Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - 管理ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex の実行 複数の SharePlex インスタンスの実行 sp_ctrl でのコマンドの実行 SharePlex パラメータ 複製のための Oracle 環境の準備 設定ファイルの作成 オープンターゲットのターゲットへの複製の設定 複製方法の設定 分割レプリケーションの設定 名前付きキューの設定 変更履歴ターゲットを維持するための SharePlex の設定 Oracle DDL の複製 エラー処理のセットアップ データの変換 SharePlex セキュリティ機能の設定 実稼動環境での複製のアクティベート SharePlex の監視 複製上の問題の防止および解決方法 非同期データの修復 Oracle の高可用性を維持するための手順 アクティブな複製環境の変更 Oracle アプリケーションのパッチまたはアップグレードの適用 ソースまたはターゲット上の Oracle データのバックアップ Capture プロセスのチューニング Post プロセスのチューニング 付録 A:ピアトゥピアの説明図 付録 B:SharePlex 環境変数

設定ファイルの作成方法

設定ファイルの作成 > 設定ファイルの作成方法

データを複製するように SharePlex を設定するには、設定ファイルを作成します。設定ファイルは、以下の項目が指定された ASCII テキストファイルです。

  • 行または列のフィルタリングまたは分割を含む、SharePlex で複製するデータ
  • ターゲットの名前およびタイプ
  • データを配布する必要があるシステム(および該当する場合はデータベース)

SharePlex 管理者またはオペレータのみが、設定ファイルを作成する権限を持ちます。

設定ファイルが完成し、複製目標をサポートする SharePlex 環境をセットアップできたら、activate config コマンドで設定をアクティベートして複製を開始します。詳細については、次を参照: 実稼動環境での複製のアクティベート

設定ファイルの作成

設定ファイルは手動で作成できます。また、データ構造でサポートされる場合は設定ファイルの作成を自動化することもできます。詳細については、次を参照: スクリプトを使用した設定ファイルの作成

設定ファイルは、データの複製元のシステム(通常、ソースシステム)上で作成します。ただし、アクティブ / アクティブ複製のような方法を使用する場合は、設定ファイルを複数のシステムに配置する必要があります。

設定ファイルを作成するには

  1. SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから sp_ctrl を実行します。
  2. sp_ctrl で、create config コマンドを発行します。

    sp_ctrl> create config config_name

    このコマンドを実行すると、オペレーティングシステムに設定されているデフォルトのテキストエディタでファイルが開きます。注:sp_ctrl で使用されるデフォルトのエディタを変更できます。詳細については、次を参照: sp_ctrl のデフォルトエディタの設定

  3. 設定ファイルを完成させます。詳細については、次を参照: 設定ファイルの構造

    重要! すべての設定は SharePlex 変数データディレクトリディレクトリ下の config サブディレクトリに格納される必要があります。このディレクトリ以外にある設定ファイルは、アクティベートできません。SharePlex では、sp_ctrl インターフェイスで create config コマンドを使用して作成した設定は、デフォルトでこのディレクトリに格納されます。テキストエディタを使って設定を直接作成する場合は、必ず設定を config サブディレクトリに保存してください。

設定ファイルの構造

基本的な設定ファイルは次のとおりです。

# コメント:基本的な SharePlex 設定ファイル

datasource_specification

#ソース指定

ターゲット指定

ルーティングマップ

source_owner.object1

target_owner.object1

routing_map

source_owner.object2

target_owner.object2

routing_map

source_owner.object3

target_owner.object3

routing_map

設定ファイルの基本的なコンポーネントを以下に示します。高度な設定オプションについては、「追加の設定オプション」を参照してください。

コンポーネント 説明 構文例
# コメント 閲覧者向けのファイルに関する記述や内容に関するその他の情報が含まれる行。この情報は、SharePlex によって使用されません。コメントにする各行の先頭にポンド記号(#)を付加します。コメントは、設定ファイル内の任意の場所に入力できます。 # これはコメントです。
データソース指定

ソースデータベースを指定する構文。このコンポーネントは、設定ファイル内でコメント行以外の最初の行である必要があります。このコンポーネントは以下の構文要素を含みます。これらの構文要素は、すべて同じ行にスペースを入れずに記述します。

Datasource:o.SID

ソース指定

サポートされているソースオブジェクトの完全修飾名(owner.object 形式)、または複数のソースオブジェクトを指定するワイルドカード置換。

ワイルドカードの使用については、「ワイルドカードによる複数のオブジェクトの指定」を参照してください。

src_owner.table

src_owner.sequence

ターゲット指定

複製されたデータが適用されるターゲット。SharePlex でサポートされるターゲットを以下に示します。

  • リレーショナルデータベースのテーブル、または複数のテーブルのワイルドカード置換。
  • Oracle シーケンス(またはワイルドカード指定)。
  • XML または SQL レコードを含むファイル。
  • JMS キューまたはトピック。
  • Kafka トピック。
  • ソーステーブルに加えられたすべての変更が記録される変更履歴テーブル(変更データのキャプチャとも呼ばれます)

詳細については、次を参照: 設定ファイルでのターゲット指定

tgt_owner.table

tgt_owner.sequence

!file[:tgt_owner.table]

!jms[:tgt_owner.table]

!kafka[:tgt_owner.table]

!cdc:tgt_owner.table

ルーティングマップ

ターゲット指定で指定されたターゲットオブジェクトを含むシステムにデータを送信する 1 つまたは複数のルート。ルートは、以下の項目から構成されます。

host@o.SID

host@o.PDBalias

host@o.tns_alias

host@r.database_name

host

host@c.SID

Compound routing map:

host@o.SID+host@r.database[...]

