Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

環境変数

NetVault Backupの環境変数

ユーザー定義スクリプトで使用できる、NetVault Backupの環境変数の一覧を以下に示します。

表170. 環境変数

NETVAULTCLIACCOUNT

NetVault Backupユーザー名を指定します。指定したアカウントにCLIユーティリティを使用する権限が必要です。

NETVAULTCLIACCOUNT=<ユーザー・アカウント名>

CLIユーティリティにアクセスするために、この変数はスクリプトに含める必要があります。

NETVAULTCLIPASSWORD

NetVault Backupユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

NETVAULTCLIPASSWORD=<パスワード>

ユーザー・アカウントのパスワードを指定するには、スクリプトにこの変数を指定する必要があります。

NV_HOME

NetVault Backupのインストール・ディレクトリを返します。

NV_JOBCLIENT

ジョブのターゲット・クライアントを指定します。

NV_JOBCLIENT=<NetVault Backupクライアントの名前>

NV_JOBID

ジョブID番号を指定します。

NV_JOBID=<ジョブID>

NV_JOBTITLE

ジョブの名前を指定します。

NV_JOBTITLE=<ジョブ・タイトル>

NV_JOB_WARNINGS

ジョブが警告とともに完了した場合はTRUEを返し、それ以外の場合はFALSEを返します。

この変数は、ポスト・スクリプトでのみ使用できます。この変数は、現在メール・スクリプトが使用していますが、汎用的に使用できます。

バックアップが警告を表示して終了した場合、NV_STATUS変数はSUCCEEDEDを返し、NV_JOB_WARNINGS変数はTRUEを返します。

このスクリプトの戻り値がローカライズされることはありません。戻り値は英語でTRUEまたはFALSEです。

NV_OUTPUT_FILE

レポート用にユーザー定義出力ファイルを返します。

NV_SERVERNAME

NetVault Backupサーバー名を指定します。

NV_SERVERNAME=<NetVault Backupサーバーの名前>

NV_SESSIONID

ジョブのセッションIDを指定します。

NV_SESSIONID=<セッションID>

NV_STATUS

ジョブの終了ステータスを返します。SUCCEEDEDまたはFAILEDのいずれかを返します。

この変数は、ポスト・スクリプトでのみ使用できます。戻り値がローカライズされることはありません。値は英語でSUCCEEDEDまたはFAILEDです。

NV_USER_ARG

プレスクリプトまたはポストスクリプトで渡されるユーザー定義引数を指定します。

 

NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート

使用ポートまたは必須ポート

NetVault Backupが使用するネットワーク・ポートの一覧を以下の表に示します。

80

TCP

Webサービス接続を受信するためのHTTPの待ち受けポート。

 

135

TCP

クライアント・プッシュ・インストール・プロセス中に使用されるRPCポート。

 

3306

TCP

MySQLサーバーへのTCP/IP接続で使用されるポート。

Plug-in for MySQLがインストールされているNetVault Backupクライアントで設定します。

デフォルトのポート番号は3306です。MySQLサーバーでクライアント接続用にデフォルト以外のポートが設定されている場合は、NetVault Backupクライアントで同じポートが設定されていることを確認してください。

同じマシンでMySQLの複数のインスタンスを実行するには、インスタンスごとに異なるポートを設定します。

5432

TCP

PostgreSQLデータベース用の待ち受けポート。

Plug-in for PostgreSQLがインストールされているNetVault Backupクライアントで設定します。

デフォルトのポート番号は5432です。PostgreSQLデータベースがデフォルト以外のポートで待ち受けるように設定されている場合は、NetVault Backupクライアントで同じポートが設定されていることを確認してください。

8443

TCP

Webサービス接続を受信するためのHTTPSの待ち受けポート。

 

10000

TCP

NDMPメッセージ送信用ポート(NDMPコントロール・チャネル)。

Plug-in for NDMPがインストールされているNetVault Backupサーバーで設定します。

デフォルトのポート番号は10000です。この値は必要に応じて変更できます。

20031

UDP

UDPメッセージング。

サーバーおよびクライアントで必要です。

20031

TCP

ネットワーク・マネージャ(nvnmgt)が使用するポート。

 

デバイスのユーザー定義待ち受けポート

TCP

デバイス要求を待ち受けるためのポート。

NetVault BackupサーバーおよびSmartClientで設定します。

要件:ドライブあたり2ポート。

デバイスのユーザー定義接続ポート

TCP

リモート・ストレージ・デバイスに接続するためのポート。

リモート・ストレージ・デバイスに接続するクライアントで設定します。

要件:ドライブあたり2ポート

メッセージ・チャネルのユーザー定義待ち受けポート

TCP

データ転送時にメッセージを受信するポート。

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで設定します。

要件:クライアントあたり3ポート。

1台のクライアント上で2つ以上のプラグインを同時に実行する場合、NetVault Backupには、プラグインあたり2つのポート、およびクライアントあたり1つのポートが余分に必要です。たとえば、同時に2つのプラグインを実行する場合、NetVault Backupには、1台のクライアントで5ポート(2×2+1=5)が必要です。

メッセージ・チャネルのユーザー定義接続ポート

TCP

データ転送時にメッセージを送信するためのポート。

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで設定します。

要件:クライアントあたり3ポート。

1台のクライアント上で2つ以上のプラグインを同時に実行する場合、NetVault Backupには、プラグインあたり2つのポート、およびクライアントあたり1つのポートが余分に必要です。たとえば、同時に2つのプラグインを実行する場合、NetVault Backupには、1台のクライアントで5ポート(2×2+1=5)が必要です。

マシン間設定のユーザー定義接続ポート

TCP

NetVault Backupクライアントを追加するとき、および追加後のクライアントの可用性を確認するとき、初期通信(ブロードキャスト・チャネル)の確立に使用するポート。

要件:クライアントあたり2ポート。

NDMPデータ・チャネルのユーザー定義待ち受けポート

TCP

NDMPムーバとして動作するNetVault Backupデバイスの待ち受け用ポート。

これらのポートは、NDMPファイラーとストレージ・デバイスの間のデータ転送で使用されます。これらのポートは、デバイスが接続されているNetVault Backupサーバーまたはクライアント上で必要になります。

49152から65535

TCP

クライアント・プッシュ・インストール・プロセス中に使用される動的ポート。

 

 

Related Documents