Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

ファイアウォール・フィルタリング・ルール

サーバーおよびクライアント・マシンでファイアウォール・ルールを作成する場合、NetVault Backupからのトラフィックを送受信するために、以下のポートを開く必要があります。

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーで指定されている、マシン間接続設定用の接続ポート

20031

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、マシン間接続設定用の接続ポート

20031

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーで指定されている、メッセージ・チャネル用接続ポート

NetVault Backupクライアントで指定されている、メッセージ・チャネル用待ち受けポート

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、メッセージ・チャネル用待ち受けポート

NetVault Backupサーバーで指定されている、メッセージ・チャネル用接続ポート

サーバー

クライアント

UDP

20031

20031

クライアント

サーバー

UDP

20031

20031

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで指定されている、デバイス用待ち受けポート

NetVault Backupクライアントで指定されている、デバイス用接続ポート

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、デバイス用接続ポート

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで指定されている、デバイス用待ち受けポート

ファイアウォールの設定の例

この例では、以下の設定のNetVault Backupシステムのネットワーク・ポート要件について説明します。

サーバー(ローカル接続されたストレージ・デバイスあり)

マシン間接続設定用の接続ポート

クライアントあたり最低2ポート

24

50300-50323

NetVault Backupメッセージ・チャネルの接続ポート

クライアントあたり最低3ポート

40

50200-50239

デバイス待ち受けポート

ドライブあたり最低2ポート

12

50100-50111

クライアント

マシン間接続設定用の接続ポート

クライアントあたり最低2ポート

(ポートはサーバー側で指定されるため、これらのポートは同じにできます)

24

50300-50323

NetVault Backupメッセージ・チャネルの待ち受けポート

クライアントあたり最低3ポート

40

50500-50539

デバイス接続ポート

ドライブあたり最低2ポート

12

50400-50411

このシステムのファイアウォール・フィルタリング・ルールを以下の表に示します。

サーバー

クライアント

TCP

50300-50323

20031

クライアント

サーバー

TCP

50300-50323

20031

サーバー

クライアント

TCP

50200-50237

50500-50537

クライアント

サーバー

TCP

50500-50537

50200-50237

サーバー

クライアント

UDP

20031

20031

クライアント

サーバー

UDP

20031

20031

サーバー

クライアント

TCP

50100-50111

50400-50411

クライアント

サーバー

TCP

50400-50411

50100-50111

クライアントの検索

別のサブネット上に存在しているクライアントは、利用可能なクライアントのリストには表示されません。[マシン検索]オプションを使用して、そのようなクライアントを検索して追加できます。

1
クライアント追加ウィザードを開始して、[マシン検索]をクリックします。

ファイアウォール経由の通信の確認

ファイアウォールの外部に存在するクライアントを追加する場合は、ファイアウォール・テストを実行して、サーバーとクライアントがファイアウォール経由で通信できるかどうかを確認できます。また、このテストを実行して、既存クライアントの接続を確認することもできます。

既存のクライアントの接続を確認するには、[クライアント管理]ページを開きます。クライアントを選択して、[Firewall Test]をクリックします。
2
[Check Connection]ダイアログ・ボックスで、以下の情報を指定します。

NetVaultクライアント名

新しいクライアントの場合、マシンのNetVault Backup名を入力します。

既存のクライアントの場合、読み取り専用プロパティとして名前が表示されます。

NetVaultクライアント・アドレス

新しいクライアントの場合、マシンのIPアドレスを入力します。

既存のクライアントの場合、読み取り専用プロパティとしてIPアドレスが表示されます。

UDPポート

NetVault BackupのデフォルトのUDPポート。20031に設定されています。別のポートを使用するようにNetVault Backupを設定した場合は、この値を変更します。

TCPポート

NetVault BackupのデフォルトのUDPポート。20031に設定されています。別のポートを使用するようにNetVault Backupを設定した場合は、この値を変更します。

タイムアウト

タイムアウト間隔のデフォルト設定は「15」秒です。

3
[テスト]をクリックします。このコマンドはサーバーとクライアント間でTCP、UDP、およびメッセージング接続性が利用可能かどうかをチェックして、結果をダイアログ・ボックスに表示します。
Related Documents