追加の設定オプション

設定ファイルに追加できる追加の設定オプションを以下に示します。

オプション 関連トピック
INSERT、UPDATE、または DELETE が複製されないようにする、またはシーケンスおよびマテリアライズドビューが複製されないようにする DML 操作のフィルタ
ソース列をターゲット列にマップする ソース列とターゲット列のマッピング
SharePlex で使用するキーを定義する 一意のキーの定義
特定の要件を満たすためにデータを分割、並列化、フィルタする 分割レプリケーションの設定
データを分割および並列化して制御性とスループットを高める 名前付きキューの設定

設定ファイルでのデータベース指定

設定ファイルの作成 > 設定ファイルでのデータベース指定

設定ファイルの以下のコンポーネントでは、データベース指定が必要になります。

  • データソース(ソースデータストア)指定
  • ルーティングマップ(ターゲットデータストアおよび場所)指定
データベース データベースタイプの表記* データベース識別子
Oracle ソースまたはターゲット

o.

Oracle データベースの設定に応じて、以下のいずれかを使用します。これは、SharePlex がデータベースに接続するために使用する文字列です。

  • 通常の(CDB 以外の)Oracle データベースの Oracle SID(たとえば、o.ora12)。
  • Oracle コンテナデータベース(CDB)内のプラガブルデータベース(PDB)の tns_alias(たとえば、o.pdb1)。
  • Oracle RAC クラスタのグローバル tns_alias(たとえば、o.rac1)。SharePlex は、各ノード上でローカル Oracle インスタンスの Oracle SID にローカルにマップされているこの tns_alias を介して Oracle RAC インスタンスに接続します。このエイリアスを作成する方法の詳細については、『SharePlex インストールガイド』の「Configure SharePlex in a Cluster」を参照してください。

オープンターゲットターゲット

r.

オープンターゲット(Oracle 以外)ターゲットデータベースの名前を指定するために使用します(たとえば、r.mydb)。重要!実際のデータベース名を使用します。ODBC データソース名(DNS)またはデータベースインスタンス名を使用しないでください。データベース名の大文字と小文字が区別される場合は、そのように指定します。

特定のオープンターゲットターゲットに複製するための SharePlex の設定の詳細については、「オープンターゲットのターゲットへの複製の設定」を参照してください。

Oracle 変更履歴ターゲット c.

ルーティングマップの中で使用して、Oracle 変更履歴データベースの Oracle SID、tns_alias、またはグローバル RAC tns_alias を指定します(たとえば、c.ORA12CH)。この設定では、SharePlex は、すべてのソーストランザクションを INSERT としてターゲットテーブルに適用して、実行されるすべての操作の履歴を保持します。

詳細については、次を参照: 変更履歴ターゲットを保持するための複製の設定

* 注:ドットが必要です。

設定ファイルでのターゲット指定

設定ファイルの作成 > 設定ファイルでのターゲット指定

設定ファイルでのターゲットテーブルまたは非テーブルターゲットの指定方法を以下のテーブルに示します。

ターゲット ターゲット指定 説明
データベーステーブル tgt_owner.table

データベーステーブルの完全修飾名。

データベースシーケンス

tgt_owner.sequence

シーケンスの完全修飾名。

ファイル !file[:tgt_owner.table]

!file 指定子は、変更操作を SQL または SML 形式でファイルに書き込むことを Post に指示します。ファイル名は SharePlex によって内部的に割り当てられます。

オプションで、データベーステーブルに最後にデータを適用するプロセスによってそのデータが使用される場合は、ターゲットテーブルの完全修飾名を指定できます。

SQL または XML ファイルのターゲットへの複製の設定」を参照してください。

JMS !jms[:tgt_owner.table]

!jms 指定子は、変更操作を XML 形式で JMS キューまたはトピックに書き込むことを Post に指示します。キューまたはトピック名は、target コマンドを使用して定義できます。

オプションで、データベーステーブルに最後にデータを適用するプロセスによってそのデータが使用される場合は、ターゲットテーブルの完全修飾名を指定できます。

JMS ターゲットへの複製の設定」を参照してください。

Kafka

!kafka[:tgt_owner.table]

!Kafka 指定子は、変更操作を XML 形式で Kafka トピックに書き込むことを Post に指示します。トピック名は、target コマンドを使用して定義できます。

オプションで、データベーステーブルに最後にデータを適用するプロセスによってそのデータが使用される場合は、ターゲットテーブルの完全修飾名を指定できます。

Kafka ターゲットへの複製の設定」を参照してください。

変更履歴テーブル

!cdc:tgt_owner.table

!cdc 指定子は、すべてのデータ変更について、古いデータを新しいデータで上書きするのではなく、新しい行としてテーブルに挿入することを Post に指示します。変更履歴テーブルの完全修飾名を指定します。

変更履歴ターゲットを保持するための複製の設定」を参照してください。

設定ファイルでのルーティング指定

設定ファイルの作成 > 設定ファイルでのルーティング指定

ここでは、ルーティングマップを作成する方法について説明します。ルーティングマップは、複製されたデータを正しいターゲットシステム上の正しいターゲットに送信します。

1 つのターゲットへの複製

シンプルなルーティングマップは、複製されたデータを 1 つのソースオブジェクトから 1 つのターゲットオブジェクトに送信します。

datasource_specification
src_owner.table tgt_owner.table2 host2[@database_specification]
src_owner.table tgt_owner.table3 host3[@database_specification]

複数のターゲットへの複製

複合ルーティングマップは、複製されたデータを 1 つのソースオブジェクトから複数のターゲットオブジェクトに送信します。複合ルーティングマップでは、ルートごとに異なる設定エントリを入力する代わりに、すべてのルートのソースオブジェクトとターゲットオブジェクトをまとめて指定できます。複合ルーティングマップで使用できるターゲット指定は 1 つのみであるため、以下のように、すべてのターゲットオブジェクトが同一である必要があります。

  • すべてが 1 つのタイプ:すべてが同じデータベースオブジェクトタイプ、またはすべてが JMS キュー、またはすべてが JMS トピック、またはすべてが Kafka トピック、またはすべてがファイル(ただし、これらの組み合わせではない)
  • すべてが同じ完全修飾名を持つ(JMS、Kafka、またはファイルターゲット指定内のテーブル指定を含む)。
  • すべてが同じ列またはキーマッピングを持つ(使用されている場合)。「一意のキーの定義」および「ソース列とターゲット列のマッピング」を参照してください。

注:

  • 垂直分割レプリケーションを使用している場合は、特定のルーティングに関する制限が適用されます。「垂直分割レプリケーションの設定」を参照してください。
  • いずれかのターゲットが同じソースオブジェクトの他のターゲットと異なる修飾名を持つ場合は、そのターゲットに対してシンプルなルーティングマップを使用する必要があります。
datasource_specification
src_owner.table tgt_owner.table

host1[@database_specification]+host2[@database_specification][...]

同じシステム上のオブジェクト間の複製

同じデータベース内のオブジェクト間または同じシステム上の異なるデータベース間で複製できます。所有者が異なっていれば、同じ名前のオブジェクト間で複製できます。

同じシステム上のオブジェクト間で複製する場合、SharePlex は、Import および Export プロセスを作成しません。以下のルーティングマップを使用して、Import および Export プロセスを作成することを SharePlex に強制できます。Import または Export プロセスが不要な場合は、ルーティングマップの host* 部分を省略します。

同じシステム上の同じデータベースまたは異なるデータベース内のオブジェクトへの複製が指定された設定
datasource_specification
src_owner.table tgt_owner.table

host*host[@database_specification]

ルーティングにおける制限

  • SharePlex は、デフォルトで最大 19 の直接ターゲットシステムへの複製をサポートしています。これは、export キューを読み取ることができるプロセスの最大数です。19 を超えるターゲットに複製するには、名前付き export キューを使用します。追加したキュー 1 つにつき、19 の追加のターゲットに複製できます。「名前付き export キューの設定」を参照してください。
  • システム上の sp_cop の各インスタンスにつき、最大で 1024 の異なるルーティングマップを使用できます。この制限には、異なる名前付き post キューを使用するそれぞれのルートが含まれます(「名前付き post キューの設定」を参照してください)。複製方法で 1024 を超えるルートが必要な場合は、1 つまたは複数の中間システムを使用して、そのルートを複数の sp_cop インスタンス間で分けることを検討してください。「データを共有または配布するための複製の設定」を参照してください。
  • デフォルトでは、それぞれの sp_cop インスタンスにつき、システム上で合計 25 個のキューが許容されます。ソースシステムには capture キューが 1 つ、ターゲットには post キューが 1 つ必ずあります。したがって、ソースシステムに 24 個の名前付き export キュー、ターゲットシステムに 24 個の名前付き post キューを持つことができます。システムがソースとターゲットの両方として機能する場合は、capture キューと post キューの両方があります。そのため、どちらかのタイプ(またはその組み合わせ)で最大 23 個の名前付きキューを持つことができます。システムメモリで許容される限り、SP_QUE_MAX_QUEUES パラメータを設定することで、許可されるキューの数を変更できます。このパラメータの詳細については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating