます。(中間システムは、このデモンストレーションでは使用されません。)

デモンストレーションの設定を作成するには

  1. ソースシステム上の sp_ctrl 内で create config コマンドを発行して、sample_config という名前の複製の設定を作成します。これで、UNIX および Linux システムでは vi、Windows システムではワードパッドという、デフォルトのテキストエディタが開きます。

    sp_ctrl(sysA)> create config sample_config

    設定の作成時には、以下のテンプレート 1 を参照してください。

    テンプレート 1:基本デモンストレーション設定の sample_config

    datasource:o.source_SID  

     

    splex.demo_src splex.demo_dest targetsys@o.target_SID
  2. ファイルの「最初の」非コメント行に次のように入力します。項目の間にスペースは「入れません」。

    datasource:o.source_SID

    (source_SID には、ソースインスタンスの ORACLE_SID を指定してください。)これは、SharePlex にデータを複製するテーブルの検索場所を指示します。o. により、Oracle データが複製されることが SharePlex に示されます。

  3. 次の行に、「ソース」テーブルの所有者名(splex)とテーブル名(demo_src)を入力します。2 つの項目はドット(.)で区切りますが、スペースは「入れません」。データベース内の異なるスキーマ内の異なるテーブルが同じ名前の可能性があるので、所有者名をテーブル名と共に使用して、SharePlex が正しいテーブルを複製するようにします。

    splex.demo_src
  4. 2 番目の列を作成するために、少なくとも数個のスペースまたはタブを 1 つ入力します。Enter は押さないでください
  5. 2 番目の列に、ターゲットテーブルの所有者名(splex)とテーブル名(demo_dest)を入力します。2 つの項目はドット(.)で区切りますが、スペースは「入れません」。

    splex.demo_dest
  6. 3 番目の列を作成するために、数個のスペースまたはタブを 1 つ入力します。Enter は押さないでください

  7. 3 番目の列に、間にスペースを「入れない」で次の各項目を入力します。これで、複製されたデータを置く場所を SharePlex に知らせるルーティングマップが設定用に作成されます。

    • 名前はターゲットシステムの名前です。
    • @ 記号
    • 文字の o
    • ドット(.)
    • ターゲットインスタンスの SID

    例:

    sysB@o.oraB

  8. ファイルを保存して、テキストエディタを終了します。これで、sp_ctrl のプロンプトに戻ります。
  9. [オプション]設定を表示するには、「ソース」システムの sp_ctrl 内で、view config コマンドを発行します。

    sp_ctrl(sysA)> view config sample_config
  10. ソース」システムの sp_ctrl 内で、設定をアクティベートします。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

    sp_ctrl(sysA)> activate config sample_config
  11. 作成した設定がアクティブであることを確認するには、「ソース」システムで次の sp_ctrl コマンドを入力し、設定の一覧を表示します。sample_config 設定が「File Name」の下に、「Active」という単語が「State」の下に表示されます。

    sp_ctrl(sysA)> list config

ヒント:設定のアクティベーションに失敗した場合は、sp_ctrl 内で view config sample_config コマンドを使用して、ファイルを表示します。これを 95 ページのテンプレート 1 と比較して、入力した情報がすべて正しいかどうかを確認します。たとえば、サポートされない余分なスペースがないか、SID の前の o. などの要素が欠けていないかなどをチェックします。その他、設定のトラブルシューティングについては、『SharePlex リファレンスマニュアル』を参照してください。

設定ファイル内の誤りを訂正するには

sp_ctrl 内で edit config sample_config コマンドを使用して、アクティベートする前に(または activation が失敗した場合に)、設定ファイル内の誤りを訂正します。このコマンドによりテキストエディタ内にファイルが開かれるので、ファイルを編集して変更することができます。変更を保存して、activation を再試行します。アクティブな設定を変更するには、まず copy config コマンドで設定を新しいファイルへコピーする必要があり、その後そのコピーされたファイルを編集してアクティベートします。copy config コマンドの詳細は、『SharePlex リファレンスマニュアル』を参照してください。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating