Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

Data Domainシステムの前提条件

NetVault BackupサーバーにData Domainシステムを追加する前に、以下の条件を満たしていることを確認します。

Data DomainシステムにDD Boostライセンスをインストールする:バックアップ/リストアにData Domainシステムを使用するには、必要なDD Boostライセンスをインストールして、Data DomainシステムでDD Boostを有効にする必要があります。
DD Boostユーザー・アカウントを作成する:バックアップおよびリストア目的でデバイスにログオンするために使用する、Data DomainシステムにDD Boostユーザー・アカウントを作成します。
必要なDD Boost機能の設定:Data Domainシステムで、使用する機能を設定します。DD Boost機能の有効化と設定についての詳細は、『DD OS Administration Guide』の「DD Boost」セクションを参照してください。
必要なファイアウォール・ポートを開く:DD Boostバックアップおよびレプリケーションをファイアウォールをまたいで実行するには、Data Domainシステムの以下のポートを開く必要があります。
WindowsにMicrosoft Visual C++ 2005 SP1再頒布可能パッケージをインストールする:WindowsベースのNetVault Backupサーバーに、Microsoft Visual C++ 2005 SP1再頒布可能パッケージをインストールします。この要件は、サポートしているすべてのWindowsプラットフォームに適用されます。Windows上にこのパッケージをインストールしないと、DD Boostライブラリのロードは失敗します。
ネットワーク・タイムアウトの設定:バックアップ/リストア・ジョブの完了までには、多くの場合長時間を要します。DD Boostライブラリは一時的なネットワーク中断から復帰することができますが、データ保護アプリケーションに設定されているタイムアウト値が小さすぎると、データ保護アプリケーション・システムのオペレーティング・システムが早期にジョブを中断してしまう可能性があります。これを防止するために、タイムアウトは、30分(1800秒)以上に設定することをお勧めします。

Data Domainシステムの追加

バックアップおよびリストア用にData Domainシステムを使用するには、まずNetVault Backupサーバーにデバイスを追加する必要があります。設定ウィザードを使って、このデバイスを追加、設定することができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ストレージ・デバイス追加]をクリックします。
[ナビゲーション]パネルで[デバイス管理]をクリックして、[デバイスの追加]をクリックします。
2
[ストレージ・デバイス追加]ページで[Data Domain Boostデバイス]オプションを選択し、[次へ]をクリックします。
3
[EMC DDBoost ストレージの追加]ページで、以下の詳細を指定します。

ネットワーク名/IPアドレス

Data Domainシステムの、完全修飾ドメイン名(FQDN)またはIPアドレスを入力します。

サーバーがホスト名を解決できない場合、デバイスの追加は失敗します。

ユーザー名

バックアップおよびリストア目的でデバイスにログオンするために使用する、DD Boostユーザー・アカウントを指定します。デバイスをNetVault Backupサーバーに追加する前に、Data Domainシステム上にユーザー・アカウントの作成が必要です。

パスワード

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

コンテナ

コンテナ名を入力します。指定したコンテナがData Domainシステム上に存在しない場合、サーバーにデバイスを追加するときにNetVault Backupによって自動的に作成されます。1つのData Domainシステム上に複数のコンテナを構成できます。

NetVault Backupに追加された各Data Domainシステムが、コンテナを表しています。

ブロック・サイズ

データ転送のブロック・サイズを入力または選択します。ブロック・サイズはKiB単位で指定します。デフォルトのブロック・サイズは128KiBです。

ストリーム制限

この設定のデフォルト値は、32ストリームです。この設定は、コンテナを追加したすべてのNetVault Backupサーバーに適用されます。データ・ストリーム数がコンテナに対して定義されている制限値を超えた場合、メディア・マネージャはエラー「デバイス上のストリームがあまりにも多過ぎます」を報告します。

ソフト・ストリーム制限には、1~256の任意の値を設定することができます。

複数のNetVault Backupサーバーにコンテナを追加した場合は、すべてのサーバーに同じソフト・ストリーム制限を設定します。

強制追加

デバイスがすでに他のNetVault Backupサーバーに同じ名前で追加されている場合は、[強制追加]チェック・ボックスを選択します。このオプションは、障害復旧でNetVault Backupサーバーの再構築を行っている場合に役立ちます。

4
[次へ]をクリックしてデバイスを追加します。

NetVault Backupでは、stats.stnzファイルにData Domainシステムのデータ転送統計情報を出力します。このファイルはnvstatsmngrプロセスによって使用されるため、定期的に更新されるようにしておく必要があります。ただし、あまり頻繁に更新すると、システムのパフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。デフォルトでは、NetVault Backupは5秒ごと、または10ブロックのデータが転送されるたびにファイルを更新します。このデフォルト設定は、[設定変更]ページで変更できます。詳細は、「Foreign RASデバイスの転送更新の設定」を参照してください。

DD Boostコマンド

このセクションは、Data DomainシステムでDD Boost機能を管理するために使用できる、DD Boostコマンドについて簡単に説明しています。これらのコマンドの説明についての詳細は、『DD OS Administration Guide』の「DD Boost」セクションを参照してください。GUIベースのEnterprise Managerを使ったDD Boostの設定方法についての詳細は、『DD OS Administration Guide』を参照してください。

このコマンドは、ddboost ifgroup disableコマンドの実行後に複数のddboost ifgroup del interface ipaddrコマンドを実行する場合と同じです。

Snapshot Array Manager

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

Related Documents