Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

スクリプトを使用した設定ファイルの作成

設定ファイルの作成 > スクリプトを使用した設定ファイルの作成

SharePlex には、Oracle ソースオブジェクトを指定するための設定ファイルの作成を自動化する以下のスクリプトが用意されています。

  • config.sql:データベース内のすべてのテーブルおよびオプションですべてのシーケンスを設定します。
  • build_config.sql:スキーマ内の複数のテーブルまたはすべてのテーブルを設定します。

サポートされるデータベース

Oracle

config.sql の使用

config.sql スクリプトを使用すると、データベースの全スキーマにあるすべてのテーブル、およびオプションですべてのシーケンスをリスト化した設定を作成できます。このスクリプトを使用すると、データベース全体を同一のセカンダリデータベースに複製する高可用性複製方法またはその他のシナリオを確立する時間を節約できます。

config.sql 使用の条件
  • ソースとターゲットのテーブル名が同一でなければなりません。

  • このスクリプトでは、SYS、SYSTEM、および SharePlex スキーマ内のオブジェクトは設定されません。これらのスキーマは、システムおよびインスタンス仕様のため、複製できません。
  • スクリプトは、分割レプリケーションをサポートしていません。copy config コマンドを使用してスクリプトによって作成された設定ファイルをコピーし、edit config コマンドを使用して分割レプリケーションを使用するテーブルのエントリを追加できます。新しい設定ファイルをアクティベートします(元の設定ファイルではありません)。
  • edit config コマンドを使用し、設定構築後必要に応じて変更を行うことができます。

config.sql を実行するには

  1. ディレクトリを SharePlex 変数データディレクトリの config サブディレクトリに変更します。config.sql スクリプトを実行すると、現在の作業ディレクトリに設定が配置されます。SharePlex 設定は config サブディレクトリ内に存在する必要があります。

    cd /vardir/config

  2. SQL*Plus にシステムとしてログオンします。
  3. SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリから完全パスを使用して config.sql を実行します。

    @ /proddir/util/config.sql

以下のテーブルを参考にしてプロンプトに応答します。

プロンプト 入力する項目
Target machine ターゲットマシンの名前(たとえば SystemB)。
Source database SID ソース(プライマリ)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraA)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Target database SID ターゲット(デスティネーション)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraB)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Replicate sequences シーケンスを複製する場合は y を入力し、シーケンスを複製しない場合は n を入力します。
Shareplex oracle username ソースデータベース内の SharePlex ユーザーの名前。このエントリにより SharePlex スキーマが複製されなくなり、複製の問題が発生する可能性があります。有効な名前が提供されない場合、スクリプトは機能しません。

注: SharePlex によって、config.fileの名前が設定に割り当てられます。スクリプトを再度実行して追加の設定ファイルを作成した場合、最初のファイルが上書きされます。元のファイルを保存するには、別の名前で 2 番目のファイルを作成します。

次の手順

  • テーブルまたは所有者名で大文字と小文字が区別される場合は、sp_ctrledit config コマンドを使って設定ファイルを開き、テキストエディタを使って大文字と小文字が区別されるテーブルおよび所有者名を二重引用符で囲みます(例:"scott"."emp")。このスクリプトは、大文字小文字の区別を採用するために Oracle が必要とする引用符を追加しません。

    sp_ctrl> edit config filename

  • 設定が正しい場所にあることを保証するために、list config コマンドを発行します。設定の名前が表示されない場合は、設定が誤ったディレクトリに作成されています。ファイルを見つけて変数データディレクトリの config サブディレクトリに移動します。

    sp_ctrl> list config

build_config.sql の使用

build_config.sql スクリプトはスキーマの複数の(またはすべての)テーブルを含む設定を構築することを可能にします。これは、設定の各構成要素をプロンプトする、インタラクティブなスクリプトです。各オブジェクトおよびルーティングの情報を個別に入力する代わりに、ワイルドカードを使用して特定のテーブルを一度に選択したり、スキーマの全テーブルを選択したりすることができます。

build_config.sql を使用する条件
  • ソースとターゲットのテーブル名が同一でなければなりません。
  • スクリプトではシーケンスはサポートされません。スクリプトで作成された設定をアクティベートする前に、sp_ctrledit config コマンドを使用してシーケンスのエントリを追加できます。
  • スクリプトは、分割レプリケーションをサポートしていません。copy config コマンドを使用してスクリプトによって作成された設定をコピーし、edit config コマンドを使用して分割レプリケーションを使用するテーブルのエントリを追加できます。(元の設定ではなく)新しい設定をアクティベートします。
  • このスクリプトでは、SYS、SYSTEM、および SharePlex スキーマ内のオブジェクトは設定されません。これらのスキーマは、システムおよびインスタンス仕様のため、複製できません。
  • 異なるスキーマに対して build_config.sql を実行し、テキストエディタを使用してこれらの設定を 1 つの設定に結合できます。ファイルの最初の非コメント行である Datasource:o.SID 行以外はすべて削除してください。ファイルは config サブディレクトリから移動しないてください。
  • edit config コマンドを使用し、設定構築後必要に応じて変更を行うことができます。

build_config.sql を実行するには

  1. ディレクトリを SharePlex 変数データディレクトリの config サブディレクトリに変更します。build_config.sql スクリプトを実行すると、現在の作業ディレクトリに設定が配置されます。SharePlex 設定は config サブディレクトリ内に存在する必要があります。

    cd /vardir/config

  2. SQL*Plus にシステムとしてログオンします。
  3. SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリから完全パスを使用して build_config.sql を実行します。

    @ /proddir/util/build_config.sql

以下のテーブルを参考にしてプロンプトに応答します。

プロンプト 入力する項目
Target machine ターゲットマシンの名前(たとえば SystemB)。
Source database SID ソース(プライマリ)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraA)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Target database SID ターゲット(デスティネーション)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraB)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Owner of the source database tables ソーステーブルの所有者。
Owner of the target database tables ターゲットテーブルの所有者。
Table name to include (blank for all)

次のうちのいずれか 1 つを実行します。

  • Enter を押してデフォルトを受け入れます。これにより、ソースの所有者に属するすべてのテーブルが選択されます。
  • ワイルドカード(%)文字と文字列を入力して特定のテーブルを選択します(たとえば %e_salary%)。
  • 個々のテーブル名を入力します。
Name of the output file to create 設定の名前。このスクリプトはファイルに .lst 拡張子を指定します(たとえば Scott_config.lst)。

次の手順

  • テーブルまたは所有者名で大文字と小文字が区別される場合は、sp_ctrledit config コマンドを使って設定を開き、テキストエディタを使って大文字と小文字が区別されるテーブルおよび所有者名を二重引用符で囲みます(たとえば "scott"."emp")。このスクリプトは、大文字小文字の区別を採用するために Oracle が必要とする引用符を追加しません。

    sp_ctrl> edit config filename

  • 設定が正しい場所にあることを保証するために、list config コマンドを発行します。設定の名前が表示されない場合は、設定が誤ったディレクトリに作成されています。ファイルを見つけて変数データディレクトリの config サブディレクトリに移動します。

    sp_ctrl> list config

オープンターゲットのターゲットへの複製の設定

オープンターゲットのターゲットへの複製の設定

この章には、Oracle データベースからオープンターゲット(Oracle 以外)のターゲットにデータを複製するように SharePlex を設定する手順が記載されています。Post プロセスは、目的のターゲットに対して正しい方法と形式でデータを処理するように設定する必要があります。この章では、サポートされるターゲットごとに、一連の Post 設定の要件を説明します。

注: SharePlex でサポートされているオープンターゲットのターゲットは、『SharePlex リリースノート』に記載されています。他のターゲットがベータテスト中である可能性があります。SharePlex ベータプログラムの詳細については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

コンテンツ

Microsoft SQL Server ターゲットへの複製の設定

オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 > Microsoft SQL Server ターゲットへの複製の設定

概要

SharePlex は、Open Database Connectivity(ODBC)インターフェイスを介して、複製したソースデータを Microsoft SQL Server ターゲットデータベースに post できます。これらのインストラクションでは、このターゲットをサポートする場合に必要な設定プロセスを順を追って説明します。

注: SharePlex を使用して SQL Server ターゲットに複製する場合にサポートされているデータ型および操作については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

