Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

disable jobs / enable jobs

disable jobs コマンドおよび enable jobs コマンドを使用して、以下の同期コマンドによるジョブの実行を許可するかどうかを制御します。

  • copy および copy using
  • append および append using
  • compare および compare using
  • repair および repair using

disable jobs コマンドは、これらのジョブによって実行されるアクションが、ピアトゥピア設定または高可用性設定で発行されないようにするための予防手段です。このコマンドは、copyappendrepair、または repair using コマンドがセカンダリシステムで発行された場合にプライマリ(信頼されたソース)データが信頼されないデータで上書きされないようにします。

enable jobs コマンドは、プライマリ(信頼された)システムが再びアクティブシステムになった場合に、そのジョブを有効にするために使用します。

使用法:

サポートされるターゲット: Oracle
権限レベル: Operator (2)
発行先: ソースシステム
関連コマンド: copyappendcomparecompare usingrepairrepair using

構文

基本コマンド

コマンドオプション リモートオプション
disable jobs

for o.source_SID

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
for o.source_SID

このオプションは、アクティブな設定がない場合、または異なる Oracle ソースインスタンスに対して複数のアクティブな設定がある場合に使用します。

sp_ctrl(SysA)>disable jobs for o.ora1

sp_ctrl(SysA)>enable jobs for o.ora1

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

edit

 

edit コマンドは次の方法で使用します。

  • 以前に発行した SharePlex コマンドを変更するため。これは、以前に発行したコマンドを再び、わずかに異なる構文で発行するとき、または構文の誤りを修正する必要がある場合に、時間を節約できます。
  • オペレーティングシステムの制限である 255 文字を超える文字を含んだコマンドを実行するため。

edit コマンドは、sp_ctrl インターフェイスの中から、一時ファイルをデフォルトのテキストエディタで開きます。コマンドをファイルに入力すると、そのコマンドがファイルを保存したときに自動的に実行されます。

edit コマンドを使用するには

  1. sp_ctrl の現在のセッションでまだコマンドを発行していない場合は、sp_ctrl プロンプトにコマンドの最初の単語を入力して、Enter キーを押します。そうでない場合は、このステップをスキップします(表示されるオンラインヘルプまたはエラーは無視します)。
  2. sp_ctrl プロンプトで、edit コマンドを発行して、一時テキストファイルを開きます。

    sp_ctrl(sysA)> edit

  3. テキストファイルで、エディタの標準コマンドを使用して、不要な文字を編集して削除し、コマンド文字列を入力します。
  4. エディタの標準の保存コマンドで、ファイルを保存して終了します。コマンドがすぐに実行されます。

注: SharePlex には、edit コマンド用のキーボードショートカットも用意されています(上矢印()およびスラッシュ(/)キー)。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: ユーザーには、以前のコマンドの権限レベル以上のものが必要です。
発行先: 以前のコマンドで影響を受けるシステム
関連コマンド: なし

構文

基本コマンド リモートオプション
edit | ed 使用できません

edit config

edit config コマンドは、非アクティブな設定ファイルを修正するために使用します。このコマンドは、SharePlex のデフォルトのテキストエディタで設定を開きます。エディタにあるツールで設定を変更して保存します。

アクティブ設定は直接編集できません。アクティブ設定を copy config コマンドでコピーし、次にそのコピーを edit config コマンドで編集できます。コピーをアクティベートしたときは、元の設定がディアクティベートされます。

システム上の設定のリストを表示するには、list config コマンドを使用します。設定の内容を表示するには、view config コマンドを使用します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Operator (2)
発行先: source system
関連コマンド: activate config、copy config、create config、list config、remove config、rename config、verify config、view config

構文

基本コマンド リモートオプション
edit config filename

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
filename

編集する設定の名前。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

例:

sp_ctrl(sysA)> edit config sales

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

exit

exit コマンドは、sp_ctrl の現在のセッションを閉じるために使用します。sp_ctrl を閉じても、複製はシャットダウンされず、ユーザーが停止しない限り、すべての複製プロセスは中断なしに継続します。このコマンドで、そのシステムの sp_ctrl によるセッションが中断されることはほとんどありません。sp_ctrl を再び実行するには、SharePlex バイナリのあるディレクトリに変更して、./sp_ctrl コマンドを入力する(Unix および Linux システムの場合)か、sp_ctrl ショートカットをダブルクリックします(Windows システムの場合)。

exit コマンドには、[on host] オプションはありません。これは、sp_ctrl の実行を停止するシステムで発行する必要があります。

このコマンドは、quit コマンドと同じです。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: quit

構文

基本コマンド リモートオプション
exit | e 使用できません
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating