Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

テープ・ドライブのパフォーマンス・オプションの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ドライブ管理]ページで、[パフォーマンス]をクリックします。

ドライブ・ブロック・サイズ

このオプションでは、メディアへのデータの読み取りおよび書き込みに使用するブロック・サイズを指定します。デフォルト値は64KiBです。

メディア・ブロック・サイズは1KiB単位で増やすことができますが、多くのデバイスでは、4KiBまたは32KiBの倍数値のみ指定できます。

ブロック・サイズを増やすと、バックアップ時にデータの読み取りやメディアへの書き込みに必要な回数を減らすことができます。ただし、メディア・ブロック・サイズを大きくすれば常にバックアップ時間が短縮されるわけではありません。最大ブロック・サイズは、OS、SCSIアダプタ、およびドライブの型式、モデル、タイプなどのさまざまな要因によって制約されています。

LinuxおよびUNIXシステムの場合は、メディア・ブロック・サイズを増やしてパフォーマンスを最適にすることができます。

 

Windowsでは、レジストリ設定MaximumSGListを、64KBより大きいブロック・サイズを使用するように変更しなければならない場合があります。この設定を変更する前に、テープ・デバイスのみがSCSIバスを使用していることを確認します。他のデバイスもSCSIバスを使用している場合、このレジストリを変更するとそれらのデバイスが正常に動作しなくなる可能性があります。これらの変更をHBAの特定チャネルのみに適用する場合は、ハードウェア・ベンダーにお問い合わせください。

Windowsでレジストリ設定を変更するには、以下の手順に従います。

2
キー[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ Services\<HBA Vendor>\Parametersを開きます(<HBA Name>はSCSIカードに固有の名前です。たとえばQlogic 2200カードの場合はQL2200です)。
3
Parametersキーを作成します(存在しない場合)。
4
Parametersの下で、Deviceキーがない場合は、キーを作成します。
5
Deviceキーの下に、DWORDレジストリ値MaximumSGListが存在しない場合は、値を追加します。
6
MaximumSGListの16進値を算出します。

ドライブ転送バッファ・サイズ

転送バッファまたは共有メモリは、32KiBのブロック単位で割り当てられます。デフォルト値は8193KiBです。

転送バッファのサイズを大きくすると、バックアップのパフォーマンスを高めることができます。バッファ・サイズを計算するには、以下の式を使用します。

(<バッファの合計数> x 32KiB) + 1 byte

LinuxおよびUNIXシステムの場合は、十分なRAMと大きな共有メモリ・セグメントが必要です。転送バッファ・サイズを増やす前に、これらのプラットフォームの以下の設定を確認します。

 

使用可能な総共有メモリ容量は、公式SHMMAX * SHMSEGで求められます。これらの値はulimit設定によって制限されることがよくあり、これらのシステム設定を表示するために、コマンドulimit -aを使用することができます。

Windowsの場合は、少なくとも2GB RAMと、大きな仮想メモリが必要です。SCSIカードのMaximumSGlist設定を変更しなければならない場合もあります。

たとえば、「転送バッファ・サイズの最適値」を参照してください。

ソフトウェア・データ圧縮

ソフトウェア圧縮を行う場合は、このチェック・ボックスを選択します。データは、バックアップ時にデバイスに転送されるときに圧縮されます。

圧縮しきい値

このオプションに設定する値により、バックアップ中にデータを圧縮する際に完了する必要がある最低圧縮レベルが決まります。たとえば、値を80%に設定すると、以下のいずれかの処理が行われます。

80%を指定した場合、100MBのファイル・サイズは圧縮後には80MB以下になるはずです。ただし、ファイルの圧縮はブロック・レベルで行われるため、サイズが80MBを超える場合があります(81MB、82MBなど)。

いずれのブロックでも指定した圧縮レベルで圧縮されなかった場合、NetVault Backupではそのブロックを非圧縮形式でバックアップします。この場合、一部のブロックは圧縮されますが、それ以外のブロックは圧縮されずにバックアップされる可能性があります。そのため、圧縮後のファイル・サイズが80%を超える場合があります。

データを圧縮できる度合いは、データ・コンテンツによって異なります。また、暗号化データは圧縮できません。ファイルによっては、圧縮後のファイル・サイズが元の圧縮前のファイルより大きくなる場合があります。

圧縮データ・ブロック

圧縮単位あたりのデータ・ブロック数を入力または選択します。デフォルト・ブロック・サイズは8KiBです。

転送バッファ・サイズの最適値

以下の表は、一部のドライブ・タイプで利用できる最適な値の例です。

新しい高速のテープ・ドライブ

例: LTOシリーズ、SDLT、およびSAIT

65537(64MiB + 1KiB)

一般レベルのスピードのテープ・ドライブ

例: DLT8000、DLT7000、AIT-3

32769(32MiB + 1KiB)

プロフェッショナル向けの古いテープ・ドライブ

例: DLT2000、DLT4000、AIT-2

16385(16MiB + 1KiB)

古い低容量のローエンド・ドライブ

例: EXB-8505、AIT-1、DAT

8193(8MiB + 1KiB)

テープ・ドライブのステータスの確認

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ドライブ管理]ページで[確認]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで再度[確認]をクリックします。

テープ・ドライブのステータスの変更

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ドライブ管理]ページで、[オンライン]または[オフライン]をクリックします。
デバイスがオフラインの場合、[オンライン]をクリックしてオンラインに戻せます。
デバイスがオンラインの場合、[オフライン]をクリックしてオフラインにできます。
Related Documents