Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

デバイスの選択

1
[バックアップ・ジョブ・ウィザード - ターゲット・セット作成]ページで、[デバイス・セレクション]をクリックして、以下の設定を行います。

任意のデバイス

このオプションはデフォルトで選択されています。デバイスを指定しない場合、NetVault Backupは適切な任意のデバイスをジョブで使用します。

デバイス指定

ジョブに特定のデバイスを使用するには、このオプションを選択します。関連するボックスで、使用しないデバイスのチェック・マークを解除します。ライブラリを除外すると、関連するドライブが自動的に除外されます。

次のボタンを使用してデバイスを選択または選択解除することもできます。

すべて選択解除:すべてのデバイスの選択を解除します。
選択の切り替え:選択したデバイスを選択解除し、未選択のデバイスを選択します。

ローカル・ドライブのみ

ターゲット・クライアントにローカル接続されているデバイスのみを使用する場合、このチェック・ボックスを選択します。

[任意のデバイス]オプションを選択すると、NetVault Backupによって、適合するローカル・デバイス(NetVault Backupクライアントに対してローカル)の検索が試行されます。他のいずれかのデバイスを使用するには、そのデバイスのメディア要求に高い値の重み付けを設定することができます。メディア要求重み付けについての詳細は、「メディア要求の重み付けの設定」を参照してください。

メディア・オプションの指定

1
[バックアップ・ジョブ・ウィザード - ターゲット・セット作成]ページで、[メディア・オプション]をクリックして、以下の設定を行います。

メディア指定条件

以下のオプションの1つを選択します。

グループに属さない任意のメディア:このオプションはデフォルトで選択されています。どのメディア・グループにも属さないメディア・アイテムを使用するには、このオプションを選択したままにします。
任意のメディア:グループの関連付けに関係なく任意の適切なメディア・アイテムを使用するには、このオプションを選択します。
固有メディアID:特定のメディア・アイテムを使用する場合は、このオプションを選択します。メディア・アイテムのリストで、ターゲット・メディアのラベルを選択します。
メディア・グループ:特定のメディア・グループに所属するメディア・アイテムを使用する場合は、このオプションを選択します。メディア・アイテムのリストで、ターゲット・メディアのグループ・ラベルをクリックします。メディア・グループ・ラベルは、大文字と小文字が区別されません。

メディアのラベル付け

バックアップ中にブランク・メディア・アイテムに自動的にラベルを付けるには、[自動的に BLANK メディアにラベル]チェック・ボックスを選択します。

デフォルトでNetVault Backupは、システム生成のラベルをブランク・メディアに割り当てます。このラベルはNetVault Backupサーバー名、現在の日付、およびシード番号で構成されます。

メディア・バーコードをデフォルトのラベルとして使用するように、NetVault Backupを設定できます。詳細は、「メディア・マネージャの一般設定」を参照してください。

再利用

以下から利用可能なオプションを選択します。

実行しない:このオプションはデフォルトで選択されています。再利用のマークが設定されたメディアがバックアップに使用されないように、このオプションは選択したままにしてください。
任意:グループの関連付けに関係なく任意の適切な再利用可能メディアを使用する場合は、このオプションを選択します。
ターゲット・メディアと同じグループ・ラベルを使用:ターゲット・メディアと同じメディア・グループに所属するメディアを再利用する場合は、このオプションを選択します。このオプションは、[メディア指定条件]オプションのグループ・ラベルを選択した場合にのみ設定できます。

メディア要求タイムアウト

NetVault Backupがバックアップ・メディアを待機する時間を入力または選択します。このタイムアウト値は、分単位で指定します。指定した期間内に必要なメディア・アイテムが利用できなかった場合、ジョブは自動的に中止されます。

デフォルト値は、0です。デフォルトの設定では、メディアが指定されるか、ジョブが手動で中止されるまで、ジョブは無期限に待機します。

設定可能な最大のタイムアウト期間は1440分(24時間)です。この設定により、NetVault Backupで日次ジョブの次のインスタンスが実行される前に、現在のインスタンスが中止されます。

メモ: ディスク・ベース・デバイスへのバックアップは、ストリーム指向の方法です。メディアのコンセプトは、ディスク・ベース・デバイスには適用されません。メディア・オプション、[メディア指定条件][ラベル][再利用]は、ディスク・ベースのストレージ・デバイスに適用されません。

メディア・グループにテープ・メディアとNetVault SmartDiskデバイスが含まれている場合、NetVault Backupでは、そのグループの物理テープ・メディアまたは仮想テープ・メディアが常に使用されます。バックアップをNetVault SmartDiskデバイスに書き込むには、デバイスの明示的な選択が必要です。

メディア共有オプションの設定

1
[バックアップ・ジョブ・ウィザード - ターゲット・セット作成]ページで、[メディア共有]をクリックして、以下の設定を行います。

バックアップを必ずターゲット・メディアの先頭に書き込み

バックアップをテープの先頭に書き込むには、このチェック・ボックスを選択します。セーブセットが物理テープの最初にある場合、データを迅速にリストアすることができます。

このオプションを使用したバックアップが行えるのは、新しいメディアまたはブランク・メディアのみです。

メモ: マルチ・ストリーム・バックアップを実行するときは、[バックアップを必ずターゲット・メディアの先頭に書き込み]チェック・ボックスを選択しないでください。マルチ・ストリーム・バックアップでこのチェック・ボックスをオンにすると、各データ・ストリームでは別々のメディアがターゲットとなり、そのメディア・アイテムで最初のバックアップとして存在することになります。バックアップで5つのストリームが生成される場合は、5つのブランク・メディア・アイテムまたは新しいメディア・アイテムの取得がジョブによって試されます。

メディアをバックアップ以降の書き込みから保護

バックアップ完了後、メディアを書き込み保護するには、このオプションを選択します。

最低空き容量<x>ギガバイトのメディアのみ使用

ターゲット・メディアに必要な最低空き容量を指定する場合は、その値を入力または選択します。値はGB単位で指定する必要があります。

メモ: [メディア共有]オプションは、ディスク・ベースのストレージ・デバイスに適用されません。

バックアップ・ジョブのソース・セットの作成

ソース・セットは、ソース・デバイス・オプションを指定するために使用します。ソース・セットは、Plug-in for Consolidationジョブ、Plug-in for Data Copyジョブ、セカンダリ・コピー・ジョブで必須です。ソース・セットは[バックアップ・ジョブ作成]ページから作成できます。

1
バックアップ・ジョブ・ウィザードを開始して、[ソース・ストレージ]リストの隣りにある[新規作成]をクリックします。
2
[バックアップ・ジョブ・ウィザード - ソース・セット作成]ページで、[デバイス・セレクション]をクリックして、以下の設定を行います。

任意のデバイス

このオプションはデフォルトで選択されています。デバイス・タイプを指定しない場合、NetVault Backupは適切な任意のデバイスをジョブで使用します。

デバイス指定

ジョブに特定のデバイスを使用するには、このオプションを選択します。関連するボックスで、使用しないデバイスのチェック・マークを解除します。ライブラリを削除すると、関連するドライブが自動的に削除されます。

ローカル・ドライブのみ

ターゲット・クライアントにローカル接続されているデバイスのみを使用する場合、このチェック・ボックスを選択します。

3
[保存]をクリックして、[新規セットの作成]ダイアログ・ボックスにセットの名前を入力します。
[保存]をクリックして、リストア・ソース・セットを保存します。
Related Documents