Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

LOB マッピングの無効化

Capture プロセスのチューニング > LOB マッピングの無効化

ソースデータベースで PK/UK ロギング(SharePlex のより多くの機能と処理の高速化をサポートするためにお勧めします)を有効にしている場合は、SP_OCT_ENABLE_LOBMAP パラメータの設定をチェックします。 このパラメータは、行外の LOB 列が含まれるテーブルを複製するときに SharePlex が LOB マップを使用するかどうかを制御します。LOB マップは、PK/UK ロギングが有効でない場合に、Capture プロセスでの LOBID と行のマッピングに使用されます。LOB マッピングはデフォルトで有効です。これらのマッピングは SHAREPLEX_LOBMAP テーブルに格納されます。Capture がマッピングを維持および参照する必要があるため、大量の LOB 操作によるトランザクションによって Capture の速度が低下することがあります。データベースで PK/UK ロギングが有効な場合は、このパラメータを 0 に設定して LOB マッピングを無効にできます。

アクティブな複製中に LOB マッピングを無効にするには

  1. ソースシステムで sp_ctrl を実行します。
  2. SP_OCT_ENABLE_LOBMAP を 0 に設定します。

    sp_ctrl> set param SP_OCT_ENABLE_LOBMAP 0

  3. Capture を停止します。

    sp_ctrl> stop capture

  4. SHAREPLEX_LOBMAP テーブルを切り捨てます。
  5. Capture を再起動します。

    sp_ctrl> start capture

Exadata での Capture のチューニング

Capture プロセスのチューニング > Exadata での Capture のチューニング

Exadata システムでのパフォーマンスを高めるため、複数の Capture スレッドを使用するように Capture プロセスを設定できます。Capture は、Exadata ASM ディスク上のログから直接読み取ります。

SP_OCT_ASM_MULTI_OCI パラメータは、Capture が REDO ログを読み取るために使用するスレッド数を制御します。

このパラメータに設定する値は、以下の条件をすべて満たす必要があります。

  • 1 を超えること。
  • redo ログを格納する ASM ディスクグループのディスク数に対して偶数の約数になること。たとえば、ディスク数が 16 の場合、値 2、4、8、および 16 が有効です。
  • redo ログを格納する ASM ディスクグループのディスク数以下であること。

大量のスレッドは不要です。実際にスレッド数が必要以上に多いとパフォーマンスが低下します。スレッド数が多くなるほど Capture で必要になるメモリ量が多くなります。

少数のスレッドで始めてパフォーマンスを監視し、パフォーマンス上のメリットとメモリ使用量のバランスが最適になるまでスレッドを適宜追加してください。たとえば、ディスク数が 16 の場合、値 2 から始めてみます。

Exadata でマルチスレッド capture 向けに SharePlex を設定するには

  1. sp_ctrl を実行します。
  2. SP_OCT_ASM_MULTI_OCI パラメータを、Capture で使用するスレッド数に設定します。

    sp_ctrl> set param SP_OCT_ASM_MULTI_OCI 3

  3. Capture を再起動します。

:Capture はバッファサイズを、ログが存在するディスクグループに設定された AU_SIZE パラメータの値に自動的に調整します。これはパフォーマンスを最大化するための推奨バッファサイズであるため、変更しないでください。SP_OCT_ASM_MULTI_OCI_BLOCK_SIZE パラメータは、必要に応じてデフォルトの動作を上書きできます。

 

チェックポイントのチューニング

Capture プロセスのチューニング > チェックポイントのチューニング

回復をサポートするため、Capture はディスクに対して定期的にその状態のチェックポイントを行います。この情報には、ログと、最近処理されたデータのログ内での位置が含まれています。頻繁にログが切り替わるデータベース環境では、SharePlex がチェックポイントを書き込む前に切り替えが発生することがあります。SP_OCT_CHECKPOINT_LOG パラメータを使用すると、ログの切り替え前に Capture が確実にチェックポイントを発行できます。

Capture が指定された数のログで Oracle に遅れをとったときに、チェックポイントがトリガされます。たとえば、デフォルトの 2 の場合は、Oracle から 2 以上のログで遅れをとったときに、Capture はチェックポイントを行います。

このパラメータに指定可能な値の範囲は、2(デフォルト)から使用しているログの数に等しい値までです。0 の値を指定すると、この機能は無効になります。

Post プロセスのチューニング

Post プロセスのチューニング

この章では、Post プロセスのパフォーマンスを向上させるための手順が含まれています。複製されたデータは標準的な SQL メカニズムを介して適用されるため、Post プロセスはパフォーマンスのチューニングに最適です。

コンテンツ
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating