Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

Windows での SharePlex グループの作成およびデータ入力

Windows では、SharePlex インストーラによって、SharePlex グループが Windows ユーザーアカウントコントロールパネルに作成されます。ユーザーをこれらのグループに割り当てるには、SharePlex のインストール後にそのコントロールパネルを使用します。

ユーザーは、sp_ctrlauthlevel コマンドを発行することによって、権限レベルを確認できます。

実稼動環境での複製のアクティベート

実稼動環境での複製のアクティベート

この章では、実稼動システムのソースデータベースからターゲットデータベースへの複製の初回起動の手順について説明します。

コンテンツ

アクティベーションとは

実稼動環境での複製のアクティベート > アクティベーションとは

sp_ctrlactivate config コマンドを使用して設定をアクティベートすると、SharePlex は次の操作を行います。

  • 設定ファイルをアクティベートし(読み取り)、オブジェクトやルートを識別する一連の内部構造を構築します。任意のデータソースに対して一度にアクティブにできる設定は 1 つのみです。システム上の異なるデータソースに対する複数の設定は、同時にアクティブにすることができます。たとえば、システムでそれぞれの Oracle インスタンスに対して設定をアクティベートできます。
  • ソーストランザクションのキャプチャと複製を維持するプロセスを開始します。
  • 複製されたデータとコピーされたデータを調整します。SharePlex は、コピーの後で発生したトランザクションを適用し、コピーの前に発生した(したがってコピーによって適用され、複製によって適用されると冗長になってしまう)トランザクションを破棄します。この調整プロセスは、ソースデータベースがアクティブなときに複製を開始する手順でのみ必要です。

一般的な設定のアクティベーションプロセスは次のとおりです。

1.Activation ID の割り当て

SharePlex は、各設定アクティベーションとその関連複製プロセスおよびキューにアクティベーション ID 番号を割り当てます。設定は複数回アクティベートでき、この ID によってそれぞれのアクティベーションを追跡します。

2.オブジェクトキャッシュの作成

SharePlex は、複製をサポートする標準的なメタデータ(列の名前、サイズ、タイプ、非 NULL 制約、列がキーに含まれるかどうかなど)を記録するオブジェクトキャッシュを作成します。分割レプリケーションを使用するテーブルの場合、追加の情報が保存されます。

3.設定変更マーカーの追加

SharePlex は、データストリームに設定変更マーカーを配置します。このマーカーは sp_cop に対して、一連の新しい複製プロセスおよびキューを生成するように指示します。同じデータソースに対して他の設定がアクティブである場合は、マーカーはその設定をディアクティベートし、古いプロセスやキューはデータの post 後に削除されます。

4.テーブルのロック、アクティベーションマーカーの追加、ロック解除

SharePlex は、設定ファイルにリストされているテーブルをロックして、読み込み一貫性状態であるときに情報を取得できるようにします。存在する使用可能なロックスレッド数と同数のテーブルを同時にロックできます。SharePlex がテーブルをロックすると、そのテーブルの複製の開始(または停止)をキャプチャ(Capture)プロセスに知らせるアクティベーションマーカーがデータストリームに配置されます。

:アプリケーションが複製設定の中のテーブルの NOWAIT ロックを使用する場合は、すでにロックされているオブジェクトのロックを取得しようと試みた場合に、オブジェクトがすでにアクティベートされているため、NOWAIT が失敗することがあります。

SharePlex は以下の項目をロックします。

  • 複製に追加されたすべてのテーブル(新しい設定と再アクティベートされた設定)
  • 複製から削除されたすべてのテーブル(再アクティベートされた設定)
  • ルートが変更されたすべてのテーブル(再アクティベートされた設定)

各テーブルは、テーブルのアクティベートに必要なごくわずかな時間だけロックされます。各テーブルの複製は、activation が完了するとすぐに開始します。1 つ以上のテーブルがアクティベートしなかった場合も、SharePlex は他のテーブルの activation を継続します。アクティベーションロックが解除されると、ユーザーがソーステーブルのデータにアクセスできます。

アクティベーションコマンド

実稼動環境での複製のアクティベート > アクティベーションコマンド

sp_ctrl コマンドを使用して、設定のアクティベーションに関する情報をアクティベート、ディアクティベート、および表示し、進行中の変更をコピーと調整します。これらのコマンドの詳細は、『 SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

目的 コマンド
設定ファイルのアクティベート

activate config

アクティベーションを開始し、アクティベーションが終了するまで sp_ctrl コマンドラインの制御を保持します。

アクティベーションステータスの表示

show activate

ソースシステム上のすべてのアクティベーション活動のステータスを表示します。複数の activation が同時に存在する場合は、それらの開始順にステータスが表示されます。

設定統計の表示

show config

アクティブ設定の統計情報を表示します。設定のステータス(アクティブまたは非アクティブ)、データソース、設定がアクティベートされた日時、および設定されているオブジェクトの数が表示されます。

設定ファイルのディアクティベート

deactivate config または purge config

これらのコマンドの目的は異なりますが、どちらも設定ファイルをディアクティベートします。

  • deactivate config は、アクティブ設定の複製を正常に終了します。このコマンドは、設定のすべての Capture 活動を停止し、現在キューの中にあるすべてのデータを post し、関連する SharePlex プロセスおよびキューを削除します。
  • abort config は、強制的なディアクティベートです。このコマンドは、キューの中のデータが post されたかどうかに関わらず、ソースおよびターゲットシステム上の設定されたデータソースのためのすべての複製活動を停止します。

設定をディアクティベートまたは中断すると、複製が停止します。設定されているオブジェクトにユーザーが引き続いて変更を加えると、ソースデータとターゲットデータは同期しなくなります。

複製された変更をコピーと調整する

reconcile

コピー前に発生した変更が破棄されるように、進行中の複製の結果をターゲットシステムに適用されたソースデータのコピーと調整します。

複製ステータスの表示 status

プロセスが実行中であることを確認し、エラー、警告、または通知をチェックするのに役立つ複製の状態サマリを表示します。

キューステータスの表示

qstatus

capture、post、および export キューの統計情報を表示します。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating