Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

テープ・ベースのストレージ・デバイスからのセーブセットの削除

テープ・ベースのストレージ・デバイスからセーブセットを削除すると、基本的に、セーブセットのインデックスがNetVaultデータベースから削除されます。その後もメディアをスキャンして、NetVaultデータベースにバックアップ・インデックスをインポートし、バックアップを使用できます。

バックアップに従属バックアップが含まれる場合は、以下を実行するように選択できます。

重要: メディア・マネージャの[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、ここでの選択に関係なく、セーブセットは即座に削除されます。このグローバル設定の詳細については、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
[ストレージの調査]ページで、[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
3
セーブセットのリストで、削除するセーブセットを選択して、[セーブセット検査]をクリックします。
4
[削除]をクリックします。
5
[セーブセット削除]ダイアログ・ボックスで、選択したセーブセットの重複も削除する場合は、[このセーブセットに関連付けられたすべてのコピーを削除します]チェック・ボックスを選択します。
6
[削除タイミングのオプションを選択します]で、セーブセットをすぐに削除するか、すべての従属セーブセットがリタイア日に達するまで削除を遅らせるかを指定します。
削除するにはマークを付けます:選択したセーブセットを削除対象としてマークするには、このオプションを使用します。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがセーブセットに存在しない場合、セーブセットはすぐに削除されます。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがバックアップに存在する場合、セーブセットは、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後で削除されます。
すぐに強制削除:選択したセーブセットをすぐに削除するには、このオプションを使用します。選択したセーブセットに存在する、依存関係にある増分バックアップと差分バックアップも、リタイア日に達していなくてもすぐに削除されます。
7
[OK]をクリックします。

 

ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理

ユーザー・アカウントについて

NetVault Backup管理者はさまざまなユーザー・アカウントを設定し、ユーザーが実行する必要がある機能に基づいて、適切な権限、グループ・メンバーシップ、割当量をアカウントに割り当てることができます。

たとえば、管理者は、データベース管理者のユーザー・アカウントを作成し、このアカウントにデータベース・システムのバックアップとリストアを実施する権限を付与することができます。同じように、ユーザー・アカウントを作成して、クライアントやストレージ・デバイスを管理できます。

NetVault Backupには、2種類の事前定義されたユーザー・アカウントがあります。

admin:NetVault Backupの管理者アカウントです。
default:NetVault Backupでさまざまな操作を実行するために使用できる標準のユーザー・アカウントです。

これらのユーザー・アカウントを使用して、NetVault Backup WebUIおよびCLIでさまざまなタスクを実行します。adminおよびdefaultユーザー・アカウントに、NetVault Backupのすべての権限が割り当てられています。デフォルトで、adminおよびdefaultユーザー・アカウントにはパスワードが割り当てられていません。NetVault Backupサーバーへの不正アクセスを防止するため、これらのユーザー・アカウントに安全なパスワードを割り当てることができます。

環境でActive Directory(AD)を使用する場合は、ADユーザーをNetVault Backupに統合し、ユーザー・グループを管理することもできます。詳細は、「Active DirectoryとNetVault Backupの統合」を参照してください。

ユーザーとグループの権限およびプリセットについて

権限とは、NetVault Backupで特定のタスクを実行するためのパーミッションです。

NetVault Backupでタスクを実行するには、ユーザーが必要なNetVault Backup権限を保持している必要があります。ユーザーに権限がない場合、リクエストは拒否されます。NetVault Backupでは、ユーザーまたはユーザー・グループに付与されている権限に応じて、オーディタ・デーモン(nvavp)によりユーザーのリクエストが承認されます。NetVault Backupのユーザーおよびユーザー・グループ権限のタイプについては、「ユーザー権限」を参照してください。

プリセットとはユーザーの権限セットです。プリセットによってユーザー権限を割り当てるタスクが容易になります。管理者は、各ユーザー・アカウントに個々の権限を割り当てる代わりに、プリセットを割り当てることができます。プリセットをユーザーに割り当てると、ユーザーはそのプリセットに含まれるすべての権限を取得します。

NetVault Backupには、事前に定義されたプリセットがいくつか用意されています。プリセットには特定のユーザー役割およびユーザー・グループに必要な権限がすべて含まれています。事前定義されたプリセットには、以下のものが含まれます。管理者、バックアップ管理者、バックアップ・オペレータ、メディア・オペレータ、モニタ、およびヘルプデスク。これらのセットに含まれる権限の詳細については、「事前定義されたプリセット」を参照してください。

管理者は、バックアップ環境で必要とされる追加のユーザー役割用にユーザー定義のプリセットを作成することもできます。詳細は、「プリセットの使用」を参照してください。

Related Documents