Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

NetVault Backupサービスの開始/停止

NetVault Backupサービスは、サーバーおよびクライアント・マシンで自動的に開始されるように設定されています。TxtconfigユーティリティまたはCLIを使って、NetVault Backupサービスを手動で開始または停止できます。

a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterキーまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[サービス]ページのオプション番号を押します。
a
Linuxベースのシステムの場合、以下のコマンドを入力します。
サービスを開始するには次を入力します。net start “NetVault Process Manager”
サービスを停止するには次を入力します。net stop “NetVault Process Manager”

HTTPまたはHTTPSを使用したWebサービスの有効化

デフォルトでは、WebサービスはHTTPSを使用して有効化します。Webサービスの設定を変更して、ポートまたはプロトコルを変更できます。また、これらの設定によって、HTTPS通信のセキュリティ認証ファイルやプライベート・キー・ファイルを指定することもできます。

次のインターフェイスを介して、Webサービスの設定を変更できます。NetVault Backup WebUI([設定変更]ページを使用)、またはTxtconfig。

a
b
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
c
[NetVaultサーバー設定]ページの[サービス]で、[Webサービス]をクリックします。
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterキーまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[Webサービス]ページのオプション番号を押します。

HTTP 設定

HTTP経由でWebサービスにアクセスするには、以下の設定を行います。

HTTPを使用したWebサービスの有効化:このチェック・ボックスを選択します。

HTTPS 設定

HTTPS経由でWebサービスにアクセスするには、以下の設定を行います。

HTTPSを使用したWebサービスの有効化:このプロトコルはデフォルトで選択されています。
Webサービス接続を受信するためのHTTPSの待ち受けポート:デフォルトでは、NetVault BackupではHTTPS用にポート8443が使用されます。このポートが他のサーバーやアプリケーションによって使用されている場合は、別のポートを設定します。
WebServiceセキュリティ認証ファイル:HTTPSを使用するには、SSL証明書の指定が必要です。
NetVault Backupは自己署名証明書(server.crt)を提供します。これは、NetVault Backupのインストール・ディレクトリのetcディレクトリ内にあります。この証明書は、大半のブラウザで警告を生成します。
[受信Webサービス接続で無効にする暗号]:Webサービス設定を変更して受信用Webサービス接続設定の暗号を無効にし、1つまたは複数の暗号を許可されないようにすることができます。これらは、[NetVaultサーバー設定]ページから設定することができます。デフォルトでは、このフィールドは空白で、あらゆる暗号が許可されています。
[受信Webサービス接続で無効にするプロトコル]:Webサービス設定を変更して受信用Webサービス接続設定のプロトコルを無効にし、1つまたは複数のプロトコルを許可されないようにすることができます。これらは、[NetVaultサーバー設定]ページから設定することができます。デフォルトでは、このフィールドは空白で、あらゆるプロトコルが許可されています。
WebServiceプライベート・キー・ファイル:HTTPS通信に使用する秘密鍵ファイルを指定します。
デフォルトのキー・ファイルは、server.keyです。このファイルは、NetVault Backupのインストール・ディレクトリ内のetcディレクトリにあります。
NetVault WebUI:設定を適用してWebUIダイアログ・ボックスを閉じるには、[実行]をクリックします。
Txtconfig:sキーを押して設定を保存してからqキーを押してTxtconfigを終了します。

NetVault Backupへのログイン

メモ: NetVault Backupを実行するには、Windowsベースのシステムの場合は管理者権限を持つユーザーとして、LinuxおよびUNIXベースのシステムの場合はroot権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。
Enterキーを押します。
admin:NetVault Backupの管理者アカウントです。
default:NetVault Backup内で各種の操作を実行するために使用する標準のユーザー・アカウントです。

NetVault Backupをインストールしたら、adminまたはdefaultのユーザー・アカウントを使って、NetVault Backupにログインできます。デフォルトでは、これらのユーザー・アカウントにはパスワードが割り当てられていません。NetVault Backupユーザー・アカウントについての詳細は、「ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理」を参照してください。

3
[ログイン]をクリックします。
ログインすると、ブラウザ・ウィンドウに[サーバー・モニタ]ページが表示されます。

NetVault Backup WebUIの概要

NetVault Backup WebUIは、[ヘッダー]パネル、[ナビゲーション]パネル、および[操作]パネルから構成されています。

WebUIのパネルの簡単な説明を以下の表に示します。

[ヘッダー]パネル

このパネルには、以下の項目が含まれています。

[ビデオ]アイコン:現在ロードされているページの動画チュートリアルにアクセスできます。新規のブラウザ・ウィンドウまたはタブにリンク先が開きます。
言語:使用可能な言語のリストが表示されます。ここで、NetVault Backup WebUIの表示と入力の言語を選択できます。
[設定]アイコン:[アプリケーション設定]、[NetVaultキャッシュのクリア]、および[NetVault UI設定のクリア]を変更するオプションのリストが表示されます。
a
NetVault Backup WebUIの[ヘッダー]パネルで、[設定]アイコンをクリックし、[アプリケーション設定]を選択します。ページの右側に、[アプリケーション設定]ドロワが表示されます。以下のオプションを設定します。
ナビゲーション:NetVault Backup WebUIのナビゲーション・バーの自動非表示設定を削除するには、[ナビゲーション・ドロワを自動的に非表示にする]チェック・ボックスを選択解除します。デフォルトでは、ナビゲーション・バーは自動非表示に設定されています。
カラー・パレット:NetVault Backup WebUIのカラー・テーマをダーク・テーマに変更するには、[ダーク・テーマ]を選択します。デフォルトでは、NetVault Backup WebUIはライト・テーマで表示されています。
アクションの表示方法:アクションのオプションをページ・レベルおよびテーブル・レベルのコンテキスト・メニューとして表示するには、[コンテキスト・メニュー]を選択します。デフォルトでは、アクションのオプションは、NetVault Backup WebUIページの下部にボタンとして表示されます。
[コンテキスト・メニュー]オプションを選択した場合、ページの下部にあるページベースのアクション・ボタンは、ページの上部(ページ・タイトルの後)の省略記号アイコンで表示されるコンテキスト・メニューに置き換えられます。また、テーブルベースのアクションは、テーブルの[アクション]列に表示されます。水平省略記号アイコンをクリックし、必要なアクションを選択します。このオプションは、NetVault Backup WebUIの一部のページに適用されます。
時間形式:時刻形式を変更するには、アプリケーション設定で12時間形式または24時間形式を選択します。デフォルトでは、アプリケーションはサーバー設定から24時間形式を設定します。時間形式を変更するには、次の方法を使用します。
12時間(AM/PM):NetVault WebUIの12時間(AM/PM)形式を設定します。
24時間:NetVault WebUIの24時間形式を設定します。

 

デフォルトのテーブル・ページサイズ:NetVault Backup WebUIのテーブルのデフォルト・ページ・サイズを変更するには、[デフォルトのテーブル・ページサイズ]ドロップダウンをクリックします。テーブルの設定ですでに各テーブルのページ・サイズを設定している場合は、この設定がアプリケーション設定より優先されます。デフォルトでは、ページ・サイズはサーバー設定で[自動]に設定されます。NetVault Backup WebUIのページ・サイズは次のオプションに変更できます。または、手動でページのサイズを入力することもできます。
25:テーブルに表示するレコード数を25に設定します。
50:テーブルに表示するレコード数を50に設定します。
100:テーブルに表示するレコード数を100に設定します。
500:テーブルに表示するレコード数を500に設定します。
1000:テーブルに表示するレコード数を1000に設定します。
b
[OK]をクリックします。
a
NetVault Backup WebUIの[ヘッダー]パネルで、[設定]アイコンをクリックし、[NetVault UI設定のクリア]をクリックします。
b
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。
[情報]アイコン:[バージョン情報]ダイアログ・ボックスを表示します。
ユーザー:[ユーザー]アイコンとユーザー名が表示されます。NetVault Backupを終了するには、この領域の上にマウスのポインタを移動して[サインアウト]をクリックします。

[ナビゲーション]パネル

このパネルには、NetVault Backupの各種側面を設定、管理、監視するためのリンクが用意されています。ナビゲーション・リンクは、以下のセクションに分類されています。

このパネルについての詳細は、「[ナビゲーション]パネル」を参照してください。

[操作]パネル

すべてのNetVault Backupの操作を実行するための主な場所です。[操作]パネルには、[ナビゲーション]パネルで選択した項目に応じて、さまざまなWebUIページが表示されます。

Related Documents