Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - インストール・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex プリインストールチェックリスト Oracle クラスタでの SharePlex のセットアップ Amazon Cloud での SharePlex のセットアップ SharePlex のダウンロード UNIX のインストールとセットアップ Windows のインストールとセットアップ セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て SharePlex 基本デモンストレーション 上級用 SharePlex デモンストレーション インストール上の問題の解決 SharePlex のアンインストール SharePlex ユーティリティ 付録 A:高度なインストーラオプション 付録 B:root としての SharePlex のインストール 付録 C:SharePlex でインストールされるアイテム

SQL Server セットアップ(mss_setup)

SharePlex ユーティリティ > SQL Server セットアップ(mss_setup)

概要

SQL Server セットアッププログラム(mss_setup)を Microsoft SQL Server システム上で実行して、SharePlex を SQL Server データベースユーザーとして確立します。このユーティリティは、以下の項目を作成します。

  • 完全な DBA 権限を持つ SharePlex ユーザーアカウント
  • SharePlex で使用され、選択したデータベースの SharePlex ユーザーによって所有される、テーブルとインデックス
  • デフォルトのデータベース接続

サポートされるデータベース

Windows 上の Microsoft SQL Server

SQL Server セットアップの使用に関するガイドライン

  • SQL Server データベースの DSN(データソース名)が存在する必要があります。SharePlex Post は、DSN を使用して ODBC を介してデータベースに接続します。
  • SQL Server セットアップは、SharePlex 複製設定内のすべての SQL Server インスタンスで実行します。
  • クラスタ内では、変数データディレクトリを含む共有ディスクがマウントされるノードで SQL Server セットアップを実行します。
  • 集約レプリケーションの場合は、変数データディレクトリごとに SQL Server セットアップを実行します。

SQL Server セットアップの実行に必要な権限

セットアップが正常に完了するように、次の要件を確認してください。

  • データベースを操作し、SharePlex データベースアカウントおよびオブジェクトを作成するために必要な権限を SharePlex に付与するには、SQL Server セットアップを SQL Server システム管理者として実行する必要があります。
  • (クラウドインストール)クラウドホスト型データベースサービスの特権に関する一般的な制限により、セットアップユーティリティがあらゆる種類のシナリオで成功することが困難になります。データベースのセットアップを正しく行うには、セットアップユーティリティのみを使用して、次のように複製を設定します。セットアップユーティリティによって作成される新しいデータベースでは、SharePlex ユーザーもセットアップユーティリティによって作成されます。既存のデータベースでは、SharePlex ユーザーは、データベースの所有者またはデータベースへのアクセス権限を持つ既存のユーザーです。

SQL Server セットアップの実行

  1. SQL Server システムで実行中のすべての SharePlex プロセスと sp_cop をシャットダウンします。
  2. mss_setup ユーティリティを SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから実行します。

    重要! SharePlex インスタンスをデフォルトの 2100 以外のポートにインストールした場合は、-p オプションを使用してポート番号を指定します。たとえば、次のコマンドではポート番号は 9400 です。

    C:\users\splex\bin> mss_setup -p9400

表 2: Setup のプロンプトおよび応答

プロンプト 応答

Enter the DSN name or connection string [] :

SQL Server に接続するための接続文字列またはデータソース名(DSN)を入力します。

Enter the Microsoft SQL Server Administrator name :

SQL Server 管理者の名前を入力します。このユーザーは SharePlex アカウントおよびスキーマでセットアップ作業を実行します。

Enter the password for the Administrator account :

管理者のパスワードを入力します。

Enter the name of the database :

SharePlex オブジェクトをインストールするデータベースの名前を入力します。

Database name database does not exist.Would you like to create it?[y] :

このプロンプトが表示される場合、指定されたデータベースは存在しません。Enter を押すと、セットアップユーティリティによってデータベースが作成されます。

Would you like to create a new SharePlex user [y]:

デフォルトをそのまま使用して、新しい SharePlex データベースユーザーアカウントを作成するには、Enter を押します。既存のアカウントを SharePlex データベースユーザーとして使用するには、n を入力します。

Enter the name of the new SharePlex user:

Enter the name of the existing SharePlex user:

新しいユーザーの作成を選択したか、既存ユーザーの使用を選択したかによって、このプロンプトのどちらかが表示されます。SharePlex ユーザーの名前を入力します。

 

Enter the password of the SharePlex user :

SharePlex ユーザーアカウントのパスワードを入力します。

Re-enter the password for the SharePlex user :

もう一度 SharePlex パスワードを入力します。

セットアップが正常に終了すると、次のようなメッセージが表示されます。

Completed SharePlex for Microsoft SQL Server database configuration

SharePlex User name: splex

Database name: db1

Target specification in SharePlex configuration: r.db1

PostgreSQL セットアップ(pg_setup)

SharePlex ユーティリティ > PostgreSQL セットアップ(pg_setup)

概要

PostgreSQL システムで pg_setup プログラムを実行して、SharePlex 用のユーザーアカウント、スキーマ、およびテーブルを作成します。

サポートされるデータベース

サポートされているプラットフォーム上の PostgreSQL オープンソースデータベースのすべての実装

pg_setup を使用する場合のガイドライン

  • SharePlex 複製設定内のすべてのターゲット PostgreSQL インスタンスに対して、pg_setup を実行します。
  • サーバクラスタ内では、SharePlex 変数データディレクトリを含む共有ディスクがマウントされているノードで pg_setup を実行します。
  • 集約レプリケーションでは、変数データディレクトリごとに pg_setup を実行します。
  • 接続文字列または DSN を指定できます。以下のことに注意してください。

    接続タイプ 解決方法
    接続文字列 ユーザー、パスワード、またはデフォルトパスワードを接続文字列内で指定する必要はありません。これらは、セットアッププログラムを実行したときに追加されます。接続文字列にはポート、サーバ、ドライバを含める必要があります。例を以下に示します。Port=5444;server=localhost;driver=/u01/PostgresPlus/connectors/odbc/lib/edb-odbc.so;database=edb;
    DSN

    定義した DSN を SharePlex 接続用に使用する必要がある場合は、DSN が定義されている ODBC ファイル(odbc.ini および odbcinst.ini)を SharePlex 変数データディレクトリの odbc サブディレクトリにコピーまたはリンクします。これで、SharePlex プロセスがデータベースに接続するときの接続エラーを防止します。

    DSN を定義していないときに、DSN を使用する必要がある場合は、odbc サブディレクトリ内のテンプレートファイルで DSN を作成できます。

pg_setup の実行に必要な権限

セットアップが正常に完了するように、次の要件を確認してください。

  • データベースの操作と SharePlex データベースアカウントの作成に必要な権限を SharePlex に付与するため、セットアップユーティリティは PostgreSQL 管理者として実行する必要があります。
  • (Symfoware のみ)セットアップを実行するユーザーが Fujitsu Enterprise Postgres 所有者ではない場合、Fujitsu Enterprise Postgres インストールディレクトリ内の lib サブディレクトリへのパスを含めて、環境変数 LD_LIBRARY_PATH を設定します。LD_LIBRARY_PATH は、Fujitsu Enterprise Postgres 所有者の .bash_profile ファイル内で設定されています。

    例:

    export LD_LIBRARY_PATH= /opt/symfoserver64/lib:$LD_LIBRARY_PATH

    このパスを設定しないと、次のエラーが発生します。

    symbol lookup error:/opt/fsepv95client64/odbc/lib/psqlodbca.so: undefined symbol:PQconnectdbParams

  • クラウドインストール
    • クラウドホスト型データベースサービスの特権に関する一般的な制限により、セットアップユーティリティがあらゆる種類のシナリオで成功することが困難になります。データベースのセットアップを正しく行うには、セットアップユーティリティのみを使用して、次のように複製を設定します。セットアップユーティリティによって作成される新しいデータベースでは、SharePlex ユーザーもセットアップユーティリティによって作成されます。既存のデータベースでは、SharePlex ユーザーは、データベースの所有者またはデータベースへのアクセス権限を持つ既存のユーザーです。

pg_setup の実行

  1. ターゲットシステムで実行中のすべての SharePlex プロセスと sp_cop をシャットダウンします。
  2. pg_setup ユーティリティを SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから実行します。

    重要! デフォルトの 2100 以外のいずれかのポートに SharePlex インスタンスをインストールした場合、-p オプションを使用して、ポート番号を指定します。たとえば、次のコマンドではポート番号は 9400 です。

    $ /users/splex/bin> pg_setup -p9400

表 3: セットアップのプロンプトおよび応答

プロンプト 応答

Enter the PostgreSQL DSN name or connection string [] :

PostgreSQL ターゲットに接続する接続文字列またはデータソース名(DSN)を入力します。

Enter the PostgreSQL Administrator name :

PostgreSQL 管理者の名前を入力します。このユーザーは SharePlex アカウントで作業を実行する予定です。

Enter the password for the Administrator account :

管理者のパスワードを入力します。

Enter the replication target database name:

SharePlex で使用する SharePlex テーブルおよびその他のオブジェクトを含めるデータベースの名前を入力します。新しいデータベースまたは既存のデータベースの名前を入力できます。

Database name database does not exist.Would you like to create it?[y] :

このプロンプトが表示される場合、指定されたデータベースは存在しません。Enter を押して、セットアッププログラムに作成を指示します。

Would you like to create a new SharePlex user [y]:

Enter を押し、デフォルト設定をそのまま使用して、指定したデータベースに新しい SharePlex データベースユーザーアカウントおよび同名のスキーマを作成します。または、n を入力して、既存の SharePlex アカウントを使用します。

Enter the name of the new SharePlex user:

Enter the name of the existing SharePlex user:

新しいユーザーの作成を選択したか、既存ユーザーの使用を選択したかによって、このプロンプトのどちらかが表示されます。SharePlex ユーザーの名前を入力します。

 

Enter the password of the SharePlex user :

SharePlex ユーザーアカウントのパスワードを入力します。

Re-enter the password for the SharePlex user :

このプロンプトは新しいユーザーを作成した場合のみ表示されます。もう一度 SharePlex パスワードを入力します。

セットアップが正常に終了すると、次のようなメッセージが表示されます。

Completed SharePlex for PostgreSQL database configuration

SharePlex User name: splex

Database name: ndb5

Target specification in SharePlex configuration: r.ndb5

HANA セットアップ(hana_setup)

SharePlex ユーティリティ > HANA セットアップ(hana_setup)

概要

HANA セットアッププログラム(hana_setup)をターゲット HANA システム上で実行して、SharePlex で使用するユーザーアカウント、スキーマ、およびテーブルを確立します。

サポートされるデータベース

サポートされるプラットフォーム上の HANA

HANA セットアップの使用に関するガイドライン

  • HANA セットアップは、SharePlex 複製設定内のすべてのターゲット HANA インスタンスで実行します。
  • サーバクラスタ内では、SharePlex 変数データディレクトリを含む共有ディスクへのマウントポイントがあるノードで HANA セットアップを実行します。
  • 集約レプリケーションの場合は、変数データディレクトリごとに HANA セットアップを実行します。
  • HANA への接続方法としては、接続文字列の使用のみがサポートされています。DSN を介した接続はまだサポートされていません。

  • 必ず必要な権限を割り当ててください(セットアッププロセス中に表示されます)。

HANA セットアップの実行に必要な権限

データベースを操作し、SharePlex データベースアカウントを作成するために必要な権限を SharePlex に付与するには、HANA セットアップを HANA 管理者として実行する必要があります。

HANA セットアップの実行

  1. ターゲットシステムで実行中のすべての SharePlex プロセスと sp_cop をシャットダウンします。
  2. hana_setup ユーティリティを SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから実行します。

    重要! SharePlex インスタンスをデフォルトの 2100 以外のポートにインストールした場合は、-p オプションを使用してポート番号を指定します。たとえば、次のコマンドではポート番号は 9400 です。

    $ /users/splex/bin> hana_setup -p9400

表 4: HANA セットアップのプロンプトおよび応答

プロンプト 応答

Enter the connection string [] :

HANA データベースシステムに接続するための接続文字列を入力します。SharePlex が HANA に接続するための接続文字列の必須コンポーネントを以下に示します。

  • サーバノード:順に、ターゲット HANA サーバの名前、コロン、HANA ポート番号。
  • DRIVER:HANA ODBC ドライバへのパス。
  • CHAR_AS_UTF8:CHAR_AS_UTF8=1 として渡す必要があります。

例:

SERVERNODE=server1.dept.abc.corp:30015;DRIVER=/usr/sap/hdbclient/libodbcHDB.so;CHAR_AS_UTF8=1

ユーザー、パスワード、およびデフォルトデータベースについては hana_setup から入力を要求されるため、指定する必要はありません。

Enter the HANA Administrator name :

HANA 管理者の名前を入力します。このユーザーは SharePlex アカウントで作業を実行する予定です。

Enter the password for the Administrator account :

管理者のパスワードを入力します。

Enter the name of the database :

SharePlex で使用するテーブルおよびその他のオブジェクトを格納するデータベースの名前を入力します。新しいデータベースまたは既存のデータベースの名前を入力できます。

Database name database does not exist.Would you like to create it?[y] :

このプロンプトが表示される場合、指定されたデータベースは存在しません。Enter を押します。hana_setup によってデータベースが作成されます。

Would you like to create a new SharePlex user [y]:

Enter を押し、デフォルト設定をそのまま使用して、指定したデータベースに新しい SharePlex データベースユーザーアカウントおよび同名のスキーマを作成します。または、n を入力して、既存の SharePlex アカウントを使用します。

Enter the name of the new SharePlex user:

Enter the name of the existing SharePlex user:

新しいユーザーの作成を選択したか、既存ユーザーの使用を選択したかによって、このプロンプトのどちらかが表示されます。SharePlex ユーザーの名前を入力します。

 

Enter the password of the SharePlex user :

SharePlex ユーザーアカウントのパスワードを入力します。

Re-enter the password for the SharePlex user :

このプロンプトは新しいユーザーを作成した場合のみ表示されます。もう一度 SharePlex パスワードを入力します。

セットアップが正常に終了すると、次のようなメッセージが表示されます。

Completed SharePlex for HANA database configuration

SharePlex User name: splex

Database name: ndb5

Target specification in SharePlex configuration: r.ndb5

SharePlex への必要な権限の付与

HANA ターゲットへの SharePlex 複製を開始する前に、そのターゲット内の SharePlex データベースユーザーに以下の権限を付与します(ここで、SP_USERSharePlex データベースユーザーの名前です)。

  • GRANT USER ADMIN TO sp_user;
  • GRANT TABLE ADMIN TO sp_user;
  • GRANT CATALOG READ TO sp_user;
  • GRANT DATA ADMIN TO sp_user WITH ADMIN OPTION;
  • GRANT ROLE ADMIN TO sp_user WITH ADMIN OPTION;

さらに、複製するオブジェクトを含むそれぞれのスキーマの所有者としてログインし、スキーマに対して以下の権限付与操作を実行します。

  • GRANT CREATE ANY ON SCHEMA schema_name TO sp_user;
  • GRANT DEBUG ON SCHEMA schema_name TO sp_user;
  • GRANT DELETE, DROP, EXECUTE, INDEX, INSERT, SELECT, UPDATE ON SCHEMA schema_name TO sp_user;

Teradata セットアップ(td_setup)

SharePlex ユーティリティ > Teradata セットアップ(td_setup)

概要

Teradata システムで Teradata セットアッププログラム(td_setup)を実行して、SharePlex によって使用されるユーザーアカウントおよびデータベースを確立します。

サポートされるデータベース

サポートされるプラットフォーム上の Teradata

Teradata セットアップを使用するための要件

  • SharePlex が使用する ODBC データソース名(DSN)が存在する必要があります。セットアップ中に、この名前を指定するようにプロンプトが表示されます。手順については、Teradata ODBC マニュアルを参照してください。
  • SharePlex 複製設定のすべてのターゲット Teradata インスタンスで、Teradata セットアップを実行します。
  • サーバクラスタ内の SharePlex 変数データディレクトリを含む共有ディスクがマウントされているノードで、Teradata セットアップを実行します。
  • 集約レプリケーションの場合は、Teradata ターゲットの変数データディレクトリごとに Teradata セットアップを実行します。

Teradata セットアップの実行に必要な権限

データベースの操作および SharePlex データベースアカウントの作成に必要な権限をSharePlex に付与するには、Teradata セットアップを Teradata 管理者として実行する必要があります。

Teradata セットアップの実行

  1. ターゲットシステムで実行中のすべての SharePlex プロセスと sp_cop をシャットダウンします。
  2. SharePlex 製品ディレクトリの bin サブディレクトリから td_setup を実行します。

    重要! SharePlex インスタンスをデフォルトの 2100 以外のポートにインストールした場合は、-p オプションを使用してポート番号を指定します。たとえば、次のコマンドではポート番号は 9400 です。

    $/users/splex/bin> td_setup ‑p9400

表 5: Teradata セットアップのプロンプトと応答

プロンプト 応答

Please enter the full directory path of the Teradata ODBC driver:

Teradata ODBC ドライバライブラリのフルパスを入力します。このステップは、Teradata セットアップユーティリティ内のドライバの場所を初期化して、セットアップの残りを実行できるようにします。セットアップ手順を完了するには、Teradata セットアップを 2 回実行する必要があります。

Please run td_setup again to create the tables, login and user accounts needed to run SharePlex replication.

もう一度 Teradata セットアップを実行します。SharePlex を 2100 以外のポートでインストールした場合は、ポート番号を含めます。

$/users/splex/bin> td_setup -p9400

Enter the DSN name or connection string []:

接続文字列、または Teradata に接続するデータソース名(DSN)を入力します。

Enter the Teradata Administrator name:

Teradata 管理者の名前を入力します。このユーザーは SharePlex アカウントで作業を実行する予定です。

Enter the password for the Administrator account:

管理者のパスワードを入力します。

Would you like to create a new SharePlex user [y]:

Enter を押してデフォルト(新しい SharePlex データベースアカウントの作成)を受け入れるか、n と入力して既存の SharePlex アカウントを使用します。

Enter the name of the new SharePlex user:

(or...)

Enter the name of the existing SharePlex user:

前の手順で選択したオプションに応じて、新規または既存の SharePlex ユーザーの名前を入力します。

 

Enter the password for new SharePlex user:

(or...)

Enter the password for existing SharePlex user:

新規または既存の SharePlex ユーザーアカウントのパスワードを入力します。

Re-enter the password for new SharePlex user:

このプロンプトは新しいユーザーを作成した場合のみ表示されます。もう一度 SharePlex パスワードを入力します。

Enter the name of the database:

デフォルトを受け入れるか、別のデータベース名を入力します。

Database name database does not exist. Would you like to create it?[y]:

このプロンプトが表示される場合、指定されたデータベースは存在しません。Enter を押すと、Teradata セットアップによって作成されます。

セットアップが正常に終了すると、次のようなメッセージが表示されます。

Completed SharePlex for Teradata database configuration

SharePlex User name: splex

Database name: splex

Target specification in SharePlex configuration: r.splex

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating