Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - プレインストールチェックリスト

スクリプトを使用した設定ファイルの作成

SharePlex には、Oracle ソースオブジェクトを指定するための設定ファイルの作成を自動化する以下のスクリプトが用意されています。

  • config.sql:データベース内のすべてのテーブルおよびオプションですべてのシーケンスを設定します。
  • build_config.sql:スキーマ内の複数のテーブルまたはすべてのテーブルを設定します。

サポートされるデータベース

Oracle

config.sql の使用

config.sql スクリプトを使用すると、データベースの全スキーマにあるすべてのテーブル、およびオプションですべてのシーケンスをリスト化した設定を作成できます。このスクリプトを使用すると、データベース全体を同一のセカンダリデータベースに複製する高可用性複製方法またはその他のシナリオを確立する時間を節約できます。

config.sql 使用の条件
  • ソースとターゲットのテーブル名が同一でなければなりません。

  • このスクリプトでは、SYS、SYSTEM、および SharePlex スキーマ内のオブジェクトは設定されません。これらのスキーマは、システムおよびインスタンス仕様のため、複製できません。
  • スクリプトは、分割レプリケーションをサポートしていません。copy config コマンドを使用してスクリプトによって作成された設定ファイルをコピーし、edit config コマンドを使用して分割レプリケーションを使用するテーブルのエントリを追加できます。新しい設定ファイルをアクティベートします(元の設定ファイルではありません)。
  • edit config コマンドを使用し、設定構築後必要に応じて変更を行うことができます。

config.sql を実行するには

  1. ディレクトリを SharePlex 変数データディレクトリの config サブディレクトリに変更します。config.sql スクリプトを実行すると、現在の作業ディレクトリに設定が配置されます。SharePlex 設定は config サブディレクトリ内に存在する必要があります。

    cd /vardir/config

  2. SQL*Plus にシステムとしてログオンします。
  3. SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリから完全パスを使用して config.sql を実行します。

    @ /proddir/util/config.sql

以下のテーブルを参考にしてプロンプトに応答します。

プロンプト 入力する項目
Target machine ターゲットマシンの名前(たとえば SystemB)。
Source database SID ソース(プライマリ)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraA)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Target database SID ターゲット(デスティネーション)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraB)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Replicate sequences シーケンスを複製する場合は y を入力し、シーケンスを複製しない場合は n を入力します。
Shareplex oracle username ソースデータベース内の SharePlex ユーザーの名前。このエントリにより SharePlex スキーマが複製されなくなり、複製の問題が発生する可能性があります。有効な名前が提供されない場合、スクリプトは機能しません。

注: SharePlex によって、config.fileの名前が設定に割り当てられます。スクリプトを再度実行して追加の設定ファイルを作成した場合、最初のファイルが上書きされます。元のファイルを保存するには、別の名前で 2 番目のファイルを作成します。

次の手順

  • テーブルまたは所有者名で大文字と小文字が区別される場合は、sp_ctrledit config コマンドを使って設定ファイルを開き、テキストエディタを使って大文字と小文字が区別されるテーブルおよび所有者名を二重引用符で囲みます(例:"scott"."emp")。このスクリプトは、大文字小文字の区別を採用するために Oracle が必要とする引用符を追加しません。

    sp_ctrl> edit config filename

  • 設定が正しい場所にあることを保証するために、list config コマンドを発行します。設定の名前が表示されない場合は、設定が誤ったディレクトリに作成されています。ファイルを見つけて変数データディレクトリの config サブディレクトリに移動します。

    sp_ctrl> list config

build_config.sql の使用

build_config.sql スクリプトはスキーマの複数の(またはすべての)テーブルを含む設定を構築することを可能にします。これは、設定の各構成要素をプロンプトする、インタラクティブなスクリプトです。各オブジェクトおよびルーティングの情報を個別に入力する代わりに、ワイルドカードを使用して特定のテーブルを一度に選択したり、スキーマの全テーブルを選択したりすることができます。

build_config.sql を使用する条件
  • ソースとターゲットのテーブル名が同一でなければなりません。
  • スクリプトではシーケンスはサポートされません。スクリプトで作成された設定をアクティベートする前に、sp_ctrledit config コマンドを使用してシーケンスのエントリを追加できます。
  • スクリプトは、分割レプリケーションをサポートしていません。copy config コマンドを使用してスクリプトによって作成された設定をコピーし、edit config コマンドを使用して分割レプリケーションを使用するテーブルのエントリを追加できます。(元の設定ではなく)新しい設定をアクティベートします。
  • このスクリプトでは、SYS、SYSTEM、および SharePlex スキーマ内のオブジェクトは設定されません。これらのスキーマは、システムおよびインスタンス仕様のため、複製できません。
  • 異なるスキーマに対して build_config.sql を実行し、テキストエディタを使用してこれらの設定を 1 つの設定に結合できます。ファイルの最初の非コメント行である Datasource:o.SID 行以外はすべて削除してください。ファイルは config サブディレクトリから移動しないてください。
  • edit config コマンドを使用し、設定構築後必要に応じて変更を行うことができます。

build_config.sql を実行するには

  1. ディレクトリを SharePlex 変数データディレクトリの config サブディレクトリに変更します。build_config.sql スクリプトを実行すると、現在の作業ディレクトリに設定が配置されます。SharePlex 設定は config サブディレクトリ内に存在する必要があります。

    cd /vardir/config

  2. SQL*Plus にシステムとしてログオンします。
  3. SharePlex 製品ディレクトリの util サブディレクトリから完全パスを使用して build_config.sql を実行します。

    @ /proddir/util/build_config.sql

以下のテーブルを参考にしてプロンプトに応答します。

プロンプト 入力する項目
Target machine ターゲットマシンの名前(たとえば SystemB)。
Source database SID ソース(プライマリ)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraA)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Target database SID ターゲット(デスティネーション)Oracle インスタンスの ORACLE_SID(たとえば oraB)。o. キーワードは含めないでください。ORACLE_SID には、英大文字と小文字の区別があります。
Owner of the source database tables ソーステーブルの所有者。
Owner of the target database tables ターゲットテーブルの所有者。
Table name to include (blank for all)

次のうちのいずれか 1 つを実行します。

  • Enter を押してデフォルトを受け入れます。これにより、ソースの所有者に属するすべてのテーブルが選択されます。
  • ワイルドカード(%)文字と文字列を入力して特定のテーブルを選択します(たとえば %e_salary%)。
  • 個々のテーブル名を入力します。
Name of the output file to create 設定の名前。このスクリプトはファイルに .lst 拡張子を指定します(たとえば Scott_config.lst)。

次の手順

  • テーブルまたは所有者名で大文字と小文字が区別される場合は、sp_ctrledit config コマンドを使って設定を開き、テキストエディタを使って大文字と小文字が区別されるテーブルおよび所有者名を二重引用符で囲みます(たとえば "scott"."emp")。このスクリプトは、大文字小文字の区別を採用するために Oracle が必要とする引用符を追加しません。

    sp_ctrl> edit config filename

  • 設定が正しい場所にあることを保証するために、list config コマンドを発行します。設定の名前が表示されない場合は、設定が誤ったディレクトリに作成されています。ファイルを見つけて変数データディレクトリの config サブディレクトリに移動します。

    sp_ctrl> list config

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating