Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

ログパラメータ

これらのパラメータは、SharePlex ログのプロパティを制御するために使用します。

SP_SLG_LOG_MAXSIZE

このパラメータは、SharePlex の Event ログおよび Trace ログのサイズを制御します。ファイルがその最大サイズに達すると、ログの種類に応じて、次の処理が発生します。

  • イベントログの名前が event_log_n に変更されます。ここで、n はファイルシーケンスの次の番号です。さらに、新しいファイルがアクティブなイベントログとして作成されます。たとえば、最初のイベントログがその最大サイズに達すると、その名前は event_log_0000000001 に変更され、新しいファイルがアクティブなログとして開きます。このファイルが最大サイズに達すると、その名前は event_log_0000000002 に変更され、その後も同様の処理が繰り返されます。
  • トレースログは切り詰められます。このログへの書き込み前に、SharePlex はそのサイズをチェックします。サイズがこのパラメータの値よりも大きい場合は、SharePlex は書き込む前にファイルを切り詰めます。

このパラメータを増加する前に、新しいファイルサイズに見合った十分なディスクスペースがあることを確認してください。

 

デフォルト:500 MB

有効な値の範囲:1 から 2048 MB(1 MB 単位で増加)

有効になる時期SharePlex の再起動時

SNMP パラメータ

これらのパラメータは、SharePlex SNMP サポートのプロパティの制御に使用されます。

SP_SLG_SNMP_ACTIVE

このパラメータは、SNMP サポートを有効 / 無効にするフラグです。

SharePlex は、SharePlex の複製がサポートする Unix、Linux、および Windows のすべてのプラットフォーム上で、Simple Network Management Protocol(SNMP)エージェントをサポートします。

注: SharePlex は SNMP エージェントのみをサポートし、SNMP トラップのみを送信します。トラップを横取りする SNMP シグナルデーモン(SNMP マネージャ)は用意されていません。SNMP シグナルを管理するために Network Management Station(NMS)がある場合のみ、SharePlex の SNMP 機能を使用してください。SharePlex SNMP エージェントは、snmptrap という名前で、SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリに SharePlex と一緒にインストールされます。このプログラムは実行しないでください。

 

デフォルト:0(オフ)

有効な値の範囲:0 または 1(オン)

有効になる時期:SharePlex の再起動時

SNMP エージェントパラメータ

次のパラメータによって、NMS と通信するように SNMP エージェントが設定されます。SP_SLG_SNMP_ACTIVE を有効にした場合は、それぞれのパラメータに値が必要です。

パラメータ
SP_SLG_SNMP_HOST トラップの送信先のシステム(ホスト)の名前
SP_SLG_SNMP_COMMUNITY コミュニティのセキュリティ文字列
SP_SLG_SNMP_MJR_ERRNUM トラップが使用するメジャーエラーナンバー
SP_SLG_SNMP_MNR_ERRNUM トラップが使用するマイナーエラーナンバー

カスタム MIB パラメータ

以下のパラメータは、カスタム MIB の必須情報を指定します。

パラメータ
SP_SLG_SNMP_ENTERPRISE_OID トラップで送信されるエンタープライズオブジェクト識別子。デフォルトは 1.3.6.1.4.1.3.1.1 です。
SP_SLG_SNMP_TRAP_OID トラップにバインドされるカスタムオブジェクト識別子。デフォルトは 1.3.6.1.2.1.1.1.0 です。
SP_SLG_SNMP_TRAP_PROGRAM トラッププログラムの名前。デフォルトは iwsnmptrap です。

SNMP トラップパラメータ

次のパラメータによって、特定の複製イベントのトラップを送信するように SNMP エージェントが設定されます。イベントのメッセージまたはエラーのテキストはトラップに含まれていますが、これはイベントログに含まれるエラーと同じです。

イベントの SNMP トラップを有効にするには、対応するパラメータ値を 1 に設定します。デフォルトでは、すべてのトラップが無効です(パラメータ値 0)。

パラメータ SharePlex イベント
SP_SLG_SNMP_INT_ERROR プロセス終了の原因となる SharePlex 論理エラー
SP_SLG_SNMP_SYS_ERROR SharePlex が遭遇するシステム関連のエラー
SP_SLG_SNMP_ERROR その他の SharePlex エラー
SP_SLG_SNMP_OUT_OF_SYNC 複製の非同期
SP_SLG_SNMP_STARTUP SharePlex の起動
SP_SLG_SNMP_SHUTDOWN SharePlex のシャットダウン
SP_SLG_SNMP_LAUNCH SharePlex プロセスの開始
SP_SLG_SNMP_EXIT SharePlex プロセスの停止

システムパラメータ

これらのパラメータは、システム関連の SharePlex プロパティを制御します。

SP_SYS_HOST_NAME

このパラメータは、別のネットワークインターフェイスのあるクラスタおよびシステムなど、1 つの SharePlex 変数データディレクトリが複数のノードで共有されている環境で使用します。これを使用すると、プロセスのどれかがネームルックアップを発行したときに、ローカルシステム名に優先して、SharePlex は正しい論理的ホスト名(グローバルクラスタパッケージ名)が分かります。このパラメータで設定された名前によって、SharePlex は failover 中に正しく移行できます。

  • プライマリノードおよびすべてのセカンダリノード(アダプティブノード)で SP_SYS_HOST_NAME を設定してから、configuration をアクティベートして、フェイルオーバーするパッケージにそれを configuration します。
  • このパラメータを Unix および Linux システムの .profiles ファイルおよび Windows システムの Windows レジストリに設定します。
  • Unix および Linux システムでは、このパラメータを共有の変数データディレクトリの sp_ctrl を通じて設定します。sp_ctrl を通じて SP_SYS_HOST_NAME を設定することで、これが failover の一部である変数データディレクトリに恒久的に設定され、複製を開始する準備ができたときに sp_cop を起動する前にパッケージ名がエクスポートすることが保証されます。
  • クラスタ内のマシンだけに SP_SYS_HOST_NAME を設定します。

クラスタ化されたマシンに影響するシステムから sp_ctrl コマンドを発行するときは、SP_SYS_HOST_NAME で設定した名前を [onhost] オプションでホストとして使用するか、host コマンドを使用して、これを sp_ctrl のデフォルトとして設定します。

クラスタ化されたシステムでこのパラメータを使用する方法の詳細については、『SharePlex インストールガイド』を参照してください。

 

デフォルト:なし

有効な値の範囲:パッケージ名の文字列

有効になる時期: SharePlex の再起動時

 

SP_SYS_IN_SYNC

このパラメータは、SharePlex が NULL 値が許可されているキー列のあるテーブルを複製する方法を制御します。

  • このパラメータをデフォルトである 0(オフ)に設定したときは、どれかの列に NULL が含まれているかどうかに関わらず、SharePlex はターゲットシステムで行を探すためにキーを使用します。こうすることで、行のキーに NULL が含まれている場合に、UPDATE および DELETE で out-of-sync 状態が発生することがあります。行の一意性は保証されず、SharePlex がターゲットシステムが違う行を変更する可能性があります。
  • このパラメータを 1(オン)に設定したときは、SharePlex がキーを使うように指示されますが、それは行のキーに NULL が存在しない場合に限られます。キーに NULL 値がある場合は、正しい target 行を必ず発見できるように、SharePlex は行の中のすべての列をシミュレーションされたキーとして使用します。

ご使用のアプリケーションの中のキーに NULL が決して含まれていないことをご存知の場合は(NULL が宣言されている場合でも)、このパラメータが使用する追加ロジックでより多くのオーバーヘッドが発生するために、このパラメータをオフのままにしてください。configuration を activate する前に source system にこのパラメータを設定します。

 

デフォルト:0(オフ)

有効な値の範囲:0 または 1(フラグ)

有効になる時期:Capture および Read の再起動時

 

SP_SYS_JOB_HISTORY_RETENTION[SP_SYS_JOB_HISTORY_RETENTION]

このパラメータは、job status コマンドや report コマンドで表示するために、過去の comparecompare usingrepaircopy、または append ジョブに関する情報を保持する日数を定義します。

 

デフォルト:90 日

有効な値の範囲:0 または任意の正の整数

有効になる時期:即時

 

SP_SYS_SUSPEND_ON_ERROR

このパラメータは、システムまたは内部 SharePlex エラーが発生したときに、Capture または Post プロセス が停止するかどうかを制御します。デフォルトの 1 に設定すると、エラーが発生したときにプロセスが停止します。0 に設定すると、プロセスは継続しますが、Event Log にメッセージを生成します。

重要: Capture が長時間停止した場合は、Oracle に遅れをとり、REDO ログがラップすることがあります。これが発生した場合は、Capture はアーカイブログを読み取りますが、アーカイブログが使用不能になった場合は、データを resynchronize する必要があります。

 

デフォルト:1(エラーで停止します)

有効な値の範囲:0 または 1(フラグ)

有効になる時期:即時

 

SP_SYS_VAR_FULL

このパラメータは、SharePlex 変数データディレクトリをインストールしたディスク上の利用可能領域の閾値を設定します。このパラメータは、キューが利用可能ディスク領域を超えることを防止します。Capture、Read、または Import が処理している操作により、利用可能なディスク領域がこのパラメータに設定した値を下回った場合、処理は停止します。利用可能なディスク領域が SP_SYS_VAR_OK パラメータに設定した閾値まで戻った場合、処理は再開されます。

 

デフォルト:30 MB

有効な値の範囲SP_SYS_VAR_OK の値より大きい任意の正の整数

有効になる時期:即時

 

SP_SYS_VAR_OK

このパラメータは、Capture、Read、または Import が SP_SYS_VAR_FULL の値に達して処理を停止した後に、処理を再開する利用可能ディスク領域の量を設定します。

 

デフォルト:50 MB

有効な値の範囲:任意の正の整数

有効になる時期:即時

Compare コマンドパラメータ

これらのパラメータは、SharePlex compare コマンドのプロパティを制御します。

SP_DEQ_IGNORE_ORACLE_ERROR_NUM

このパラメータにより、無視する Oracle エラー番号を指定できます。指定されたエラー番号は、最高 500 回まで無視されます。このパラメータは主にデバッグ目的で、repair または repair1 オプションと一緒に使用してはいけません。

 

デフォルト:0 (なし)

有効な値の範囲:有効な任意の Oracle エラー番号 (例:1406)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_IP_MAPPING

このパラメータは、ソースおよびターゲットシステムの間で Network Address Translation(NAT)が実装されているときに、IP アドレスをマッピングします。NAT が実装されているときは、ソースマシン上のターゲットの IP アドレス(192.168.32.10 など)とターゲットマシン上の IP アドレス(213.18.123.103 など)が異なることがあり、これにより compare および repair コマンドを発行したときに混乱が発生することがあります。ターゲットマシンで SP_DEQ_IP_MAPPING パラメータを設定したときは、IP アドレス 192.168.32.10 は IP アドレス 213.18.123.103 と等価であると見なされるために、Post は compare メッセージを処理でき、compare の sp_declt クライアントプロセスは、Compare プロセスを完了できます。

SP_DEQ_IP_MAPPING パラメータは次の例のようにターゲットシステムで設定します。

sp_ctrl> set param SP_DEQ_IP_MAPPING "192.168.32.10:213.18.123.103"

注: ソースおよびターゲットマシンの正しい IP アドレスを使用してください。上記の IP アドレスは単なる例です。

さらに、SP_DEQ_IP_MAPPING パラメータは、次の例のように、コンマ区切りの複数のマッピングを受け入れます。

sp_ctrl> set param SP_DEQ_IP_MAPPING "192.168.32.10:213.18.123.103,10.2.3.4:50.64.70.88"

 

デフォルト:なし

有効な値の範囲:1 つまたは(コンマで区切られた)複数の有効な IP アドレス

有効になる時期:次回 compare コマンドを発行したとき

 

SP_DEQ_LOG_FILESIZE

このパラメータは、compare を実行したサーバおよびクライアントによって生成された SQL ログファイルのサイズを制御します。

 

デフォルト:50 MB

有効な値の範囲:0 より大きい任意のサイズ。

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時。

 

SP_DEQ_MALLOC

このパラメータは、ソース側の Compare プロセスがフェッチのバッチサイズを制御することでメモリ使用量を割り当てるために使用します。バッチサイズは、SharePlex が比較のために一度に選択する行数を制御します。バッチサイズを大きくすると、処理速度が向上しますが、より多くのメモリが必要です。この値は使用する compare スレッドの数で均等に分割され、次に、加算されたすべての列サイズに基づいてバッチサイズが再計算されます。

 

デフォルト:500(MB)

有効な値の範囲:50 ~ 32,767(MB)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時。

 

SP_DEQ_PARALLELISM

このパラメータは、SELECT 文の並列処理の次数のヒントを管理します。

SP_DEQ_PARRALLISM が 0 に設定されている場合、並列ヒントは使用されません。コマンドラインからユーザーが指定したヒントが優先されます。

 

デフォルト:2

有効な値の範囲:0 から 500

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_PARTIAL_REPAIR_CLR_OOS

 

このパラメータは、次のようなテーブルの行のサブセットのみを compare および repair した後、repair プロセスによってテーブルの statusdb から非同期メッセージをクリアできるようにします。

  • WHERE 句または Oracle(サブ)パーティション名で指定された行のサブセット。
  • 水平分割レプリケーションで指定された行のサブセット。

このパラメータは、次のように動作します。

  • 値 0(無効化、デフォルト値):行のサブセットが比較および修復された後、非同期メッセージが statusdb 内で保持されます。メッセージは保持されるので、ユーザーは選択条件を満たさなかった非同期行が存在する可能性に気付きます。
  • 値 1(有効化):行のサブセットが比較および修復された後、非同期メッセージがクリアされます。サブセット内の行が非同期状態のテーブル内の唯一の行であることが判明している場合にのみ、このパラメータを有効にします。

:テーブル内のすべての非同期行を確実に修復するには、テーブル全体に対して compare および repair を実行します。

 

デフォルト:0(無効化)

有効な値の範囲:0 または 1(フラグ)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_PART_TABLE_UPDATE

このパラメータが分割された Oracle ターゲットテーブルに対して発行されると、repair using および repair コマンドの動作に影響します。

  • このパラメータがデフォルトの 0 に設定されていると、分割された Oracle ターゲットテーブルは INSERT および DELETE のみを使用して repair されます。UPDATE を必要とする repair は、DELETE とそれに続く INSERT に変換されて、UPDATE によって行がパーティションを変更し、行移動がテーブルで有効になっていないときのエラーを防止します。
  • このパラメータが 1 に設定されていると、分割された Oracle テーブルは必要に応じて INSERT、UPDATE、DELETE を使用して repair されます。このモードは、UPDATE によってターゲットテーブルで行変更のパーティションが発生しないことが分かっているとき、または行移動がターゲットテーブルで有効になっているときのみ、このモードを使用してください。

このパラメータはターゲットシステムで設定します。

 

デフォルト:0(UPDATE を使用して repair しません)

有効な値の範囲:0 または 1(フラグ)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_READ_BUFFER_SIZE

このパラメータは、compare/repair 操作中に LOB および LONG 列のみに適用されます。これは、これらの列が compare および repair されるときに、フェッチされた LOB または LONG データを保持するバッファのサイズを調節します。パラメータの値は、使用可能なシステムメモリおよびデータサイズに基づいて調節する必要があります。

 

デフォルト:1 MB

有効な値の範囲:1~100 の範囲の任意の整数 (値は MB)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_ROW_LOCK_THRESHOLD

このパラメータは、repair の実行時に repair プロセスによるロック対象がターゲットテーブル全体であるか、非同期行に限定されるかどうかを制御します。指定した値よりも非同期行数が少ない場合は、非同期行のみがrepair 対象としてロックされます。このため、Post プロセスはテーブル内の他の行に対する post を続行できます。

 

デフォルト:非同期行数 1000

有効な値の範囲:任意の正の整数

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_SKIP_LOB

このパラメータは、LOB 列があるテーブルに関する compare および repair コマンドの動作を指示します。

  • このパラメータがデフォルトの 0 に設定されているときは、compare process は LOB のあるテーブルを compare および repair します。
  • このパラメータを 1 に設定したときは、LOB のあるテーブルは処理されますが、LOB のない列だけが compare および repair されます。LOB 列は無視されます。

このパラメータはソースシステムで設定します。

 

デフォルト:0

有効な値の範囲:0 または 1(フラグ)

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_THREADS

このパラメータは、ソースシステムで compare コマンドが使用する処理スレッドの数を制御します。各スレッドがターゲットマシンに sp_declt プロセスを作成します。

デフォルトの 2 スレッドが、UP マシンでは最良の数字であることが証明されていますが、最大で 15 スレッドまでに設定することで、パフォーマンス向上が得られる可能性があります。スレッド数が多すぎると、特にサイズの大きいテーブルを同時に比較することになった場合、利点が少なくなります。

スレッド数の値は、compare するテーブルの数とは無関係であり、SharePlex は compare するテーブル数を超える数のスレッドは生成しません。マシンのプロセッサが 1 個だけの場合は、このパラメータを 1 の値に設定します。システム上のプロセッサ数より大きい値に設定しないでください。

 

デフォルト:2 スレッド

有効な値の範囲:1 から 15

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

SP_DEQ_TIMEOUT

このパラメータは、compare および repair コマンドの接続タイムアウトを制御します。sp_desvr プロセスは複製キューに依存してターゲットシステムで sp_declt プロセスをインスタンス化するために、sp_declt プロセスは、キュー内のすべての以前のメッセージが処理されるまで起動できません。遅延がこのパラメータで指定されたタイムアウトよりも長い場合は、sp_desvr は終了して、エラーを戻します。キューが 30 分を超えるバックログを起こすことが分かっている場合は、必要に応じてこのパラメータを増加してみてください。

 

デフォルト:1800 秒(30 分)

有効な値の範囲:121 秒以上

有効になる時期:次の比較のために使用可能になると即時

 

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating