Chat now with support
Chat with Support

SharePlex 8.6.6 - インストール・ガイド

このガイドについて このガイドで使用されている表記規則 SharePlex の概要 SharePlex プリインストールチェックリスト Oracle クラスタでの SharePlex のセットアップ Amazon Cloud での SharePlex のセットアップ SharePlex のダウンロード UNIX のインストールとセットアップ Windows のインストールとセットアップ セキュリティグループへの SharePlex ユーザーの割り当て SharePlex 基本デモンストレーション 上級用 SharePlex デモンストレーション インストール上の問題の解決 SharePlex のアンインストール SharePlex ユーティリティ 付録 A:高度なインストーラオプション 付録 B:root としての SharePlex のインストール 付録 C:SharePlex でインストールされるアイテム

このガイドについて

このガイドについて

このマニュアルでは、SharePlex のインストールと初期セットアップの実行について説明します。また、SharePlex の特定の機能がどのように機能するかを示す、いくつかのデモンストレーションチュートリアルも含まれています。

その他の SharePlex ドキュメント

完全な SharePlex ドキュメントセットについては、次を参照してください。

http://documents.quest.com

  • 次の手順については、『SharePlex 管理者ガイド』を参照してください。

    • SharePlex の運用
    • 複製方法の計画
    • 複製先の環境の準備
    • 複製の設定
    • 複製の開始
    • 複製の監視、調整、トラブルシューティング
    • 高可用性環境でのフェイルオーバー / フェイルバック
    • 複製システムでの管理操作の実行
  • 時々必要になる参考情報については、『SharePlex リファレンスガイド』を参照してください。次の詳細情報が含まれています。

    • 複製を管理、監視、制御する sp_ctrl コマンド
    • SharePlex 調整パラメータ
    • SharePlex ユーティリティ
    • SharePlex エラーメッセージ
  • SharePlex をインストールまたは実行する前に完了する必要があるタスクについては、「SharePlex プリインストールチェックリスト」を参照してください。
  • SharePlex の現在のインストールを本バージョンにアップグレードする手順については、『SharePlex アップグレードガイド』を参照してください。
  • このリリースでの新機能、機能拡張、バグ修正、および既知の問題については、『SharePlex リリースノート』を参照してください。

このドキュメントを PDF 形式で表示

このドキュメントは、Adobe PDF 形式でダウンロード、表示、保存できます。このページの右上にある Download this document をクリックします。ドキュメント全体がダウンロードされます。

このガイドで使用されている表記規則

このガイドで使用されている表記規則
このマニュアルで使用されている規約

このガイドでは、次の表記上の規則が使用されます。

  • 太字は、表記どおりに入力する必要があるコマンドまたはオプションの必須要素を表します。
  • 斜体は、ユーザーが定義、命名、または入力する変数を表します。
  • {中かっこ} で囲まれているものは、必須の引数です。
  • [角かっこ] は、オプションのコマンドコンポーネントを表しています。また、長いコマンド文字列の例において、ユーザー定義変数を強調する場合にも使用されます。

    例:

    reconcile queue {queuename} for {datasource-datadest} [on host]

  • 角かっこまたは中かっこ内の垂直線、つまり「パイプ」記号(|)は、かっこ内の構成要素の中から 1 つだけ使用できることを表しています。

    例:

    abort service {service | all}

コマンド、プログラム、ディレクトリ、ファイルの名前は、太字で表します。

その他の名前は、デフォルトのフォントを使用して大文字で表します。

例:

sp_ctrl プログラムは、bin ディレクトリにあります。

oramsglst ファイルを開きます。

ORACLE_HOME の値を検索します。

Apply をクリックします。

プロンプトやコマンド出力などのシステムによる表示は、monofaced(等幅)フォントで表します。

例:

sp_ctrl(sysA)>

User is a viewer (level=3)

Windows のメニュー項目、ダイアログボックス、ダイアログボックス内のオプションは、太字で表します。

例:

File メニューから、Print を選択します。

システム名は、総称的に、またはフィクションとして表します。必要な場合、ソースシステム(またはプライマリシステム)は SysA と表記します。ターゲットシステム(またはセカンダリシステム)は、SysBSysCSysD などと表記します。

SharePlex の概要

SharePlex へようこそ
コンテンツ

SharePlex の利点

SharePlex の概要 > SharePlex の利点

SharePlex は、高速のログベースの複製を実行し、ユーザー固有のデータ可用性ニーズを満たすさまざまな設定をサポートします。主要な Unix、Linux、および Windows プラットフォームがサポートされます。

さまざまなターゲットのサポート

SharePlex は、Sun Solaris、HP-UX、IBM-AIX、HP-UX、Linux、および Windows プラットフォーム上の Oracle インスタンス間で高速のログベースの複製を実行します。SharePlex 製品ラインには、Oracle ソースから Microsoft SQL Server、SAP Adaptive Server Enterprise(ASE)、SAP HANA、PostgreSQL、Teradata、ファイル(SQL および XML 形式)、Hadoop、JMS、および Apache Kafka へのデータ複製機能もあります。

変更履歴データベースを維持するように SharePlex を設定することもできます。SharePlex では、(通常の複製設定のように)現在のターゲットデータがソース上で変更されたデータで上書きされるのではなく 、変更ごとに新しい行が挿入され、ソースデータベースに対するすべての変更履歴が段階ごとに表示されます。必要に応じて、各行にメタデータ列を追加して、変更内容に関するコンテキスト情報を含めることができます。

最新のアクセス可能なターゲットインスタンスを維持する

SharePlex 複製の主なメリットは、SharePlex が更新している間もユーザーがターゲットデータベースにアクセスできることです。SharePlex のターゲットは継続的に更新され、レポート作成、クエリ、抽出、バックアップなどさまざまな目的に使用できる実稼動データベースの信頼できるコピーを提供します。実稼動サーバからそのような処理を外す一方でセカンダリデータベースをユーザーのニーズに合うように最適化すると、実稼動データベースのパフォーマンスが向上します。また SharePlex には、DDL や DML の偶発的変更やデータベースの破損を防ぐための、論理レプリカがあります。

ソースとターゲットのデータを比較して不整合を修正する

ソースとターゲットのデータの整合性を確認するため、SharePlex では、テーブルの再同期が必要になるような大問題になる前に、ターゲットテーブルの中の隠れた非同期状態を検出し是正できます。SharePlex は、余分な行、消失した行、および値が一致しない行を検出します。たとえば比較対象の行をフィルタするように、これらの比較をカスタマイズできます。

強力な OLPD および ERP 環境をサポートする

SharePlex は、大量のビジネスデータを処理するように設計されています。したがって、数千ものテーブルへ 1 日に数百万件のトランザクションを複製することが可能です。BLOB および CLOB データ型と同様に、ERP アプリケーション内にある LONG 列とシーケンスなども含めて、多様なビジネスデータがサポートされます。

システムリソースを保護する

SharePlex では、ソースデータベース、ソースシステム、またはネットワークに大きな影響を及ぼすことなく、複製が行われます。ログベースの設計により、非常に小さな負荷で複製が行われます。SharePlex はCommit やリフレッシュスケジュールではなく、変更が行われると同時に複製されるので、複製によるネットワークへのインパクトが抑制され、ネットワークのパフォーマンスにスパイクをもたらすこともありません。このデザインにより、ソースとターゲットシステムの間の遅延が最小限に抑えられます。

高速かつ正確に複製する

SharePlex では、選択されたオブジェクトへの変更を redo ログから継続的に捕捉し、トランザクションがコミットされる前に複製を開始することで、ソースデータベースとターゲットデータベース間の遅延を最小限にする高速な複製が実行されます。トランザクションが取り消された場合、ターゲットがソースを正確に表現するように、SharePlex によりロールバックが複製されます。SharePlex は、操作の順序とセッションのコンテキストをターゲットまで維持しながら、Oracle の読み取り一貫性モデルに厳密に従います。ターゲットでは、複製された変更を適用するために標準 SQL が使用されます。