ソースでの SharePlex の設定

次のように、ソースシステムで SharePlex とデータベースを設定します。

Oracle キーの有効化

Oracle ソースからオープンターゲットのターゲットに複製するには、キー情報を SharePlex で使用できるようにします。

Oracle サプリメンタルロギングの有効化

Oracle ソースデータベース内の PK/UK サプリメンタルロギングを有効にします。ターゲットで適切なキーを構築するためには、SharePlex に Oracle キー情報が含まれている必要があります。

SP_OCT_USE_SUPP_KEYS パラメータの設定

SP_OCT_USE_SUPP_KEYS パラメータの値に 1 を設定します。このパラメータは、行の更新 / 削除時に Oracle の補助ログが設定した列をキー列として使用する場合に使用します。補助ログとこのパラメータの両方が設定されている場合、常に SharePlex によってキーが構築され、その SharePlex キーが Oracle キーと一致することが保証されます。

このパラメータの詳細については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

複製の設定

ソースで、キャプチャおよびルーティング情報を指定する SharePlex 設定ファイルを作成します。設定ファイル内で必要とされるコンポーネントは、複製方法に応じて異なります。ただし、オープンターゲットのターゲットへの複製に関連する場合、設定ファイルの最も重要な部分は、@ 記号の後のルーティングマップ部分です。

注: 設定ファイルの作成の詳細については、「設定ファイルの作成」を参照してください。

オープンターゲットのターゲットへの複製を設定するには、次の構文を設定ファイル内で使用します。

 

Datasource: datasource_spec

src_owner.table

tgt_owner.table

host@r.database_name

ここで、

  • datasource_spec は、ソースデータベースの指定()です。詳細については、「設定ファイルでのデータベース指定」を参照してください。
  • src_owner.table は、ソーステーブルの所有者名およびテーブル名です。
  • tgt_owner.table は、ターゲットテーブルの所有者名およびテーブル名です。*
  • host はターゲットシステムの名前です。
  • r. は、ターゲットを非 Oracle として識別します。
  • database_name はターゲットデータベースの名前です。重要! database_name は、データソース名(DSN)ではなく、データベースの実際の名前である必要があります。

* 重要! ターゲット所有者またはテーブル名が大文字以外のものでデータベースに定義されている場合は、次の点を確認してください。

  • 大文字小文字を正しく区別して入力します。
  • 名前を引用符で囲みます。たとえば、"MySchema"."MyTable" のように指定します。

ソース設定の例

次の設定ファイルは、テーブル HR.EMP を Oracle インスタンス ora112 からターゲットシステム sysprod 上のデータベース mydb 内のターゲットテーブル Region1.Emp に複製します。ターゲットテーブルには大文字と小文字の区別があります。

Datasource:o.ora112

HR.EMP "Region1"."Emp" sysprod@r.mydb

ターゲットでの SharePlex の設定

次のように、ターゲットデータベースと SharePlex を設定します。

注:SharePlex のインストール前に「SharePlex プリインストールチェックリスト」の手順に従っていた場合、最初の 2 つの手順はすでに実行されている可能性があります。

  1. Microsoft SQL Server ODBC Driver をインストールします。Microsoft SQL Server Native Client ではなく、必ずこのドライバをインストールしてください。そうでないと、SharePlex は、mss_setup を実行して Post とデータベースの接続を設定するときにエラーを返します。2 つのドライバの違いは次のとおりです。

    • Microsoft SQL Server ODBC Driver は、06.02.9200 のようなバージョンになります。
    • Microsoft SQL Server Native Client は、11.00.3513 のようなバージョンになります。

  2. Windows システム上の SQL Server データベースの(ユーザーではなく)システムデータソース名(DSN)を作成します。DSN は Windows NT 認証または SQL Server 認証を使用できます。NT 認証を使用するように DNS を設定し、SQL Server 2012 以降を使用している場合は、NTAuthority\SYSTEM ユーザーに sysadmin 固定サーバロールを付与します。(SQL Server の以前のバージョンでは、デフォルトで sysadminNT Authority\SYSTEM ユーザーに付与されます)。

  3. DSN をテストして、ODBC 接続が機能することを確認してから、次の手順に進みます。
  4. SharePlex のインストール時に実行していなかった場合は、mss_setup ユーティリティを実行します。これで、次のターゲットセットアップが実行されます。

    • ターゲット SQL Server データベースに post する権限を持つ SharePlex データベースアカウントの設定
    • ターゲット接続設定の設定
    • SharePlex によって使用され、SharePlex アカウントによって所有されるテーブルとインデックスのインストール

    このユーティリティの詳細については、『 SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

Postgres(PPAS)ターゲットへの複製の設定

オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 > Postgres(PPAS)ターゲットへの複製の設定

概要

SharePlex は、Open Database Connectivity(ODBC)インターフェイスを介して、複製した Oracle データを PostgreSQL ターゲットデータベースに post できます。これらのインストラクションでは、このターゲットをサポートする場合に必要な設定プロセスを順を追って説明します。

メモ:

  • SharePlex は、PostgreSQL オープンソースデータベースの実装をすべてサポートしています。
  • SharePlex を使用して PostgreSQL ベースのデータベースに複製する場合にサポートされているデータ型および操作については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

ソースでの SharePlex の設定

ソースシステムで SharePlex およびデータベースを以下のように設定します。

サプリメンタルロギングの有効化

オープンターゲットのターゲットに複製するには、Oracle ソースデータベース内の PK/UK サプリメンタルロギングを有効にします。ターゲットで適切なキーを構築するためには、SharePlex に Oracle キー情報が含まれている必要があります。

SP_OCT_USE_SUPP_KEYS パラメータの設定

オープンターゲットのデータベースターゲットに複製するには、SP_OCT_USE_SUPP_KEYS パラメータの値を 1 に設定します。このパラメータは、行の更新 / 削除時に Oracle の補助ログが設定した列をキー列として使用する場合に使用します。補助ログとこのパラメータの両方が設定されている場合、常に SharePlex によってキーが構築され、その SharePlex キーが Oracle キーと一致することが保証されます。

このパラメータの詳細については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。

複製の設定

ソースで、キャプチャおよびルーティング情報を指定する SharePlex 設定ファイルを作成します。設定ファイル内で必要とされるコンポーネントは、複製方法に応じて異なります。ただし、オープンターゲットのターゲットへの複製に関連する場合、設定ファイルの最も重要な部分は、@ 記号の後のルーティングマップ部分です。

注: 設定ファイル作成の詳細については、「設定ファイルの作成」を参照してください。

オープンターゲットのターゲットへの複製を設定するには、次の構文を設定ファイル内で使用します。

Datasource:o.SID

src_owner.table

tgt_owner.table

host@r.database_name

ここで、

  • SID は、ソース Oracle データベースの Oracle SID です。.
  • src_owner.table は、ソーステーブルの所有者名およびテーブル名です。
  • tgt_owner.table は、ターゲットテーブルの所有者名およびテーブル名です。*
  • host はターゲットシステムの名前です。
  • r. は、ターゲットを非 Oracle として識別します。
  • database_name はターゲットデータベースの名前です。重要! database_name は、データソース名(DSN)ではなく、データベースの実際の名前である必要があります。

* 重要! ターゲット所有者またはテーブル名が大文字以外のものでデータベースに定義されている場合は、次の点を確認してください。

  • 大文字小文字を正しく区別して入力します。
  • 名前を引用符で囲みます。たとえば、"MySchema"."MyTable" のように指定します。

ソース設定の例

次の設定ファイルは、テーブル HR.EMP を Oracle インスタンス ora112 からターゲットシステム sysprod 上のデータベース mydb 内のターゲットテーブル Region1.Emp に複製します。ターゲットテーブルでは、大文字と小文字が区別されます。

Datasource:o.ora112

HR.EMP "Region1"."Emp" sysprod@r.mydb

ターゲットでの SharePlex の設定

  1. まだ実行していない場合は、ターゲットデータベース用の適切な ODBC ドライバをインストールします。

    注: EDB Postgres Advanced Server の場合は、環境用の最新のコネクタを入手する手順について、StackBuilder のドキュメントを参照してください。

  2. SharePlex のインストール時に実行していなかった場合は、pg_setup ユーティリティを実行します。これで、SharePlex データベースアカウントと接続情報が設定されます。このユーティリティの詳細については、「 SharePlex リファレンスガイド」を参照してください。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating