Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

sp_ps によるプロセスの監視

SharePlex の監視 > UNIX での監視スクリプトの実行 > sp_ps によるプロセスの監視

sp_ps 監視ユーティリティは、指定された sp_cop インスタンスに関連するすべての SharePlex プロセスを、子プロセスも含めて監視します。プロセスを定期的にスキャンし、異常を 1 つ以上のログファイルに報告します。1 つ以上のシステムの複数の SharePlex インストールを監視できるほか、一方向または双方向(ピアトゥピア)の設定をサポートします。

sp_ps の実行準備

スクリプトを実行する前に、次のタスクを実行します。

要件を満たす

このスクリプトを使用する前に、「監視スクリプトを使用するための要件」を参照してください。注:スクリプトは ksh シェルで実行する必要があります。

スキャン間隔の設定

スキャン間隔は、sp_ps プログラムがチェックの間に待機する時間を指定します。デフォルトは 2,000 秒です。異なるスキャン間隔を指定するには、次の手順に従います。

  1. SharePlex 製品ディレクトリの app-modules ディレクトリにある sp_ps ファイルを開きます。
  2. interval= パラメータを必要なスキャン間隔に設定します。たとえば次のように、任意の正の整数を使用します。

    interval=1500

電子メールアドレスの定義

電子メール通知機能を使用するには、スクリプトを実行する前に、スクリプト内で電子メールアドレスを定義します。

  1. SharePlex 製品ディレクトリの util ディレクトリにあるスクリプトを開きます。
  2. MailUserName= 変数の後に必要な数のアドレス文字列を追加します。電子メールアドレスやページャーのアドレスは、完全な形で使用してください。次の例のように、複数のエントリはコンマで区切ります。

    MailUserName=scott@company.com,12345678910@pageservice.com

sp_ps では電子メール / ページングのオプションがデフォルトで有効になっていますが、変更されていないことを確認してください。スクリプトの MAILOPTION=TRUE は電子メール通知を有効にし、MAILOPTION=FALSE は無効にします。

sp_ps の実行

SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリにあるスクリプトを実行します。

構文

nohup sp_ps ['sp_cop -u name'] CONFIGURATION [> /dev/null] [ &]

 

表 19: 必須引数

引数 説明
nohup sp_ps ユーザーがログアウトしてもバックグラウンドで実行を継続するようにスクリプトに指示します。これによって、監視が継続的に行われます。sp_ps コンポーネントはスクリプトを実行します。
'sp_cop -u name' 複数の sp_cop プロセスを実行している場合は、このパラメータを使用します。このパラメータを使用して、監視するプロセスをそれぞれ指定します。この引数には、-u オプション付きで sp_cop を起動したときに使用したものと正確に一致する名前を使用してください。この引数は一重引用符で囲む必要があります。-uname オプションを付けないと、sp_ps は SharePlex のデフォルトポートである 2100 を使用する sp_cop を監視します。
CONFIGURATION

監視対象の SharePlex インスタンスの設定タイプを指定します。この値は大文字で入力してください。有効な値は次のとおりです。

SOURCE ― 一方向レプリケーションに使用し、ソースシステム上の Capture、Read、Export プロセスを監視します。

TARGET ― 一方向レプリケーションに使用し、ターゲットシステム上の Import および Post プロセスを監視します。

MULTI-SOURCE - ピアトゥピアレプリケーションに使用します。スクリプトに各システム上の Capture、Read、Export、Import、および Post プロセスの監視を指示します。

注:同じシステム上のソーステーブルとターゲットテーブルの間で複製する場合、Export プロセスや Import プロセスはありません。

> /dev/null 通知の出力をローカルシステムの /dev/null デバイスにリダイレクトし、バックグラウンドでの監視プロセスの実行と出力の生成を継続できるようにします。出力を画面に表示するには、この引数を省略します。
& (アンパサンド)スクリプトをバックグラウンドで実行します。

sp_qstatmon によるキューの監視

SharePlex の監視 > UNIX での監視スクリプトの実行 > sp_qstatmon によるキューの監視

sp_qstatmon スクリプトは、capture および post キューのステータスで、メッセージのバックログを監視します。このスクリプトは、キューの中のメッセージ数が定められたしきい値(制限)を超えた場合に警告を出し、データ、システム、ネットワークのいずれかに問題の恐れがあることを通知するように設定できます。これによって、キューがファイルシステム上の割り当てられたスペースを超過する前に、問題を解決する時間を確保できます。

キューの分析のたびに、sp_qstatmon スクリプトは通知を capstat.log ファイル(capture キューの場合)または poststat.log ファイル(post キューの場合)に出力し、電子メールメッセージのオプションが有効な場合は電子メールメッセージにも出力します。

sp_qstatmon の実行準備

スクリプトを実行する前に、次のタスクを実行します。

要件を満たす

このスクリプトを使用する前に、「監視スクリプトを使用するための要件」を参照してください。注:スクリプトは ksh シェルで実行する必要があります。

一時ファイルの作成許可の割り当て

スクリプトは、SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリに一時ファイルを作成します。sp_qstatmon モジュールに、そのディレクトリへの書き込み許可を割り当てます。

電子メールアドレスの定義

電子メール通知用の sp_qstatmon を実行するには、まずスクリプトで電子メールアドレスを定義する必要があります。通知メッセージは、スクリプト内にコーディングされているすべてのアドレスに送信されます。電子メール通知が有効でない場合、sp_qstatmon はログファイルへのエラーの記録のみを行います。

必要に応じ、任意の数のアドレスを指定できます。

  1. 任意の ASCII テキストエディタで sp_qstatmon スクリプトを開きます。このスクリプトは、SharePlex インストールディレクトリの .app-modules ディレクトリにあります。
  2. MailUserName= 変数の後にアドレス文字列を追加します。電子メールアドレスやページャーのアドレスは、完全な形で使用してください。次の例のように、複数のエントリはコンマで区切ります。

    scott@company.com, 12345678910@pageservice.com

  3. ファイルを保存してクローズします。

sp_qstatmon の実行

SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリからスクリプトを実行します(app-modules ではありません)。util ディレクトリから実行すると、実際に、スクリプト自体の実行前に適切な環境を最初にセットアップするユーティリティへのソフトリンクが作成されます。

構文

nohup sp_qstatmon -v path -t n -p port_number [-c integer ] [-d integer ] [-m] > /dev/null &

表 20: 必須引数

引数 説明
nohup sp_qstatmon ユーザーがログアウトしてもバックグラウンドで実行を継続するようにスクリプトに指示します。これによって、監視が継続的に行われます。sp_qstatmon コンポーネントはスクリプトを実行します。
-v path 監視する sp_cop インスタンスの SharePlex 変数データディレクトリへのパスを設定します。この変数がない場合、sp_qstatmon は失敗し、有効なパスを要求するエラーメッセージが表示されます。
-t n スキャンの間隔を秒単位で設定します。値は任意の正の整数です。
-p port 監視する sp_cop インスタンスのポート番号を設定します。インスタンスごとにこの引数の値を変えて sp_qstatmon を実行すると、複数の SharePlex インスタンスを監視できます。
& スクリプトをバックグラウンドで実行します。

表 21: オプションの引数

引数 説明
/dev/null 通知の出力をローカルシステムの /dev/null デバイスにリダイレクトし、バックグラウンドでの監視プロセスの実行と出力の生成を継続できるようにします。出力を画面に表示するには、この引数を省略します。
-c integer スクリプトが警告メッセージを発行する capture キュー内のメッセージ数を設定します。値は任意の正の整数です。このパラメータがない場合、sp_qstatmon はデフォルトの 100 メッセージを使用します。
-d integer スクリプトが警告メッセージを発行する post キュー内のメッセージ数を設定します。値は任意の正の整数です。このパラメータがない場合、sp_qstatmon はデフォルトの 100 メッセージを使用します。
-m 電子メール / ページングのオプションを有効にします。このパラメータがない場合、sp_qstatmon はログファイルへのエラーの記録のみを行います。

Windows での監視スクリプトの実行

SharePlex の監視 > Windows での監視スクリプトの実行

SharePlex には、Windows システム向けの、処理を監視するための Sp_Nt_Mon スクリプトが用意されています。Sp_Nt_Mon は、バックグラウンドで動作して SharePlex を監視し、複製に悪影響を及ぼす可能性のあるイベントおよび条件を通知します。このスクリプトは、sp_ctrl を介したステータスチェックを頻繁に行う必要のない監視メカニズムとして機能します。

重要! このスクリプトの名前を変更しないでください。

Sp_Nt_Mon スクリプトは、以下の条件を検出し、電子メールで報告します。

  • Capture、Read、Export、Import、Post、Sp_Copsrv.exe プロセスのステータス
  • capture および post queue の容量
  • Oracle と SharePlex によって処理されるトランザクション間の遅延
  • イベントログの特定のメッセージ(このトピックの後半で説明します)

Sp_Nt_Mon を設定および実行するには

  1. SharePlex プログラムグループから SpClient ユーティリティを実行します。
  2. SpClient]ツールバーの[SpMonitor]ボタンをクリックします。
  3. 監視する SharePlex のインスタンスのポート番号を選択し、Configure Monitor をクリックします。
  4. 以下のテーブルを参考にして sp_nt_mon.txt ファイル内のプロパティを変更します。Sp_Nt_Mon は、このファイルから入力を読み込みます。このファイルにコメントを付けるには、各コメント行を # 記号で開始します。

    プロパティ デフォルト値 説明
    Time Interval 60 秒 監視ポーリングの間隔を秒単位で設定します。
    Send Email alert 1(有効)

    電子メールアラートを有効または無効にします。電子メールが唯一のレポートオプションです。

    0 = 無効

    1 = 有効

    SMTP Server Name なし 電子メールアカウントの SMTP サーバの名前を指定します。
    Email Address なし

    監視通知を受信する電子メールアドレスを 1 つ以上指定します。以下のように、それぞれの電子メールアドレスをスペースで区切ります。

    Email Address:Your.Name@YourCompany.com Other.Name@YourCompany.com

    Cop

    Capture

    Read

    Export

    Import

    Post

    0(監視しない)

    監視するプロセスを指定します。値 1 を指定すると、監視が有効になります。監視するプロセスごとに、この値を設定する必要があります。たとえば、Capture と Export を監視するには、以下のようにプロパティを設定します。

    Cop:0

    Capture:1

    Read:0

    Export:1

    Import:0

    Post:0

    Capture Threshold

    Post Threshold

    0(監視しない)

    アラートメッセージがトリガされるまでにキューに格納できるメッセージの最大数を設定します。

    監視するそれぞれのキューに対して正の数値を設定します。このキューに割り当てられているディスクスペースを十分に下回る値を設定します。こうすることで、ディスクスペースを追加したり、バックログを招いた問題を解決したりする時間を確保できます。

    Monitor the Event Log 0(監視しない)

    サポートされているイベントログメッセージの監視を有効または無効にします。

    0 = 無効

    1 = 有効

    以下のメッセージが監視されます。

    SharePlex was shutdown

    System call error

    Queue partition is full

    Host is down

    Internal error

    Out of sync

    Poster failure

    Parameter was changed Activate config

    Deactivate config

    Bad config file

    sp_cop was shutdown

    Child process failed

    Error

    ORA-error number errors

    Monitor Redo Logs 0(監視しない)

    (Oracle のみ)Capture の遅延の監視を有効または無効にします。

    0 = 無効

    1 = 有効

    Redo Threshold 2 ログ (Oracle のみ)Oracle が REDO ストリーム内の SharePlex よりも先行するために許容されるログの最大値を設定します。この値に達すると、アラートがトリガされます。Monitor Redo Logs が有効な場合に使用します。
  5. Start をクリックして、スクリプトを実行します。スクリプトが起動され、Start という語句が Stop に変わります。Stop をクリックするまで、スクリプトの実行が継続され、SharePlex が監視されます。

SNMP による監視

SharePlex の監視 > SNMP による監視

SharePlex は、SharePlex の複製がサポートする Unix、Linux、および Windows のすべてのプラットフォーム上で、Simple Network Management Protocol(SNMP)エージェントをサポートします。

注: SharePlex は SNMP エージェントのみをサポートし、SNMP トラップのみを送信します。トラップを横取りする SNMP シグナルデーモン(SNMP マネージャ)は用意されていません。SNMP シグナルを管理するために Network Management Station(NMS)がある場合のみ、SharePlex の SNMP 機能を使用してください。SharePlex SNMP エージェントは、snmptrap という名前で、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリに SharePlex と一緒にインストールされます。このプログラムは実行しないでください。

SNMP の有効化

SharePlex 複製の SNMP 監視を有効にするには、SP_SLG_SNMP_ACTIVE パラメータを 1 に設定します。デフォルトでは、このパラメータは 0(無効)に設定されています。

SNMP エージェントの設定

次のパラメータによって、NMS と通信するように SNMP エージェントが設定されます。SP_SLG_SNMP_ACTIVE を有効にした場合は、それぞれのパラメータに値が必要です。

パラメータ
SP_SLG_SNMP_HOST トラップの送信先のシステム(ホスト)の名前
SP_SLG_SNMP_COMMUNITY コミュニティのセキュリティ文字列
SP_SLG_SNMP_MJR_ERRNUM トラップが使用するメジャーエラーナンバー
SP_SLG_SNMP_MNR_ERRNUM トラップが使用するマイナーエラーナンバー

カスタム MIB パラメータ

以下のパラメータは、カスタム MIB の必須情報を指定します。

パラメータ
SP_SLG_SNMP_ENTERPRISE_OID トラップで送信されるエンタープライズオブジェクト識別子。デフォルトは 1.3.6.1.4.1.3.1.1 です。
SP_SLG_SNMP_TRAP_OID トラップにバインドされるカスタムオブジェクト識別子。デフォルトは 1.3.6.1.2.1.1.1.0 です。
SP_SLG_SNMP_TRAP_PROGRAM トラッププログラムの名前。デフォルトは iwsnmptrap です。

SNMP トラップの設定

次のパラメータによって、特定の複製イベントのトラップを送信するように SNMP エージェントが設定されます。イベントのメッセージまたはエラーのテキストはトラップに含まれていますが、これはイベントログに含まれるエラーと同じです。

イベントの SNMP トラップを有効にするには、対応するパラメータ値を 1 に設定します。デフォルトでは、すべてのトラップが無効です(パラメータ値 0)。

パラメータ SharePlex イベント
SP_SLG_SNMP_INT_ERROR プロセス終了の原因となる SharePlex 論理エラー
SP_SLG_SNMP_SYS_ERROR SharePlex が遭遇するシステム関連のエラー
SP_SLG_SNMP_ERROR その他の SharePlex エラー
SP_SLG_SNMP_OUT_OF_SYNC 複製の非同期
SP_SLG_SNMP_STARTUP SharePlex の起動
SP_SLG_SNMP_SHUTDOWN SharePlex のシャットダウン
SP_SLG_SNMP_LAUNCH SharePlex プロセスの開始
SP_SLG_SNMP_EXIT SharePlex プロセスの停止
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating