Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

Windows の出力へのスクロールバーの追加

sp_ctrl でのコマンドの実行 > Windows の出力へのスクロールバーの追加

特定の sp_ctrl コマンドの出力全体を表示するには、スクロールが必要なことがあります。コマンドプロンプトウィンドウにスクロールバーがない場合は、スクロールバーを表示するためにウィンドウのプロパティを変更できます。

  1. コンソールの左上にあるコマンドプロンプトアイコンをクリックして、メニューから Properties を選択します。
  2. Command Prompt Properties ダイアログボックスで、Layout タブをクリックします。

  3. Screen Buffer Size オプションボックスで、コマンドプロンプトウィンドウにスクロールバーが表示されるまで、Height の値を増加します。

  4. OK をクリックして、設定を適用します。
  5. Apply Properties To Shortcut ダイアログボックスで、現在のコマンドセッションに新しいプロパティを適用するか、すべてのセッションに新しいデフォルトとしてそれらを適用するために、オプションの 1 つを選択します。

  6. OK をクリックして、ダイアログを閉じます。

SharePlex パラメータ

SharePlex パラメータ

SharePlex パラメータは複製のさまざまな側面を制御しチューニングします。

コンテンツ

パラメータの設定とアクティベート

SharePlex パラメータ > パラメータの設定とアクティベート

SharePlex 管理者(SharePlex Admin グループのメンバとして定義)は、ユーザー設定可能と指定されたパラメータを変更でき、この操作を許可されている唯一のユーザーです。

パラメータの表示

ユーザーが設定可能な SharePlex パラメータを表示するには、sp_ctrl の中の list param コマンドを使用します。ここでは、パラメータの名前、現在の設定、デフォルト値(パラメータが変更されている場合)、set-at ポイントが表示されます。set-at ポイントは、パラメータの変更が有効になるときを示します。取り得る set-at ポイントは次のとおりです。

  • Live は、変更がすぐに有効になることを意味します。
  • Restart Process は、影響を受ける SharePlex プロセスが再起動されたときに変更が有効になることを意味します。
  • Restart Cop は、sp_cop が再起動されたときに変更が有効になることを意味します。

表示に関して次の追加オプションが使用できます。

  • すべての SharePlex パラメータ
  • 値が変更されたパラメータのみ
  • 特定の SharePlex モジュールに関係するパラメータ

SharePlex パラメータの説明を確認するには、『 SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

パラメータの設定

パラメータは次の方法で設定できます。

  • sp_ctrl インターフェイスから set param コマンドを使用します。複製が何回停止および開始しても新しい値が保たれるために、これは好ましい方法です。
  • sp_cop を開始する前に Unix および Linux システムの環境変数として設定します。新しい値は、その sp_cop のセッションについてのみ有効になります。

Capture、Read、Export、Import、Post process のパラメータは、SharePlex のインスタンスのために複数のプロセスのインスタンスが存在するときは、プロセスごとに設定できます。

sp_ctrl による SharePlex パラメータの設定

SharePlex パラメータを変更するためにお勧めする方法は、sp_ctrl の中の set param コマンドを使用することです。

パラメータの設定をそのデフォルト値に復元するには、reset param コマンドを使用します。

詳細については、次を参照: reset param

環境変数としての SharePlex パラメータの設定

Unix および Linux システムでは、SharePlex パラメータを環境変数として設定できます。環境変数は、param-defaults ファイルの中の設定を上書きしますが、それが設定された sp_cop のセッションについてのみ有効になります。sp_cop をシャットダウンして、環境変数を再設定せずにそれを再起動した場合は、SharePlex は param-defaults ファイルの中のデフォルト設定を使用します。

注: Windows システムでは、SharePlex 環境変数は、Windows Registry で設定する必要があります。詳細は、『SharePlex 管理者ガイド』を参照してください。

SharePlex パラメータを Unix および Linux システム上で環境変数として設定するには、次のいずれかのコマンドを使用します。sp_cop を起動する前に環境変数を設定します。sp_cop が実行中の場合は、新しい設定を有効にするために、sp_cop を再起動します。

ksh シェルの場合:

$ export parameter_name=value

csh シェルの場合:

$ setenv parameter_name value

環境変数には一時的な性質があるために、可能な場合はこれらの使用を避けて、set param コマンドで変更してください。環境変数に頼ると、特に SharePlex に複数のユーザーがいる場合、sp_cop を再起動したときに、誰かが変数の設定を忘れる(または正しくない値を使用する)というリスクがあります。これは、複製に重大な悪影響を及ぼして、データを resynchronize する必要が発生することがあります。

パラメータ情報の保存場所

SharePlex パラメータ > パラメータ情報の保存場所

SharePlex パラメータ設定は、次のファイルに保存されます。

  • param-defaults ファイルには、ほとんどの状態で最高の複製パフォーマンスを発揮するために、開発者が設定したデフォルト設定が保存されます。param-defaults ファイルは、SharePlex 製品ディレクトリの data サブディレクトリにあります。SharePlex の新しいバージョンがインストールされない限り、このファイルのデータは変わりません。

    重要:このファイルは決して編集しないでください。パラメータの値の変更方法は、パラメータの表示および設定を参照してください。

  • paramdb ファイルには、ユーザー定義パラメータが保存されます。これらの値は、SharePlex Administrator が set param コマンドを使用してデフォルトから変更します。このファイルには、ローカルシステムの SharePlex ライセンスキー、SharePlex Oracle ユーザー、SharePlex ユーザーのパスワードも保存されます。

    paramdb は、SharePlex 変数データディレクトリの data サブディレクトリにあります。これは空の状態で開始し、SharePlex Administrator がパラメータの値を変更すると、それらの値がこれに追加されます。ユーザー定義パラメータ値によって、SharePlex を実行するときに SharePlex のデフォルト値が上書きされます。SharePlex の新しいバージョンをインストールするときには、paramdb ファイルの中のすべての設定は不変のままです。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating