Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

レポート・ジョブ定義の編集

レポート・ジョブ定義を編集してレポート・スケジュールの変更や、レポートのユーザー定義イベントの設定を行うことができます。NetVault Backupでは、生成したレポートを電子メールで配信したり、通知システムによってレポートを印刷したりすることができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[レポート参照]をクリックします。
2
[レポート表示]ページで、編集するレポートを選択して、[レポート編集]をクリックします。
3
[レポート・ジョブ定義の編集]ページで、以下のオプションを設定します。

スケジュール

このオプションを使用して、指定の時刻にレポートを実行できます。スケジューリング・オプションは、定期的なレポート生成に役立ちます。

 

レポート・スケジュールを設定するには、既存のスケジュール・セットを選択するか、[新規作成]をクリックして、スケジュール・タイプとスケジュール方式を指定します。詳細は、「スケジュール・セットの作成」を参照してください。

スケジュール済みイベントでは、[レポート完了時イベント][レポート失敗時イベント]フィールドでユーザー定義イベントを指定します。

レポート完了時イベント

ジョブが正常に完了した場合に発生させるイベントを指定します。

レポート失敗時イベント

ジョブが失敗した場合に発生させるイベントを指定します。

メモ: レポート・イベントは、レポート・スケジュールを指定した場合または[実行 & 通知]を使用する場合にのみ発生します。
4
[保存]をクリックして、[レポート・ジョブの保存]ダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。
ジョブを保存すると、設定済みイベントがReport Jobイベント・クラスに追加されます。レポートが生成されたとき、グローバル通知方法またはユーザー通知プロファイルを使用してイベント通知を受信できます。詳細は、「通知方法の使用による、電子メールでのレポート送信またはレポートの印刷」を参照してください。

通知方法の使用による、電子メールでのレポート送信またはレポートの印刷

レポート・ジョブのユーザー定義のイベントを設定し、ジョブが正常に完了した場合や失敗した場合に通知を受け取ることができます。NetVault Backupは、これらのイベントをReport Jobイベント・クラスに追加します。この機能を利用して、電子メールでレポートを送信するか、指定したプリンタにレポートを送信できます。

電子メールでレポートを配信するか、レポートを印刷するかに応じて、次の手順を実行します。

管理者にレポートを送信するには、通知方法としてSysop E-mailを設定します。詳細は、「一般通知方法の設定」を参照してください。デフォルトでは、レポートはPDFファイル形式で生成され、電子メールの添付ファイルとして配信されます。
レポートを他のユーザーに送信するには、ユーザーの通知プロファイルを設定します。詳細は、「ユーザー通知プロファイルの設定」を参照してください。デフォルトでは、レポートはPDFファイル形式で生成され、電子メールの添付ファイルとして配信されます。
レポートを印刷するには、通知方法としてPrint a reportを設定します。詳細は、「一般通知方法の設定」を参照してください。

レポートのテーブル表示のカスタマイズ

レポートが生成された後、テーブル表示を変更して、列の包含または除外、列の順序の変更、および列の合計とその他の合計値の加算ができます。コンポーネントの複数のテーブル表示を加算できます。レポーティング・システムを使用すると、レポートを実行するときに毎回カスタム・フォーマットが使用されるように、これらの設定をジョブ定義に保存できます。

2
[レポート]ウィンドウで、テーブルの右上にある[設定]リンクをクリックします。レポートに複数のコンポーネントが含まれている場合は、変更するテーブルと関連付けられているリンクをクリックします。
3
[テーブルの設定]ダイアログ・ボックスに、利用可能な列が一覧表示されます。テーブル表示には、対応する[表示]チェック・ボックスが選択されている列が含まれます。たとえば、レポート「Data Stored By Client」の場合は次の[テーブルの設定]ダイアログ・ボックスが表示されます。
列の非表示:1つまたは複数の列を非表示にするには、列のチェック・マークを選択解除します。
列の表示:非表示の列を表示するには、対応する[表示]チェック・ボックスをクリックします。
合計値の表示:列の合計、最小、最大、およびその他の合計値を表示するフィールドを加算するには、[合計]リストでフィールド・タイプを選択します。このリストは、数値を含む列のみで表示されます。
[合計]:列にあるすべての値の合計を表示します。
[平均]:列にあるすべての値の平均値を表示します。
[最小]:列にあるすべての値の最小値を表示します。
[最大]:列にあるすべての値の最大値を表示します。
[カウント]:レコード数を表示します。
[なし]:集計フィールドを削除します。
6
テーブルを追加するには、コンポーネント・テーブルの左下にある[別のビューの追加]リンクをクリックします。
コンポーネントがテーブル表示のみをサポートする場合、新しいテーブルが自動的に追加されます。別のビュー・タイプがサポートされている場合は、[ビューの追加]ダイアログ・ボックスが表示されます。テーブルを追加するには、[ビューのタイプ]リストで[テーブル]を選択します。
7
ビューを削除するには、コンポーネント・テーブルの左下にある[このビューを削除]リンクをクリックします。
8
カスタム設定を保存するには、レポートの左上にある[レポートフォーマットの保存]リンクをクリックします。

レポートへのグラフの追加

レポーティング・システムのグラフ機能を使用して、棒グラフおよび円グラフの形で出力を表示できます。複数のグラフ表示を使用して、さまざまなデータ・セットを比較できます。レポーティング・システムを使用すると、レポートを実行するときに毎回カスタム・フォーマットが使用されるように、これらの設定をジョブ定義に保存できます。

2
[レポート]ウィンドウで、テーブルの左下にある[別のビューの追加]リンクをクリックします。レポートに複数のコンポーネントが含まれている場合は、グラフを追加するコンポーネントと関連付けられているリンクをクリックします。
コンポーネントがグラフィカル・ビューをサポートしている場合は、[ビューの追加]ダイアログ・ボックスが表示されます。

棒グラフ

棒グラフを使用して、データ値を視覚的に比較できます。

棒グラフを追加するには、次の手順を実行します。

[ビューのタイプ]リストで、[棒グラフ]を選択します。
[カテゴリ]リストで、縦軸を表す列を選択します。カテゴリ列にある各レコードのグラフの棒が生成されます。列の値はラベルとして使用されます。
[値]リストで、横軸を表す列を選択します。データ値によって、棒の長さが決まります。

[OK]をクリックします。

Figure 32は、棒グラフ・ビューを示しています。

円グラフ

円グラフを使用して、合計に対する異なるカテゴリの相対的な比率を表示できます。

円グラフを追加するには、次の手順を実行します。

[ビューのタイプ]リストで、[円グラフ]を選択します。
[カテゴリ]リストで、カテゴリまたは円グラフの扇形を表す列を選択します。カテゴリ列にあるレコードの数によって、グラフがいくつの扇形に分けられるかが決まります。列の値は凡例として使用されます。
[値]リストで、円グラフのデータを含む列を選択します。データ値によって、扇形のサイズが決まります。

[OK]をクリックします。

Figure 33は、円グラフ・ビューを示してます。

4
ビューを削除するには、コンポーネント・テーブルの左下にある[このビューを削除]リンクをクリックします。
5
カスタム設定を保存するには、レポートの左上にある[レポートフォーマットの保存]リンクをクリックします。

このセクションには、レポーティング・システムを使用して生成されたグラフの例が含まれています。

次の図は、サンプル・データ・セットに対応する棒グラフ・ビューを示しています。

次の図は、サンプル・データ・セットに対応する円グラフ・ビューを示しています。

Related Documents