Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

クライアント・クラスタの使用

クライアント・クラスタ・サポートについて

NetVault Backupでは、分散データのデータ保護を有効にする各種プラグインのクラスタ対応版を用意しています。これらのプラグインには、クラスタ・サポート・ライセンス・キーが必要です。

クラスタ・ノード群は、1つの仮想クライアントとしてグループ化され、その仮想クライアントにクラスタ対応プラグインがインストールされます。クラスタ・ノードのバックアップとリストアは、仮想クライアントを介して行います。

クラスタ設定で使用できるNetVault Backupプラグインを以下の表に示します。

Quest NetVault Backup Plug-in for FileSystem

このプラグインはNetVault Backupソフトウェアに同梱されており、以下のプラットフォームでの共有ファイル・システム・データのバックアップに使用できます。

サポートされているクラスタ・ソフトウェアのバージョンについての詳細は、『Quest NetVault Backup互換性ガイド』を参照してください。このガイドは、https://support.quest.com/ja-jp/technical-documentsからダウンロードできます。

デフォルト・インストールされたNetVault Backupでは、ネイティブのPlug-in for FileSystemのライセンスは不要です。ただしクラスタ・セットアップでの同プラグインの使用については、System Cluster Supportのライセンス・キーが必要となります。

Quest NetVault Backup Plug-in for Exchange

このプラグインは、Exchange Server Single Copy Cluster(SCC)/Failover ClusterまたはCluster Continuous Replication(CCR)セットアップにおける分散Exchange Serverデータのバックアップに使用することができます。詳しくは、『Quest NetVault Backup Plug-in for Exchangeユーザーズ・ガイド』を参照してください。

Quest NetVault Backup Plug-in for Hyper-V

このプラグインをHyper-Vフェイルオーバー・クラスタ設定に展開すれば、仮想クライアント経由でクラスタ・データをバックアップできます。詳しくは、『Quest NetVault Backup Plug-in for Hyper-Vユーザーズ・ガイド』を参照してください。

Quest NetVault Backup Plug-in for Oracle

このプラグインは、OracleのReal Application Clusters(RAC)セットアップ内で、分散Oracleデータベースのバックアップに利用できます。詳しくは、『Quest NetVault Backup Plug-in for Oracleユーザーズ・ガイド』を参照してください。

Quest NetVault Backup Plug-in for SQL Server

このプラグインは、SQL Server Failover Clusterセットアップにおける分散SQL Serverデータベースのバックアップに使用することができます。詳しくは、『Quest NetVault Backup Plug-in for SQL Serverユーザーズ・ガイド』を参照してください。

Quest NetVault Backup Plug-in for MySQL

このプラグインは、LinuxプラットフォームのMySQL Server Failover Clusterセットアップにおける分散MySQL Serverデータベースのバックアップに使用することができます。詳しくは、『Quest NetVault Backup Plug-in for MySQLユーザーズ・ガイド』を参照してください。

仮想クライアントはクラスタ対応プラグインのインストール時に作成されます。クラスタ内のすべてのノードがグループ化されて、仮想クライアントを形成します。

仮想クライアントは、他のNetVault Backupクライアントと同じように管理されます。仮想クライアントの参照、クライアント・グループおよびポリシーへの追加、ユーザー・アクセスの許可を行ったり、仮想クライアントをレポートに含めたりすることができます。NetVault Backupサーバーは、仮想クライアントの作成と設定を管理します。クラスタ対応版のプラグインは、クラスタ・ノード上でローカルに実行され、データはローカルで処理されます。SmartClientとして設定されたクラスタ・ノードは、ローカル接続されたストレージ・デバイスに直接データを送信します。

クラスタ環境でのデバイス設定

クラスタのセットアップ時に行うバックアップ・デバイス接続には、複数の方法が存在します。ここでは、各種のデバイス構成方法が持つ長所と短所について説明します。

デバイスのNetVault Backupサーバーまたはクライアントへの接続:この構成方法では、ロボット・アームの制御が可能となります。ただしバックアップおよびリストアの過程では、ネットワークを介したデータ転送が発生します。
ドライブの共有:前の方法から派生した方法であり、物理ライブラリをNetVault Backupサーバーに接続することで、ロボット・アームの制御およびクラスタ・ノード群とのドライブ共有が可能となります。これにより、ロボット・アームを制御し、同時にローカル・データ転送を有効にすることができます。
デバイスのクラスタ・ノードへの接続:この構成では、ローカルに接続されたデバイスにデータが直接転送されるため、最大の転送速度が得られます。

クラスタ対応プラグインのインストールおよびアップグレード

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

Related Documents