Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - リファレンス・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex コマンド SharePlex パラメータ SharePlex ユーティリティ 付録 B:SharePlex 環境変数

qstatus

qstatus コマンドは、任意のシステム上の capture、post、export キューの統計を表示するために使用します。これは、各キュー内のメッセージの数、それらの経過時間、およびキューの現在のサイズを表示します。一般に、「メッセージ」はおおよそ SQL 操作に対応しますが、LONG または LOB 列では 1 つの操作に複数のメッセージが存在することがあり、配列挿入の多数の操作のためにただ 1 つのレコードが存在することがあります。メッセージは、内部 SharePlex 操作になることがあります。

qstatus コマンドを使用するとき

qstatus コマンドは次の目的で使用します。

  • 複製プロセスに読み取られるか、ターゲットデータベースに Post されるのを待機しているデータがあるかどうかを判断する。
  • メッセージが蓄積する速度を分析することで、SharePlex が処理する速度を見積もる。
  • 使用可能なディスクスペースを超過しないように、キューのサイズを表示する。
  • ある種の操作手順で、すべてのキューが空であることが必要なとき、またはシステムメンテナンス、アップグレードなどの管理タスクのために複製をシャットダウンする必要があるときに、すべてのキューが空であることを確認する。
  • データが非同期になる可能性があるターゲットシステム上のユーザー活動が存在するか判断する。

出力について

  • キューの中の number of messages は、読まれていないメッセージとともに、次の SharePlex プロセスが読むメッセージを反映します。そのチェックポイントリカバリシステムの一部として、SharePlex は、次のプロセスに送信されたメッセージのコピーを保持します。これらのメッセージは、そのプロセスによる受け取りが確認されたときに、削除されます。
  • Backlog フィールドは、次の SharePlex プロセスがまだ読んでいないメッセージの数を示します。
  • Age フィールドは、そのキューの中にある最も古いメッセージがそのキューに書き込まれた時間と最も新しいメッセージがそのキューに書き込まれた時間の間の時間差です。
  • Post キューが存在するシステムに capture キューと export キューも存在する場合、このシステムはソースシステムとターゲットシステムの両方として使用されていることを示します。
  • Size フィールドは、キューの実際のサイズを示します。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: lstatus、show

構文

基本コマンド リモートオプション
qstatus

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

quit

quit コマンドは、sp_ctrl の現在のセッションを閉じるために使用します。sp_ctrl を閉じても、複製はシャットダウンされず、ユーザーが停止しない限り、すべての複製プロセスは中断なしに継続します。このコマンドで、そのシステムの sp_ctrl によるセッションが中断されることはほとんどありません。sp_ctrl を再び実行するには、SharePlex バイナリのあるディレクトリに変更して、./sp_ctrl コマンドを入力する(Unix および Linux システムの場合)か、sp_ctrl ショートカットをダブルクリックします(Windows システムの場合)。

quit コマンドには、[on host] オプションがありません。これは、sp_ctrl の実行を停止するシステムで発行する必要があります。このコマンドは、exit コマンドと同じです。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Viewer (3)
発行先: ソースまたはターゲットシステム
関連コマンド: exit

構文

基本コマンド リモートオプション
quit | q 使用できません

reconcile

reconcile コマンドは、データベースユーザーへの中断を最小にとどめながら、ソースおよびターゲットデータを再同期(インスタンス化)する手順の一部として使用します。reconcile コマンドは、進行中の複製の結果を、ターゲットシステムに適用されるソースデータのコピー(ホットバックアップやネイティブのコピーユーティリティによって適用されたものなど)との間で調整します。reconcile 機能では、post キュー内に複製された変更内容を回復プロセス後のターゲットデータベースの状態と比較します。このコマンドでは、回復中に適用されたトランザクションを、まだ適用されていないトランザクション(post キューで待機中)と区別し、両方のシステムが同期されるように重複していない変更だけを Post します。

reconcile コマンドは、高ボリューム環境で使用するように設計されていますが、一部の状況では、調整処理が停止しているように見えることを理解すれば、低ボリューム環境でも使用できます。これは、reconcile がソースシステムから到着しつづけるデータに依存するために発生します。ホットバックアップまたはコピーの後で、ソースシステムで複製活動がない場合は、調整プロセスは、ソースの活動が再開するまで待機します。

reconcile コマンドを使用するときの考慮事項

ソースおよびターゲットデータの初期同期の具体的な手順に続いて reconcile コマンドを使用してください。スタンドアロンのコマンドとして使用することは想定していません。初期同期の手順については、『SharePlex 管理ガイド』を参照してください。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: Administrator (1)
発行先: ターゲットシステム
関連コマンド: flush

構文

基本コマンド コマンドオプション リモートオプション
reconcile queue queuename for datasource-datadest

[seq sequence_number]

[scn scn_number]

[to flush]

[ on host |

on host:portnumber |

on login/password@host |

on login/password@host:portnumber ]

構文の説明

コンポーネント 説明*
queue queue は構文の必須部分です。
queuename

調整するターゲットシステム上の post キュー。有効な値は次のとおりです。

  • デフォルトのキューを使用している場合は、ソースシステムの名前
  • 名前付きキューを使用している場合は、キューの名前

名前付き post キューを使用しているときは、reconcile をそれぞれに発行します。キューの名前を判断するには、sp_ctrlqstatus コマンドを発行します。キューの名前には、すべてのプラットフォームで大文字と小文字の区別があります。

for datasource-datadest
  • for は構文の必須部分です。
  • datasourceo.SID として表されます。ここで SID は、ソースインスタンスの ORACLE_SID です。
  • datadesto.SID として表されます。ここで SID はターゲットインスタンスの ORACLE_SID です。

例:

sp_ctrl (sysB)> reconcile queue SysA for o.oraA-o.oraB

この例では、ソースインスタンスである oraA からターゲットインスタンスである oraB へのデータストリームである、デフォルトの post キューの o.oraA-o.oraB に関してデータが調整されます。

seq sequence_number

(Oracle)このオプションは、同期手順で Oracle ターゲットデータを確立するために Oracle ホットバックアップが使用されているときに使用します。 これは、SharePlex に Oracle がその回復に使用しているものと同じログの末尾に調整するように指示します。

  • seq は構文の必須部分です。
  • sequence_number は、Oracle が回復するログのシーケンス番号です。

この構文は、基本コマンドの構文の後につける必要があります。 このオプションは、[to flush] オプションとともに使用しないでください。

例:

sp_ctrl (sysB)> reconcile queue SysA for o.oraA-o.oraB seq 1234

この例では、データは、デフォルトの post キューの o.oraAo.oraB について、Oracle ログ番号 1234 の末尾に調整されます。

scn scn_number

(Oracle)このオプションは、同期手順で Oracle ターゲットデータを確立するために Oracle ホットバックアップが使用されているときに使用します。これは、SharePlex に、特定の Oracle SCN(System Change Number)まで調整するように指示します。

  • scn は構文の必須部分です。
  • scn_number は、Oracle が回復する SCN です。

この構文は、基本コマンドの構文の後につける必要があります。このオプションは、[to flush] オプションとともに使用しないでください。

例:

sp_ctrl (sysB)> reconcile queue SysA for o.oraA-o.oraB scn 0123456789

この例では、データは、デフォルトの post キューの o.oraAo. oraB について、Oracle SCN 0123456789 まで調整されます。

to flush

(Oracle)このオプションは、flush コマンドで確立したフラッシュマーカーに調整するために使用します。これは、ピアトゥピアレプリケーション環境で複数の Oracle データベースを同期するために使用します。

この構文は、基本コマンドの構文の後につける必要があります。このオプションは、[seq sequence_number] オプションとともに使用しないでください。

例:

sp_ctrl (sysA)> reconcile queue SysA for o.oraA-o.oraB to flush

この例では、データは、デフォルトの post キューの o.oraAo. oraB について、SharePlex flush コマンドによって確立されたマーカーポイントまで調整されます。

リモートオプション

一連のオプションによって、リモートマシンに対するコマンドの発行や、ログイン名、パスワード、ポート番号、またはこれらの項目の組み合わせを含むコマンドのスクリプト化も可能になります。

オプション 説明
on host

リモートシステム(現在の sp_ctrl セッションを実行しているシステム以外のシステム)でコマンドを実行します。リモートシステムのログイン資格情報を要求するプロンプトが表示されます。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA

on host:portnumber

リモートログインおよびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on SysA:8304

on login/password@host

リモートログイン、パスワード、およびホスト名を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例:sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA

on login/password@host:portnumber

リモートログイン、パスワード、ホスト名、およびポート番号を指定する必要がある場合に、リモートシステムでコマンドを実行します。使用する場合は、コマンド構文の最後のコンポーネントにする必要があります。

例: sp_ctrl(sysB)>status on john/spot5489@SysA:8304

redo

redo コマンドは、以前のコマンドを、再入力することなしに再び実行するために使用します。このコマンドは、たとえば、キューの量を監視するために qstatus コマンドを使用するなど、情報コマンドで頻繁にステータスチェックを行っているときに便利です。

このコマンドは、sp_ctrl の中からのみ発行できます。つまり、オペレーティングシステムのコマンドラインからは直接発行できません。このコマンドには、[on host] オプションはありません。

SharePlex には、redo コマンドと同じタスクを実行するキーボードショートカットが用意されています。sp_ctrl でスラッシュまたは上矢印を押すと、前のコマンドが実行されます。

使用法:

サポートされるターゲット: すべて
権限レベル: 以前のコマンドを「再実行」するには、ユーザーはそのコマンド権限レベル以上のものを持つ必要があります。
発行先: 以前のコマンドで影響を受けるシステム。
関連コマンド: なし

構文

基本コマンド リモートオプション
redo | / | r 使用できません
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating