Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

repair status

前回実行した compare または repair ジョブのステータスを表示するには、repair status コマンドを使用します。repair status コマンドを使って、単一の compare/repair ジョブの詳細なステータスまたは compare/repair ジョブの一部の表示、SharePlex が履歴を保有しているすべての compare/repair ジョブのステータスの表示を行えます。

repair status コマンドの使用方法の詳細と例については、job status コマンドを参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: Oracle
権限レベル: Operator (2)
発行先: source system
関連コマンド: copy status、append status、compare status、job status

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
repair status

[job_id]

[job_id.table_id]

[all]

[full]

[detail]

[status]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
job_id

指定した、SharePlex が割り当てたジョブ ID を持つジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)> repair status 2828.2

job_id.table_id

指定した、SharePlex が割り当てたジョブ ID とテーブルを持つジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)> repair status 2828.HR.SRC_TEST3

all

各ジョブのサマリー行とデータベース内の履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)> repair status all

full

ジョブ内の各オブジェクトのステータスを表示します。デフォルトで、job status コマンドは完了していないオブジェクトのステータス、または例外ステータス付きで完了したオブジェクトのステータスを表示します。

例:

sp_ctrl(sysA)> repair status2828 full

detail

レポートされた各オブジェクトの詳細情報を表示します。デフォルトで、job status コマンドは、レポートされた各オブジェクトのサマリー行を表示します。詳細情報は、job_id.table_id オプションで表示される情報と同じことに注意してください。

例:

sp_ctrl(sysA)> repair status detail

status

指定したステータスを持つ、前のジョブのステータス履歴を表示します。

例:

sp_ctrl(SysA)> repair status “Error”

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

report

テーブルの copy/append 履歴を表示する場合に、このコマンドを使用します。

使用法:

サポートされるターゲット: Oracle
権限レベル: Viewer (3)
発行先: source system
関連コマンド: copy/append

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
report

source_owner.source_table

[copy | append]

[toeditor]

[for o.source_sid]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明
source_owner.source_table

このオプションは、同期レポート用のソーステーブルを指定します。ソース所有者とテーブル名のコンポーネント間には、スペースを入れないでください。

例:

sp_ctrl(SysA)> report s_user1.sync_single_tbl

copy | append

このオプションは、copy または append に固有の結果を返します。

例:

sp_ctrl(SysA)> report copy s_user1.sync_single_tbl

sp_ctrl(SysA)> report append s_user1.sync_single_tbl

toeditor

このオプションはターゲットを設定します。

sp_ctrl(SysA)> report s_user1.sync_single_tbl toeditor

sp_ctrl(SysA)> report copy s_user1.sync_single_tbl toeditor

for o.source_sid

このオプションは、提供された SID に固有の結果を指定するために用いられます。

例:

sp_ctrl(SysA)> report s_user1.sync_single_tbl for o.source_sid1

sp_ctrl(SysA)> report copy s_user1.sync_single_tbl for o.source_sid1

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

reset encryption key

reset encryption key コマンドを使用して、AES 暗号化キーを削除します。SharePlex 暗号化の設定手順の詳細については、『SharePlex 管理ガイド』の「ネットワーク上でのデータの暗号化」を参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Operator (2)
発行先: ソースシステム
関連コマンド: create encryption keyset encryption keyshow encryption key

構文

基本コマンド リモートオプション
reset encryption key

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

reset param

reset param コマンドは、パラメータの設定をそのデフォルト値にリストアするために使用します。変更は、次のように、パラメータの set-at ポイントに基づいて有効になります。

  • Live の set-at ポイントでは、変更はすぐに有効になります。
  • Restart Process の set-at ポイントでは、変更は、影響を受ける SharePlex プロセスが次回起動されたときに有効になります。
  • Restart Cop の set-at ポイントでは、変更は、影響を受ける sp_cop が次回起動されたときに有効になります(システムをリブート「しないで」ください)。

コマンドオプションの使用

SharePlex パラメータをリセットする場合のガイドラインは次のとおりです。

  • 「グローバル」ベースで set param コマンドで設定(プロセス固有のオプションなし)したパラメータをリセットするには、オプションなしで reset param コマンドを使用します。
  • 「プロセス固有」の値があるパラメータ(set param のプロセス固有のオプションの 1 つで設定)をリセットするには、reset param のプロセス固有のオプションの 1 つを使用します。プロセス固有のオプションは、次のモジュールでのパラメータとして使用できます。
モジュール 名付け規約 制御される機能
export SP_XPT Export プロセス
import SP_IMP Import プロセス
capture SP_OCT Capture プロセス
post SP_OPO Post プロセス
read SP_ORD Read プロセス
     

現在のパラメータ設定の表示

SharePlex パラメータの名前、それらの値および set-at ポイント、プロセス固有の値が有効になっているかどうかを表示するには、次の例で示されているように、list param コマンドを使用します。これには、Export プロセスのグローバル値と sysB への Export のプロセス固有の値の両方が示されています。

 

 

パラメータ名 Actual Value Unit Set at
---------------------- --------------------- ------------ ------------
SP_XPT_SO_SNDBUF 0 bytes Restart Process

SP_XPT_SO_SNDBUF

1024 bytes Restart Process

To sysB.ABC.com

Default Value:0

     

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: list param、set param

構文

基本コマンド プロセス固有のオプション リモートオプション
reset param {paramname

[to host]

[from host]

[for datasource]

[for datasource-datadest]

[queue queuename]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

重要: このコマンドを使用しはじめる前に、このマニュアルをすべて確認してください。正しくない使い方をすると、ターゲットデータが消失したり、非同期状態になることがあります。

構文の説明

コンポーネント 説明
paramname

そのデフォルト値をリストアするパラメータの名前。この引数には大文字と小文字の区別がありません。

例:

sp_ctrl(sysA)> reset param SP_XPT_SO_SNDBUF

これは、システム上のすべての Export プロセスのパラメータをリセットします。

プロセス固有のコマンドオプション

オプション 説明
to host

このオプションは、指定されたターゲットシステムへの Export プロセスの Export パラメータ(SP_XPT_)をリセットします。コマンドの効果を名前付きエクスポートキューに関連付けられた Export プロセスに限定するには、このオプションに続けて [queue queuename] オプションを指定します。

例:

sp_ctrl(sysA)> reset param sp_xpt_so_sndbuf to sysB

この例では、sysB への Export についてパラメータがリセットされますが、他の Export プロセスは影響を受けません。

from host

このオプションは、指定されたソースシステムからの Import プロセスの Import パラメータ(SP_IMP_)をリセットします。コマンドの効果を名前付きエクスポートキューに関連付けられた Import プロセスに限定するには、このオプションに続けて [queue queuename] オプションを指定します。

例:

sp_ctrl(sysD)> reset param sp_imp_wcmt_msgcnt from sysC

この例では、sys C からの Import についてパラメータがリセットされますが、他の Import プロセスは影響を受けません。

fordatasource

このオプションは、指定された Oracle インスタンスの Capture または Read パラメータ(SP_OCT_ または SP_ORD_)をリセットします。

  • datasource は o.SID として表されます。ここで SID は、ソースインスタンスの ORACLE_SID です。

例:

sp_ctrl(sysA)> reset param sp_oct_replicate_dload for o.oraA

この例では、インスタンス oraA からの Capture プロセスについてパラメータがリセットされますが、他の Capture プロセスは影響を受けません。

for datasource-datadest

このオプションは、1 つのデータベースから他のデータベースへデータを post するすべての Post プロセスについて、 Post パラメータ(SP_OPO_)をリセットします。コマンドの効果を名前付き post キューに関連付けられた Post プロセスに限定するには、このオプションに続けて [queue queuename] オプションを指定します。

  • datasourceo.SID として表されます。ここで SID は、ソースインスタンスの ORACLE_SID です。
  • datadesto.SID として表されます。ここで SID はターゲットインスタンスの ORACLE_SID です。

例:

sp_ctrl(sysC)> reset param sp_opo_cont_on_err for o.oraA-o.oraC

この例では、oraC に複製するインスタンス oraA の Post プロセスについてパラメータがリセットされますが、他の Post プロセスは影響を受けません。

queue queuename

このオプションは、指定された名前付きキューに関連付けられた Export、Import または Post プロセスのパラメータをリセットします。

例:

sp_ctrl(sysA)> reset param sp_opo_poster_delay queue QA

この例では、名前付き post キューの QA に関連付けられた Post プロセスについてパラメータがリセットされますが、他の Post プロセスは影響を受けません。

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating