Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

カタログ検索の管理

カタログ検索について

WindowsおよびLinuxオペレーティング・システム上で実行されているNetVault Backupサーバー・バージョン12.0以降では、NetVault Backupサーバーでカタログ検索がサポートされており、また、Windowsで実行されているNetVault Backupサーバー・バージョン12.2以降では、同じバージョンのNetVault BackupサーバーおよびNetVault Backup Windowsクライアントでのカタログ検索がサポートされています。NetVault Backupのカタログ検索サービスは、NetVault Backupによってバックアップされた項目のメタデータ(名前、変更日、タイプなど)の高速な検索機能を提供します。カタログ検索は、文字列データ型に基づいてタグ(ファイル名)の検索機能を提供します。

カタログ検索の結果では、次の情報が提供されます。

次のプラグインがカタログ検索をサポートしています。

NetVault Backup Plug-in for SnapMirror to Tape

前提条件

NetVault Backupの設定を開始する前に、以下の条件が満たされていることを確認します。

カタログ検索用の予約RAMサイズ(WindowsおよびLinux)は、物理RAMの50%を超えないようにしてください。搭載メモリが少ないシステム(例:8 GB以下)の場合、Questでは予約RAMサイズを2 GB以下に設定することをお勧めします。
再起動後にmmapカウントを確認するには、sysctl vm.max_map_countコマンドを実行します。
NetVault Backupによるカタログ検索Linuxユーザーの作成を許可する:NetVault Backupによるカタログ検索Linuxユーザー・アカウントの自動作成を許可するデフォルトのオプションです(デフォルト値:Linuxではnetvault-catalog)。
Linuxユーザー名:対応するオペレーティング・システム・ガイドを参照して、新しいLinuxユーザー・アカウントを作成します。必ず、指定したカタログ検索Linuxユーザーをグループ <ユーザー名> に所属させます。Linuxユーザー名と同じ名前のグループを作成し、ユーザーを同じグループに追加します。

カタログ検索の設定

セーブセット内のファイルの検索を強化するには、WindowsまたはLinuxオペレーティング・システム上で実行されているNetVault Backupサーバー上にカタログ検索サービスをインストールして設定する必要があります。

1
[ナビゲーション]パネルで、[カタログ検索]をクリックします。
2
[カタログ検索の設定]ページで、以下の詳細を指定します。

ホスト情報

カタログ・ホスト

Linuxの場合:カタログ検索サーバーをインストールするNetVault Backupサーバーの名前が表示されます。

Windowsの場合:カタログ検索をインストールするNetVault Backupサーバーとクライアントの名前を表示します。ただし、NetVault Backupサーバーとクライアントは同じバージョンである必要があります。

 

カタログ検索パスワード

カタログ検索データベースのパスワードを入力します。以下の文字を使用することはできません。

& < > | ^ スペース

カタログ検索のインストール中、このフィールドを空白のままにすると、「admin」がパスワードとしてデフォルトで使用されます。

 

カタログ検索パスワードの確認

確認のためにパスワードを再入力します。

 

既存のLinuxユーザー(Linuxのみ)

Linuxオペレーティング・システムの場合は、既存のLinuxユーザー名を入力します。ユーザー名として「root」を使用しないでください。詳細は、「前提条件」を参照してください。

 

データベース・ディレクトリ

[参照]をクリックして、カタログ検索のデータベース・ディレクトリを選択します。

[OK]をクリックします。
メモ: データベース・ディレクトリのパスを手動で入力するには、すべてのディレクトリおよびサブディレクトリがすでに作成されていて、使用可能である必要があります。

 

スナップショットとログ・ディレクトリに同じパスを使用

デフォルトでは、チェック・ボックスが選択されていて、[スナップショット・ディレクトリ][ログ・ディレクトリ]は無効になっているため、[データベース・ディレクトリ]のパスがコピーされ、[スナップショット・ディレクトリ][ログ・ディレクトリ]には同じパスが設定されます。

[スナップショット・ディレクトリ][ログ・ディレクトリ]フィールドを有効にして編集するには、このチェック・ボックスをオフにします。

 

スナップショット・ディレクトリ

[参照]をクリックして、カタログ検索データベースのバックアップを格納する場所を選択します。

[OK]をクリックします。
メモ: スナップショット・ディレクトリのパスを手動で入力するには、すべてのディレクトリおよびサブディレクトリがすでに作成されていて、使用可能である必要があります。

 

ログ・ディレクトリ

[参照]をクリックして、カタログ検索のログを格納する場所を選択します。

[OK]をクリックします。
メモ: ログ・ディレクトリのパスを手動で入力するには、すべてのディレクトリおよびサブディレクトリがすでに作成されていて、使用可能である必要があります。

 

サーバー・スナップショット・パス

スナップショット・ディレクトリの共有ディレクトリ・パスを指定します。サーバー・スナップショット・パスの形式は、<\\クライアントのIPアドレス>\共有スナップショット・ディレクトリ>です。スナップショット・ディレクトリが共有されていることを確認して、WindowsクライアントでNetVaultデータベース・カタログのバックアップおよびリストア操作に使用できるようにします。

このフィールドは、カタログ・ホストがリモートWindowsクライアントとして選択されている場合にのみ使用でき、表示されます。

カタログ検索がWindowsクライアントにインストールされたら、クライアント・ホストの認証情報を設定します。

2
次の詳細を入力し、[OK]をクリックします。
[ドメイン]:共有フォルダが存在するシステムのWindowsドメイン名を入力します。
[ユーザー名]:ドメイン管理者のユーザー名を入力します。ネットワーク・シェアのバックアップは、リストア時にファイルおよびディレクトリの権限をすべて取得できるように、ドメイン管理者のアカウントを使用して実行する必要があります。管理者グループに属するユーザーには、ドメイン管理者の権限はありません。
[パスワード]:ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

 

HTTPポート

カタログ検索のHTTPポートを指定します。

NetVault Backupサーバーが通信するカタログ検索用のポート番号を9200~9299の範囲で指定できます。NetVault Backupサーバーのインストール後にポートを設定し、カタログ検索サービスを再開することもできます。

設定

予約RAMサイズ(GB)

これは、カタログ検索サービスが開始する前に事前に割り当てを試行するRAMの量です。RAMを利用できない場合、サービスは開始されません。

デフォルトでは、この値は1 GBに設定されています。必要なRAMサイズを入力または選択します。システムに大容量のRAMが搭載されている場合は、より大きな値を設定することをお勧めします(項目のバックアップ頻度とRAMの可用性に基づいて2~16 GB。この値は、「前提条件」セクションに記載されている制限を受けます)。

 

同時にアクティブになるカタログ・ワーカーの最大数

デフォルトの設定では、5個のカタログ・ワーカーをサーバーで並行実行できます。

いつでも並行実行できるカタログ・ワーカーの数を変更するには、新たな値を入力または選択します。

最小値:1

最大値:20

 

既存のバックアップおよびスキャンしたバックアップをカタログに追加する

カタログ検索に既存のバックアップ・ジョブおよびスキャンしたバックアップ・ジョブを含めるには、このチェック・ボックスを選択します。デフォルトでは、このチェック・ボックスは選択解除されています。

 

オフライン・インデックスを使用するバックアップを含める

カタログ検索でオフライン・インデックスを使用するバックアップ・ジョブを含めるには、このチェック・ボックスを選択します。デフォルトでは、このチェック・ボックスは選択解除されています。

このオプションは、[既存のバックアップおよびスキャンしたバックアップをカタログに追加する]オプションが選択されている場合にのみ選択できます。

 

オフライン・インデックスのロード待機時間(分)

これは、既存のバックアップのオフライン・インデックスがロードされるのをカタログ検索サービスが待機する時間です。この待機時間内にメディア・マネージャがオフライン・インデックスをロードしない場合、この既存のバックアップのカタログ化は一時的にスキップされます。スキップされた既存のバックアップは最終的にカタログ化されますが、そのタイミングはカタログ化に使用できる他の既存のバックアップの数に応じて決定されます。

カタログのインデックス作成中にオフライン・インデックスのロードを待機する時間(分単位)を入力または選択します。デフォルトで、最小値は10分に設定されています。

 

起動時のオフライン・インデックスのロード待機時間(分)

これは、前回のNetVault Backupの起動時からカタログ検索サービスがメディア・マネージャにオフライン・インデックスをロードすることを要求するまでの最小時間です。この前回のNetVault Backupの起動時からの遅延は、メディア・マネージャがデバイス・スキャンを完了して使用可能なデバイスを判定するために必要になります。オフライン・インデックス要求を受け取ったときにデバイスが使用できない場合やスキャンが完了していないためにその可用性を判定できない場合、メディア・マネージャは、オフライン・インデックスのロードを試行せずに要求を失敗させます。

期間を入力または選択します(分単位)。デフォルトで、最小値は10分に設定されています。

 

カタログに追加されるバックアップの保存期間を制限する

カタログ検索で既存のバックアップ・ジョブを制限するには、このチェック・ボックスを選択します。

デフォルトでは、このチェック・ボックスは選択解除されています。

このオプションは、[既存のバックアップおよびスキャンしたバックアップをカタログに追加する]オプションが選択されている場合にのみ選択できます。

 

特定の日付以降に完了したバックアップを追加する

カタログ検索で特定の日付以降に完了したバックアップ・ジョブを含めるには、日付を入力するか、ボックスの横にあるボタンをクリックして、日付を選択します。

3
[インストールおよび設定]をクリックします。
Related Documents