Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

設定をアクティベートするための要件

実稼動環境での複製のアクティベート > 設定をアクティベートするための要件

設定のアクティベーションは、一連のアクションをタイムリーに連続して実行する必要があるイベントです。したがって、事前にあらゆる準備を済ませて、問題がないようにしておくことが重要です。このトピックの説明に従って、最小限の必要条件を満たせば、設定をアクティベートできます。

必要な権限レベル

設定をアクティベートできるのは、SharePlex 管理者に限定されます。SharePlex を監視して基本的な操作手順を実行するユーザーを追加で割り当てることを推奨します。SharePlex ユーザーグループと権限レベルの詳細については、「セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て」を参照してください。

必要なセットアップ

  • 設定をアクティベートする前に、複製対象のオブジェクトがソースデータベース内に存在していることを確認します。
  • テーブルをパーティションに分割する場合は、設定をアクティベートして複製処理を開始する前に、これらのパーティションを作成しておきます。複製中にテーブルを分割すると、SharePlex は作成した識別情報を失い、そのテーブルパーティションからの DML は複製されなくなります。複製中のテーブルにもパーティションを追加できますが、設定を再アクティベートして、そのテーブルを SharePlex オブジェクトキャッシュ内で更新する必要があります。

前提条件

設定をアクティベートする前に、次の前提条件を満たしていることを確認します。

要件 参照するドキュメント
sp_cop プログラムを起動および停止する方法を理解します。 SharePlex の実行

SharePlex コマンドを発行する方法を理解します。

sp_ctrl でのコマンドの実行

アクティベーション中に使用するコマンドを理解します。

アクティベーションコマンド

SharePlex の設定とセットアップが完了し、任意のオプション機能が設定またはセットアップに含まれていることを確認します。 設定ファイルの作成

分割レプリケーションの設定

名前付きキューの設定

SharePlexセキュリティ機能の設定

データのトランスフォーメーション

エラー処理のセットアップ

複製をサポートするデータベースを用意します。

複製のための Oracle 環境の準備

複製方法をサポートする SharePlex を計画および設定します。

複製方法の設定

ソースとターゲットのデータベースを起動します。

データベースドキュメント

アプリケーションが SharePlex でサポートされる DDL を生成するだけの場合を除き、アクティベーション中に TRUNCATE などの DDL 操作が実行されないようにします。DML 変更だけがアクティベーション中に実行できる変更です(許可されている場合)。

データベースドキュメント

アクティベーション前の設定のテスト

実稼動環境での複製のアクティベート > アクティベーション前の設定のテスト

実稼動環境で設定をアクティベートする前に、verify config コマンドを使用してテストのアクティベーションを実行してください。設定ファイルに構文エラー、スペルミスまたは重複したエントリがあると、アクティベーション全体が失敗します。

このコマンドは、設定をテストして、次の条件を検索してレポートします。

  • 設定ファイル内のエントリの構文を検証する。
  • ソースオブジェクトが SharePlex によって複製でサポートされない場合に、エラーを報告する。
  • ルートに指定されているホスト名が到達不可能な場合に報告する。
  • 単一のオブジェクトに対して重複指定がある場合に報告する。
  • オブジェクト指定がスキップされることとその理由を報告する。
  • ワイルドカード指定に含まれる対象オブジェクトの一覧を表示する。

verify config コマンドでは、アクティベーションにかかる時間や、ターゲットオブジェクトまたは(ルーティングマップにリストされているデータベース識別子で表される)データベース接続を確認しません。

詳細については、『 SharePlex リファレンスガイド』の verify config コマンドを参照してください。

アクティベーションに関するよくある質問

実稼動環境での複製のアクティベート > アクティベーションに関するよくある質問

アクティベーション中に起こることは何ですか?

アクティベーション中に、SharePlex は、複製用に設定されたオブジェクトを識別および認識し、ルーティングマップを構築するために必要な情報を取得します。詳細については、「アクティベーションとは」を参照してください。

アクティベーションにはどのくらい時間がかかりますか?

アクティベーションにかかる時間は、サイズ、設定オブジェクト数、オブジェクトの構造などによって異なります。

ユーザーはデータへのアクセスを停止する必要がありますか?

ソースデータベースはトランザクション用にそのまま使用できます。各ソーステーブルは短時間ロックされているため、SharePlex はその内部オブジェクト情報を構築することができます。その後、ロックが解除されます。この処理は非常に迅速に行われるため、ユーザーが気付かないこともあります。ただし、ビジネスアプリケーションが NOWAIT ロックを使用する場合、アクティベートされるオブジェクトのロックを取得しようとすると、SharePlex ロックによりアプリケーションに障害が発生することがあります。

アクティベーション中に DDL を実行できますか?

いいえ。オブジェクトの定義はアクティベーション中に変更できません。

同じデータソースに対して複数の設定をアクティベートすることはできますか?

いいえ、同じソースデータに対して複数の設定を作成できますが、同時にアクティブにできるものは 1 つだけです。

異なるデータソースの設定を同時にアクティベートすることはできますか?

はい。「複数の設定ファイルのアクティベート方法」を参照してください。

設定をアクティベートする前にテストすることはできますか?

はい。これは強くお勧めします。verify config コマンドを使用します。「設定をアクティベートするための要件」を参照してください。

変更を加えるためにアクティベーションを中断することはできますか?

いいえ。アクティベーションは、redo ログに表示されるものと同じ一連のトランザクションイベントを維持しながら複製を開始する、中断されないプロシージャになっています。abort config コマンドを使用してアクティベーションを終了することはできますが、キューの内容を消去してから、再びソースとターゲットのデータを再同期する必要があります。テスト済みの設定ファイルをアクティベートして、データベースと SharePlex にコマンドを発行する準備ができていることが理想的です。

静止データベースに対してアクティベートすることはできますか?

はい。ただし、Oracle データベースをマウントして開く必要があります。

アクティベーションスレッド数を増やすことはできますか?

はい。スレッド数は、SP_OCF_THREAD_COUNT パラメータによってグローバルに制御されます。このパラメータは、activate config コマンドを発行する前に設定する必要があります。activate config コマンドを発行するときに threads オプションを使用して、特定のアクティベーションに対してこの値を上書きできます。

複数の設定ファイルのアクティベート方法

実稼動環境での複製のアクティベート > 複数の設定ファイルのアクティベート方法

各システムでデータソースごとに 1 つの設定をアクティベートできます。たとえば、同じデータソースについて ConfigA、ConfigB および ConfigC が存在する場合、一度にアクティベートできるのはそれらの中の 1 つだけです。同じデータソースで他の設定をアクティベートすると、最初のものが自動的にディアクティベートされます。

ただし、ConfigA が 1 つのデータソースからデータを複製する場合に、ConfigB が別のデータソースからデータを複製する場合は、これらの設定を同時にアクティベートできます。これらの設定の複製は同時に操作できます。

複数の設定ファイルをアクティベートするには

activation プロセスは、アクティベーションが終了するまで sp_ctrl インターフェイスの制御を保持します。アクティベーションにはかなりの時間がかかる場合があるため、sp_ctrl の異なるセッションで異なる設定をアクティベートできます。最初の設定をアクティベートしてから、sp_ctrl の別のセッションを開き、2 番目の設定をアクティベートします。アクティベートする設定の数だけ、いくつでも sp_ctrl のセッションを開くことができます。

アクティベーションスレッド数を制御できます。スレッド数を設定するには、SharePlex のインスタンスのグローバル設定である SP_OCF_THREAD_COUNT パラメータを使用します。複数の設定を同時にアクティベートする場合は、activate config コマンドを発行するときに threads オプションを使用して、特定のアクティベーションに対してこの値を上書きできます。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating