Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

sp_ctrl でのコマンドの実行

sp_ctrl でのコマンドの実行

この章では、sp_ctrl コマンドインターフェイスを使用して SharePlex を設定、制御、監視するコマンドを実行する手順について説明します。sp_ctrl プログラムは、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリにあります。

注: このトピックに示されているコマンドの詳細については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

コンテンツ

sp_ctrl の実行方法

sp_ctrl でのコマンドの実行 > sp_ctrl の実行方法

sp_ctrl は、SharePlex がインストールされているすべてのマシンで実行できます。sp_ctrl を実行するには、sp_cop プログラムが実行されている必要があります。そうでない場合は、次のようなエラーメッセージが表示されます。

Your tcp port is not set properly or “sp_cop” is not running.

sp_ctrl の起動

sp_ctrl を実行するには、次の 2 つの方法があります。

  • オペレーティングシステムのコマンドシェルから、次のようなコマンドを 1 つ発行する。

    $ /productdir/bin/sp_ctrl command [on host]

  • sp_ctrl コマンドインターフェイスを実行し、次のような 1 つ以上のコマンドを発行する。

    $ /productdir/bin/sp_ctrl

    sp_ctrl>command [on host]

ここで、

  • productdir は SharePlex 製品(インストール)ディレクトリです。
  • commandSharePlex のコマンドです。
  • on host は、次の例に示すように、リモートマシン上の SharePlex を制御するためにローカルマシンでコマンドを発行できるいずれかのコマンドオプションを表します(コマンドでサポートされている場合)。

$ /productdir/bin/sp_ctrlstatus on host:port

Windows システムでは、デスクトップの Sp_Ctrl ショートカットまたは Windows の プログラム メニューから sp_ctrl を実行できます。

sp_ctrl コマンドラインでは、スペースも含めて合計 255 文字まで入力できます。

sp_ctrl プロンプト

sp_ctrl プロンプトは、デフォルトのホストおよびポート番号を設定しているかどうかによって、次の 2 つのうちのいずれかの方法で表示されます。

プロンプト 説明
sp_ctrl> 基本 sp_ctrl プロンプト
sp_ctrl(this_host:3304) > host および port コマンドを発行することでデフォルトシステムおよびポートが設定されているときのプロンプト

sp_ctrl の終了

sp_ctrl コマンドラインインターフェイスを終了するには、exit または quit コマンドを発行します。

Windows システムの場合は、sp_ctrl コマンドプロンプトのウィンドウを閉じるという方法もあります。

exit または quit コマンドでは、sp_ctrl セッションを閉じるだけです。SharePlex 複製プロセスは停止しません。

sp_ctrl のデフォルトポートの定義

sp_ctrl でのコマンドの実行 > sp_ctrl のデフォルトポートの定義

システムに SharePlex インスタンスが 1 つしかない場合、sp_ctrl はポート番号を検出します。ただし、システムに複数の SharePlex インスタンスを設定した場合(各インスタンスが異なるポート番号で実行される場合)、port コマンドを使用して、コマンドを発行するインスタンスに sp_ctrl のセッションを設定する必要があります。

sp_ctrl > port number

詳細については、次を参照: 複数の SharePlex インスタンスの実行

port コマンドの詳細については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

sp_ctrl のデフォルトホストの定義

sp_ctrl でのコマンドの実行 > sp_ctrl のデフォルトホストの定義

sp_ctrl のインタラクティブセッションすべてのデフォルトマシンを定義するには、host コマンドを使用します。このコマンドによって、コマンドごとに on host オプションを使用することなく、一連のコマンドを入力できます。

sp_ctr >host hostname

このコマンドは、ホスト名を含めるように sp_ctrl プロンプトを変更します。

sp_ctrl (sysA) >

host 設定は、設定された sp_ctrl セッションのみに適用されます。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating