Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

設定ウィザードの使用

NetVault Backup WebUIは、バックアップ・システムの設定方法を案内する設定ウィザードを提供しています。ウィザードを使用して、クライアントおよびプラグイン・パッケージのインストール、クライアントの追加、デバイスの設定、ライセンス・キーのインストール、およびバックアップ・ジョブの作成を行うことができます。設定ウィザードは、[ナビゲーション]パネルの[ガイド付き設定]リンクからアクセスできます。

2
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックします。

ソフトウェアのインストールおよびクライアントの展開(Windowsのみ)

リモート・マシンでのクライアントおよびプラグイン・パッケージをインストールおよびアップグレードし、新しいマシンをクライアントとしてNetVault Backupサーバーに追加します。詳細は、「プッシュ・インストールの実行」を参照してください。

ライセンスのインストール

製品のライセンス・キーをインストールします。詳細は、「製品ライセンス・キーのインストール」を参照してください。

ストレージ・デバイス追加

ストレージ・デバイスをNetVault Backupサーバーに追加します。利用できるデバイス・タイプは以下のとおりです。

シングル仮想ディスク・デバイス:仮想単体ドライブを追加します。詳細は、「仮想単体ドライブ」を参照してください。
仮想テープ・ライブラリ/メディア・チェンジャ:仮想テープ・ライブラリ(VTL)を追加します。.詳細は、「仮想テープ・ライブラリ」を参照してください。
共有仮想テープ・ライブラリ:共有仮想テープ・ライブラリ(SVTL)を追加します。.詳細は、「共有仮想テープ・ライブラリ」を参照してください。
シングル物理テープ・デバイス:単体テープ・ドライブを追加します。詳細は、「物理テープ・デバイス」を参照してください。
テープ・ライブラリ/メディア・チェンジャ:テープ・ライブラリを追加します。詳細は、「物理テープ・デバイス」を参照してください。
NetVault SmartDisk:Quest NetVault SmartDiskを追加します。詳細は、「NetVault SmartDisk」を参照してください。
Quest RDAデバイス:Quest DR SeriesシステムまたはQoreStorを追加します。詳細は、「Quest DR Seriesシステム」または「Quest QoreStor」を参照してください。
Data Domain Boostデバイス:EMC Data Domainシステムを追加します。詳細は、「EMC Data Domainシステム」を参照してください。
Snapshot Array Manager:Snapshot Array Managerを追加します。詳細は、「Snapshot Array Manager」を参照してください。

バックアップ・ジョブ作成

バックアップ・ジョブを作成およびスケジュール設定する場合に、このオプションを選択します。詳細は、「バックアップ・ジョブ作成」を参照してください。

NetVault Backupサーバーの監視

[サーバー・モニタ]ページからNetVault Backupサーバーの全体的なステータスを監視できます。このページを使用して、クライアント、デバイス、定期ジョブ、およびポリシー・ジョブのステータスを確認できます。[アクティビティ・チャート]には、ジョブのデータ転送速度やアクティブなジョブの数が表示されます。また、選択した期間内に発生したイベントを参照することもできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[サーバー・モニタ]をクリックします。
メモ: [サーバー・モニタ]ページは、WebUIへのログオン時に自動的にロードされます。
2
[サーバー・モニタ]ページでは(「Figure 2NetVault Backup WebUI ホーム・ページ(MSP管理者用)」を参照)、以下の詳細情報を参照できます。

クライアント・ステータス

オンライン・クライアント数と合計クライアント数が表示されます。カウントにマウスのポインタを移動して、合計クライアント数とオフラインのクライアント数を表示します。

また、この領域をクリックして、[クライアント管理]ページを表示することもできます。

ストレージ・デバイス

オンライン・デバイス数と合計デバイス数が表示されます(MSP管理者のみ)。デバイス数にマウスのポインタを移動して、合計カウント数、オフライン・デバイス数、およびオンライン・デバイスの数とタイプを表示します。

また、この領域をクリックして、[デバイス管理]ページを開くこともできます。

総データ保存量

各種クライアントからバックアップされたデータ量の合計が表示されます。消費されたストレージ量の合計がMSP管理者に表示されます。ただし、テナント管理者とテナント・ユーザーには、そのテナントが消費した統合ストレージ量が表示されます。

MSP管理者の場合、この領域をクリックして、[ストレージの調査]ページを表示できます。

アクティビティ・チャート

このチャートには、アクティブなジョブのデータ転送速度やアクティブなジョブの数が表示されます。また、選択した期間内に発生したイベントを参照することもできます。

以下の設定を使用して[アクティビティ・チャート]を変更できます。

期間:アクティビティ・チャートの期間を変更できます。10分、1時間、8時間、12時間、および24時間のいずれかを選択できます。
イベント・タイプ:ページに表示されるイベント・タイプを変更できます。[エラーのみ][キー・イベント][すべてのイベント]のいずれかを選択できます。
デフォルトで、イベント・タイプは[エラーのみ]に設定されています。

ジョブ・アクティビティ・チャート

この領域には、現在のジョブ、ポリシー・ジョブ、ポリシー・ジョブ、および定期ジョブのサマリが棒グラフの形式で表示されます。

現在アクティビティ:棒はそれぞれ、アクティブ、待機中、保留中、およびスケジュール済みのジョブの数を表しています。
ポリシー:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗したポリシー・ジョブの数を表しています。
定期ジョブ:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗した定期ジョブの数を表しています。

横棒をクリックして[ジョブ・ステータス]ページを表示して、そのカテゴリのジョブ詳細を参照することができます。たとえば、[現在アクティビティ]領域で[アクティブ]バーをクリックすると、進行中のジョブが表示されます。同様に、[定期ジョブ]領域で[エラー]バーをクリックすると、失敗した定期ジョブが表示されます。

NetVault Backup WebUIでのレコードのソート

NetVault Backup Webアプリケーションでは、テーブルの複数列のソートがサポートされます。ただし、最初にソートした列が、その他の列のソートより優先されます。たとえば、「開始時刻」をプライマリ・ソートとしてテーブルをソートする場合、「ID/インスタンス/フェーズ」列でソート・オプションを選択しても、リストの順序には影響しません。

1つの列でソートするには、列見出しをクリックします。ソート方向を変更するには、列見出しを再度クリックします。テーブルをソートするために使用するその他の列で、この手順を繰り返します。

列名の横にある矢印は、ソート順(上向きの場合は昇順、下向きの場合は降順)を表しています。青い矢印は、プライマリ列のソート順を示すために使用されています。

ソートを解除するには、矢印が表示されなくなるまで、該当する列の列見出しをクリックします。

列で以下の処理を選択するには、列メニューをクリックします。

並び替え(昇順)

列を昇順でソートします。

並び替え(降順)

列を降順でソートします。

必要な列の表示/非表示を選択または選択解除します。

NetVault Backup WebUIでのテーブルのカスタマイズ

テーブルの右下隅に表示されるアイコンの簡単な説明を以下の表に示します。これらのアイコンを使用して、テーブルのレコードをカスタマイズすることができます。

このアイコンは、テーブルの上とテーブルの右下隅に表示されます。このアイコンを使用して、テーブルのレコードをフィルタリングします。このアイコンをクリックすると、次の2つのオプションが表示されます。

フィルタの編集:このオプションをクリックすると、テーブルに表示されるレコードのフィルタを設定できます。
ページの右側に、[フィルタ]ドロワが表示されます。フィルタ・オプションを設定し、[実行]をクリックします。各テーブルのフィルタ・オプションについて詳しくは、「フィルタ・オプション」を参照してください。
フィルタ設定をクリアするには、[クリア]をクリックします。
フィルタのリセット:このオプションをクリックすると、テーブル内のレコードのユーザー定義フィルタ・オプションを削除できます。このオプションは、フィルタがテーブルに適用されていない場合は表示されません。

デフォルトでは、フィルタは適用されず、すべてのレコードがテーブルに表示されます。フィルタを設定すると、適用されたフィルタ・オプションがテーブルの上に表示され、フィルタ・アイコンとテーブルの境界線の色が変更されます。たとえば、フィルタは、表示条件:現在アクティビティ、実行ステータス:待機中、スケジュール済み、のように表示されます。

このアイコンの上にポインタを移動すると、ページ・サイズ設定、列のソート順、およびテーブルに適用されているフィルタが表示されます。

テーブルのデータをCSV形式のファイルにエクスポートするには、このアイコンをクリックします。

[テーブルの設定]を表示するには、このアイコンをクリックします。

ページサイズの設定:クリックして、テーブルで表示するページあたりのレコード数を設定します。[テーブル・オプション]ダイアログ・ボックスが表示されます。[ページあたりの指定数]フィールドに必要な数を指定します。[OK]をクリックします。デフォルトでは、テーブル・オプションは[サイズに基づいて自動適合]に設定されています。
デフォルトの復元:クリックして、テーブルのユーザー定義設定を削除します。確認用のダイアログが表示されます。[OK]をクリックします。
Related Documents