Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ

ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ

このトピックでは、複製がアクティブな間に、ソースおよびターゲットの Oracle データのバックアップを作成する手順について説明します。

コンテンツ

ソースシステムの部分バックアップの実行

ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ > ソースシステムの部分バックアップの実行

(データを抽出したり、データウェアハウスへ投入したりするために)データの複製中にソースシステムの部分バックアップを行うには、代わりにターゲットシステム上で部分バックアップをすることで、ソースシステム上と同様に同じデータをコピーできます。

この手順では、ソースデータへのユーザーアクセスは中断されず、設定ファイルのディアクティベートまたは再アクティベートは行われません。

  1. ソースシステムで sp_ctrl を開始します。
  2. ソースシステムで、データをターゲットシステムにフラッシュします。このコマンドは Post プロセスを停止し、ソースデータとターゲットデータ間の同期点を確立するマーカーを、データストリームに置きます。

    sp_ctrl> flush datasource

    ここで、datasource は、ソース Oracle インスタンスのデータソース指定です(例:o.oraA)。

  3. ターゲットシステムで、データをバックアップします。:データは、フラッシュマーカーのソースデータと一致するようになりました。 
  4. ターゲットシステムで、Post プロセスを起動します。

    sp_ctrl> start post

ソースシステムの完全バックアップの実行

ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ > ソースシステムの完全バックアップの実行

SharePlex を含む、ソースシステム全体をバックアップするには、バックアップの実行中に SharePlex の複製をシャットダウンする必要があります。

この手順では、ソースデータへのユーザーアクセスを停止しますが、設定ファイルのディアクティベートまたは再アクティベートは行われません。バックアップ後に開始されると、複製が再開されます。

ソースシステムで次の手順を実行します。
  1. すべてのシステムアクティビティを停止します。
  2. sp_ctrl を起動します。
  3. データをターゲットシステムにフラッシュします。このコマンドは Post プロセスを停止し、ソースデータとターゲットデータ間の同期点を確立するマーカーを、データストリームに置きます。

    sp_ctrl> flush datasource

    ここで、datasource は、ソース Oracle インスタンスのデータソース指定です(例:o.oraA)。

  4. SharePlex をシャットダウンします。このコマンドは SharePlex をシャットダウンします。

    sp_ctrl> shutdown

  5. ネットワークと Oracle インスタンスをシャットダウンします。
  6. バックアップを実行します。

  7. ネットワークと Oracle インスタンスを起動します。
  8. sp_cop(Unix および Linux)または SharePlex サービス(Windows)を起動します。
  9. sp_ctrl を起動します。
  10. ユーザーがソース Oracle インスタンスにアクセスできるようにします。
  11. SharePlex プロセスが開始されたことを確認します。

    sp_ctrl> status

ターゲットシステムで次の手順を実行します。
  1. Post を開始します。

    sp_ctrl> start post

  2. Post が開始されたことを確認します。

    sp_ctrl> status

Capture プロセスのチューニング

Capture プロセスのチューニング

この章では、Oracle ソースデータベースが生成する REDO の量に追い付けるように、Capture プロセスのパフォーマンスを上げるための手順を説明します。

コンテンツ
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating