Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

show read

show read コマンドは、Read プロセスの統計を表示するために使用します。

基本コマンド

基本の show read コマンドは、プロセスの概要(データソース、プロセスが実行中か停止中か、およびその他の基本情報など)を表示します。

詳細な統計

Read プロセスの詳細な統計を表示するには、[detail] オプションを付けて show read コマンドを使用します。このオプションは、詳細な統計を表示します。詳細な統計は、プロセスのパフォーマンスを評価したり、チューニングパラメータの調整が必要かどうか判断したり、問題やボトルネックを検出したりするのに役立ちます。

統計 説明
Host ローカルマシン(ソースシステム)の名前。
Source ソース Oracle インスタンスの名前。
Status

Read プロセスのステータス(実行中または停止中)。

Operations forwarded Read が Export キューに送信した操作の数。
Since Read の開始時刻。
Total capture キュー内でまだ読み込み-解放されていないメッセージ数。この値は、動作中の qstatus から返される「Number of messages」に対応しています。
Backlog Read が処理するために capture キューの中で待機しているメッセージの数。
Last operation forwarded Read が export キューに送信した最新の操作、または Read が非アクティブな場合は、それが送信した最後の操作に関する識別情報。操作は、DML操作、DDL 操作、または内部 SharePlex 操作に関するデータです。
Read state

実行する複製処理に関連した、プロセスの状態。以下のいずれかを指定できます。

  • IDLE:Read は、キャプチャキューから次のレコードのバッチを収集し処理するために待機しています。Read が長時間アイドル状態になっている場合は、Capture が背後で実行されているか、キャプチャキューに新しいデータがないためにアイドルになっていることを意味します。これが当てはまらない場合で、Read プロセスの遅延を減少したい場合は、Read がより速くレコードを収集して処理するように、SP_ORD_DELAY_RECORDS パラメータを調整します。
  • PASS1」:Read が、データを処理し、ルーティングのためにパッケージする最初のフェーズに入っています。
  • PASS2:Read は処理の第 2 フェーズに入っています。

Read State フィールドは、Read が操作を処理する時間がかかりすぎているように思える場合に便利です。

Activation ID 関連付けられたプロセスおよびキューを識別する、設定のアクティベートの内部識別番号。
Operations forwarded Read が起動してから、export キューに送信したトランザクションおよび内部 SharePlex 操作の数。
Transactions forwarded Read が起動してから、export キューに送信したコミット済みトランザクションの数。この値を、operations forwarded の値と比較することで、トランザクションが大きいか小さいかという傾向が示されます。この情報は、Read が遅れをとる理由、およびキューが空にならない(COMMIT のない大きなトランザクション)理由を判断するために使用できます。
Full rollbacks Read が処理した、ロールバックされたトランザクション数。
Full rollback operations skipped トランザクションがロールバックされたため、Read がエクスポートキューに転送しなかった操作数。
Cursor cache hit count Read がキャッシュされたカーソルを使用した回数。
Cursor cache miss count Read がキャッシュされたカーソルを使用できなかった回数。
Number of open cursors 必要な場合に、Read が Oracle にアクセスするために保持しているオープンカーソルの数。
Number of active batches バッチトランザクションとして処理中の、現在アクティブなトランザクション数。有効にすると、Read でバッチ操作がまとめられるため、迅速に post できます。
Batch message total Read プロセスがバッチ操作にまとめる操作数。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: show capture、show export、show import、show post

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
show read

[detail] [for datasource]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
show read
  • Read プロセスの状態および処理された操作のサマリを表示します。
  • detail

    このオプションは、Read プロセスの詳細統計を表示します。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show read detail

    for datasource

    このオプションは、特定のデータソースに関して Read 統計を表示します。

    datasourceo.SID として表されます。ここで SID は ORACLE_SID です。

    sp_ctrl(sysA)> show read for o.oraA

       

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    show sql

    show sql コマンドは、Post プロセスがターゲットデータベースにデータを post するために書き込んだ SQL 文を表示するために使用します。post キューが空の場合、または Post が文を処理中でない場合は、show sql コマンドは、処理された最新の SQL 文を表示します。

    このコマンドは、複製の時間が長すぎると思うとき、または Post がエラーで停止したときに使用します。どの SQL 文で停止したかを知ることは、何が悪いのか、さらにアクションが必要なのかどうかを判断するために役立ちます。

    次に show sql の表示の例を示します。

    sp_ctrl (tustin:8852)> show sql

    Last SQL statement of queue tustin and instance o.ora920-0.ora920 on tustin

    insert into “KWONG”.”KCWTAB2” (“C1”,”C2”) values (:V001,:V002)

    このコマンドはターゲットシステムに発行します。

    使用法:

    サポートされるターゲット: すべて
    権限レベル: Viewer (3)
    発行先: ターゲットシステム
    関連コマンド: なし

    構文

    基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
    show sql

    [queue queuename]

    [for datasource-datadest]

    [thread=n]

    [session=n]

    [ on host |

    on host:portnumber |

    on login/password@host |

    on login/password@host:portnumber ]

    構文の説明

    コンポーネント 説明
    show sql オプションを使用しない場合は、すべての SQL 文を表示します。
    queue queuename

    このオプションは、特定の名前付きキューの SQL 文を表示するために使用します。

    • queue は構文の必須部分です。
    • queuename はキューの名前です。キューの名前が分からない場合は、qstatus コマンドを発行します。

    キューの名前には、すべてのプラットフォームで大文字と小文字の区別があります。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show sql queue q1

    for datasource-datadest

    このオプションは、複数の Oracle インスタンスについて複製しているときに、特定の複製ストリームの SQL を表示するために使用します。

    • for は構文の必須部分です。
    • datasourceo.SID として表されます。ここで SID はソースの Oracle インスタンスの ORACLE_SID です。
    • datadesto.SID として表されます。ここで SID はターゲットの Oracle インスタンスの ORACLE_SID です。

    例:

    sp_ctrl(sysA)> show sql for o.oraA-o.oraB

    thread=n

    このオプションは、post 処理スレッドの SQL を表示するために使用します。

    • thread= は構文の必須部分です。
    • n は、show post threads コマンドで表示されるスレッド番号です。

    構成要素の間にはスペースを残さないでください。このオプションは、他のオプションとどの順序でつけても構いません。

    例:

    sp_ctrl(sysB)> show sql thread=1234

    session=n

    このオプションは、ユーザーセッションの SQL を表示するために使用します。

    session= は構文の必須部分です。

    n は、show post threads コマンドで表示されるセッション番号です。構成要素の間にはスペースを残さないでください。このオプションは、他のオプションとどの順序でつけても構いません。

    例:

    sp_ctrl(sysB)> show sql session=1234

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    show statusdb

    ステータスデータベースを表示するには、show statusdb コマンドを使用します。複製に関与する各マシンは、ユーザーインターフェイスにエラーメッセージまたは警告を生成しなかったものを含めて、キー複製イベントのレコードを保持するそれ自体の Status Database があります。この情報で、潜在的な問題を知ることができ、既存の問題の解決に役立ちます。

    show statusdb は、次の情報を表示します。

    • Level:エントリが、情報提供の目的のみで存在するのか、エラーまたは警告状態の結果なのか。
    • Details:そのイベントの発生理由。

    適切な場合は、エントリに関する他の情報がないかどうか、Event Log が参照されます。

    使用法:

    サポートされるターゲット: すべて
    権限レベル: Viewer (3)
    発行先: ソースまたはターゲットシステム
    関連コマンド: status、lstatus

    構文

    基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
    show statusdb detail

    [ on host |

    on host:portnumber |

    on login/password@host |

    on login/password@host:portnumber ]

    構文の説明

    コンポーネント 説明
    detail

    このオプションは、ステータスデータベースの高度なレベルの詳細情報を表示します。

    例:

    sp_ctrl(sysB)> show statusdb detail

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    show scn

    show scn コマンドは、Post プロセスがターゲットに適用した最後のトランザクションの Oracle SCN を表示するために使用します。複数の post キューを使用する場合、このコマンドはすべての最後の SCN を表示します。

    メモ: このコマンドは、SCN 情報を取得するためにすべての Post プロセスを停止します。

    sp_ctrl (sysB)> show scn

    Post processes replicating from o.w111a64f

    Queue spxl11, SCN of the last transaction applied:292767

    Queue eq1, SCN of the last transaction applied:192563

    Queue pq1, SCN of the last transaction applied:232686

    Queue pq2, SCN of the last transaction applied:18995

    Queue pq3, SCN of the last transaction applied:31032

    Target o.ora112 is consistent with source o.w111a64f at SCN 18995

    使用法:

    サポートされるターゲット: Oracle
    権限レベル: Viewer (3)
    発行先: ターゲットシステム
    関連コマンド:

    activate config

    構文

    基本コマンド リモートオプション
    show scn

    [ on host |

    on host:portnumber |

    on login/password@host |

    on login/password@host:portnumber ]

    リモートオプション

    一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

    オプション 説明
    on host

    リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

    on host:portnumber

    リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

    on login/password@host

    リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

    on login/password@host:portnumber

    リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

    例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

    Related Documents

    The document was helpful.

    Select Rating

    I easily found the information I needed.

    Select Rating