Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - アップグレード・ガイド

このガイドについて

このガイドについて

このドキュメントには、SharePlex 環境を現在のバージョンにアップグレードする手順が記載されています。このドキュメントは、SharePlex for Oracle のアップグレードを担当する管理者、コンサルタント、アナリスト、およびその他の IT プロフェッショナルを対象としています。

その他の SharePlex ドキュメント

完全な SharePlex ドキュメントセットについては、次を参照してください。

http://documents.quest.com

  • 次の手順については、『SharePlex 管理者ガイド』を参照してください。

    • SharePlex の運用
    • 複製方法の計画
    • 複製先の環境の準備
    • 複製の設定
    • 複製の開始
    • 複製の監視、調整、トラブルシューティング
    • 高可用性環境でのフェイルオーバー / フェイルバック
    • 複製システムでの管理操作の実行
  • 時々必要になる参考情報については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。次の詳細情報が含まれています。

    • 複製を管理、監視、制御する sp_ctrl コマンド
    • SharePlex 調整パラメータ
    • SharePlex ユーティリティ
    • SharePlex エラーメッセージ
  • SharePlex をインストールまたは実行する前に完了する必要があるタスクについては、「SharePlex プリインストールチェックリスト」を参照してください。
  • SharePlex をインストールして初期セットアップを実行する手順については、『SharePlex インストールガイド』を参照してください。
  • このリリースでの新機能、機能拡張、バグ修正、および既知の問題については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

このドキュメントを PDF 形式で表示

このドキュメントは、Adobe PDF 形式でダウンロード、表示、保存できます。このページの右上にある Download this document をクリックします。ドキュメント全体がダウンロードされます。

SharePlex インストーラの入手先

SharePlex インストーラの入手先

使用しているデータベースのバージョンとオペレーティングシステムに一致する SharePlex インストールパッケージをダウンロードします。

さらに、ベースソフトウェアのインストール後にインストールするために、SharePlex パッチをダウンロードします。

  1. Quest Software サポートページに移動します。http://support.quest.com/

  2. Download Software をクリックします。

  3. 検索ボックスに SharePlex と入力し、Go をクリックします。
  4. 必要なバージョンの Download 列で矢印をクリックします。または、ファイル名をクリックして詳細を確認し、そのファイルをダウンロードすることもできます。

  5. SharePlex をインストールするシステムにファイルを転送します。
  6. これで、インストールプロセスを開始する準備ができました。インストーラを実行する「前」に、バージョン固有のリリースノートを注意深くお読みください。

インストーラについて

インストーラについて

SharePlex 用のインストーラは、プラットフォームおよびデータストアの種類に基づいて異なります。このトピックでは、これらの相違点と、使用する名付け規約について説明します。

Linux および Unix

Linux および Unix 上の SharePlex インストーラは、拡張子が .tpm の自己解凍型インストールファイルです。

Oracle

サポートされている Oracle データベースとプラットフォームごとに、個別の SharePlex インストーラビルドがあります。

SharePlex-release#-build#-DatabaseVersion-platform-version-chipset.tpm

例:SharePlex-8.0.0-b86-oracle110-aix-52-ppc.tpm

注:所有しているオペレーティングシステムのバージョンが表示されていない場合は、バージョンのにある最も大きい番号を選択します。

オープンターゲット

SharePlex オープンターゲットインストーラは、サポートされているすべての Linux プラットフォーム上のすべてのオープンターゲットのターゲットをサポートします。

SPX-release#-build#-rh-40-amd64-m64.tpm

重要:オープンターゲットに SharePlex をインストールし、ソースデータが Oracle Unicode または US7ASCII 以外のものである場合は、オープンターゲットに post する前に変換を実行する必要があります。この場合、オープンターゲットインストーラではなく Oracle インストーラを使用し、ターゲットに Oracle クライアントをインストールして変換を実行する必要があります。詳細については、「データベースのチェックリスト」の「オープンターゲット」セクションを参照してください。

インストーラにより、現在のディレクトリ内に解凍用の一時的なターゲットディレクトリが作成されます。この一時的なターゲットディレクトリは、インストールの完了時に削除されます。.tpm ファイルの実行時に -t オプションを使用すると、SharePlex のインストール場所とは別のファイルシステムにファイルを解凍できます。その他のオプションについては、「付録 A:高度な SharePlex インストーラオプション」を参照してください。

Windows

Windows では、SharePlex インストーラの名前は sp_setup_version.exe です。これは、サポートされているすべてのデータベースとバージョンの SharePlex バイナリを含むバンドルです。

インストーラは、次の項目をインストールします。

  • SharePlex バイナリおよびファイル
  • データベースプログラムの SharePlex
  • Parametric Technology Corporation の MKS Platform Components(デフォルト C:\Program Files\MKS Toolkit
  • \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node の下の Windows レジストリエントリ。
  • 1 つ以上の SharePlex port_number Windows サービス(インストールされている設定によって異なります)

SharePlex Installer を含め、SharePlex が稼動している間は、これらのコンポーネントを削除または変更しないでください。これらのコンポーネントはすべて、SharePlex の操作またはアップグレードをサポートします。

アップグレードする前に

アップグレードする前に

このセクションには、SharePlex インストーラを選択してアップグレード手順を開始する前に知っておくべき重要情報が記載されています。

必要な情報を収集する

アップグレードするインストールに関する次の情報が必要です。

  • SharePlex 製品ディレクトリの場所
  • SharePlex のこのインスタンスでの SharePlex 変数データディレクトリの場所。
  • SharePlex 管理者グループの名前(SharePlex 管理者ユーザーを含む)。
  • アップグレードするインストールに関連付けられている ORACLE_SID および ORACLE_HOME(Oracle)またはデータベース名(オープンターゲット)。これを確認するには、製品ディレクトリの data サブディレクトリの defaults.yaml ファイルを調べます。

相互運用性の確認

設定内の一部の SharePlex インストールをアップグレードするが、それ以外はアップグレードしない場合は、バージョン間の相互運用性のサポートについて『SharePlex リリースノート』を参照してください。

アップグレードを実行するユーザー

アップグレード手順のいくつかのステップでは、通常、SharePlex 管理者として指定されたユーザーにのみ付与される管理者権限レベルが必要です。アップグレードは、この権限を持ち、SharePlex に精通しているユーザーのみが実行できます。

キャラクタセット変換をサポートするための要件

オープンターゲットのターゲット(非 Oracle ターゲット)に複製する場合、SharePlex は任意の Oracle Unicode キャラクタセットと US7ASCII キャラクタセットからの複製をサポートします。SharePlex は Unicode キャラクタセットでオープンターゲットにデータを post するので、ソースデータが Unicode または US7ASCII の場合、ターゲットでの変換は必要ありません。

ただし、次に該当する場合、ターゲットでの変換が必要です。

  • ソースデータのキャラクタセットが Oracle Unicode または US7ASCII 以外のものである場合は、Oracle クライアントをターゲットにインストールして、ターゲットに post するために Unicode への変換を実行する必要があります。
  • Unicode 以外のキャラクタセットでターゲットデータベースにデータを post する必要がある場合は、ターゲットに Oracle クライアントをインストールして変換を実行し、target コマンドを使用して、Post が使用するターゲットキャラクタセットを識別する必要があります。このコマンドの詳細については、『 SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

Linux 上で Oracle クライアントとの変換を実行するには

  1. ターゲットシステムに Oracle Administrator Client をインストールします。クライアントは、管理者インストールタイプでなければなりません。Instant Client および Runtime のインストールタイプはサポートされていません。
  2. ORACLE_HOME をクライアントインストールに設定します。ORACLE_SID をエイリアスまたは存在しない SID に設定します。SharePlex ではそれらは使用されないので、データベースを実行する必要はありません。
  3. ターゲットシステムに SharePlex をインストールするには、オープンターゲットインストーラではなく、Oracle ベースの SharePlex インストーラをダウンロードします。Oracle ベースのインストーラには、ターゲットデータベースに post する前に、Oracle クライアントライブラリの変換関数を使用してデータを変換するように Post に指示する機能が含まれています。
  4. SharePlex for Oracleアップグレード手順に従ってください(オープンターゲットへのインストール用ではありません)。
  5. SP_OPX_NLS_CONVERSION パラメータがデフォルトの 1 に設定されていることを確認します。

