Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

NetVault Backupのイベントについて

イベントとは、NetVault Backupシステム内で発生するすべての有意な事象として定義できます。イベントは、対処が必要な問題や知っておく必要がある状態を示している場合があります。イベントは事前定義またはユーザー定義されています。

イベントはイベント・ログに記録されます。イベント・ログのメッセージは、[イベント表示]ページで表示できます。イベント・ログを使って、アクティビティの追跡、システムが報告した問題やエラーへの応答などを行えます。

NetVault Backupには、一連の事前定義されたイベントが組み込まれており、それぞれのイベントがシステム内で発生するジョブ関連とジョブ関連以外のさまざまな事象に関連付けられています。事前定義されたイベントは、異なるカテゴリまたはクラスに編成管理されています。各カテゴリまたはクラスには、1つまたは複数のイベント・タイプが含まれています。事前定義のイベント・クラスおよびイベント・タイプの詳細については、「イベント・クラス」および「イベント・タイプ」を参照してください。

NetVault Backupでは、バックアップ・ジョブ、リストア・ジョブ、ポリシー、レポート・ジョブ、およびログ・メッセージに関連付けられた個々のイベントを監視するユーザー定義イベントを作成できます。たとえば、バックアップ・ジョブのユーザー定義のイベントを作成し、ジョブが正常に完了した場合、警告を表示して完了した場合、または失敗した場合に通知を受け取ることができます。詳細は、このガイドで該当するセクションを参照してください。

通知方法について

NetVault Backupには、イベントが発生した場合に通知を送信するためのさまざまな方法が用意されています。使用できるのは、一般通知方法、ユーザー通知プロファイル、カスタム通知方法です。

一般通知方法には、[SysOp Email]、[SNMP Trap](Simple Network Management Protocol Trap)、[Print Report]、および[Run a Job]が含まれます。これらの方法についての詳細は、「一般通知方法の使用」を参照してください。

ユーザー通知プロファイルを設定すると、イベント発生時にメール通知をNetVault Backupユーザーに送信できます。詳細は、「ユーザー通知プロファイルの設定」を参照してください。

カスタム通知方法は、外部スクリプトを使用して作成します。また、一般的に、NetVault Backupドメイン内でイベントが発生したときに、何らかのタスクを実行する目的で使用します。詳細は、「カスタム通知方法の使用」を参照してください。

イベント・クラス

NetVault Backupで事前定義されたイベントは、各種のカテゴリまたはクラスに編成管理されています。

 

 

イベント・タイプ

各種イベント・クラスで利用できる事前定義イベント・タイプの簡単な説明を以下の表に示します。

Audit

Failed to Update Audit File

NetVault Backupで監査ログを更新できない場合に発生します。

 

Update Session Map Failed

NetVault Backupは、セッション所有者マッピング・ファイルを更新できません。

DR Appliance

Container Created

Quest DR Seriesシステムでコンテナが作成されたときに発生します。

 

Container Deleted

Quest DR Seriesシステムからコンテナが削除されたときに発生します。

[デバイス]

Check

デバイス確認要求を受信した場合に発生します。

 

Check Serial Number of Drive

ドライブのシリアル番号の確認要求を受信した場合に発生します。

 

Check Serial Number of All

Drives

すべてのドライブのシリアル番号確認要求を受信した場合に発生します。

 

Close Door

ライブラリ・ドアを閉じる要求を受信した場合に発生します。

 

Close EEPort

入口/出口ポートを閉じる要求を受信した場合に発生します。

 

Close EEPort Clean

クリーニング・メディアがある入口/出口ポートを閉じる要求を受信した場合に発生します。

 

Device Forced Offline

デバイスに対してオフライン・コマンドが選択された場合に発生します。

 

DR Devices Marked Orphan

DRデバイスが孤立デバイスとしてマークされた場合に発生します。

 

Device Gone Offline

デバイスがオフラインになった場合に発生します。

 

Drive Unavailable

ドライブがオフラインになった場合に発生します。

 

Library Gone Offline

ライブラリがオフラインになった場合に発生します。

 

Library Scan Completed

メディア・スキャン要求が完了した場合に発生します。

 

Map

ACSLSドライブがマップされた場合に発生します。

 

No Suitable Drive

バックアップあるいはリストア・ジョブの実行に適したドライブをNetVault Backupが見つけられない場合に発生します。

 

Open Door

ライブラリ・ドアを開く要求を受信した場合に発生します。

 

Open EEPort

入口/出口ポートを開く要求を受信した場合に発生します。

 

Reconfigure Device

デバイスが変更された場合に発生します。

 

Remove

デバイスが削除された場合に発生します。

 

Restart Library

ライブラリが再起動された場合に発生します。

 

Synchronize Silo Media

サイロ・メディア・アイテムが同期された場合に発生します。

 

