Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

Oracle PDB との間の複製

設定ファイルの作成 > Oracle PDB との間の複製

SharePlex は、Oracle のマルチテナントコンテナデータベース(CDB)内のプラガブルデータベース(PDB)との間の双方向の複製をサポートしています。このサポートを利用できるのは、Unix および Linux プラットフォームに限定されます。

PDB からのキャプチャ

SharePlex は、単一の PDB から、次の対象にデータを複製できます。

  • 同じ CDB 内の別の PDB
  • 別の CDB 内の PDB
  • 通常(PDB 以外)のターゲット

PDB からキャプチャするには

  • 設定ファイル内で、PDB の tns_alias をデータソースとして指定します。たとえば、tns_alias が pdb1 である場合、データソースの指定は次のようになります。

    Datasource: o.pdb1

  • 必要に応じて、同じ CDB 内の任意の数のプラガブルデータベース(PDB)から複製できます。PDB ごとに個別の設定ファイルを作成します。各 PDB は異なるデータソースであるため、すべての設定が同時にアクティブになる場合があります。
  • システム上の複数の PDB から複製する場合、名前付きの export キューを使用して、各 PDB からのデータストリームを分離します。これで、他の設定に影響を与えずに、特定の設定を対象として、設定に影響する SharePlex コマンド(purge config や abort config など)を発行できます。詳細については、次を参照: 名前付き export キューの設定を参照してください。

PDB への複製

SharePlex は、データを通常のソースデータベースからターゲット Oracle CDB 内の PDB に複製できます。単一の設定ファイルで、同じ CDB または異なる CDB 内の任意の数のターゲット PDB に複製できます。

PDB に複製するには

次の例(pdb2 がターゲット)に示すように、ルーティングマップ内でターゲット PDB の tns_alias を指定します。

sys02@o.pdb2

例 1:この例では、2 つの設定ファイル、すなわち pdb1 から複製する設定ファイルと、pdb2 から複製する設定ファイル(ともにデータを pdb3 に複製)を示しています。

Datasource: o.pdb1
hr.emp    hr2.emp2    sys02@o.pdb3
Datasource: o.pdb2 	 
sales.cust    sales2.cust2    sys02@o.pdb3

 

例 2: この例では、pdb1 から pdb2 および pdb3(この両方のターゲットが異なるシステム上に存在)に複製する 1 つの設定ファイルを示しています。

Datasource: o.pdb1	 	 
hr.sal    hr2.sal2    sys02@o.pdb2
hr.sal    hr3.sal3    sys03@o.pdb3

設定の例

それぞれのデータソースタイプとターゲットタイプの組み合わせに対応する基本的な設定ファイルの例を以下に示します。

通常の Oracle インスタンスから通常の Oracle インスタンスへの複製

Datasource:o.SID
src_owner.table tgt_owner.table

host@o.SID

例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprod の Oracle インスタンス oraB のターゲットテーブル SCOTT.EMP2 に複製します。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP    SCOTT.EMP2    sysprod@o.oraB

通常の Oracle インスタンスからオープンターゲットデータベースへの複製

Datasource:o.SID
src_owner.table tgt_owner.table host@r.database_name
例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sys2 のオープンターゲットデータベース mydb のターゲットテーブル Scott2.Emp2 に複製します。ターゲットテーブルでは、大文字と小文字が区別されます。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP    "Scott2"."Emp2"    sys2@r.mydb

注: SharePlex でサポートされているオープンターゲットのターゲットは、『SharePlex リリースノート』に記載されています。他のターゲットがベータテスト中である可能性があります。SharePlex ベータプログラムの詳細については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

通常の Oracle インスタンスから XML または SQL 形式のファイルへの複製

Datasource:o.SID
src_owner.table !file host
例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprod のファイルに複製します。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP   !file   sysprod

通常の Oracle インスタンスから JMS キューまたはトピックへの複製

Datasource:o.SID
src_owner.table !jms host
例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprod の JMS キューに複製します。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP   !jms   sysprod

通常の Oracle インスタンスから Kafka トピックへの複製

Datasource:o.SID
src_owner.table !kafka host
例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprod の Kafka トピックに複製します。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP   !kafka  sysprod

コンテナデータベース(CDB)内の Oracle プラガブルデータベース(PDB)との間の複製*

Datasource:o.PDBalias
src_owner.table tgt_owner.table

host@o.PDBalias

例:

この例では、aliasA の tns_alias を使用する Oracle PDB のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprodaliasB の tns_alias を使用する Oracle PDB のターゲットテーブル SCOTT.EMP に複製します。

Datasource:o.aliasA
SSCOTT.EMP    SCOTT.EMP    sysprod@o.aliasB

* Oracle PDB のデータを、サポートされている他のターゲットに複製することもできます。詳細については、次を参照: PDB との間の複製

変更履歴ターゲットを保持するための複製

Datasource:o.SID | r.database}

src_owner.table

!cdc:tgt_owner.table

host@c.SID

例:

以下の例では、Oracle インスタンス oraA のテーブル SCOTT.EMP を、ターゲットシステム sysprod の Oracle インスタンス oraB の変更履歴ターゲットテーブル SCOTT.EMP2 に複製します。

Datasource:o.oraA
SCOTT.EMP     !cdc:SCOTT.EMP2     sysprod@c.oraB

詳細については、次を参照: 変更履歴ターゲットを保持するための複製の設定

スクリプトを使用した設定ファイルの作成

設定ファイルの作成 > スクリプトを使用した設定ファイルの作成

SharePlex に用意されている以下のスクリプトを使用すると、ソースオブジェクトとターゲットオブジェクトの名前が同じ場合に、設定ファイルの作成を自動化できます。これらのスクリプトは、Oracle データベースソースおよびターゲットのみをサポートします。

オプション 説明 関連トピック
config.sql データベースにあるすべてのテーブルおよびシーケンスを含む設定ファイルを作成します。ソースオブジェクトとターゲットオブジェクトの名前が同じである必要があります。 スクリプトを使用した設定ファイルの作成」を参照してください。
build_config.sql スキーマにあるすべてのテーブルを含む設定ファイルを作成します。ソースオブジェクトとターゲットオブジェクトの名前が同じである必要があります。 スクリプトを使用した設定ファイルの作成」を参照してください。

Amazon RDS での Oracle への複製の設定

設定ファイルの作成 > Amazon RDS での Oracle への複製の設定

SharePlex では、Amazon AWS の RDS サービス内にインストールされている Oracle データベースターゲットに複製します。RDS サービスでは RDS データベースインストールのオペレーティングシステムレベルへのアクセス権が顧客に与えられないため、Post コンポーネント(プロセスおよびキュー)がソースシステムまたは中間システムで実行されるように SharePlex を設定する必要があります。このトピックでは、次の両方のシナリオについて手順を説明します。

:RDS データベースへの複製をサポートする SharePlex 環境をインストールおよびセットアップする方法については、『SharePlex インストールガイド』を参照してください。

Post コンポーネントがソースシステムにインストールされているときに複製を設定するには

次の項目をルーティングマップ内で指定します。

  • ターゲットシステムを指定するためのソースホストの名前。

    :これは、ターゲットシステムを指定する、通常のターゲット要件とは異なります。

  • ターゲット RDS データベースの ORACLE_SID。

次の例では、spsrc2 がソースシステム、orcldb が RDS データベースです。

datasource:o.orcl12prim

#source tables

target tables

routing map

splex.demo_src

splex.demo_dest

spsrc2@o.orcldb

Post コンポーネントが中間システムにインストールされているときに複製を設定するには

次の項目をルーティングマップ内で指定します。

  • ターゲットシステムを指定するための中間ホストの名前。

    :これは、ターゲットシステムを指定する、通常のターゲット要件とは異なります。

  • RDS データベースの ORACLE_SID。

次の例では、sptest2 が中間システム、orcldb が RDS データベースです。

datasource:o.orcl12prim

#source tables

target tables

routing map

splex.demo_src

splex.demo_dest

sptest2@o.orcldb

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating