Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

NetVault Backupクライアントについて

NetVault Backupクライアントとは、NetVault Backupソリューションを使用して保護する対象となるマシンです。

これらのマシンには少なくとも、NetVault Backupのクライアント・モジュールとサーバーへのTCP/IP接続が必要です。NetVault Backup SmartClientライセンスをクライアントにインストールすると、物理および仮想ストレージ・デバイスをクライアントにローカル接続できます。

バックアップまたはリストア操作でクライアントを使用するには、まずNetVault Backupサーバーへのクライアントの追加が必要です。単一のサーバーと、その関連するクライアントが、NetVault Backupドメインを形成しています。NetVault Backupサーバーは、それ自体がクライアントとして動作できます。また、他のNetVault Backupサーバーにクライアントとしても追加できます。

WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール)

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

プッシュ・インストールについて

プッシュ・インストール方式では、1つまたは複数のソフトウェア・パッケージをリモート・マシンにインストールできます。この方法を使用すると、NetVault Backupクライアント・ソフトウェアおよびNetVault Backupのプラグインのインストール、またはアップグレードを、WindowsベースとLinuxベースのマシンも含めた複数のマシンに対して行うことができます。プッシュ・インストールは、WindowsからWindows、WindowsからLinux、LinuxからLinux、およびLinuxからWindowsへのシナリオで使用できます。

プッシュ・インストールのタスクは、NetVault Backup WebUIから実行できます。タスクが開始すると、展開エージェントがリモート・マシンにインストールされます。エージェントは、共有場所からインストール・パッケージをコピーし、マシンに対してサイレント・インストールを実行します。また、エージェントはステータス・メッセージをサーバーに送信します。タスク・ステータスはWebUIから参照できます。パッケージが正常にマシンにインストールされると、WebUIで自動的に新しいクライアントがNetVault Backupサーバーに追加されます。

デフォルトでは、NetVault Backupは最大50個のプッシュ・インストール・プロセスを同時に実行できます。デフォルト設定を変更して、同時プロセス数を増やすことができます。詳細は、「展開マネージャのデフォルトの設定」を参照してください。

前提条件

プッシュ・インストール手順を開始する前に、以下の必要条件を満たしていることを確認します。

共有場所へのパッケージのコピー:クライアントとプラグイン・パッケージを共有場所にコピーします。現在、CIFS共有(LinuxのSamba共有を含む)のみがパッケージ・ストアとしてサポートされています。NetVault Backupサーバーと、パッケージをインストールするすべてのターゲット・マシンがアクセス可能なパスである必要があります。
NetVault Backupでのパッケージ・ストアの設定:インストール・パッケージをコピーしたら、NetVault Backupで共有場所の詳細を設定できます。詳細は、「パッケージ・ストアの設定」を参照してください。
複数のネットワーク・アドレスを使用するNetVault Backupサーバーでの優先ネットワーク・アドレスの設定:複数のネットワーク・アドレスを使用するNetVault Backupサーバーで、[優先して使用するネットワーク・アドレス]を設定して、リモート・クライアントがステータス・メッセージを正しいアドレスに送信できるようにします。この設定についての詳細は、「複数のネットワーク・アドレスを使用するマシンのネットワーク・アドレス設定」を参照してください。
プッシュ・インストールに必要なポートをトラフィックが通過できるようにファイアウォールの設定を確認:クライアントおよびプラグイン・パッケージをリモートのWindowsマシンにプッシュするには、ポート135経由でRPCを使用して、NetVault Backupサーバーでリモート・マシンとの初期WMIセッションを確立します。後続のすべてのWMIトラフィックでは、49152~65535の範囲の動的ポートが使用されます。

NetVault BackupクライアントのインストールをLinuxマシンにプッシュする場合は、次の追加の前提条件が必要です。

適切なアクセス権の付与:ユーザーにはrootレベルのアクセスが必要です。リモートのLinuxマシン上のsudoersファイルにNOPASSWDのフラグを設定してください。この前提条件を満たすため、次のいずれかのエントリをsudoersファイルに追加します。
メモ: ユーザーがsudoersファイルからsudoers権限を取得できない場合、[リモート・マシン上でインストール・エージェントを起動する要求が送信されました]メッセージが表示され、導入タスクは常に実行状態になります。
パスワード認証の確認:sshd_configファイルのPasswordAuthenticationエントリをyesに設定します。
デフォルトの暗号化設定を使用していない場合は、aes 128-ctrのサポートが必要です。この場合、/etc/ssh/sshd_configファイル内のリストの末尾にaes128-ctrを追加し、その後にコンマを付けてください。
libstdc++のインストール:NetVault Backupクライアントのハイブリッド・インストール・パッケージを64ビットのLinuxマシンにプッシュする場合は、最初にlibstdc++の32ビット・バージョンをインストールしておく必要があります。

LinuxマシンからWindowsマシンにNetVault Backupクライアントをプッシュする場合は、次のその他の前提条件が必要です。

WinRMのバージョンが2.0よりも大きいことを確認します。
2
AuthセクションのKerberos値がtrueに設定されていることを確認します。
LinuxマシンでKerberosを設定します。
次のコマンドを実行して、krb5 configファイルを開きます。
Related Documents