Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

activate config

activate config コマンドは、設定をアクティベートするために使用します。activation プロセスが完了すると、複製はすぐに開始します。設定をアクティベートしたときの動作の詳細については、『SharePlex 管理ガイド』を参照してください。

アクティベーションプロセスは設定ファイルを読み取ります。このファイルには、SharePlex の次の操作に必要なすべての情報が含まれます。

  • 複製内のオブジェクトの識別
  • 複製された変更の適切なターゲットデータベースへの経路指定
  • Post がターゲットに変更を適用するために使用する SQL を生成
  • 複製に追加されたすべてのテーブルをアクティベート

設定をアクティベートするために sp_cop が呼び出すプロセスは、sp_tconf です。

アクティベーションでは、非同期の並行処理スレッドが作成されて、複数のテーブルが同時にアクティベートされます。各テーブルは、テーブルのアクティベートに必要なごくわずかな時間だけロックされます。各テーブルの複製は、activation が完了するとすぐに開始します。

1 つ以上のテーブルがアクティベートしなかった場合も、SharePlex は他のテーブルの activation を継続します。アプリケーションが複製設定の中のテーブルの NOWAIT ロックを使用する場合は、アクティベートされるオブジェクトのロックを取得しようと試みた場合に、失敗することがあります。

アクティベーションのガイドライン

  • 設定をアクティベートするには、複製するオブジェクトがあるデータベースをマウントして開く必要があります。アクティベーションにかかる時間は、サイズ、設定オブジェクト数、オブジェクトの構造などによって異なります。
  • 各システムで「データソース(Oracle インスタンス)ごとに」1 つの設定をアクティベートできます。たとえば、インスタンス ora10 について ConfigA、ConfigB および ConfigC が存在する場合、一度にアクティベートできるのはそれらの中の 1 つだけです。同じデータソースで他の設定をアクティベートすると、最初のものが自動的にディアクティベートされます。
  • アクティベーション中は、TRUNCATE を含めて、DDL を実行しないでください。アクティベーション中は、DML 変更だけが実行できる変更です。
  • アクティベーションでは、アプリケーションに再試行ロジックがあることが必要です。複製設定の中のテーブルの NOWAIT ロックによって、アクティベートされるオブジェクトのロックを取得しようと試みた場合に、アプリケーションが失敗することがあります。
  • activation プロセスは、アクティベーションが終了するまで sp_ctrl インターフェイスの制御を保持します。同じシステム上に存在する異なるデータソースの複数の設定をアクティベートするには、最初の設定をアクティベートし、次に sp_ctrl の別のセッションを開いて 2 番目の設定をアクティベートします。アクティベートする設定の数だけ、いくつでも sp_ctrl のセッションを開くことができます。
  • 設定をアクティベートする前に、verify config コマンドを使用して、activation および複製が成功するための基本要件が満たされていることを確認します。このコマンドは、activation が失敗する潜在的な問題に関して警告します。

アクティベーションスレッド数の設定

アクティベーションスレッド数をグローバルに (すべてのアクティベーションに対して) 設定できます。また、すべてのアクティベーションについてこの設定を優先することもできます。

スレッド数をグローバルに設定するには

  1. sp_ctrl を実行します。
  2. 次のコマンドを発行します。使用できるスレッド数の最大値は 32 です。

    sp_ctrl> set param SP_OCF_THREAD_COUNT number_of_threads

現在のアクティベーションのスレッド数を設定するには

activate config コマンドを発行するときに、[threads=n] オプションを使用します。

アクティベーションのステータスと結果の表示

SharePlex は、設定ファイルの中の順序ではなく、オブジェクト ID に従ってオブジェクトをアクティベートするので、activation の順序を予測する方法はありません。ソースシステムで show activate コマンドを使用すると、テーブルがアクティブになっているときにアクティベーション統計を表示できます。

SharePlex は、個々のテーブルのアクティベーションが失敗するかどうかに関係なくアクティベーションを続行するため、テーブルのアクティベーションに失敗すると、sp_ctrl プロンプトで「WARNING, not all objects activated successfully. Check activation log.」というエラーメッセージを表示して警告します。

activation の結果を表示するには

show config コマンドを発行します。

activation が失敗したときにすること

多くの要因によって、テーブルのアクティベーションまたは設定全体が失敗することがあります。たとえば、設定ファイル中の 1 つ以上のコンポーネントの入力に誤りがあると、影響を受けるオブジェクトのアクティベーションに失敗します。

アクティベートする前に verify config コマンドを発行しなかった場合は、ここでそのコマンドを実行し、問題が検出された場合には修正してください。それから再び activation を試みます。トラブルシューティングのアドバイスについては、『SharePlex 管理ガイド』を参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: ソースシステム
関連コマンド: abort config、copy config、create config、deactivate config、edit config、list config、purge config、remove config、rename config、show activate、show config、verify config、view config 

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
activate config filename

[threads=n]

[nolock]

scn=scn_value

seqno=log_sequence_number

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
filename 

必須。アクティベートする設定の名前。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

例:

sp_ctrl(sysA)> activate config sales

threads=n

(Oracle で有効)このオプションを使用して、アクティベーションプロセスが生成する分析スレッドの数を設定します。このオプションは、SP_OCF_THREAD_COUNT パラメータによって設定されたデフォルト値を上書きします。

n の有効な値の範囲は、1 から 32 ですが、5 スレッドを超えないようにすることをお勧めします。このポイントを超えると一般にスレッド使用の利益がなくなるためです。SharePlex は分析するテーブルの数を超える数のスレッドを起動しません。

使用する場合、このオプションは必要なコマンド引数の後に指定する必要があります。

例:

sp_ctrl(sysA)> activate config sales threads=3

 

nolock

(Oracle で有効)このオプションを使用して、複製に追加されたテーブルをロックしないでアクティベートします。

このオプションは、scn または seqno オプションと一緒に使用しないでください。

scn=scn_value

(Oracle で有効)このオプションを使用して、redo ログ内の特定の SCN で複製を開始する設定をアクティベートします。詳細については、このリリースで提供される Resume Replication のドキュメントを参照してください。Resume Replication 機能の一部としてこのオプションを使用すると、障害発生前に Post が適用した最後のトランザクションから複製を再開するように SharePlex に指示します。設定をアクティベートする前に、show scn コマンドを使用して、すべての Post プロセスから post された最後のトランザクション(名前付きキューを使用している場合)の SCN を取得します。設定をアクティベートするには、これらの SCN 値の最小値を使用します。完全なリカバリ手順については、このリリースに含まれるベータ版のドキュメントを参照してください。

このオプションは、nolock オプションとともに使用しないでください。

例:

sp_ctrl> activate config myconfig scn=123456

seqno=log_sequence_number

(Oracle で有効)このオプションを使用して、特定の redo ログのシーケンス番号で複製を開始する設定をアクティベートします。

このオプションは、nolock オプションとともに使用しないでください。

例:

activate config myconfig seqno=98765

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

analyze config

analyze config コマンドを使用して、設定ファイル内のテーブルの分析を実行します。このコマンドは、テーブルのアクティビティに関する情報を収集します。

重要! 分析を実行する前に設定をアクティベートしないでください。また、実行時に他のアクティブな設定がないことを確認してください。このコマンドの使用は、実際のアクティベーションと似ています。

分析プロセスは、コマンドで指定した時刻に収集されたデータに基づいた結果を書き出し、次に複製ストリームがそれ自体をクリーンアップします。

分析は、変数データディレクトリの log サブディレクトリにあるファイルに書き込まれます。ファイル名:

o.datasource-analysis.actid

分析プロセスは、複製内の各オブジェクトのアクティビティに関する情報、およびトランザクション情報を保持します。トランザクション情報は、相互に関係しており同じ複製ストリーム内(同じ一連のプロセス)で複製する必要があるテーブルのグループの識別に使用できます。

分析では、関連するテーブルのグループ、テーブル当たりの合計操作数、およびグループの合計操作数が一覧表示されます。例:

>cat o.w111a64f-analysis.1575

Activity Analysis

 

Group 1 of related tables:1000 total operations in group

"TEST"."SS2_TEST1" 346

"TEST"."SS2_TEST2" 348

"TEST"."SS2_TEST3" 306

 

Group 2 of related tables:1124 total operations in group

"TEST"."SRC_TEST1" 232

"TEST"."SRC_TEST2" 177

"TEST"."SRC_TEST3" 178

"TEST"."SRC_TEST4" 175

"TEST"."SRC_TEST5" 188

"TEST"."SRC_TEST6" 174

 

Tablename Inserts Updates Deletes Rollbacks Total
"TEST"."SS2_TEST2" 146 169 33 0 348
"TEST"."SS2_TEST1" 140 176 30 0 346
"TEST"."SS2_TEST3" 116 158 32 0 306
"TEST"."SS2_TEST1" 75 114 29 14 232
"TEST"."SS2_TEST5" 61 94 22 11 188
"TEST"."SS2_TEST3" 69 73 28 8 178
"TEST"."SS2_TEST2" 69 77 21 10 177
"TEST"."SS2_TEST4" 54 89 19 13 175
"TEST"."SS2_TEST6" 61 79 25 9 174

分析の現在のステータスを表示するには

分析のステータスを表示するには、show analyze コマンドを使用します。

sp_ctrl (alvspxl11:8567)> show analyze detail

 

Host: alvspxl11.quest.com

Operations  
Source Status Processed Since Total Backlog
------ ------------ ----------- ------- ------ -------
o.w111a64f Running 1497 17-Mar-12 10:41:54 1496 0
           

Last operation processed:

Redo log:295 Log offset:32327800

UPDATE of "TEST"."SRC_TEST3" at 03/17/12 0:59:17

 

Activation id :1573
Operations processed :1497
Transactions processed :398
Analysis complete :20-Mar-12 10:41:54

完了前に分析を終了するには

分析が完了する前に終了するには、abort config または deactivate config コマンドを使用するか、SP_ANL_RUN_TIME パラメータを変更します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: source system
関連コマンド: abort config、copy config、create config、deactivate config、edit config、list config、purge config、remove config、rename config、show activate、show config、verify config、view config 

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
analyze config filename n {minutes | hours | days}

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
filename 

分析する設定ファイルの名前。設定名には、大文字と小文字の区別があります。

例:

sp_ctrl(sysA)>analyze config sales

n {minutes | hours | days) 分析するアクティビティの分、時間、または日数。

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

例:

analyze config testconf 5 days

 

sp_ctrl (alvspxl11:8567)> show analyze

Process Source Target State PID
------ ------------ ----------- ------- ----
Capture o.w111a64f   Running 2968
Analyze o.w111a64f   Running 2976

 

append status

前回実行した copy または append コマンドジョブのステータスを表示するには、append status コマンドを使用します。append status コマンドを使って、単一の copy/append ジョブの詳細なステータスまたは copy/append ジョブの一部の表示、SharePlex が履歴を保有しているすべての copy/append ジョブのステータスの表示を行えます。

append status コマンドの使用方法の詳細と例については、job status コマンドを参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: Oracle
権限レベル: 閲覧者
発行先: ソースまたはターゲット
関連コマンド: copystatus

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
job status

[job_id]

[Job_id.table_id]

[all]

[full]

[detail]

[status]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
job_id

指定した、SharePlex が割り当てたジョブ ID を持つジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status 2828.2

job_id.table_id

指定した、SharePlex が割り当てたジョブ ID とテーブルを持つジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status 2828.HR.SRC_TEST3

all

各ジョブのサマリー行とデータベース内の履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status all

full

ジョブ内の各オブジェクトのステータスを表示します。デフォルトで、job status コマンドは完了していないオブジェクトのステータス、または例外ステータス付きで完了したオブジェクトのステータスを表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status 2828 full

detail

レポートされた各オブジェクトの詳細情報を表示します。デフォルトで、job status コマンドは、レポートされた各オブジェクトのサマリー行を表示します。詳細情報は、job_id.table_id オプションで表示される情報と同じことに注意してください。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status detail

[status]

指定したステータスを持つ、前のジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)>job status "Error"

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

 

authlevel

authlevel コマンドは、システムで SharePlex コマンドを発行する権限レベルを決定するために使用します。

次に表示の例を示します。

User is a viewer (level=3)

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: なし

構文

基本コマンド リモートオプション
authlevel

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating