Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

show sync

show sync コマンドは、Post に発生しうる非同期の問題を表示します。情報は、Status Database から抽出されます。各非同期オブジェクトについて、次のものを表示します。

  • Count:失敗した文の数
  • Detail:テーブル名、キュー名、日付、時刻を含みます

どの SQL 文がエラーを発生させたかを表示するには、SID_errlog.sql ログファイルを表示します。Event Log には、問題のレコードもあります。

show sync コマンドの発行時に何も非同期状態になっていない場合は、sp_crtl プロンプトに戻ります。

このコマンドはターゲットシステムに発行します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ターゲットシステム
関連コマンド: show statusdb

構文

基本コマンド リモートオプション
show sync

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

shutdown

shutdown コマンドは、複製をシャットダウンするために使用します。shutdown コマンドの完了時点で、SharePlex は自動的に sp_ctrl をシャットダウンします。

優しいシャットダウン

基本の shutdown コマンドは、sp_cop (Windows システム上の SharePlex サービス)などのすべての SharePlex プロセスを優しくシャットダウンして、各プロセスの状態を保存し、ディスクのチェックポイント、バッファデータの読み取り解放、および子プロセスのクリーンアップを実行します。キューの中のデータはその場に安全にとどまり、権限のあるユーザーが sp_cop を再び起動したときは、処理の準備が整っています。

強制的なシャットダウン

[force] オプションをつけて shutdown コマンドを使用した場合は、通常のシャットダウン手順が完了したかどうかに関わらず、SharePlex プロセスがすぐに kill されます。sp_cop を起動したときに、SharePlex は強制シャットダウンから回復しますが、複製処理は、以前の保存ポイントから再開します。つまり起動が少し長くかかることがあります。

[force] オプションは、SharePlex を優しくシャットダウンしようと試みたが、子プロセスが実行したままになっている場合にのみ使用してください。コマンドシェルで ps -ef | grep sp_ コマンドを発行するか、Windows タスクマネージャの プロセス タブを表示することで、SharePlex プロセスがまだ実行中であるかどうかを確認できます。

重要: レプリケーションをシャットダウンしても、ユーザーがアクティブ設定の中のオブジェクトの変更を継続した場合は、SharePlex が再起動する前に Oracle の REDO ログがラップすることがあります。遅延が長く、アーカイブログが使用できなくなった場合は、データを再同期する必要があります。REDO ログは、SharePlex がシャットダウンされるときに十分対応できるように、大きく数が多いことが必要です。レプリケーションの REDO ログの適切なサイズ設定の詳細は、『SharePlex 管理者ガイド』の第 4 章を参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: startup

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
shutdown

[force]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
force

このオプションは、キューからの読み取り、またはそこへの書き込みが終了したかどうかに関わりなく、sp_cop を含めてすぐにすべての複製プロセスをシャットダウンします。デフォルトの shutdown コマンドが失敗した場合、または優しいシャットダウンを待てない場合に、このオプションを使用します。

例:

sp_ctrl(sysA)> shutdown force

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

start

start コマンドは、stop または abort [service] コマンドを使用して停止した後、または Post を flush コマンドで停止した後で、複製プロセスを起動するために使用します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Operator (2)。Capture には Administrator (1) が必要。
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: stop

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
start service

[to host]

[from host]

[for datasource]

[for datasource-datadest]

[queue queuename]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
service

起動する SharePlex プロセス。有効な値は次のとおりです。

  • Capture
  • Read
  • Export
  • Import
  • Post

例:

sp_ctrl(sysA)> start export

to host

このオプションは、指定されたターゲットシステムのみに Export を起動します。

to は構文の必須部分です。

host はターゲットシステムの名前です。

例:

sp_ctrl(sysA)> start export to sysB

この例では、Export が sysA から sysB に起動されます。

from host

このオプションは、指定されたソースシステムのみから Import を起動します。

  • from は構文の必須部分です。
  • host はソースシステムの名前です。

例:

sp_ctrl(sysD)> start import from sysA

この例では、Import が sysD で sysA から起動されます。

for datasource

このオプションは、指定されたデータソースの Capture または Read を起動します。

  • for は構文の必須部分です。
  • datasourceo.SID として表されます。ここで、SID は ORACLE_SIDです。

例:

sp_ctrl(sysA)> start read for o.oraA

この例では、Read は sysA でインスタンス oraA のために起動されます。

for datasource-datadest

このオプションは、Post を指定された SID とターゲット SID の間のデータストリームだけのために起動します。

  • for は構文の必須部分です。
  • datasourceo.SID として表されます。ここで、SID は ORACLE_SIDです。

  • datadesto.SID または r.database として表されます。ここで、SID は ORACLE_SID、database はオープンターゲットデータベースの名前です。

例:

sp_ctrl(sysC)> start post for o.oraA-r.mssA

この例では、Post は sysC で SQL Server database mssA を複製するインスタンス oraA のために起動されます。

queue queuename

このオプションは、指定された名前付きキューに関連付けられた Export、Import または Post プロセスを起動します。

queue は構文の必須部分です。

queuename は設定ファイルに書かれているキューの名前です。

例:

sp_ctrl(sysA)> start export queue QA

この例では、名前付きキュー QA によるデータの Export が sysA で起動されます。

   

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

startup

startup コマンドは、Unix または Linux マシンで [–s] オプションを使用して sp_cop を起動した場合にのみ、複製を開始するために使用します。アクティブ設定があるときは、コマンドラインから sp_cop を起動したときに、複製は通常自動的に開始されます。ただし、起動時に [–s] オプションを使用すると、複製プロセス(Capture、Read、Export、Import、Post)はアイドル状態のままとなります。これは次の例のように status コマンドを発行すると分かります。

 

[–s] オプションを付けて sp_cop を起動すると、start コマンドでプロセスを個別に起動することはできません。それらをすべて startup コマンドで起動する必要があります。sp_cop をシャットダウンする前に、 stop コマンドで停止しない限り、プロセスはすべて起動します。

 

注: [–s] オプションを使用した SharePlex の起動の詳細については、『SharePlex 管理者ガイド』の第 3 章を参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: shutdown

構文

基本コマンド リモートオプション
startup

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating