Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

クラスタ・ノード用の優先して使用するネットワーク・アドレスの設定

クラスタ・ノードには最低2つのネットワーク・アドレスがあります。

パブリックIPアドレス:クラスタ外のマシンがクラスタ・ノードと通信するために使用するアドレスです。
プライベートIPアドレス:クラスタ・ノードが、クラスタ内の他のマシンと通信するために使用するアドレスです。

各クラスタ・ノードに対して、マシンのパブリックIPアドレスをノードの「優先して使用するネットワーク・アドレス」として設定する必要があります。

LinuxおよびUNIXの場合はifconfigユーティリティを、Windowsの場合はipconfigユーティリティを使って、この作業を完了することができます。
2
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
3
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]テーブルから、ターゲット・クライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
4
[サービス][クライアント設定]ページで、[ネットワーク・マネージャ]をクリックします。
5
[ネットワーク・マネージャ]ダイアログ・ボックスで、クラスタ・ノードに対して優先して使用するネットワーク・アドレスを指定します。

クラスタ対応プラグインのデフォルト設定の構成

1
[ナビゲーション]パネルで、[バックアップ・ジョブ作成]をクリックして、次に選択リストの隣りにある[新規作成]ボタンをクリックします。
2
[NetVault Backupセレクション]ページで、仮想クライアント・ノードをダブルクリックします。プラグインのリストから、クラスタ対応プラグインを選択し、[アクション]リストで[設定]をクリックします。
メモ: クラスタ対応プラグインのデフォルト設定は、[NetVault Backupセレクション]ページからのみ設定できます。クラスタ対応プラグインの場合、[設定変更]ページからのこれらのオプションの設定はサポートされていません。
3
[設定]ダイアログ・ボックスで、必要なオプションを設定します。クラスタ対応版の設定オプションは、標準版のプラグインと同じです。これらのオプションについての詳細は、関連するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。
4
[OK]をクリックして設定を保存します。

仮想クライアントの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

仮想クライアントの変更

仮想クライアントを作成したら、クラスタ・ノードの追加と削除、またはクラスタ・アプリケーションのIPアドレスの変更を行えます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、必要な設定を変更します。
クラスタ・アプリケーションのIPアドレスを変更するには、[仮想クライアント・アドレス]に新しいアドレスを入力します。
仮想クライアントにクラスタ・ノードを追加するには、[利用可能なクライアント]テーブルでそれを選択して、項目の左にある[追加]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[選択済みクライアント]テーブルに移動します。
仮想クライアントからクラスタ・ノードを削除するには、[選択済みクライアント]テーブルでそれを選択して、アイテムの左側にある[削除]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[利用可能なクライアント]テーブルに移動します。
4
変更した設定を保存するには、[仮想クライアントの保存]をクリックします。
Related Documents