Windows 上で Oracle クライアントとの変換を実行するには

  1. ターゲットシステムに Oracle Administrator Client をインストールします。クライアントは、管理者インストールタイプでなければなりません。Instant Client および Runtime のインストールタイプはサポートされていません。
  2. SharePlex レジストリキー \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\QuestSoftware\SharePlex\port_number で、ORACLE_HOME を Oracle クライアントのインストール場所に設定し、ORACLE_SID をエイリアスまたは存在しない SID に設定します。Oracle データベースは必要ありません。SharePlex は、クライアントライブラリのみを使用する必要があります。
  3. Windows インストーラを使用して SharePlex をアップグレードします。
  4. SP_OPX_NLS_CONVERSION パラメータがデフォルトの 1 に設定されていることを確認します。

Unicode および US7ASCII データを変換せずに適用するには

ソースデータが Unicode または US7ASCII であり、LOB データを複製していない場合、変換または Oracle クライアントは必要ありません。SP_OPX_NLS_CONVERSION パラメータを 0 に設定して変換を無効にし、Post が実行中の場合は再起動します。

ワンオフビルドの有無の確認

SharePlex のワンオフビルドを入手済みの場合は、これらのビルドが、インストールする新しいリリースに修正として含まれていることを確認してください。これは、Linux/Unix にのみ適用されます。

ワンオフを確認するには

  1. 現在の SharePlex インストールの製品ディレクトリ内にある util サブディレクトリから sp-bininfo ユーティリティを実行します。

    $ cd path_to_SharePlex_proddir/util

    $ ./sp-bininfo

  2. sp-bininfo の出力に表示される各ワンオフの CR と、新しい SharePlex バージョンに付属する『リリースノート』の「解決済みの問題」セクションに記載されている CR を比較します。
  3. ワンオフの CR が「解決済みの問題」に記載されていない場合、新しいバージョンにはその機能が含まれていないため、アップグレードを続行するべきではありません。見つからない修正を入手するには、SharePlex サポートに問い合わせてください。

廃止されたパラメータの確認

このリリースで使用しているパラメータが廃止されたかどうかを判断するには、『 SharePlex リファレンスガイド』のリリースノートおよび「廃止されたパラメータ」のセクションを確認してください。SharePlex では、新たに廃止されたパラメータを含め、現在のパラメータ設定の下位互換性が維持されているため、プロセスを停止して設定を再設定する必要はありません。ただし、廃止されたパラメータを置き換える新しいパラメータまたはデフォルトの機能を理解して、設定の変更が適切かどうかを判断する必要があります。

インストーラの入手先

使用しているデータベースのバージョンとオペレーティングシステムに一致する SharePlex インストールパッケージをダウンロードします。

さらに、ベースソフトウェアのインストール後にインストールするために、SharePlex パッチをダウンロードします。

  1. Quest Software サポートページに移動します。http://support.quest.com/

  2. Download Software をクリックします。

  3. 検索ボックスに SharePlex と入力し、Go をクリックします。
  4. 必要なバージョンの Download 列で矢印をクリックします。または、ファイル名をクリックして詳細を確認し、そのファイルをダウンロードすることもできます。

  5. SharePlex をインストールするシステムにファイルを転送します。
  6. これで、インストールプロセスを開始する準備ができました。インストーラを実行する「前」に、バージョン固有のリリースノートを注意深くお読みください。

オープンターゲットインストーラについて

サポートされているすべての Linux プラットフォーム上のすべてのオープンターゲットのターゲット用の SharePlex インストーラが 1 つあります。名付け規約は次のとおりです。

SPX-release#-build#-rh-40-amd64-m64.tpm

オープンターゲットインストーラでは、SharePlex と一緒にキャラクタセット変換機能をインストールしません。キャラクタ変換のための特別な手順を実行する必要があるかどうかを判断するには、「キャラクタセット変換をサポートするための要件」を参照してください。

Self Service Tools
Knowledge Base
Notifications & Alerts
Product Support
Software Downloads
Technical Documentation
User Forums
Video Tutorials
RSS Feed
Contact Us
Licensing Assistance
Technical Support
View All
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating