Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

バックアップ・ポリシーの削除

バックアップ・ポリシーが不要になった場合は、データベースから削除できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ポリシー管理]をクリックします。
2
[利用可能なポリシー]テーブルで、削除するポリシーを選択して、[削除]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。

データのリストア

データのリストアについて

リストアとは、システムのすべてまたは一部をバックアップから再構築することです。

以下のようなさまざまな理由でリストア・ジョブを実行できます。

NetVault Backupプラグインは、プラグイン固有のAPIを統合して、バックアップからアプリケーション固有のデータをリストアし、復旧します。これらのプラグインは、アプリケーション・タイプに応じて、データを復旧するためのさまざまな手段やオプションを提供します。

一般的に、NetVault Backupには以下のようなリストア機能が用意されています。

データをリストアするには、リストア・ジョブを作成、実行します。リストア・ジョブ定義は、[ナビゲーション]パネルの[リストア・ジョブ作成]リンクから作成することができます。

リストア・ジョブ定義は、以下のコンポーネントで構成されています。

これらのコンポーネントは、NetVault Backupセットに保管されます。NetVault Backupセットについての詳細は、「NetVault Backupセットについて」を参照してください。

各リストア・ジョブにはジョブID番号とジョブ名があります。ジョブID番号は自動生成された番号です。ジョブ名はユーザー定義の文字列で、ジョブの進捗のモニタリングやジョブ・ログの表示の際に、簡単にジョブを特定することができます。

リストア・ジョブの作成

リストア・ジョブ・ウィザードを使って、リストア・ジョブを作成、実行することができます。ウィザードは、[ナビゲーション]パネルの[リストア・ジョブ作成]リンクからアクセスすることができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[リストア・ジョブ作成]をクリックします。
[リストア・ジョブ作成 - セーブセットの選択]ページで、セーブセット・テーブルは利用可能なセーブセットを一覧表示します。

セーブセットがオンラインです(すべてのセグメントがオンラインです)。

セーブセットの一部がオンラインです(一部のセグメントがオンラインです)。

セーブセットがオフラインです(すべてのセグメントがオフラインです)。

2
[リストア・ジョブ作成 - セーブセットの選択]ページは最初に最大5000レコードがロードされます。取得されたレコードの合計数は、テーブルの右下隅に表示されます。
[さらにロード]をクリックすると、使用可能な場合は、次のレコード・セットをロードできます。ロード・アクションごとに、最大5000レコードが取得されます。それ以上ロードするレコードがない場合は、このボタンは無効になります。
フィルタ・オプションの設定([リストア・ジョブ作成 - セーブセットの選択]ページのテーブル・フィルタ・オプションについて詳しくは、Table 13を参照してください)、ページ・サイズ設定とテーブル内のソート順の表示、レコードのエクスポート、またはテーブル設定の編集を行うには、テーブルの右下隅にあるアイコンをクリックします。詳細は、「NetVault Backup WebUIでのテーブルのカスタマイズ」を参照してください。
[検索]オプションを使用して、テーブル・データをフィルタし、列の値に指定した文字列を含むエントリをすばやく見つけることができます。また、検索フィルタ文字列にはワイルドカード(?または*)を含めることもできます。
選択したスナップショットを管理するには[スナップショット機能]をクリックします。スナップショット機能を使用すると、スナップショットのマウント、マウント解除、有効期限の設定を行うことができます。詳細は「スナップショットの管理」を参照してください。
3
使用するセーブセットを選択して、[次へ]をクリックします。
メモ: 選択したセーブセットでオンライン・バックアップ・インデックスが利用できない場合、[ロードの確認]ダイアログ・ボックスが表示されます。バックアップ・メディアからインデックスをロードするには、[OK]をクリックして、[インデックスのロード]ダイアログ・ボックスで、NetVaultデータベース内でインデックスを保存する日数を入力または選択します。
4
[セレクション・セット作成]ページで、リストアする項目を選択します。
5
[プラグイン・オプションの編集]ボタンをクリックして、使用するオプションを設定します。
[次へ]をクリックします。
6
[リストア・ジョブ作成]ページで、ジョブ名を指定します。ジョブの進行状況を監視する際に識別しやすい、分かりやすい名前を割り当てます。
7
[ターゲット・クライアント]リストで、リストア・ターゲットを選択します。同じクライアント(データがバックアップされたクライアント)にデータをリストアするには、デフォルトの設定を使用します。
データを別のクライアントにリストアするには、リストからターゲット・クライアントを選択します。または、[選択]をクリックします。[クライアント指定選択]ダイアログ・ボックスで、クライアントを選択して[OK]をクリックします。
8
[スケジュール]リストで、既存のスケジュール・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、スケジュール・タイプとスケジュール方式を設定します。詳細は詳細は、「スケジュール・セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「即時」が選択されています。ジョブを即時実行する場合は、このセットを使用します。
9
[ソース・オプション]リストで、既存のソース・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、ソース・デバイス・オプションを設定します。詳細は、「リストア・ジョブに対するソース・セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「任意のデバイス」が選択されています。ジョブで利用できる任意のデバイスを選択するには、このセットを使用します。
10
[詳細設定]リストで、既存のリストア詳細設定セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、使用するオプションを設定します。詳細は、「リストア詳細設定セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「選択したバックアップからリストア」が選択されています。
11
[実行]をクリックして、スケジュール設定のためにジョブを送信します。
[ジョブ・ステータス]ページではジョブの進捗をモニタしたり、[ログ]ページではログを参照表示することができます。詳細は、「ジョブ・アクティビティの表示」および「ログ・メッセージの参照」を参照してください。
Related Documents