Unmap

ACSLSドライブのマップが解除された場合に発生します。

 

Update Serial Number of Drive

ドライブのシリアル番号の更新要求を受信した場合に発生します。

 

Update Serial Number of all Drives

すべてのドライブのシリアル番号の更新要求を受信した場合に発生します。

Job

All Job Retries Failed

ジョブのすべての再試行が失敗した場合に発生します。

 

Job Abort Requested

ジョブの中断要求を受信した場合に発生します。

 

Job Aborted(ジョブが中断されました)

ジョブ中断時に発生します。

 

Job Completed Successfully

ジョブ正常完了時に発生します。

 

Job Completed with Warnings(警告付きでジョブが完了しました)

警告付きでジョブが完了した場合に発生します。

 

Job Created

ジョブの作成時に発生します。

 

Job Deleted

ジョブの削除時に発生します。

 

Job Died(ジョブが異常終了しました)

ジョブが予期せずに終了した場合に発生します。

 

Job Failed(ジョブが失敗しました)

ジョブが失敗した場合に発生します。

 

Job Finished

ジョブの完了時に発生します。

 

Job Hold

ジョブが保留状態になった場合に発生します。

 

Job Modified

ジョブの変更時に発生します。

 

Job Phase Starting

ジョブのフェーズ1またはフェーズ2を開始した場合に発生します。

 

Job Resume

保留中のジョブが再開された場合に発生します。

 

Job Retry Scheduled

ジョブ試行失敗後、ジョブが再スケジュールされた場合に発生します。

 

Job Run Now

ジョブの即時実行が行われた場合に発生します。

 

Job Scheduled

ジョブの実行時に発生します。

 

Job Stop Requested

ジョブの停止要求を受信した場合に発生します。

 

Job Stopped(ジョブが停止しました)

ジョブの停止時に発生します。

 

Scheduled Phase Deleted

ジョブのスケジュール済みフェーズが削除された場合に発生します。

 

Set Created

セットの作成時に発生します。

 

Set Deleted

セットの削除時に発生します。

 

Set Modified

セットの変更時に発生します。

Licensing

License Exceeded

使用可能なライセンス数を超過した場合に発生します。

 

License Expiring

認証ライセンスが有効期限間近か期限を過ぎた場合に発生します。認証ライセンスの有効期限が7日以内になると、このイベントが発生します。

Log Daemon

Home Drive Becoming Full

ディスク領域の使用率が警告あるいは重大しきい値に達した場合に発生します。

Machines

Client Added

NetVault Backupクライアントがドメインに追加された場合に発生します。

 

Client Down

NetVault Backupクライアントがオフラインになった場合に発生します。

 

Client Group Created

クライアント・グループの作成時に発生します。

 

Client Group Deleted

クライアント・グループの削除時に発生します。

 

Client Group Modified

クライアント・グループの変更時に発生します。

 

Client Group Renamed

クライアント・グループの名前変更時に発生します。

 

Client Removed

クライアントが削除された場合に発生します。

 

Virtual Client Added

サーバー上にクラスタ対応プラグインがインストールされた場合に発生します。仮想クライアントおよびクラスタ対応プラグインについての詳細は、「クライアント・クラスタの使用」を参照してください。

 

Virtual Client Removed

仮想クライアントが削除された場合に発生します。仮想クライアントおよびクラスタ対応プラグインについての詳細は、「クライアント・クラスタの使用」を参照してください。

Media

Blank

メディア・アイテムのブランク処理要求を受信した場合に発生します。

 

Delete Group

メディア・グループの削除時に発生します。

 

Delete Job Instance

ジョブ・インスタンスの削除時に発生します。

 

Export

出口/入口ポートにメディアがエクスポートされた場合に発生します。

 

Import

メディアのインポート要求を受信した場合に発生します。

 

Import Clean

クリーニング・テープのインポート要求を受信した場合に発生します。

 

ラベル

メディアにラベルを割り当てた場合に発生します。

 

Load

メディアがドライブにロードされた場合に発生します。

 

Media Blanked

メディアがブランク処理された場合に発生します。

 

Media Deleted

メディアがNetVaultデータベースから削除された場合に発生します。

 

Media Full

メディアがブランクいっぱいになった場合に発生します。

 

Media Labeled

メディア・ラベル要求が完了した場合に発生します。

 

Media Loaded

メディア・ロード要求が完了した場合に発生します。

 

Media Marked Bad

メディアが不良としてマークされた場合に発生します。

 

Media Request Change Priority

メディア要求の優先度が変更された場合に発生します

 

Media Request Timeout Expired

バックアップ・ジョブのメディア要求がタイムアウトした場合に発生します。このイベントは、NetVault Backupが指定されたタイムアウト間隔内に適切なメディアを見つけられない場合に発生します。

 

Media Suspect

メディアが不審としてマークされた場合に発生します。

 

Media Unexpectedly BLANK

使用するためのメディア選択時に、そのメディアが予期せずブランク状態だった場合に発生します。

 

Media Unloaded

メディアがアンロードされた場合に発生します。

 

Media Unusable

ドライブがメディアを拒否する場合に発生します。

 

No Suitable Media

NetVault Backupがバックアップ・ジョブの実行に適したメディアを見つけられない場合に発生します。

 

Request Off Hold

メディア要求が再開された場合に発生します。

 

Request On Hold

メディア要求が保留された場合に発生します。

 

Reuse

メディアが再利用のためにマークされた場合に発生します。

 

Scan Request

Foreignメディアのスキャン要求を受信した場合に発生します。

 

Unload

メディアがアンロードされた場合に発生します。

 

Update Properties

メディア・プロパティが変更された場合に発生します。

Media Database

Backup Added

バックアップ・レコードがMediaデータベースに追加された場合に発生します。

 

Backup Deleted

バックアップ・レコードがMediaデータベースから削除された場合に発生します。

 

Backup Modified

新しいバックアップ・レコードが変更された場合に発生します。

 

Backup Retired

セーブセットがリタイアされ、その情報がNetVaultデータベースから削除された場合に発生します。

 

Index Compressed

バックアップ・インデックスが圧縮された場合に発生します。

 

Index Compression Failure

ディスク空き容量不足のため、NetVault Backupがバックアップ・インデックスの圧縮解除に失敗した場合に発生します。

 

Index Loaded

オフライン・インデックスが一時的にロードされた場合に発生します。

 

Index Offlined

NetVaultデータベースから、セーブセットのバックアップ・インデックスが削除された場合に発生します。

 

Index Offlining Failure

NetVault Backupが、データベースからのセーブセットのバックアップ・インデックスの削除に失敗した場合に発生します。

 

Index Read Failure

NetVault Backupがセーブセットのインデックスの読み取りに失敗した場合に発生します。

 

Index Uncompressed

バックアップ・インデックスが圧縮解除された場合に発生します。

 

Media Database Check Failed

Mediaデータベースの整合性または参照確認に失敗した場合に発生します。

 

Media Database Check Passed

Mediaデータベースの確認が正常に完了した場合に発生します。

 

Media Database Check Passed with Warnings

Mediaデータベースの確認で警告が生成された場合に発生します。

 

Modify Backup Expiry

セーブセットのリタイア期限が変更された場合に発生します。

NetVault Time

No Time Source

ドメインのNetVault Timeサーバーが設定されていない場合に発生します。

 

Server Time Inconsistency

2つ以上の管理用サーバーのNetVault Timeが一致しない場合に発生します。(このイベントは、1つのクライアントが2つ以上のNetVault Backupサーバーに追加される場合に発生することがあります)。

 

Server Time Unknown

タイム・サーバーがソースからNetVault Timeを取得できない場合に発生します。

 

Time Server Changed

NetVault Backupドメインのタイム・サーバーが変更された場合に発生します。

 

Time Server Not Responding

タイム・サーバーが時間要求に応答していない場合に発生します。

 

Time Server Removed

NetVault Backupドメインからタイム・サーバーが削除された場合に発生します。

Policy

Policy Branch Errors Acknowledged

ポリシー・ブランチ・エラーまたは警告が確認された場合に発生します。

 

Policy Created

ポリシーの作成時に発生します。

 

Policy Deleted

ポリシーの削除時に発生します。

 

Policy Errors Acknowledged

ポリシー・エラーまたは警告が確認された場合に発生します。

 

Policy Modified

ポリシーの変更時に発生します。

 

Policy Quiesce

ポリシーの休止要求を受信した場合に発生します。

 

Policy Quiesced

ポリシーが休止状態になった場合に発生します。

Scheduler Database

Scheduler Database Check Failed

Schedulerデータベースの整合性または参照確認に失敗した場合に発生します。

Scheduler Database Check Passed

Schedulerデータベースの確認が正常に完了した場合に発生します。

Scheduler Database Check Passed with Warnings

Schedulerデータベースの確認で警告が生成された場合に発生します。

Stats Collection

Cache Too Small

統計マネージャのキャッシュ・メモリが足りなくなってきている場合に発生します。その結果、プロセスの動作速度が遅くなります。

 

Cannot Accept Records

統計マネージャが、他のプロセスからのデータの受け取りを拒否した場合に発生します。

 

Lost Server

ポーリングのタイムアウトによりサーバー用に収集されたI/Oデータが統計マネージャにより破棄された場合に発生します。

 

Stats Manager Ready

NetVault Backupが統計マネージャを開始した場合に発生します。

Related Documents