フォルトトレランスを維持する

その他の SharePlex の重要な利点は、機能停止に対する耐性です。ターゲットデータベースを利用できない場合は、データがターゲットシステムのキューに入れられ、ターゲット接続を再度確立できるまでトランザクションが蓄積されます。ターゲットシステムがダウンしている場合、またはネットワークに問題がある場合は、運用が回復するまで、SharePlex によりトランザクションがソースシステムに格納されます。

高水準のユーザー制御を維持する

この設計には追加のオプションがあります。ユーザーは、SharePlex がデータをネットワークへ送信する時点を制御できます。デフォルトでは、SharePlex によりデータの安定したストリームがターゲットシステムへ送信され、できるだけ速くデータが複製されますが、ユーザーは、Export プロセスを停止することで転送を遅らせることができます。トランザクションがターゲットシステムへ適用される時点を制御する目的で、Post プロセスを停止できます。トランザクションを適用する準備ができたときに、post するプロセスを再び起動するだけです。または、SharePlex の調整パラメータの 1 つを使用して、時間的要因に基づいてトランザクションを遅延させるように Post プロセスに強制することができます。

高い柔軟性によるメリット

SharePlex では、特定のニーズに合わせて複製作業をカスタマイズできます。たとえば、テーブル全体を複製することもできるし、より重要なデータを保護しながらファイアウォール越しにデータの一部(列)を複製することもできます。さまざまなレコードを別々の場所へ複製することもできます。さらに、ターゲットデータベースへデータを post する前または代わりに、データを変換する PL/SQL のプロシージャと連携するように SharePlex を設定することもできます。

さらに SharePlex には、複製ルートを設定する他の方法もいくつかあります。

迅速かつ簡単なインストール

SharePlex は、インストールが比較的簡単です。ソースおよびターゲットシステムに対する平均的なインストールには、約 1 時間ほどかかります。複製シナリオの設定が複雑な場合、または環境が特別な場合は、さらに時間がかかる場合もあります。

高可用性環境を維持する

SharePlex には、高い可用性と永続的なデータアクセスが必須でありダウンタイムがビジネスチャンスの喪失を意味するような、極めて重要な運用に対応する重要な利点があります。WAN接続を使用すると、異なる場所間のデータベースの複製を維持するために、SharePlex の複製機能を使用できます。そしてそれは、事前に計画もしくは計画していなくても、高速でシームレスなフェイルオーバーとフェイルバックが準備できた状態になっています。

プライマリシステムが故障したときに、ユーザー活動はセカンダリシステムへ移り続行されます。さらに、回復時にセカンダリインスタンスがプライマリシステムへコピーされ、適用されます。SharePlex では、バックアップから提供されたコピーを進行中のデータと調整し、ユーザーのトランザクションを複製し、すでにバックアップにより適用された操作は廃棄します。復元された 2 つのデータベースを同期させた後に、ユーザーはプライマリシステムへ戻り、作業を続けます。

ルーチンの維持の簡素化

SharePlex では簡単にデータを再同期できるため、複製に含まれる Oracle インスタンスを簡単に維持できます。ユーザー活動の中断は最小限で済みます。アプリケーションおよび Oracle のパッチ、アップグレード、および DDL の変更は、ソースマシンで実行され、手動で行う代わりにホットバックアップにより、ターゲットマシンへ適用されます。その間、SharePlex はオンラインでトランザクションを複製します。SharePlex では、バックアップを使用して複製された変更を同期し、複製が切れ目なく再開されます。

移行によるダウンタイムとリスクを減らす

ハードウェアの移行には通常、ハードウェアプラットフォームの変更、データセンターの移動、またはコスト削減のためのサーバーの統合が必要かどうかにかかわらず、長時間のダウンタイムが必要です。SharePlex では、データベースのほとんどリアルタイムなコピーを保持することで、移行が終了するまで元のシステムが正常に機能できるようにして、移行によるダウンタイムを最小限に減らすことができます。

Self Service Tools
Knowledge Base
Notifications & Alerts
Product Support
Software Downloads
Technical Documentation
User Forums
Video Tutorials
RSS Feed
Contact Us
Licensing Assistance
Technical Support
View All
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating