Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

フィルタ・オプション

ページの右側にある[フィルタ]ドロワに、次のテーブル・フィルタ・オプションが表示されます。1つ以上のフィルタを使用して、指定した条件に一致するレコードを表示できます。また、検索フィルタ文字列にはワイルドカード(?または*)を含めることもできます。

表示条件

カテゴリに基づいてジョブをフィルタできます。以下のオプションの1つを選択します。

デフォルトでは、[現在アクティビティ]オプションが選択されています。

実行ステータス

実行ステータスでジョブをフィルタできます。たとえば、[表示条件]フィールドの[現在アクティビティ]オプションでは、次の実行ステータスが表示されます。

デフォルトでは、すべての実行ステータスが選択されています。実行ステータスをクリアするには、対応するボタンをクリックします。

開始時間

開始:特定の開始日時を指定してジョブを表示するには、次の手順を実行します。

終了:特定の終了日時を指定してジョブを表示するには、次の手順を実行します。

デフォルトでは、ジョブは[開始時間]でフィルタされます。この設定のデフォルト値は7日間です。

デフォルトの日数を変更するには、スケジュール・マネージャの設定を変更します。詳細は、「スケジュール・マネージャのデフォルトの設定」を参照してください。

メモ: [開始時間]フィルタは現在のセッションに対してのみ適用されます。この設定では、[ジョブ・ステータス]ページのジョブ・ステータス・レコードが非表示にされるだけです。レコードはスケジューラ・データベースから削除されません。

ジョブ・タイトル

ジョブ名が指定した文字列に一致するジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ

ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストア、またはレポートを選択できます。

クライアント

特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

プラグイン

特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

ジョブID

ジョブID番号でジョブをフィルタできます。

インスタンス

インスタンスID番号でジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始インスタンスIDを指定してジョブをフィルタするには、インスタンスID番号を入力します。

終了:特定の終了インスタンスIDを指定してジョブをフィルタするには、インスタンスID番号を入力します。

フェーズ

フェーズID番号(1または2)でジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始フェーズIDを指定してジョブをフィルタするには、フェーズID番号を入力します。

終了:特定の終了フェーズIDを指定してジョブをフィルタするには、フェーズID番号を入力します。

次のランタイム

[次のランタイム]列のテキストでジョブをフィルタできます。

現在のステータス・テキスト

[現在のステータス]列のテキストでジョブをフィルタできます。

最後の終了ステータス・テキスト

[最後の終了ステータス]列のテキストでジョブをフィルタできます。

終了ステータス

このオプションは、[表示条件]オプションで[通常のジョブ]、[ポリシー・ジョブ]、および[ポリシー・ジョブ(ポリシー名別)]を選択すると表示されます。

終了ステータス(正常、警告、エラー)でジョブをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのステータスが選択されています。ステータスをクリアするには、対応するボタンをクリックします。

ポリシーの選択

このオプションは、[表示条件]オプションで[ポリシー・ジョブ(ポリシー名別)]を選択すると表示されます。

ポリシー名でポリシー・ジョブをフィルタできます。ポリシー名を選択して、ポリシーのジョブをフィルタします。

レベルの表示

重要度レベルに基づいてメッセージをフィルタできます。重要度レベルを指定すると、そのレベル以上のメッセージが表示されます。

以下のオプションの1つを選択します。

デフォルトでは、[レベルの表示]は[ジョブ・メッセージ]に設定されています。

日付

開始:特定の開始日時を指定してログをフィルタするには、次の手順を実行します。

終了:特定の終了日時を指定してログをフィルタするには、次の手順を実行します。

メモ: 最初のログ・メッセージから表示する場合は、[開始]オプションのみを選択します。最後のログ・メッセージまで表示する場合は、[終了]オプションのみを選択します。

ジョブID

ジョブID番号でログをフィルタできます。ジョブID番号を入力します。

インスタンス

インスタンスID番号でログをフィルタできます。インスタンスID番号を入力します。

クラス

特定のクラスのログをフィルタできます。次のログ・クラスがあります。

デフォルトでは、すべてのログ・クラスが選択されています。クラスをクリアするには、対応するボタンをクリックします。

クライアント

特定のクライアントのログをフィルタできます。クライアント名を選択します。

メッセージ・テキスト

特定の文字列が含まれるログをフィルタできます。フィルタ文字列を入力します。

日付

開始:特定の開始日時を指定してイベントをフィルタするには、次の手順を実行します。

終了:特定の終了日時を指定してイベントをフィルタするには、次の手順を実行します。

メモ: 最初のイベントから表示する場合は、[開始]オプションのみを選択します。最後のイベントまで表示する場合は、[終了]オプションのみを選択します。

クラス

特定のクラスのイベントをフィルタできます。イベントは、以下のカテゴリまたはクラスに編成管理されています。

デフォルトでは、すべてのイベント・クラスが選択されています。クラスをクリアするには、対応するボタンをクリックします。

イベント名

名前でイベントをフィルタできます。

メッセージ・テキスト

特定の文字列が含まれるイベント・メッセージをフィルタできます。フィルタ文字列を入力します。

ジョブ・タイトル

ジョブ名が指定した文字列に一致するジョブをフィルタできます。

ジョブID

ジョブID番号でジョブをフィルタできます。

Policy

ポリシー名でジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ

ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップまたはリストアを選択できます。

プラグイン

特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

クライアント

特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

セレクション・セット

セレクション・セットでジョブをフィルタできます。

プラグイン・オプション・セット

プラグイン・オプション・セットでジョブをフィルタできます。

スケジュール・セット

スケジュール・セットでジョブをフィルタできます。

ソース・セット

ソース・セットでジョブをフィルタできます。

ターゲット・セット

ターゲット・セットでジョブをフィルタできます。

Advanced Options Set

詳細設定セットでジョブをフィルタできます。

次回実行時間テキスト

[次回実行時間]列のテキストでジョブをフィルタできます。

ポリシー名

ポリシー名が指定した文字列に一致するポリシー・ジョブをフィルタできます。

ポリシー・ステータス

ポリシー・ステータスに基づいてポリシー・ジョブをフィルタできます。次のポリシー・ステータスが表示されます。

デフォルトでは、すべてのステータスが選択されています。ポリシー・ステータスをクリアするには、対応するボタンをクリックします。

ポリシーの状態

ポリシーの状態に基づいてポリシー・ジョブをフィルタできます。次のポリシーの状態が表示されます。

デフォルトでは、すべての状態が選択されています。ポリシーの状態をクリアするには、対応するボタンをクリックします。

ジョブ・タイトル

ジョブ名が指定した文字列に一致するジョブをフィルタできます。

ジョブID

ジョブID番号でジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始ジョブIDを指定してジョブをフィルタするには、ジョブID番号を入力します。

終了:特定の終了ジョブIDを指定してジョブをフィルタするには、ジョブID番号を入力します。

フェーズ

フェーズID番号(1または2)でジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始フェーズIDを指定してジョブをフィルタするには、フェーズID番号を入力します。

終了:特定の終了フェーズIDを指定してジョブをフィルタするには、フェーズID番号を入力します。

インスタンス

インスタンスID番号でジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始インスタンスIDを指定してジョブをフィルタするには、インスタンスID番号を入力します。

終了:特定の終了インスタンスIDを指定してジョブをフィルタするには、インスタンスID番号を入力します。

クライアント

特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

プラグイン

特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

Policy

ポリシーに含まれるジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ

ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストア、またはレポートを選択できます。

ステータス

実行ステータス(成功、失敗、中断、その他)でジョブをフィルタできます。

終了時刻

特定の時刻に完了したジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。

終了:特定の終了日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。

バックアップ時刻

指定した期間内に作成されたセーブセットをフィルタできます。

開始:特定の開始日時を指定してセーブセットをフィルタするには、次の手順を実行します。

終了:特定の終了日時を指定してセーブセットをフィルタするには、次の手順を実行します。

クライアント

特定のクライアントに対して作成されたセーブセットをフィルタできます。クライアントを選択して、対応するセーブセットを表示します。

プラグイン

特定のプラグインを使用して作成されたセーブセットをフィルタできます。プラグインを選択して、対応するセーブセットを表示します。

Job

特定のジョブに対して作成されたセーブセットをフィルタできます。

ジョブを選択して、対応するセーブセットを表示します。

バックアップ済み

指定した期間内にバックアップされたセーブセットからのカタログ検索レコードをフィルタできます。

開始:バックアップの開始日時を指定してレコードを表示するには、次の手順を実行します。

終了:バックアップの終了日時を指定してレコードを表示するには、次の手順を実行します。

クライアント

特定のクライアントに対して作成されたレコードをフィルタできます。

Plug-in for VMwareからの特定の仮想マシンのレコードをフィルタするには、目的のVM名を選択します。

クライアントのレコードを非表示にするには、対応するチェック・ボックスの選択を解除します。

プラグイン

特定のプラグインのレコードをフィルタできます。プラグインのレコードを非表示にするには、対応するチェック・ボックスの選択を解除します。

ジョブ

ジョブID番号でレコードをフィルタできます。ジョブIDのレコードを非表示にするには、対応するチェック・ボックスの選択を解除します。

 

クライアントの設定

NetVault Backupクライアントについて

NetVault Backupクライアントとは、NetVault Backupソリューションを使用して保護する対象となるマシンです。

これらのマシンには少なくとも、NetVault Backupのクライアント・モジュールとサーバーへのTCP/IP接続が必要です。NetVault Backup SmartClientライセンスをクライアントにインストールすると、物理および仮想ストレージ・デバイスをクライアントにローカル接続できます。

バックアップまたはリストア操作でクライアントを使用するには、まずNetVault Backupサーバーへのクライアントの追加が必要です。単一のサーバーと、その関連するクライアントが、NetVault Backupドメインを形成しています。

NetVault Backupクライアントのロールベース・アクセス

クライアントの管理 - クライアントの追加

X

X

 

クライアントの管理 - 仮想クライアントの追加

X

X

 

クライアントの削除

X

X

 

クライアントの管理 - クライアント・グループの管理

X

X

 

クライアントの管理 - 管理

X

X

 

クライアントの追加 - 削除

X

X

 

クライアントの追加 - ファイアウォール・テスト

X

X

 

クライアントの追加 - マシンの検索

X

X

 

仮想クライアントの追加 - アクセスの確認

X

X

 

仮想クライアントの追加 - 現在の実クライアント

X

X

 

クライアント・グループの管理 - 編集

X

X

 

クライアント・グループの管理 - 削除

X

X

 

クライアント・グループの管理 - 新規グループ

X

X

 

管理 - 設定

X

X

 

管理 - 診断トレースの設定

X

X

 

管理 - ライセンスのインストール

X

X

 

管理 - アクセスの確認

X

X

X

管理 - ファイアウォール・テスト

X

X

X

管理 - クライアントの削除

X

X

 

Related Documents