Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

アプリケーションをパッチまたはアップグレードする前に

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 > アプリケーションをパッチまたはアップグレードする前に

SharePlex 複製がアクティブなシステム上でアプリケーションをパッチまたはアップグレードする前に、次のトピックを確認してください。

使用する手順

複製処理の進行中にアプリケーションパッチを適用したり、Oracle データベースにアップグレードしたりするためのさまざまな手順があります。どの手順を選択するかは、パッチまたはアップグレードで行う変更によって異なります。

パッチ / アップグレードによる変更 使用する手順

パッチ / アップグレードが次のいずれかを実行する場合

  • SharePlex でサポートされていない DDL を適用する
  • 新しいテーブルを追加する(永続的なテーブルに名前を変更した一時テーブルを含む)
  • トリガまたは制約を作成または変更する

次のいずれかの手順に従って、手動でパッチまたはアップグレードをソースおよびターゲットに適用します。

ソースへのパッチ / アップグレードの適用と、ターゲットへのコピー

ソースおよびターゲットへのパッチ / アップグレードの適用

次のいずれかを実行します。

  • インデックス、ストアドプロシージャ、またはパッケージをソースシステムに追加する
  • ソースシステムのユーザーやセキュリティを変更する(SharePlex 以外)
  • DML 変更を実行する。
  • SharePlex が複製する DDL 変更を実行する。

および

この表の以前の行に表示されている変更は行いません

手動でパッチ / アップグレードをソースに適用し、SharePlex がターゲットへの変更を複製できるようにします。次の手順に従います。

ソースへのパッチの適用と、ターゲットへの複製

: この手順では、パッチまたはアップグレードが適用するすべての変更を SharePlex が複製できることを前提としているため、パッチ / アップグレードはターゲットに適用されません。

分割レプリケーションに対するパッチとアップグレードの影響

パッチまたはアップグレードによる変更は、複製設定内のカラムパーティションやカラムコンディションに影響を及ぼすことがあります。この手順を実行するときは、次の点を考慮します。

パッチまたはアップグレードによる垂直分割レプリケーションへの影響

詳細については、「垂直分割レプリケーションの設定」を参照してください。

パッチまたはアップグレードによるテーブルへの影響 対処方法
テーブルのカラムパーティションを満たしていない列の追加 (オプション)パッチまたはアップグレードの適用後に、ターゲットテーブルから列をドロップします。
テーブルのカラムパーティション内に存在する必要がある列の追加 該当する列を設定ファイル内のソースおよびターゲットカラムパーティションのリストに追加します。
テーブルのカラムパーティションの一部である列のドロップ

該当する列を設定ファイル内のソースおよびターゲットカラムパーティションのリストから削除します。

テーブルのカラムパーティション内に存在する列の名前の変更 設定ファイル内のソースおよびターゲットカラムパーティションのリストで列名を変更します。
パッチまたはアップグレードによる水平分割レプリケーションへの影響

詳細については、「水平分割レプリケーションの設定」を参照してください。

パッチまたはアップグレードによるテーブルへの影響 対処方法
パーティションスキーム内に存在する必要がある行の追加 該当する行のカラムコンディションを SHAREPLEX_PARTITION テーブルに追加します。
パーティションスキームの一部である行の削除 SHAREPLEX_PARTITION テーブル内のパーティションスキームからカラムコンディションを削除します。

使用される名付け規約

これらの手順では、「ソース」システムは次のいずれかです。

  • 一方向レプリケーション設定(カスケードレプリケーションを含む)のソースシステム。
  • 集約レプリケーション設定のすべてのソースシステム。
  • ピアトゥピアレプリケーション設定の信頼されたソースシステム。

これらの手順では、「ターゲット」システムは次のいずれかです。

  • 一方向レプリケーション設定(カスケードおよび集約レプリケーションを含む)のターゲットシステム。
  • ピアトゥピアレプリケーション設定のセカンダリシステム。

この手順で SharePlex コマンドは、使用する複製方法に適用されるすべての sp_cop インスタンスに適用されます(たとえば、集約レプリケーションのターゲットのすべての sp_cop プロセスなど)。

ソースへのパッチ / アップグレードの適用と、ターゲットへのコピー

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 > ソースへのパッチ / アップグレードの適用と、ターゲットへのコピー

サポートされるデータベース

サポートされているすべてのプラットフォーム上の Oracle

この手順を使用する場合

この手順は、パッチまたはアップグレードで次のいずれかを実行する場合に使用します。

  • SharePlex によって複製されないタイプの DDL 変更を行う。
  • 複製に含める必要がある永続的なテーブルに名前を変更した一時テーブルを使用した(再編成など)。
  • 複製する必要があるオブジェクトが追加された。

手順の概要

この手順を使用して、パッチまたはアップグレードをターゲットシステムに直接適用するのではなく、ソースシステムからターゲットシステムにパッチまたはアップグレードをコピーする Oracle ホットバックアップを実行します。パッチまたはアップグレードによって SharePlex による複製がサポートしていない多くの変更が行われる場合や、その変更内容が明確でない場合は、この方法が有効です。

この手順では、設定ファイルをソースシステム上でアクティブなままにすることができます。reconcile コマンドを使用して、次のような項目を特定し排除します。

  • 複製され、またバックアップでも適用されたパッチまたはアップグレード操作による重複する DML および DDL。
  • 複製され、またバックアップでも適用された実稼働トランザクション。

:場合によってはホットバックアップを使用するよりも、手動でパッチまたはアップグレードをターゲットシステムに適用する方が時間がかからないこともあります。たとえば、インデックスまたはストアドプロシージャのみが追加される場合、またはセキュリティのみが変更される場合です。「ソースおよびターゲットへのパッチ / アップグレードの適用」を参照してください。

パッチ / アップグレードの適用

  1. ソースとターゲットシステムで複製に関わるインスタンスへのユーザーアクセスを停止しますが、SharePlex はシャットダウンしないでください。
  2. ソースシステムで sp_ctrl を実行します。
  3. ソースシステムで、データをターゲットシステムにフラッシュします。このコマンドは Post を停止し、ソースデータとターゲットデータ間の同期点を確立するマーカーを、データストリームに置きます。

    sp_ctrl> flush datasource

    ここで、datasource は、ソースインスタンスのデータソースです(例: o.oraA)。

  4. ソースシステムで、パッチまたはアップグレードを適用します。
  5. ソースシステムで、ソースインスタンスへのユーザーアクセスを回復します。
  6. [パッチ / アップグレードで複製する必要があるオブジェクトが追加された場合]設定ファイルを次のように編集します(ディアクティベートしないでください)。パッチまたはアップグレードが、分割レプリケーションのカラムパーティションまたはカラムコンディションに影響を与えている可能性があります。「アクティブ設定ファイルの変更」を参照してください。

    • 設定ファイルをコピーします。

      sp_ctrl> copy config filename to newname

    • コピーを編集します。

      sp_ctrl> edit config newname

      ファイルを保存します。

  7. 次のうちのいずれか 1 つを実行します。

    • 前の手順でオブジェクトを追加した場合は、新しい設定ファイルをアクティベートします。

      sp_ctrl> activate config newname

    • 元の設定ファイルを変更しなかった場合は、その設定ファイルをアクティベートします。

      sp_ctrl> activate config filename

  8. ソースで Oracle ホットバックアップを実行します。
  9. ソースで、ログファイルを切り替えて、アーカイブログの一番大きいシーケンス番号を書き留めておきます。

    svrmgr1> alter system switch logfile;

  10. ターゲットで、RECOVER 句の UNTIL CANCEL オプションを使用してホットバックアップからターゲットデータベースを回復し、前のステップで記録したログが Oracle で完全に適用された後、回復をキャンセルします。
  11. ターゲットシステムで、RESETLOGS オプションでデータベースを開きます。
  12. ターゲットインスタンスで ora_setup を実行しますが、 新しいユーザーは作成しないでください。既存の SharePlex ユーザーとパスワードを選択します(バックアップにコピーされます)。ora_setup の手順については、『 SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。
  13. ターゲットシステムで、以前に記録したログのシーケンス番号を使用して reconcile コマンドを発行します。named post queues を使用している場合、各キューに対してコマンドを発行します。キュー名がわからない場合は、最初に qstatus コマンドを発行します。

    sp_ctrl> qstatus

    sp_ctrl> reconcile queue queuename for datasource-datadest seq sequence_number

    例:reconcile queue SysA for o.oraA-o.oraA seq 1234

    : reconcile プロセスは、プロセスが終了するまで sp_ctrl の制御を保持します。

  14. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードが複製中のテーブルにトリガをインストールした場合は、それらのトリガを無効にするか、sp_add_trigger.sql ユーティリティスクリプトを実行して、トリガが SharePlex ユーザーを無視するようにします。
  15. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードで チェック制約、および DML を実行するスケジュールされたジョブが追加された場合、それらを無効にします。
  16. ターゲットシステムで、分割レプリケーションに必要なクリーンアップを実行します。

  17. ターゲットシステムで、Post を起動します。

    sp_ctrl> start post

    これで 2 つのインスタンスは同期され、SharePlex で複製が再開されます。

ソースおよびターゲットへのパッチ / アップグレードの適用

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 > ソースおよびターゲットへのパッチ / アップグレードの適用

サポートされるデータベース

サポートされているすべてのプラットフォーム上の Oracle

この手順を使用する場合

この手順は、パッチまたはアップグレードで次のいずれかを実行する場合に使用します。

  • SharePlex によって複製されないタイプの DDL 変更を行う。
  • 永続的なテーブルに名前を変更した一時テーブルを使用した(たとえば、再編成でオブジェクト ID が変更された)。
  • 複製する必要があるオブジェクトが追加された。

手順の概要

この手順を使用して、アプリケーションのパッチまたはアップグレードを適用し(SharePlex によって複製されていないデータベースへの変更が含まれる場合)、ソースデータベースへのユーザーアクセスを停止して、設定ファイルをディアクティベートおよび再アクティベートできます。SharePlex がオブジェクト情報を再構築して、パッチまたはアップグレードが適用した変更を組み込めるように、設定ファイルをディアクティベートする必要があります。設定を再アクティベートすると、SharePlex ではすべてのオブジェクトが再分析されます。パッチまたはアップグレードがターゲットシステムに適用されている間に、ユーザーがソースデータにアクセスできるようにすることができます。

パッチ / アップグレードの適用

  1. ソースとターゲットシステムで複製に関わるインスタンスへのユーザーアクセスを停止しますが、SharePlex はシャットダウンしないでください。
  2. ソースシステムで、データをターゲットシステムにフラッシュします。このコマンドは Post を停止し、ソースデータとターゲットデータ間の同期点を確立するマーカーを、データストリームに置きます。

    sp_ctrl> flush datasource

    ここで、datasource は、ソースインスタンスのデータソースです(例:o.oraA)。

  3. ソースシステムで、設定をディアクティベートします。

    sp_ctrl> deactivate config filename

  4. ソースシステムで、パッチまたはアップグレードを適用します。
  5. [パッチ / アップグレードで複製する必要があるオブジェクトが追加された場合]ソースシステムで、分割レプリケーションを使用している場合は、カラムパーティションまたはカラムコンディションを変更するなど、設定ファイルを編集します。「アクティブ設定ファイルの変更」を参照してください。

    sp_ctrl> edit config filename

  6. ソースシステムで、設定ファイルをアクティベートします。

    sp_ctrl> activate config filename

  7. ソースシステムで、ソースインスタンスへのユーザーアクセスを回復します。
  8. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードを適用します。
  9. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードが複製中のテーブルにトリガをインストールした場合は、それらのトリガを無効にするか、sp_add_trigger.sql ユーティリティスクリプトを実行して、トリガが SharePlex ユーザーを無視するようにします。
  10. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードで チェック制約、および DML を実行するスケジュールされたジョブが追加された場合、それらを無効にします。
  11. ターゲットシステムで、分割レプリケーションに必要なクリーンアップを実行します。
  12. ターゲットシステムで、Post を起動します。

    sp_ctrl> start post

    これで 2 つのインスタンスは同期され、SharePlex で複製が再開されます。

ソースへのパッチの適用と、ターゲットへの複製

Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 > ソースへのパッチの適用と、ターゲットへの複製

サポートされるデータベース

サポートされているすべてのプラットフォーム上の Oracle

この手順を使用する場合

パッチまたはアップグレードによって適用されるすべての操作が SharePlex でサポートされていて、ターゲットに複製できる場合は、この手順を使用します。これには、SharePlex でサポートされている DML 変更と DDL が含まれます。パッチまたはアップグレードが SharePlex でサポートされていない操作を実行するかどうかわからない場合は、「ソースへのパッチ / アップグレードの適用と、ターゲットへのコピー」を使用してください。

注:SharePlex がサポートする操作の一覧については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

パッチ / アップグレードの適用

  1. ソースシステムとターゲットシステム上の Oracle インスタンスへのユーザーアクセスを停止します。
  2. ソースシステムで、データをターゲットシステムにフラッシュします。このコマンドは Post を停止し、ソースデータとターゲットデータ間の同期点を確立するマーカーを、データストリームに置きます。

    sp_ctrl> flush datasource

    ここで、datasource は、ソースインスタンスのデータソースです(例:o.oraA)。

  3. ソースシステムで、パッチまたはアップグレードを適用します。
  4. ソースシステムで、ソースインスタンスへのユーザーアクセスを回復します。
  5. ターゲットシステムで、パッチまたはアップグレードがトリガを作成または変更した場合は、それらを無効にするか、sp_add_trigger.sql ユーティリティスクリプトを実行して、トリガが SharePlex ユーザーを無視するようにします。
  6. ターゲットシステムで、ターゲットインスタンスへのユーザーアクセスを回復します。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating