Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレード後、Linuxでデータ・コピーや統合バックアップ・ジョブに失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される プッシュ・インストール中にターゲットLinuxマシンで展開タスクがハングする ホスト名でパッケージ・ストアを追加できない ネットワーク設定の問題が原因で展開タスクが失敗する ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

ディスク・デバイス・プラグインのデフォルトの設定

ディスク・デバイス・プラグインを使用して仮想テープ・ライブラリ(VTL)を作成します。このプラグインのデフォルト設定を行うには、[設定変更]ページを使用します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[プラグイン][プラグイン・オプション]をクリックします。[プラグイン]ダイアログ・ボックスの[ディスク・デバイス・プラグイン]で、以下のオプションを設定します。

ディスク・ライブラリがEntry/Exitポートを持つことを許可する

仮想テープ・ライブラリには、デフォルトで入口/出口ポートはありません。

入口/出口ポート(EEポート)を備えた仮想テープ・ライブラリを作成するには、このチェック・ボックスを選択します。

ディスク・ライブラリを作成する前に、ディスクの空き容量を確認してください

このチェック・ボックスはデフォルトで選択されています。

NetVault BackupではVTLを作成する前に、ディスク空き容量をチェックしてターゲット・ディスクに新規VTL用の十分な空き容量があることを確認します。通常のファイル・システムでは、この機能を使用してVTL作成中のエラーを回避することができます。

サードパーティの重複排除アプライアンスまたは圧縮ファイル・システムにVTLを作成する場合は、この機能を無効化する必要があります。VTLのディスク空き容量チェックを無効にするには、このチェック・ボックスの選択を解除します。

ディスク空き容量の計算用マージン

ディスク容量チェック中は、以下のようにしてディスクに必要な空き容量が計算されます。

スロット数×メディア容量+<x>

<x>は、以下の要件を考慮した追加のディスク空き容量です。

デフォルト値は、20MBです。この要件を変更するには、新たな値を入力または選択します。

ディスク空き容量マージンに使用する単位

ディスク空き容量のマージンの指定に使用する単位を入力または選択します。単位はMBまたはGBです。デフォルト値はMBです。

nvjobstartのデフォルトの設定

デフォルトでnvjobstartコマンドは「0」または「1」を返します。0は成功を示し、1は失敗を示します。ジョブの失敗を示す拡張ジョブ完了ステータス・コードとメッセージを返すようにユーティリティを設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[プラグイン][プラグイン・オプション]をクリックします。[プラグイン・オプション]ダイアログ・ボックスのCLIで、以下の設定を行います。
[nvjobstart Enhanced Job Completion Status]:nvjobstartユーティリティでは、デフォルトで、ジョブ終了コードに応じて以下のメッセージを返します。

0

Job completed successfully(ジョブが正常に終了しました)

1

Job Failed with error(ジョブがエラーで終了しました)Job Failed(ジョブが失敗しました)

このメッセージは、以下のジョブ終了状態の場合に返されます。

[nvjobstart Enhanced Job Completion Status]チェック・ボックスを選択した場合、ユーティリティは以下のコードとメッセージを返します。

0

Job completed successfully(ジョブが正常に終了しました)

1

Job Failed(ジョブが失敗しました)

2

Job Completed with Warnings(警告付きでジョブが完了しました)

3

Job Aborted(ジョブが中断されました)

4

Job Stopped(ジョブが停止しました)

5

Job Died(ジョブが異常終了しました)

-1

Job Failed with Undefined Error(ジョブが未定義のエラーで終了しました)

メモ: このオプションは、nvjobstartユーティリティを実行するNetVault Backupマシンで設定する必要があります。

ポスト・スクリプトのデフォルトの設定

デフォルトでは、バックアップ・ジョブまたはリストア・ジョブの中断時にポスト・スクリプトの実行は停止されます。ポスト・スクリプトの設定を変更してこの動作を変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[プラグイン][スクリプト]をクリックします。[スクリプト]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[ジョブ中断スクリプト実行を強制終了]:このチェック・ボックスはデフォルトで選択されています。関連するジョブの中断時にもスクリプトの実行を継続する場合は、このチェック・ボックスの選択を解除します。

検証プラグインのデフォルトの設定

バックアップ・ジョブで検証フェーズを実施して、データ転送の終了時のバックアップの正確性と完全性をチェックすることができます。NetVault Backupはビルトイン検証プラグインを使用して、検証フェーズを実行します。検証プラグインは、メディアに書き込まれたストリーム長を検証し、バックアップ中にどのブロックもドロップされなかったことを確認します。フェーズ1として実際のバックアップを実行して、バックアップ・ジョブのフェーズ2としてバックアップ検証が実行されます。

デフォルトでは、バックアップ検証ジョブはNetVault Backupサーバーで実行されます。プラグインの設定を変更して、他のクライアントで、または指定されたクライアントでローカルに検証を実行できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[プラグイン][検証]をクリックします。[検証]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

常にローカルでベリファイを行う

デフォルトの設定では、検証フェーズはNetVault Backupサーバーで実行されます。

ネットワーク上でのデータ転送を回避するために、バックアップに使用するデバイスが接続されたクライアント上で検証をローカルで実行するよう選択することができます。このオプションは、すべてのクライアントにグローバルに適用されます。このオプションは、バックアップ・デバイスがローカルに接続されていないクライアントでは無効です。

検証をローカルで行うクライアント(カンマ区切りで複数指定可能)

バックアップ・ジョブが複数のクライアント接続デバイスに分散されている場合は、この設定を使用して、検証フェーズをローカルに実行できるクライアントのカンマ区切りリストを指定します。

検証を実行するデフォルトのクライアント

すべての検証ジョブを実行する代替クライアントを設定する場合に、クライアント名を指定します。

この設定は、クライアントに接続されたデバイスをバックアップで使用する場合に役立ちます。同じクライアントを選択してバックアップ検証ジョブを実行することができます。

Related Documents