Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

sp_ctrl のデフォルトエディタの設定

sp_ctrl でのコマンドの実行 > sp_ctrl のデフォルトエディタの設定

設定ファイルなど、ASCII テキストファイルへの入力を必要とするコマンドを発行するときに、sp_ctrl が実行するデフォルトエディタを設定できます。デフォルトでは、sp_ctrl が実行するのは、Unix および Linux の場合は vi、Windows の場合はワードパッドです。

デフォルトのテキストエディタは、SharePlex との連携をテストおよび実証済みです。デフォルトエディタを変更する場合、新しいエディタはネイティブな ASCII テキストエディタであることが必要です。ワードプロセッサプログラムやその他の非 ASCII プログラムを使用しないでください。そのプログラムから、ファイルを ASCII 形式で保存できる場合でも同様です。

エディタの変更(Unix または Linux の場合)

次のいずれかの方法で、EDITOR 変数を設定します。

  • sp_ctrl を開始する前。この場合、その sp_ctrl セッションに限定して、エディタを設定します。
  • ローカルマシン上のシェルスタートアップスクリプト内。この場合、スタートアップスクリプトの変更まで、エディタを恒久的に設定します。この設定は、セッション単位で上書きできます。
Syntax - ksh shell

export EDITOR=name_of_editor

Syntax - csh shell

setenv EDITOR name_of_editor

エディタの変更(Windows の場合)

Windows システムで sp_ctrl 用のテキストエディタを変更するには、Windows レジストリで EDITOR 変数を追加する必要があります。

重要! 誤ったレジストリ設定は、SharePlex の動作に悪影響を及ぼす可能性があります。この手順に関するヘルプが必要な場合は、システム管理者に相談してください。

  1. SharePlex サービスをシャットダウンします。
  2. ファイル名を指定して実行 ダイアログを開きます。場所は Windows のバージョンによって異なります。
  3. ファイル名を指定して実行 ダイアログで、regedit を入力してレジストリエディタを実行します。
  4. SharePlex ノードを展開します。

    \HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432node\Quest Software\SharePlex

  5. 変数を追加する SharePlex インスタンスのポート番号を右クリックし、新規文字列値 の順にクリックします。
  6. 名前 列で、新しい変数を右クリックし、名前の変更 を選択します。
  7. 正しい名前を入力します。
  8. 新しい変数をダブルクリックします。
  9. 値のデータ に新しい変数の文字列を入力し、OK をクリックします。
  10. レジストリを終了します。

コマンドガイドライン

sp_ctrl でのコマンドの実行 > コマンドガイドライン

コマンドを発行するときは、次の点を守ってください。

  • あるマシンのためにコマンドを発行するには、そのマシンで sp_cop が実行されている必要があります。
  • 『 SharePlex リファレンスガイド』のコマンドの説明に従って、構文を正確に入力します。
  • SharePlex コマンドの最大文字列長は 255 文字です(スペースを含む)。オペレーティングシステムの制約を回避するには、edit コマンドを使用します。
  • redo コマンドは、以前のコマンドを、再入力することなしに再び実行するために使用します。このコマンドは、たとえば、キューの量を監視するために qstatus コマンドを使用するなど、情報コマンドで頻繁にステータスチェックを行っているときに便利です。

  • sp_ctrl インターフェイスの中から SharePlex コマンドの説明および構文を表示するには、help コマンドを発行します。コマンドの構文だけを表示するには、usage コマンドを発行します。

  • usage コマンドは、SharePlex コマンドの構文を表示するために使用します。コマンド全体を入力しても、最初の数キーワードだけを入力しても構いません。たとえば、usage compare と入力すると、compare using および compare コマンドの両方の構文が表示されます。

  • 以前に発行されたコマンドを編集するには、edit コマンドを使用します。
  • authlevel コマンドは、システムで SharePlex コマンドを発行する権限レベルを決定するために使用します。

コマンド認証レベルの詳細については、「SharePlex セキュリティグループの概要」を参照してください。

リモートシステムでのコマンド発行

sp_ctrl でのコマンドの実行 > リモートシステムでのコマンド発行

リモートマシンに影響するコマンドを発行し、ログイン名、パスワード、ポート番号またはそれらの項目の組み合わせを含むコマンドをスクリプトに含めるには、[onhost] コマンドオプションの 1 つを使用します。これらのオプションはほとんどのコマンドで使用可能です。

次の表は、[onhost] オプションを使用するリモート接続のコマンドオプションの説明です。

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

クラスタ化システムでのコマンド発行

sp_ctrl でのコマンドの実行 > クラスタ化システムでのコマンド発行

クラスタ化システムで sp_ctrl コマンドを発行するには、リモートシステムからの接続時に [on host] オプションの SP_SYS_HOST_NAME パラメータでホストとして設定した名前を使用するか、host コマンドを使用することによってその名前を sp_ctrl のデフォルトとして設定します。クラスタ内で SharePlex を設定する方法についての詳細は、『SharePlex インストールおよびデモンストレーションガイド』を参照してください。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating